映画『ヒメアノ〜ル』ネタバレ解説|ラストの考察、原作との違いなど | 映画鑑賞中。

映画『ヒメアノ〜ル』ネタバレ解説|ラストの考察、原作との違いなど

スリラー

映画『ヒメアノ~ル』についての解説・考察をしています!

V6森田剛さんの殺人犯役がハマりすぎて良い意味で怖かったです!
前半の、安藤、岡田、ユカの微笑ましいラブコメディから森田が迫ってきて雰囲気がホラーに豹変する構成も面白かったです。

個人的に気になった点や漫画と映画の違いなどまとめました。
鑑賞済みの方向けの解説考察記事です。まだ観ていない方はネタバレにご注意ください。

制作年:2016年
本編時間:99分
制作国:日本
監督・脚本:吉田 恵輔
原作漫画:『ヒメアノ~ル 古屋 実 著

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://www.tadamonkugaiitakute.com
岡田 進濱田岳
ビルの清掃会社で働く25歳。
彼女いない歴=年齢の、控えめな青年。
平凡で単調な毎日に不満を抱え、恋人が出来ず孤独感に苛まれている。

 


(引用:https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com
安藤 勇次ムロツヨシ
岡田の先輩社員31歳。
情熱的で非常に惚れっぽい性格だが、岡田と同じく彼女いない歴=年齢。
カフェ店員の阿部ユカに一目惚れし、岡田に協力を求める。

 


(引用:http://miedon-3.cocolog-nifty.com
阿部 ユカ佐津川愛美
岡田、安藤の会社の近所にあるカフェの美人店員21歳。
普段は控えめだが、いざという時はしっかりと自己主張する。
森田正一からのストーカー被害を受ける。

 


(引用:http://cinemaisland.blog77.fc2.com
森田 正一森田剛
岡田の小・中・高校時代の同級生で、絞殺フェチの猟奇殺人犯。無職。
少年時代は岡田とお互いの自宅を行き来するほど仲が良かったが、現在は疎遠。
高校生の頃にクラスメイトから酷いいじめを受けて性格が変わった。
カフェで偶然見かけた阿部ユカに一目ぼれし、ストーカー行為を繰り返す。

・その他のキャスト

和草 浩介…駒木根 隆介
久美子(和草の婚約者)…山田 真歩
清掃会社の社長…大竹まこと
飯田 アイ(阿部の親友)…信江 勇
河島…栄信
アパートの住人…山中 聡
警察官…鈴木 卓爾 ほか

 

あらすじ紹介

平凡な日々に不安を抱えながら東京で清掃員として働く岡田 進(濱田岳)は、先輩社員の安藤 勇次(ムロツヨシ)から恋愛相談を受けました。
安藤は会社近くにあるカフェの店員 阿部 ユカ(佐津川愛美)に一目惚れしたので、お近づきになるのを手伝ってほしいと言います。
岡田は内心面倒臭かったものの、協力することにしました。

岡田はユカのカフェに何度も通う内に、ユカから「カフェによく来る男性客にストーカーされている」と相談され、そのストーカーは岡田の元同級生の森田 正一(森田剛)だと気付いて驚きます。

岡田と森田は少年時代は仲良しでしたが、高校生に上がってから森田がいじめられるようになり、岡田はいじめられるのを恐れていじめっ子側についてしまいました。
森田が不登校になってから交流は完全に途絶えていましたが、岡田は森田に対してずっと後ろめたい感情を抱いていました。

岡田はユカのために森田と直接話をすると、森田はストーカーであることを認めなかったものの、それ以降カフェに来なくなりました。
その後、岡田はユカから告白と猛アプローチを受けて岡田もユカが好きになってしまい、安藤に内緒で付き合い始めます。

岡田は知る由もありませんが、森田の正体は『人間の首を絞める行為』に性的興奮を覚える異常性欲者でした。
森田は中学生の頃から人の首を絞めたい衝動に悩まされ続け、高校生の時にいじめの主犯格だった男子生徒を絞殺して山に埋めたことのある殺人犯でもありました。

森田は東京に出てきて偶然ユカを見てから『彼女をどこでどうやって絞殺するか』という考えにとり憑かれ、あっという間にストーカーになっていました。
森田はユカのストーカーを続ける内に、岡田がユカと付き合っていることを知り、嫉妬から岡田の殺害を決意します。

解説・考察や感想など

森田はなぜユカを狙ったのか

森田剛だから救えた青春 『学校へ行こう!』の功罪と『ヒメアノ~ル』が照らしたもの
(引用:https://social-trend.jp

森田はユカと特別接点があるわけでもなかったのに、異常に執着していました。
その理由は映画ではあまり語られませんが、原作漫画では明かされています。

森田は中学生の頃に佐伯先生という音楽教師に恋していました。
そして、ユカは佐伯先生にそっくりだったから目を付けられていたのです。

森田は首を絞めるという行為そのものに性的興奮を得る絞殺フェチですが、特に『恋愛対象の人物』もしくは『殺したい程憎い人物』の首を締めると、興奮度が増すような性的感性をもっています。
森田が人を殺す場面と岡田とユカのセックスが交互に流れて、森田の性癖をよりリアルに描いているのが印象的でした。

 

生理だった女性被害者

森田は同級生の和草を殺した後、欲望のまま初めての『無差別強姦殺人』に挑戦しますが、襲った女性の下着を引っぺがすと、そこには血の付いたナプキンが。
固まる(萎える)森田…恥辱に耐える女性…というシーンです。

これも森田という人物の理解を深める材料となるシーンで、彼は人を殺した直後に平然と食事をしていたり、殺人が『日常の一部』のようにふるまう一方で、生理中の女性には驚いて性欲を失っています。
殺人によって出る血は気にも留めないのに、そっちは気になるんかい…と思いますよね(笑)

『強姦殺人』をする犯罪者は、極度の興奮状態にあるため女性が生理中かどうか気にしていない場合が恐らくですが多いんじゃないでしょうか。
そんな中、女性が生理だったから強姦をやめてしまい、他者に気付かれそうになると結局犯しも殺しもせず逃げ出した森田は、かなり神経質であることを表していたと思われます。

ラストの解釈


(引用:http://pinoko-diary.hatenablog.jp

ラストシーン、警察に追われる森田は岡田を人質にして車を走らせ、飛び出してきた犬を避けようとして電柱に激突、森田は気絶します。
その後、意識を取り戻した森田は先程までの凶悪な雰囲気とはガラッと変わって子どものようになり、警察に連れて行かれる直前は岡田に「また遊ぼうね!」と笑顔で声を掛けました。

このシーンでは森田が二重人格(解離性同一性障害者)だったことがほのめかされていました。
森田は高校時代の過酷ないじめがきっかけで二重人格になってしまっていたようです。
岡田が少年時代に仲良くしていた頃の森田(森田A)はずっと心のどこかに隠れていて、いじめがきっかけで生まれた凶悪な人格(森田B)が主人格として今まで生きていたのです。

また、森田は高校時代のいじめの主犯だった河島の声の幻聴が聞こえている描写もありました。
何となく統失っぽくもありますが、河島の幻聴に翻弄される程では無かったのでフラッシュバックの一種だったのかもしれません。
そもそも森田は人を殺したがっていたので、森田の衝動(欲望)が、初めて殺して強烈な快感を得た河島の声を借りて現れていた、とも考えられます。

森田は人間はためらいなく殺し、まるで道端の石ころのように車で轢いたりしていたのに、白い犬だけは轢かないようにとっさに避けたシーンが印象的でした。
森田が犬を気にかけたのは、少年時代に飼っていたペットが白い犬で、よく似ていたからです。

恐らく『白い犬』がきっかけで何年も隠れていた森田Aが目を覚まし、近くに岡田もいたので『実家で岡田と遊んでいる』と思い込んでしまっていたようです。
車の中にあるはずのないゲームソフトを探したり、近くにいるはずのない母親に大声でお茶を頼んだりする姿は何だか切なくなってしまいました。

ちなみに森田が二重人格というのは原作にはない映画オリジナルの設定です。

 

次のページに続きます!

次は『原作との違い』『名言抜粋』です。

感想などお気軽に(^^)

  1. 匿名 より:

    映画では。生理中の女性も結果殺された描写な気がしました。

タイトルとURLをコピーしました