「ザ・シェフ 悪魔のレシピ」ネタバレ解説考察|内容的にグロじゃない方が良かった気が | 映画鑑賞中。

「ザ・シェフ 悪魔のレシピ」ネタバレ解説考察|内容的にグロじゃない方が良かった気が

ホラー

原題:K-Shop
制作年:2016年
本編時間:120分
制作国:イギリス
監督:ダン・プリングル
脚本:ダン・プリングル
原案:スウィーニー・トッド

出演者・キャスト&キャラクター紹介

「ジアド・アバザ」の画像検索結果

(引用:https://twitter.com

サラールジアド・アバザー
政治学専攻の大学生。
クルド人で、英語とトルコ語を話す。
父親のケバブ店を手伝いながら大学に通っている。
父子家庭で、母親がいない理由は明かされていない。
※本当の名前は『SALAH(サラー)』のようだが、『SARAH(サラ)』という登場人物もいるため、区別がつきやすいように字幕版の『サラール』と記載します。

 

© 2015 WHITE LANTERN FILM

ジェイソン・ブラウンスコット・ウィリアムズ
ロンドンで話題の起業家。
サラールが暮らす街でナイトクラブをオープンして話題と人と金を集める。

 

f:id:horohhoo:20170923125248j:plain

(引用:http://horohhoo.hateblo.jp

マリクリース・ノイ
サラールに興味を持ちアルバイトに来た若者。

 

© 2015 WHITE LANTERN FILM

サラ・マロニークリスティン・アザートン
サラールが侵入したホテルの支配人。
同じ経営者としてサラールを理解してくれた人物。

・その他のキャスト
ザキ(サラールの父)…ナエフ・ラーシド
女警察官…ルシンダ・ローズ・フラエティ
弁護士…エドモンド・デーン
スコット・ベイカー(最初の被害者)…サイラス・バーチ
テリー(店の客)…クリス・R・ライト
ナイジェル(テリーの同僚)…イーウェン・マッキントッシュ
シャンテル(被害者)…サマンサ・ライデン
ステイシー(シャンテルの友人)…ハンナ・ロケット
アヒル着ぐるみの男(被害者、麻薬売り)…ショーン・サーノー
スティーブ・チャップリン(態度の悪い男)…ダーレン・モーフィット
リッキー(マリクの友人)…ハリー・リード
クロエ(ブラウンが買った女)…ルシンダ・デイビッドソン
トレブ(ブラウンのボディガード)…ダンカン・メドーズ ほか
[adchord]

ネタバレあらすじ

ロンドン郊外の、酒とセックスとドラッグが横行する治安最悪の街。
大学4年生、あとは卒業論文を出すだけで国連への就職が決まっていたサラールは、現在入院中の父親が営むさびれたケバブ店の店番をしつつ、卒業論文をパソコンに打ち込む毎日を送っていた。
サラールと父親は父子家庭で、固い絆で結ばれた親子だった。

父親が退院し、仕事に復帰した日の夜。
閉店後の店に入ろうとした酔っ払いの男たちを追い払おうとした父親は、男の1人に突き飛ばされて頭を強く打ってしまった。
男たちは父親が動かないことを笑い、悪態を吐きながら店から離れていった。
父親が倒れていることに気付いたサラールは急いで救急車を呼び、懸命に父親に呼びかけたが、そのまま父親が目覚めることはなかった。

f:id:horohhoo:20170923125147j:plain

(目を開けない父親を抱きしめるサラール 引用:http://horohhoo.hateblo.jp

サラールは弁護士に相談して父親を殺した男たちを訴えようと試みたが、この街には防犯カメラも設置されておらず、騒ぎを見たという目撃者も現れなかった。
犯人の特定が難しいため弁護士からはサジを投げられ、サラールの怒り、憎しみ、悲しみだけが膨れ上がっていった。

父親はサラールにいずれケバブ店をリニューアルして継いでもらおうと、今の店の近所にあるお気に入りの売り店舗をピックアップしたり、特製のレシピをノートに書き溜めていた。
ある日、サラールはニュースで父親が目を付けていた売り店舗がジェイソン・ブラウンという有名起業家に買われて『SLUSH(スラッシュ)』という名のナイトクラブになることを知った。

瞬く間にSLUSHは完成して街に人は増えたものの、治安はさらに悪くなり、ケバブ店の売り上げもダメダメだった。
ついには精肉店に支払いを滞納してしまい、肉の配達を拒否される始末。
サラールは焦っていた。

そんなある夜。酔っ払いの若者スコット・ベイカーが閉店間際の店内で眠りこけていた。
呆れたサラールが少し目を離した隙にスコットはキッチンに立ち、勝手にポテトを揚げようとしていた。
やめさせようとしたサビールとスコットはもみ合いになり、スコットが勢い余ってフライヤーの油の中に頭を突っ込んでしまい大やけどを負った。
サラールは急いでスコットを油から引き上げて手当てをしたが、スコットは死んでしまった。
警察を呼ぼうか悩んだが、これでは殺人と勘違いされて逮捕されかねない。
考えた末、サラールは男をケバブにすることにした。

スコットを解体する際、実はまだ生きていたことに気付いたが、サラールはもう止められなかった。
スコットの体に包丁を振り下ろすたび、サラールがため込んでいた怒りと憎しみ(下品な酔っ払いどもや、何もしてくれない警察に対して)が爆発した。

サラールの店のケバブは、特製のスパイスと自家製のミンチ肉で作るケバブだった。
スコットの食べられる部分をミンチ製造機に投入し、残った骨と食べられない部分と服は海に捨てた。
スコットの事件を警察は『酔った勢いで海に入って死亡 死体は無し』で片付け、サラールは完全犯罪を成し遂げた。
スコットで作ったケバブは「肉が足りなくなった時用にしよう」と決めて、恐る恐るキッチンに置いた。

f:id:horohhoo:20170923125159j:plain

(ケバブを作るサラール 引用:http://horohhoo.hateblo.jp

最初はただキッチンに予備として置いているだけにしていたが、その夜来ていた2人の男性客が、老人から金を騙し取るクズだと知ったサラールは、その2人に「ラム肉だ」と偽って人肉ケバブを出した。
ケバブを食べた男は「最高にうまい!」と人肉ケバブを褒めちぎった。
人肉とバレず安心したサラールは、それから自分の嫌いな客には人肉ケバブを提供した。

卒論の締め切り日の前日。
サラールは店番をしながら卒論の総仕上げをしていた。
閉店直前の店内で、30代位の女性客シャンテルが友人と激しい喧嘩を始めた。
シャンテルは、サラールが喧嘩を止めようとしたことにキレ、卒論が入っているノートパソコンを床に落として破壊した。
さらに店の窓ガラスにもヒビを入れ、サラールの怒りは頂点に達した。
友人の女がシャンテルを置いて立ち去った後、サラールはシャンテルを店の地下に招き入れると、気絶させて拘束した。

シャンテルが起きると、サラールは「なぜこんなヒドイことをするんだ?」と問い詰めたが、シャンテルは泣くか命乞いをするだけだった。
サラールは反省を促すのを諦めて、シャンテルをケバブにした。
2人目(シャンテル)を殺したとき、サラールから人殺しに対する背徳感が消えた。

卒論が提出できなかったサラールは大学を中退、もちろん国連への就職もできず、ケバブ店に本腰を据え、怒りを覚えた客は次々にケバブにしていった。

7年後。サラールの店は人肉ケバブのおかげで『2008年度ファーストフード店ランキング1位』に選ばれ、売り上げは安定していた。
サラールは独身のまま友人も作らず、復讐(嫌いな人間をケバブにすること)だけを生きがいにしていた。
残った骨は海に捨て、時には肉片をエサにして釣りを楽しんだりしたが、サラールの犯罪は誰にも見つからなかった。

ナイトクラブSLUSHは相変わらず人気で、この辺りの治安の悪さも変わらずだった。
最近では、街で一番大きな教会をスラッシュの経営者であるジェイソン・ブラウンが買収し、教会をクラブ『HUSH(ハッシュ)』としてオープンするという斬新な計画も始まっていた。

ある日サラールが麻薬売りの男を殺した際、男の携帯を見てジェイソン・ブラウンが裏で麻薬売買の斡旋をしていることを知り、この街の治安が悪すぎるのはジェイソンのせいなんじゃないかと何となく思い始める。

ある夜。サラールは怒りを覚えた男性客の後を追い、公園で気絶させようとしたが失敗、男に逃げられてしまった。
それでも諦めきれず、また男を追ってあるホテルにたどり着いた。
ホテルに侵入して男の部屋を探している時、サラールはホテル支配人の若い女性サラと出会った。
サラは「話を聞く」と言ってサラールを事務室に招き入れ、「腹が立つこともあるけど私たちは彼らから利益を得ているし、人を責めるのは簡単よ」となだめた。
サラールは落ち着きを取り戻し、その日は誰も殺さず自宅に戻った。

サラールが公園で男を襲い、もみ合った拍子にナイフを落としたのを見ていた若者がいた。
翌朝。目撃者の若者マリクは店にナイフを届けに現れ、さらに「雇ってほしい」と頼みこんだ。
ちょうど繁忙期が差し迫っていたサラールは、マリクをクリスマスまで雇うことに決めた。

翌日。マリクは初めて出勤し、閉店間際にサラが来店した。
サラールがもう店を閉めてサラと話そうとしたとき、態度の悪い酔っ払いの中年男スティーブが店に無理やり入ってきた。
仕方なくサラールがケバブを出すと、スティーブは「チーズが入ってない」とごねた挙句、クルド人への差別発言、マリクにポテトを投げたりと暴れだした。
無理やり店から追い出して鍵を閉めると、スティーブは大声でドアを散々叩いた後に小便をかけて立ち去った。

サラとマリクを帰した後、サラールはスティーブを追いかけて誘拐、店の地下に監禁した。
サラールは『2人目』以降はいつもすぐ殺していたが、このときはサラや父親の言葉を思い出してためらい、その夜は殺すのをやめた。
一方、マリクは帰るフリをして店の近くに残り、サラールがスティーブを地下に運び込むのを目撃していた。

f:id:horohhoo:20170923125215j:plain

(スティーブを運ぶサラール 引用:http://horohhoo.hateblo.jp

翌日。サラールが海に捨ててきた人骨の一部が近所住民に発見されて通報、警察が捜査を始めたことがニュースで流れた。
さらに、ジェイソン・ブラウンの影響でとうとうこの街に防犯カメラが取り付けられることになった。
(7年前にサラールが防犯カメラ設置を市に訴えた際は、金銭的な理由で断られている)
腹が立ったサラールはクラブ出店をやめさせようと、この前殺したブラウンの手下が着ていたアヒルの着ぐるみを着てブラウンの前に現れ、動画撮影をしたりHUSHのチラシを燃やしたりして脅した。
サラールは誰にも捕まることなく店に戻ったが、アヒルの着ぐるみを持って店の地下に戻るのを、再び張り込んでいたマリクとその友人に見られた。

クリスマスの日。ブラウンがサラールの店を訪れ、「アヒルの着ぐるみの男を知らないか?」と聞いた後「この店を8万ポンド(約1000万円)で売らないか」と言ってきた。
(手下を殺したことは黙っといてやるからこの街から出ていけと言いたい)
サラールがブラウンを罵りながら売るのを断ると、ブラウンはサラールのケバブを道に捨てて去っていった。

その日の夜。
ブラウンともめてサラールは最悪の気分だったが、サラに出した料理を認められて「知り合いの実業家にあなたを紹介したい」とオファーされた。
これはサラールにとって、父親が亡くなってから初めて嬉しいと感じた出来事で、この時サラールは父親の願い、自分の夢は何だったかを思い出し始めた。
サラと別れて地下に降りると、監禁したままだったスティーブが「俺はひどいことをした。殺されて当然だ」と誠心誠意謝罪してきた。
サラールが客から謝罪されたのは初めてだった。
サラールはスティーブを許してやることにし、拘束をといて地下から逃がしてやった。
そしてサラールはそのまま殺人をやめる決意をし、また経済学を勉強し直そうと思い立った。

f:id:horohhoo:20170923125235j:plain

(語り合うサラールとサラ 引用:http://horohhoo.hateblo.jp

その後、サラールはHUSHに侵入、隠し持っていた被害者たちの私物と麻薬を店内に並べて撮影し、警察関係者の目に入ることを期待して動画サイトにアップした。
しかしその後、この動画が話題になることはなかった。

サラールが店の地下に戻るとカギが壊されており、中でマリクが待っていた。
マリクは「俺もあんたと同じ考えだ。汚れ仕事もやるから仲間に入れてほしい」と頼み込んできた。
この時サラールはもう足を洗うことを決めていたため、マリクの頼みを断って帰らせた。

2009年1月1日に日付けが変わった少し後。
マリクはサラールをジェイソン・ブラウンに売り、サラールは男に殴られて気を失った。
サラールが意識を取り戻すと、アヒルの着ぐるみを着せられて自分の店の地下に縛られていた。
麻薬と酒も飲まされたようで意識がもうろうとしている。
ブラウンが時間をかけて「この街から出ていけ」と伝えている間、サラールはたまたま以前着ぐるみに隠したナイフで拘束を解き、ブラウンに襲い掛かった。
もみあいの末、サラールはナイフでわき腹を刺された。
ブラウンは服と髪を直した後、サラールが死ぬのを見届けることなく地下から出ていった。

立ち上がったサラールは街中を徘徊し、その姿はサラールが憎み、嫌悪してきた酔っ払いたちの姿にそっくりだった。
やがて歩けなくなったサラールが道路わきに座り込んだとき、解放してやったスティーブがまた酔っぱらって悪態をつきながら歩いているのを見かけた。
サラールは、ブラウンが若者と取引して麻薬を手渡している動画を撮っていたことを思い出し、またサイトにアップしようと携帯を取り出したが、アップする前に力尽きて意識を失った。
サラールは眠っている酔っ払いと間違えられ、誰にも気付かれないまま死んでいった。

主題歌:Hard-Fi『Living For The Weekend』
[adchord]

解説、考察や感想など

スウィーニー・トッドについて

パッケージの拍子に「スウィーニー・トッドにインスパイアされた」と記載があります。
スウィーニー・トッドは、19世紀中期にイギリスで流行した怪奇小説に登場する架空の人物ですが、トッドのモデルになった殺人犯は実在していたとかしていないとか言われています。

物語を簡潔に書きます。

スウィーニー・トッドは悪い理髪師で、金持ちのお客が来たら殺して金品を奪っていました。
死体はトッドの仲間であるパン屋の女が解体してミートパイに加工してお客さんに販売していました。
トッドは見習いの若い男を雇っていて、この見習い男によってトッドの悪行は暴かれ、ついにトッドは処刑されましたとさ。

サラールはトッドとパン屋の両方を兼ね備えていたようです。
そして見習いの男がマリクになります。
ケバブって普通はミンチじゃなくてぶつ切りの串刺し肉を使うイメージがあったので、グロ演出のため?と思っていたんですが、原作がミートパイだったからミンチになってたんですね!

本作はただグロいだけでなくむしろグロは前半だけです。
主人公サラールも悪人、サラールを裁くブラウンも悪人、サラールの悪を暴くマリクも悪人で、しかも警察は役立たずというなんとも考えさせられる内容で、興味本位で観たものの意外と面白くて驚きました(笑)
イギリスの警察叩きも兼ねているんでしょうね。

隠喩表現について

本作でもちらほら隠喩表現が使われていたので、気づいた箇所のみ解説します。

豆電球

店の地下にある豆電球は、最初は元気に光っていますが、サラールが罪を重ねるにつれて次第に光が弱くなり、最後はサラールの手でたたき割られます。
この豆電球はサラールのモラルというか「殺人はだめだ」というような善悪の判断を表していました。
サラールが電球を叩き割ったときが、その崩壊を表しています。

経済学の本

サラールが人肉ケバブ作りに本腰を入れたとき、机の脚を揃えるために『外交』という学術書を机の脚と床の間に挟んでいます。
この本は恐らくサラールが愛読していた本です。(後になって本を懐かしそうに眺めているため)
後になって判明する事情はさておき、学術書を机の脚の高さ合わせに使用したということは、もうその本(学術書)を読む気がない→大学卒業は諦めた(どうでもよくなった)
という解釈ができます。

後にサラールは、サラに料理の味を認められて仕事の話を持ちかけられます。
これはサラールにとっては父親が死んで以降、初めて心から嬉しいと思った出来事で、これをきっかけに『大学で学んだ経営学を行かして、このケバブ店を人気のお店にして欲しい』という父親から託された夢があったことを思い出します。

この後、監禁していた客スティーブに誠意をもって謝られたことで心が動いた(善悪を判断する心を取り戻した、あるいは怒り、憎しみが昇華した)サラールはスティーブを解放します。
この直後、7年以上机の脚の下に敷きっぱなしだった本を思い出したように手に取ってパラパラとめくります。
恐らくこの時、サラールは「自分は本当は何になりたかったのか」を思い出しています。

 

警察

サラールはどれだけ迷惑行為をする客が現れても警察に通報しません。
見ていて「通報しろよ」とイライラするかもしれませんが(私はしました)、サラールが警察に頼らない理由は冒頭のシーンにあります。

サラールが初めて迷惑な客に遭遇した際、店の机などを壊されたため警察に通報しましたが、警察官が到着したのは通報してから3時間も後でした。
女警察官は「忙しいの」と悪びれた様子もなく、サラールが客が暴れて被害にあったことを訴えても、ただ頷いて「何かわかったらこちらから連絡します」とだけ告げて店から出ていき、その後も警察から連絡は一切ありませんでした。
つまり、警察は何もしてくれませんでした。

こういった警察に対する絶望や不信感が、サラールに自らの手で悪客を始末する道を選ばせたとも言えます。

また、骨が発見された際は2人の刑事がテレビカメラ越しに「事件の真相を解明します」と市民に説明しています。
その後、サラールはジェイソン・ブラウンを脅すために街に出て、その帰りにこの刑事2人と遭遇します。
サラールは刑事の存在に気付きますが、刑事2人は飲み物片手にお喋りしていて連続殺人犯のサラールがそばを通っても全く気付きません。

つまり、この街の警察の目は節穴で無能だということが伝えたいのです。

マリクがサラールを売った理由

 

この理由は単純で、サラールがマリクの期待していた男じゃなくなったからです。
マリクは深夜の公園で女装した男を襲っていたサラールを見て、サラールに憧れを抱きます。
マリクの目には、隣にいた友人が言っていたようにサラールが”ランボー(ヒーロー)”に見えたのです。
そしてマリクはサラールにアルバイトとして雇ってもらいます。
サラールは中々本性を表さず、マリクは強引に店の地下室に侵入して、サラールがマリクの期待していた通りのヤバいことをしていた(悪人に制裁を下していた)と確認します。

マリクはサラールが地下室に戻って来るのを待ち、「仲間に入れてほしい」と興奮気味に懇願しますが、この時すでにサラールは私刑をやめると決意した後だったので、申し出を断ってマリクを追い返します。
この時、マリクはサラールが想像していた存在ではなかったとわかりがっかりします。

マリクはブラウンの手下を友人に持ち、深夜の公園にたむろするタイプの不良少年です。
サラールに興味をなくしたマリクの切り替えは早く、サラールを売れば金になると知っていたマリクはさっそくブラウンにサラールを売ってしまいます。
友人を自分自身に成りすまさせてサラールをおびき出させたのは、サラールを売ることに少しだけ心が痛んでいたからかもしれません。
報酬を手に入れたマリクはすぐにケバブ店の前から立ち去ります。

サラールがアップした動画の行方とサラールの最期

終盤、サラールはブラウンが法の裁きを受ける(ついでに殺人の罪もなすりつける)ことを期待して麻薬売買にブラウンが関わっていることを示唆する動画をアップしますが、その動画が活きることは恐らくありません。
ラストにブラウンと麻薬のことがニュースで取りざたされるシーンがありますが、あれはサラールが死の間際に見た希望的観測の幻想です。

一方で、サラールの中にわずかに残った冷静な部分は、サラールの動画がテレビやラジオで全く取りざたされていないことに気付いています。
なので、最後に追撃でブラウンが女の子に性的なことをさせた後に薬を手渡しているという過激な動画(恐らく最後の手段)をアップしようとしましたが、サラールは力尽きてしまいます。
この、アップしようとして途中で力尽きるという描写も、サラールの狙いが失敗に終わったことを示唆していたように感じます
もしかしたら最初にあげた動画は警察関係者の目に触れたのかもしれませんが、ブラウンが金でもみ消すのでしょう。

サラールは死ぬ前に街の喧騒の中でスティーブを目撃しています。
これは幻覚か本当にスティーブがいたのかは判断がつきにくいですが、どっちにせよ、スティーブはお酒をやめないし態度も改めていない、というのが真実だということを表していると思われます。
サラールはこの7年間、世間への復讐のため、この街から少しでも悪人を減らすために成敗してきましたが、実際には世の中は少しも変わっておらず、サラールのしてきたことは間違っていたのだとサラール自身が感じたシーンだと思われます。

サラールとサラ

サラールとサラは、英語に直すと『SALAH』と『SARAH』でよく似ていて違っているのは一文字だけです。
こんなに紛らわしい名前をわざわざ付けたのにはきっと理由があり、それは恐らく『サラは、サラールが父親の助言を理解してまっとうな人生を歩んでいれば恐らくこうなっていた』と思わせる人物だったと思われます。
サラの大学時代の学部もサラールと似ていましたし、立場(若くして経営者になっている)も似ています。

その他感想など

意外と社会的なテーマで驚きました。
こんな感じならグロ路線じゃなくて普通に作った方が楽しめたんじゃないかという気がしてなりません。
(グロいのは前半だけで、後半はほぼグロは忘れ去られていましたが)
内臓と骨は結構動物さんのっぽかったんですが、とにかく切られている手がリアルで作り物なのか本物なのかわからない位でした。

主人公のサラールはどんなに罪を犯してもイギリス警察からは目も向けられず逮捕されることもなく、一般客のイギリス人からも差別され、最後は悪いイギリス人に殺されて、徹底的にイギリス人から排除されていた(イギリスにはまだユダヤ人差別の習慣が根付いていると言いたいのでしょう)考えさせられる作品でした。
鬱映画の類なので、これから見るという方は心の準備をしてからご覧ください!

映画『ザ・シェフ 悪魔のレシピ』のDVD(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました