映画『ヒメアノ〜ル』ネタバレ解説|ラストの考察、原作との違いなど | 映画鑑賞中。

映画『ヒメアノ〜ル』ネタバレ解説|ラストの考察、原作との違いなど

スリラー

映画『ヒメアノ~ル』についての解説・考察をしています!

映像化が難しいとされていた同タイトル青年漫画『ヒメアノ~ル』の実写化作品。
平凡過ぎる毎日に焦りを感じていた清掃員の岡田は、同僚の安藤から恋のキューピッド役を頼まれて、安藤が思いを寄せるカフェ店員の阿部ユカとの仲を取り持つことになった。
ある日、岡田はユカの働くカフェで、高校時代にいじめを受けていた元同級生の森田と再会するが、その後ユカが森田からストーカー被害を受けていることを知る。

 

制作年:2016年
本編時間:99分
制作国:日本
監督:吉田 恵輔
脚本:吉田 恵輔
原作:古屋 実『ヒメアノ~ル 』(青年漫画)

ヒメアノ~ル(1巻)【電子書籍】

感想(1件)

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://www.tadamonkugaiitakute.com

岡田 進濱田岳

ビルの清掃会社で働く25歳。
彼女いない歴=年齢の、控えめな青年。
平凡で単調な毎日に不満を抱え、恋人が出来ず孤独感に苛まれている。

 


(引用:https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com

安藤 勇次ムロツヨシ

岡田の先輩社員31歳。
情熱的で非常に惚れっぽい性格だが、岡田と同じく彼女いない歴=年齢。
阿部ユカに一目惚れし、彼女の情報を得るために何かと岡田を頼るようになる。

 


(引用:http://miedon-3.cocolog-nifty.com

阿部 ユカ佐津川愛美

岡田、安藤の会社の近所にあるカフェの店員21歳。かなりの美人。
普段は控えめだが、いざという時はしっかりと自己主張する。
森田正一からのストーカー被害を受ける。

 


(引用:http://cinemaisland.blog77.fc2.com

森田 正一森田剛

岡田の小・中・高校時代の同級生で、絞殺フェチの猟奇殺人犯。無職。
少年時代は岡田とお互いの自宅を行き来するほど仲が良かったが、現在は疎遠。
高校生の頃にクラスメイトから酷いいじめを受けて性格が変わった。
カフェで偶然見かけた阿部ユカに一目ぼれし、ストーカー行為を繰り返す。

・その他のキャスト

和草 浩介…駒木根 隆介
久美子(和草の婚約者)…山田 真歩
清掃会社の社長…大竹まこと
飯田 アイ(阿部の親友)…信江 勇
河島…栄信
アパートの住人…山中 聡
警察官…鈴木 卓爾 ほか

スポンサーリンク

あらすじ紹介

平凡な日々に不安を抱えながら東京で清掃員として働く岡田 進(濱田岳)は ある日、先輩社員の安藤 勇次(ムロツヨシ)から恋愛相談を持ち掛けられた。
その内容は、安藤が会社の近くにあるカフェ店員の阿部 ユカ(佐津川愛美)に一目惚れしたので、お近づきになるのを手伝ってほしいというものだった。
岡田は内心面倒臭かったが安藤を見放す気にはならず、仕方なく協力していた。

安藤に付き添いユカと親睦を深めていく内、岡田はユカから告白と猛アプローチを受けて気持ちが抑えきれず、安藤に内緒でユカと付き合い始めた。

岡田がユカと付き合い始める少し前、ユカの働くカフェの客の中に元同級生の森田 正一(森田剛)がおり、しかも彼女にストーカー行為を行っていることを知る。
岡田と森田は少年時代、お互いの自宅を行き来する程仲良しで少・中・高と同じ学校に通っていたが、高校生になってから森田は同じクラスの男子生徒にいじめられるようになり、それから疎遠になっていた存在だった。
当時、森田はかなりハードないじめを受けており可哀想な状況だったが、岡田も他のクラスメイトも自分がいじめられるのが怖くて見て見ぬふりをしていた。
その後 森田は不登校になり、完全に交友関係は切れていた。
そんな過去があり、岡田は森田に対して後ろめたさのような複雑な感情を抱いていた。

一方で森田は岡田の存在はほぼ眼中になく、一日の大半はユカをどこでどう絞殺するか、ということしか考えていなかった。
森田は高校卒業の直前にいじめの主犯だった河島(栄信)を山に呼び出して絞殺し、その後 当時同じく河島にいじめられていた男子生徒の和草浩介(駒木根 隆介)を呼び出して一緒に穴を掘り、山に死体を埋めていた。つまり森田は殺人犯だった。
森田は河島を絞殺した時、自分自身に『人間の首を絞める』行為に性的興奮を覚えるという性癖があることに気が付いた。
高校卒業後、森田は働くこともなく、和草を河島の件で脅して毎月金をもらいながらギャンブル漬けの生活を送っていた。
和草は現在、両親が経営しているホテルで次期支配人として働いており、ホテルの売り上げをちょろまかしては森田に貢ぎ続けていた。

ある日、森田は偶然見かけたユカに一目惚れしてから毎日ユカの働くカフェに足を運ぶようになり、次第にストーカー化していった。
心の中では『ユカの首を絞めたい』という欲望が膨らむばかりだった。
そしてストーカーを続ける内に、元同級生の岡田がユカと付き合っていることを知り、嫉妬心から岡田の殺害を決意。暴走が加速していく。

スポンサーリンク

解説・考察や感想など

本作の原作は古屋実さんの同タイトル青年漫画で、ざっくりとした人間関係などは一緒ですが、漫画と映画ではストーリーや作者の主旨が違ってきます。
以下、個人的に気になる点や漫画と映画の違いなどまとめました。
※解説に伴いネタバレしているので未鑑賞の方はご注意ください。

森田はなぜユカを狙ったのか

森田剛だから救えた青春 『学校へ行こう!』の功罪と『ヒメアノ~ル』が照らしたもの
(引用:https://social-trend.jp

森田はユカと特別接点があるわけでもなかったのに、異常に執着していましたね。
その理由は映画ではあまり語られていませんが、原作の漫画では明かされています。
以下、森田の発言の抜粋です。

「東京にさ…佐伯先生に似た女がいるんだ
声まで似てる…
今はあの女をどうしてもやりたい…」(引用:漫画『ヒメアノ~ル』第22話より)

この発言は、森田が和草に自分の殺人衝動を理解してもらおうと打ち明けた時の会話の一部です。

この『佐伯先生に似た女』というのがユカのことです。
『佐伯先生』は、森田の中学時代の音楽の先生です。
森田いわく、中学生(思春期)になり周りの男子がそれぞれ好きな女性の性的な想像しながら自慰行為(※漫画では『自慰行為』ではなく、この行為を意味するカタカナ四文字で表現されていましたが、規制が怖いなので言い方を変えています(笑)ご了承ください)にふける中、森田自身は佐伯先生(好きな人)や、その他憎い人物(男含む)の首を絞めて殺すシーンを想像しながら自慰行為をしていたそうです。
森田は首を絞めるという行為そのものに性的興奮を得る絞殺フェチですが、特に『恋愛対象の人物』もしくは『殺したい程憎い人物』の首を締めると、さらに興奮度が増すような性的感性をもっているようです。
映画では、森田が人を殺している場面とセックスの場面が交互に流れて、森田の性癖を描いている所が印象的でした。

一般的には『恋愛対象の人物→(極端に言うと)肉体関係を持ちたい』ですが、森田の感覚だと『恋愛対象の人物→(性的興奮を得るために)首を絞めたい』になるわけです。
なので、そんな感覚を持つ森田が佐伯先生にそっくりなユカを見付けてしまい、当時の夢を実現しようと執着しているということです。

 

生理だった女性被害者

和草を殺した後、森田は欲望のまま初めての『無差別強姦殺人』に挑戦しますが、襲った女性の下着を引っぺがすと、そこには血の付いたナプキンが。
固まる(萎える)森田…恥辱に耐える女性…というシーン。
これも森田という人物の理解を深める材料となる場面で、彼は人を殺した直後に平然と食事をしていたりと、殺人が『日常の一部』のようにふるまう一方で、生理中の女性には驚いて、同時に強姦する気を失くしています。
殺人によって出る血は気にも留めないのに、それは気になるんだ…と思いますよね(笑)
『強姦殺人』という極度の緊張感が付いて回る行為を好んで行う犯罪者の中には、女性が生理中かどうかなんて気にしない(気にしていられない)者も恐らく多いんじゃないかな。
そんな中、女性が生理中だったから強姦をやめて、他者に気付かれそうになり、結局犯しも殺しもせず逃げ出した森田は、中々神経質な面がありますよね。

 

ラストの解釈


(引用:http://pinoko-diary.hatenablog.jp

物語のラスト、警察に追われる森田は岡田を人質に取って車を走らせ、飛び出してきた犬を避けようとして車は電柱に激突、森田は数秒気絶します。
その後、意識を取り戻した森田は先程までの凶悪な雰囲気とは打って変わって子どものようになり、警察に連れて行かれる直前には岡田に「また遊ぼうね!」と笑顔で声を掛けています。

このシーンでは森田が二重人格(解離性同一性障害者)であることがほのめかされています。
最後の最後で突然森田のキャラが変わるので驚きですが、森田は高校時代のいじめがきっかけで二重人格になったようです。
岡田が少年時代に仲良くしていた頃の森田(森田A)はずっと心のどこかに隠れていて、いじめがきっかけで生まれた凶悪な人格(森田B)が主人格として今まで生きていた ということです。

また、森田の頭に河島の声が度々響いている描写もありました。
何となく統失っぽくもありますが、河島の幻聴に翻弄される程重症では無かったので、強めのフラッシュバックのようなものなのでしょう。
そもそも森田は人を殺したがっていたので、森田の衝動(欲望)が、初めて殺して強烈な快感を得た河島の声を借りて現れていた、とも考えられます。

森田は、人間はためらいなく殺すし、まるで道端の石ころのように車で轢いたりしていたのに、白い犬だけは轢かないようにとっさに避けたシーンが印象的でした。
森田が犬を気にかけたのは、少年時代に飼っていたペットが白い犬で、よく似ていたから。
犬を避けたために事故を起こし、気絶して人格がBからAに入れ替わります。
森田Aは『実家で岡田と遊んでいる』と思い込んでいるようで、そのまま車の中で岡田から借りていたというゲームソフトを探したり、近くにいるはずのない母親に大声でお茶を頼んだりした後、そのまま大人しく警察に連行されます。
恐らく『犬』がきっかけで何年も隠れていた森田Aが目を覚まし、近くに岡田もいたために強烈なフラッシュバックが起こり、このような状態に至った と解釈できます。

森田が二重人格というのは原作にはない設定で、和草が長年森田を見ていて抱いた印象を深堀りした映画オリジナルの脚本です。

スポンサーリンク

原作との違い

続いて、原作漫画との主な違いを挙げていきます。

安藤の恋


(引用:https://spice.eplus.jp

映画ではユカを岡田に奪われて失恋に苦しみ、挙げ句の果てに森田に銃で撃たれて重症を負うという悲しい運命を辿る彼ですが、漫画ではもっと救い(?)があります。
漫画だと、岡田とユカが付き合っていることを知った安藤は、ユカを忘れるために風俗店に入ります。
そしてお店で担当してくれた女の子に運命を感じて好きになり、すぐにユカの件は克服しています。
その後、風俗の子と仲良くなろうと奮闘しますが、結局その子からも『気持ち悪いからもう来ないでください』とフラレてしまいます(悲)
次は図太くブラックな男になりたいという謎理論から同僚の独身女性にウソの告白をして 向こうが本気になった所で残酷に捨ててやろうと考え同僚女性に告白しますが、かなり早い段階で安藤さんが同僚女性に本気になります。
2人は付き合う直前までいきましたが、結局女性は両親が持ってきた『歯医者さんとの結婚話』に乗り、安藤との交際を断って退職しました。

そして次、ヘルニア治療のために通うことにしたトレーニングジムで超美人のインストラクターと出会います。
安藤さんは美人インストラクターを好きになりかけますが、同僚女性にフラれた後に『もう一生恋はしない』と決意していたため、セクハラ発言を繰り返して必死に恋を遠ざけようとします。
ところが逆にインストラクターから好意を持たれて最終的にお付き合いするに至ります。

こんな感じなので、映画版で『安藤さん可哀相過ぎる!』と思っていた方は漫画を読むと安心出来ますよ笑

 

森田の逮捕まで

映画では、森田がユカのいる部屋に侵入して襲い、岡田が駆けつけて森田を止め、その後警察が来てカーチェイスの末に森田は逮捕されますが、漫画では森田はユカや岡田と直接的な接触はしないまま逮捕されます。
漫画はどちらかというと、いわゆる森田のような『社会不適合者』の心理描写がメインの物語になっています。
特殊過ぎる悩み(特殊な性癖や、それに伴う殺人衝動など)を誰にも理解してもらえない苦しみや、「普通」に生きていくことが出来ない自分自身に対するやるせなさ、社会に対する不満などに焦点が当てられていて、特にこれといった山場が無いまま、森田は公園で昼寝している時に警察に捕まります。
逮捕される時、森田は涙を流しています。
涙の理由は語られませんが、まともに生きていけず罪を重ねるばかりで苦しんでいた森田にとって、逮捕は恐れていたことながら、心のどこかで待ち続けていた「救い」だったのかもしれません。

 

森田の二重人格

上記『ラストの解釈』でも話にあげましたが、映画のラストでは森田が解離性同一性障害者だったことがほのめかされていました。
漫画ではそのような描写は少なく、高校当時に森田と一緒にいじめられていた和草が「河島を殺してから森田は人が変わった。周囲に対する態度も大きくなったし、軽犯罪は平気で犯すようになり、親も殴るようになった。」と語られているだけです。

 

グロさの度合い
映画がかなり殺人シーンが多かったり、森田の足がなくなったりとグロ度合いが高めだったので、漫画もそうなのかと思ったんですが、漫画はエログロ共に普通程度で、エロに至ってはほとんどありません。
どちらかというと個人的には漫画の表紙の絵の方が猟奇がかっているというか、森田の内面がより良く表れていて不気味に思えます。

[ad]

名言抜粋

漫画からになりますが、名言や印象に残るセリフを抜粋します。

森田正一の名台詞

限界だな…
もう河島とか高橋とか…どうでもいい…

神がどうとか悪魔とか…まったく関係ない…理屈なんてないんだ
オレはどうしてもあの…7年前の瞬間を…また味わいたい…
最高に…”完璧に充実した時間”を…それをずっと探してる…
多分オレはもう そのためだけに生きている(引用:漫画「ヒメアノ~ル」第13話より)
※高橋は高校時代、河島と一緒に森田をいじめていた人物。

 

和草:
「森田… お前…罪悪感は無いのかよ?
死ぬ人や…その周りの人々の悲しみとか…
想像したことないのかよ?
ただ快楽のために 本当にそこまでしていいと思ってるのか?
仮にお前と同じような人がいたとして…
その人は理性的に一生ガマンしてるかも知れないんだぞ?
ツイてないとか…自分が可哀想だとか…
まるで仕方ないみたいな事言ってるけど…
そんなのただのレイプ犯や放火魔と一緒じゃないか」

森田
罪悪感か…そんなの考えた事も無いな…
オレの頭の中はいつも あの首を絞める感触でいっぱいだ…
ガマンしてる奴はガマンできるからしてんだろ?
…だからオレはもう無理なんだって…
オレ 中学の時にさぁ…
『自分はただ 人を殺すためだけにうまれてきたんじゃないか?』
って超ゾっとした瞬間 今も覚えてるよ…
あの日から何か…半分夢見てるというかさ…
現実感が無いんだよ…毎日何をしてもまったく面白くない…
オレだって別に望んでこうなったワケじゃないよ…
オレのせいじゃないぜ
…やっぱ和ぐっちゃんでもわかってくれないか…

和草:
「そんなの…わかるわけないだろう…」(引用:漫画「ヒメアノ~ル」第22話より)

 

森田「オレはずっとそこにいる
みんな得体の知れない恐怖や正体不明の不安と死ぬまでずっと闘っていくんだろう?
あらゆる手段を使って少しでも正当化し…正体を暴き 安心を得る
例えば 通り魔が出た 人を殺した
殺した理由がほしいだろう? それは何でもいいはずだ
”わからないもの”ほど怖いものはないんだ
オレは7年前に人を殺した
こないだも まったく殺す気なんてなかった奴を殺した
つまりオレは世の中の…”わからないもの”のひとつだぞ
だって 生きててやりたい事がどうしてもたったひとつしか見つからないド変態野郎だぜ?
人を殺したい 人の首を絞めて 殺したい
お前だっていいんだ… お前だっていいんだぞ?
世の中はいわゆる”フツー”の奴のためにできてる
”毎日でも人の首を絞めて殺したい”と思ってる人は どうしたらいいんだよ?
たまたま…たまたまそんなのになっちゃった奴は
オレはこれからも…もっと人を殺すのか
捕まって病院に送られるか
ご迷惑をおかけする前にさっさと死んでやるか
まいったな…選択肢が超少ねぇ…
『周りの人が悲しむから殺しちゃいけない』って?
『罪悪感はないのか』って?
何マジメな顔してフツーな事言ってんだよ?ブタ野郎
テメーも一緒に河島殺したろ?ブクブク太りやがって(引用:漫画「ヒメアノ~ル」第25話より)
※『ブタ野郎』は和草のことです。

 

※ユカの部屋の隣に住んでいた男と森田の会話です。
森田

別に何でもいいけどさ…そうやってすぐ分けんなよ
”病気”って言われると…けっこうムカつくんだぞ?
たまたまオレの普通がみんなと違ってただけでさ…
足が速いとか…歌がうまいとか…
実際そんなのと大して変わらね~んじゃねぇの?

隣人:
「違う!…それは才能の話だ
お前は病気で…人殺しで…犯罪者だ!」

森田
そうなんだよなぁ…
歌がうまくても足が速くても…逮捕されないもんな…
まぁ要するにさ…オレはこの世に”病気”って言葉自体…いらないと思うんだよ?
だって意味ないだろ?
何か…歩いてる人に『歩いてますね』って言ってるみたいだ…
運悪く普通じゃなくなった人もいっぱいいるのに そんな人に病気って言ったら可哀相だろ?
オレはそのバカみたいな簡単さとクソ共の残酷さに…超ムカついてんだな
病気になる原因も…何にもわかってない連中に…それっぽい病名つけられて…
『じゃあしょうがない』『あいつはダメだ』って…強引に安心されちゃうんだぜ?
どう思う?何かズルくねぇか?(引用:漫画『ヒメアノ~ル』第58話より)

安藤勇次の名台詞

 

岡田:
「安藤さんは…毎日 仕事終わった後…何してるんですか?」

安藤:
「? そういう君は何をしているの?」

岡田:
「僕ですか?僕はひどいですよ…もう 本当にただ帰って…
ゴハン食べて寝て…いつもそんな感じです
僕 趣味も無いし…彼女も…親しい友人もいないし…
とにかくヤバいんです…毎日ダラダラしてます…
そのクセ…それを不満に思ったりして…
安藤さんは無いですか?
なんかそういう…イライラ感というか…モヤモヤした感じ…」

安藤:
何言ってんだよ岡田君 人はみんな不満なんだよ?
もっと言えば 不満や不安が無いと みんな生きていられないと思うよ
だって それを少しでもなくそうと毎日がんばってんじゃない
そして残念な事に 不満とか不安にはキリが無いんだ
そこそこ満足してもすぐまた次の”不満”が現れる…
ずっとその繰り返しだ…
完璧に満足してるヤツなんて多分この世にいないよ
どんな金持ちでも どんなにモテモテでも…
みんな何かしら不満なのさ…
だから岡田君 君は変じゃない!
イタズラに自分をイジメちゃだめだ!かわいそうだよ

岡田:
「あ…安藤さん…けっこう…いい事言いますね…」(引用:漫画「ヒメアノ~ル」第1話より)

 

安藤
「岡田君…オレはねぇ…もう一生恋をしない!!!」

岡田:
「えぇっ一生!? 一生って死ぬまで!?」

安藤
そうだ!!死ぬまでしない!!
一生誰にも心を奪われない!!
オレは入院中ずっと考えていた…
なぜオレの心はしょっちゅうズタズタになるのか?
どうしてこんなにも辛く悲しい毎日を…
死のニオイすらプンプン感じているのか…
それは恋をするからだぁ!!
じゃぁ その”恋”とは何だ!?
オレは一体”恋”に何を求めているのかと…
厳しく深く…超サディスティックに己に問い詰めてみた…
するとその答えは『運命の人と究極に心と心が繋がり合い わかり合い…
最高に美しく幸せに満ちた日々を送る』というものだった…

言葉にした瞬間オレはゾっとした!!
”そんなものは無い”と!!
どー考えたってそんな完璧なもの この世に無いだろうと気付いてしまったんだ!!
つまりオレはずっと幻を追っかけていたんだよ!
すべては自己愛であって!心のオアシスを!
己の存在意義を求めていただけだったんだ!!

岡田:
「で…その髪型にした理由は?まさか恋をしないタメに?」

安藤:
「そうだ!だってこんなヤツ恋できないだろう!?
オレなりの自主規制だ!!
髪型だけじゃないぞ!
オレは今日から下ネタを言う!ダジャレを言う!
女子に嫌われるエッセンスをジャンジャン取り入れ 恋との距離をグングン離す!!」(引用:漫画『ヒメアノ~ル』第35話より)

※安藤が変な髪型にした理由を説明している時の発言です。

 

安藤
「いや~岡田君
”恋しない”修行はけっこういいぞ
それに付随したいろいろのモノまで見えてくる」

岡田:
「? 例えばどんなものですか?」

安藤
そうだな…まだうまく言えんが…
世の中の錯覚というか…
人生は”楽しくあるべきだ”という思い込み…
その脅迫観念に囚われている人が…実はたくさんいる事に気付いた

岡田:
「え?…だって楽しくあるべきじゃないんですか?」

安藤
もちろんだ…だがオレが言っているのは 自分にとって何が楽しいのかをよくわかっていないフワフワした連中の話だ!
AさんよりBさんの方が楽しそうだ…
BさんよりCさんの方が楽しそうだ…
自分も毎日を楽しみたい…
そんなフワフワ連中は酒や女…ドラッグやギャンブル…
ものすごく安易に手に入るありとあらゆる快楽にひじょ~に弱い!
岡田君…自転車は止まるとどうなる?
自転車に乗っている人が…地面に足をつけず…止まっているとどうなる?

岡田:
「そりゃ…プロの人以外…すぐ倒れちゃいますよね」

安藤:
そうだ 自転車は走ってこそ安定する
フワフワ君達も同じだ…何としてでも自分を走らせ…
どうにかして楽しんでいるフリをしないと…とても不安定になるのだ
彼らにとって止まるという行為は非常に危険だ…
どうしたって”己”という人間がガッシリ見えてきちゃうからな…
その時こそ本当の精神力が問われ…真の自分の姿が露呈する…
ごまかしようがないんだ
腐ってどんどんバカになるヤツ…
惜しくも負けて人を殺したり…自分を殺すヤツもいるだろう…
だがオレは勝った…なぜならオレは最初から”人生はつらいものだ”とわかっていたからな!
(中略)
何たって俺は無敵の男…いや
今や超自然体の慈悲満ちあふれる完璧な男…
岡田君…すべては”許す心”だよ…
己を許し 他人を許す…
皆がオレのレベルに達すれば世界から戦争などなくなるだろう(引用:漫画『ヒメアノ~ル』第42話より)

映画『ヒメアノ~ル』関連商品(楽天)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました