「大脱出」ネタバレ解説|マンハイムに関する疑問、クラーク社長の謎行動の理由など! | 映画鑑賞中。

「大脱出」ネタバレ解説|マンハイムに関する疑問、クラーク社長の謎行動の理由など!

アクション


プロの”脱獄屋”レイ・ブレスリンに「テスト段階の非合法刑務所から脱獄してみてほしい」とCIAから怪しい依頼が来た。
ブレスリンは脱獄することができるのか。
シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーのダブル主演作、シュワルツェネッガーにとっては初の脱獄物となる。

原題:ESCAPE PLAN
制作年:2013年
本編時間:116分
制作国:アメリカ
監督:ミカエル・ハフストローム
脚本:マイルズ・チャップマン、アーネル・ジェスコ

出演者・キャスト&キャラクター紹介

 

ブレスリン

(引用:http://otokonoeiga.com

レイ・ブレスリンシルベスター・スタローン
いくつもの刑務所からの脱獄を実践して刑務所の弱点を指摘する民間のセキュリティ会社の社員で脱獄のプロ。
周囲を観察して規則性を見付けるのが得意。
彼の脱獄に関する著書は関係者から絶大な支持を得ている。
CIAからの依頼でテスト中の非合法刑務所の脱獄をすることになった。

 

、アーノルド・シュワルツェネッガー、男性、大脱出、、映画、有名人

(引用:https://www.1zoom.me

エミル・ロットマイヤーアーノルド・シュワルツェネッガー
レイが刑務所で出会った囚人。
刑務所運営のスポンサー達が捕えたがっている謎の犯罪者マンハイムを知る唯一の人物。

 

エス3

(引用:http://kisaraginotubo.blog.fc2.com

ホブス所長ジム・カヴィーゼル
刑務所の所長。冷徹で残酷で支配欲が強い。
蝶の標本作りが趣味。

 

©2013, Artwork & Supplementary Materials ©2014 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

ジャベドファラン・タヒール
麻薬の売人だった囚人。
ブレスリンとロットマイヤーを目の敵にしている。
イスラム教信者のため、朝晩のお祈りが欠かせない。

 

医者(サム・ニール)

(引用:https://ameblo.jp

カイリー医師サム・ニール
どことなく人生諦めた感が漂う刑務所の医師。

・その他のキャスト
アビゲイル(ブレスリンの恋人?)…エイミー・ライアン
ローグ(最初の刑務所の看守)…マット・ジェラルド
ハッシュ(ブレスリンの仲間の社員)…50セント(カーティス・ジャクソン)
レスター・クラーク(社長)…ヴィンセント・ドノフリオ
最初の刑務所の所長…グレアム・ベッケル
会社の受付の女性…リディア・ハル
ジェシカ・マイヤー(CIAの弁護士)…カトリーナ・バルフ
ドレーク(刑務所看守)…ヴィニー・ジョーンズ
バブコック(看守)…クリスチャン・ストークス
ブレスリンに殴られた囚人…ブライアン・オアリー、ジェフ・チェイス、マイケル・パパジョン
ヘリのパイロット…アレック・レイム ほか
[adchord]

あらすじネタバレ

ロサンゼルスにある特殊なセキュリティ会社で働いているレイ・ブレスリン(シルベスター・スタローン)は脱獄のプロ。
刑務局などから依頼を受け、指定された刑務所に実際に囚人として入り脱獄、刑務所の弱点を報告するのが仕事だった。

ある日ブレスリンは、CIAの弁護士ジェシカ・マイヤー(カトリーナ・バルフ)から『テスト運営段階の非合法の刑務所システム』での仕事を依頼された。
それはスポンサーを募って民間で運営しようとしている刑務所(牢獄)のようなもので、法律でさばけない極悪人を社会から排除するために作られたシステム、一言で表すと『違法刑務所』だという。
現在はテスト段階で、脱獄不可能であることをスポンサーに示さなければいけない状態のため、ブレスリンに依頼が来たのだった。
刑務所の場所は明かせない』と言われて、ブレスリンのサポート役のアビゲイル(エイミー・ライアン)ハッシュ(50セント)は反対したが、いつもの2倍の報酬に目が眩んだクラーク社長(ヴィンセント・ドノフリオ)が強引に受けることを決めてしまった。

ブレスリンが仕事をする際、脱獄不可能だとわかった時や、その他の非常事態の際は『協力者』に避難コードを伝えれば仕事は中止、すぐに刑務所から出してもらえるというサポート体制があった。
『協力者』とは、ブレスリンが入る刑務所で働く特定の人物に、事前に会社側がレイの本当の身分を知らせておいて、非常事態の時だけ動いてもらう人物のことだ。(脱獄を手伝ってもらうわけではない)

ブレスリンは刑務所で名乗る『テロリストの一味アンソニー・ポルトス』という偽名と経歴を与えられ、『協力者』は刑務所のマーシュ署長であることと、避難コードを覚え、ニューオーリンズで投獄される日を迎えた。

外に出て数分後、ブレスリンは黒服の男たちに拉致され、薬を打たれて気を失った。
気が付くと、ブレスリンは刑務所の個室の中にいた。
そこはガラス張りで外からも中からも丸見えな囚人用の個室がいくつも連なり、看守は全員覆面をしていて顔がわからない。
ブレスリンが今までに見たことのない施設だった。

入所してすぐ、ブレスリンは所長のホブス(ジム・カヴィーゼル)から『協力者』だったはずのマーシュ所長が存在しないことを知らされる。
異常を感じたブレスリンはホブス署長に『避難コード』を伝えたが「そんなものは知らない」と受け付けられず、ブレスリンは脱獄以外の方法でここから出られないことを悟った。

翌日。脱獄の作戦を練ろうと周囲を観察していたブレスリンに、初老の囚人エミル・ロットマイヤー(アーノルド・シュワルツェネッガー)が近づいてきた。
ロットマイヤーは、刑務所のスポンサーたちが今一番投獄したい犯罪者マンハイムを知る唯一の人物だった。
マンハイムは富豪から金を盗んで貧困者に分け与える、貧困者たちからは『英雄』と呼ばれている泥棒だ。

ロットマイヤーが度々声をかけてくるのでブレスリンは当初は鬱陶しいと感じていたが、多少無理な頼みも聞いてくれるロットマイヤーの男気を買い、やがて2人の間に信頼関係が生まれた。
ブレスリンは正体を明かしてロットマイヤーと協力して一緒に脱獄することを約束した。

(作戦を練るブレスリンとロットマイヤー 引用:https://clown-movie1969.com

ブレスリンとロットマイヤーは刑務所の構造から、ここが地下施設だと予想していた。
懲罰房に設備上の弱点があることを発見したブレスリンは懲罰房に入り、現在地を知るために房から抜け出してひたすら上がっていって外に出た。
外に出たブレスリンは、この刑務所が地下施設ではなく巨大な船であり、自分たちがいたのが海の上だったことを知りショックを受ける。
脱走がバレないようにすぐ懲罰房に戻ったブレスリンは、脱獄の難しさに気が遠くなった。

その頃、ブレスリンが投獄された場所を探っていたアビゲイルとハッシュは、そこが『墓場』と呼ばれていて、元軍人と民間の警備会社を雇って動かしていることは突き止めたものの、場所は依然として特定できずにいた。
アビゲイルはクラーク社長に何度も抗議したが、社長は「問題ない」の一点張りだった。

f:id:naoraou:20181023212556j:plain

(アビゲイルとハッシュ 引用:https://www.naoraou.com

この後、クラークはホブス所長に連絡を取ってブレスリンの正体を明かし、ブレスリンに脱獄する気をなくさせることと、マンハイムの居場所を何としてもロットマイヤーに吐かせるよう指示した
(スポンサーに中国の大手金融会社が参加し、マンハイムを捕えれば莫大な金が手に入ることになったから)
この時、クラークは何らかの形で刑務所運営に関わっており、施設の価値を上げるめにブレスリンを永久に刑務所に閉じ込める約束を交わしていることが明らかになる。

それからブレスリンは毎日看守から暴行を受け、ほとんど眠ることも出来なくなり、気力をどんどん削がれていった。
ブレスリンの心が折れかけた時、ロットマイヤーは「なぜこんな仕事を始めたのか?」と問いかけた。
ブレスリンは以前は検察官をしていて、かつて彼が刑務所に入れた1人の犯罪者が数年後に脱獄、ブレスリンの妻と息子が復讐で殺されたという。
それからブレスリンは脱獄不可能な刑務所を少しでも増やすべく、この仕事を始めたとロットマイヤーに語った。
初心を思い出してロットマイヤーに励まされたブレスリンは再びやる気を取り戻した。
[adchord]
早速ブレスリンはロットマイヤーに頼んでペンやメガネを手に入れて六分儀(星の位置で緯度がわかる装置)を作った。

この直後、ホブス所長はブレスリンの本当の身分が知ったことを伝えた上で「永久にここから出すな」と命じられたことをブレスリンに明かし、「今後は脱獄防止のため独房で死ぬまで誰とも接触させない」と告げた。
ブレスリンはとっさに「ロットマイヤーからマンハイムの居場所を聞き出す」と条件を出して独房行きを免れて、成功すればここから出してもらうことを約束した。

もちろん、ブレスリンはロットマイヤーを売る気はない。
ロットマイヤーから聞いた情報を小出しにしながら時間を稼ぎ、イスラム教の囚人ジャベド(ファラン・タヒール)を仲間に入れて六分儀を渡した。
ジャベドはホブスにブレスリンに関する嘘の情報を流し、見返りに星空の下でイスラム教の祈りをさせてもらうことに成功、船の緯度がわかった。

ブレスリンは緯度と外に出た際の気候などから、ここがモロッコの沖合と予測した。
続けてブレスリンはカイリー医師(サム・ニール)に正体を明かして協力を仰ぎ、外にいるロットマイヤーの仲間に連絡してもらいモロッコ沖合に救助ヘリを依頼、脱獄の決行は翌日となった。

翌日、ブレスリン、ロットマイヤー、ジャベドは周囲を巻き込んで暴動を起こし、看守から銃を奪って船の上を目指した。
船の上に向かう途中でホブスに居場所がバレて船内にロックをかけられてしまう。

(ブレスリンに「チーズ!」と言われて防犯カメラの前でポーズを取るロットマイヤーとジャベド 引用:https://imguram.com

また、ジャベドはケガを負い、2人の楯になって死亡した。
ブレスリンが電気系統をダウンさせている間にロットマイヤーが船上にあがって無事にヘリにたどり着いた。
ブレスリンは貯水タンクの排水機能を使って船から脱出し、海上でロットマイヤーの乗るヘリに拾われた。
ヘリから吊るされたはしごを登る際、ホブスに見つかって銃撃戦となった。
ブレスリンはすかさずホブスの近くにあったオイル入りのドラム缶を撃ち、爆発、ホブスは焼死した。

無事に脱獄に成功して海岸に降り立ったブレスリンとロットマイヤーは、そこでお互いの迎えが来るのを待った。
ロットマイヤーを迎えに来た彼の娘が、ブレスリンの元に依頼に来たCIAの女ジェシカだったことから、ロットマイヤーがマンハイム本人だったことが判明した。

ジェシカは本当にCIAの一員で、マンハイムのスパイだった。
『ロットマイヤー』と『ポルトス』の偽名と身分は全てジェシカがあらかじめ準備していたもので、マンハイムは最初から『もし捕まったらポルトスという名の救世主を待つこと』になっていたのだ。
ジェシカはマンハイムが捕まった後、脱獄のプロであるブレスリンを探しだしてポルトスという名で”墓場”にマンハイムを助けるために行ってもらったという。
本当の依頼(狙い)はブレスリンが脱獄できるかどうか試すことではなく、マンハイムを連れて絶対に脱獄してもらうことだったのだ。

やたらと”墓場”に詳しかったクラーク社長は、ブレスリンを送り出した後ジェシカを飛び越えて勝手に”墓場”の運営元に連絡して、
ブレスリンが脱獄を諦めてずっと”墓場”に居ることになれば、”墓場”の社長にしてもらう』という約束を取り付けていたらしい。
クラーク社長はブレスリンが脱獄した直後に失踪したが、アビゲイルとハッシュの手によって誘拐、行き先もわからない貨物船に積まれて流刑にされた。

やっとアビゲイルの元に帰ってこれたブレスリンは、アビゲイルと食事の約束をして車に乗り込んだ。
映画『大脱出』関連商品(楽天)

解説、考察や感想など

なぜスポンサーたちはマンハイムを捕まえたがっていたの?

「大脱出 ホブス」の画像検索結果

(部下の頭をさわさわするホブス 引用:https://twitter.com

マンハイムは富豪の者たちから金を盗んで貧困に苦しむ人々に分け与えることで有名な泥棒だったようです。
マンハイムは、クラーク社長が「銀行のシステムをダウンさせる」と発言していたように、富豪の財産をかなり大胆なやり方で根こそぎ奪ってしまうような泥棒だったようです。
つまり、富豪たちは絶対にマンハイムからの被害にあいたくない、まさに”墓場”に入れておきたい、穴があったら入れておきたいたい(使い方間違ってるかも)存在だったからです。

ところで、ホブス所長さん意外と良いキャラしてましたよね(笑)
潔癖なのかなーと思ったら部下の坊主頭をお触りしていたり、本をパラパラしてページの隙間に目にもとまらぬ速さで指を差し込んでいたりとちょっとツボでした(笑)
何気に小指が立っているシーンもあったのでゲイっぽいキャラだったのでしょうか。

 

なぜロットマイヤーは正体を隠していたの?

マンハイムは恐らく普段からロットマイヤーとして生活していたのではないかと思われます。
有名な大泥棒が身分を隠さずに生活するなんて、捕まえてくれと言ってるようなもんですからね。
普段から『マンハイムと近しい人物ロットマイヤー』として生活していて”墓場”の関係者に捕らえられたんだとしたら、わざわざ自分がマンハイム本人だと名乗り出るよりは『マンハイムの居場所をしる唯一の人物』だと思わせていた方が殺されたりする心配がないですし、自分の言動で周囲(特にホブス)が翻弄されているのを見るのが面白かったかもしれません。

 

ロットマイヤーはなぜブレスリンに近づいたのか

肉体派2人による“頭脳戦”も見もの!

(引用:https://eiga.com

これは終盤にかなり急ぎ足で種明かしされますが、ロットマイヤーは元々『捕まったら、ポルトスという名の人物が現れるのを待つこと』を決めていました。
マンハイムが捕まったら、確実に助けてくれそうな人物を娘のジェシカが手配して送り込むことになっていたんです。
そしてマンハイムの救世主としてブレスリンが選ばれたというわけです。

 

カイリー医師が読んでいた『ヒポクラテスの誓い』

(引用:https://farm5.static.flickr.com

ヒポクラテスの誓いとは、医者として持つべき倫理感や任務を神に誓った宣誓文です。
(詳しくはWikipediaをどうぞ)
「医者としてあるべき姿を思い出せ」とブレスリンに言われたカイリー医師は、ヒポクラテスの誓いを思い出して久しぶりに目を通し、医師として正しい行動を取ろうと決めたのだと思われます。
ブレスリンの著書に何が書いてあったのかは明かされませんが、もしかしたらブレスリンの行動理念や、なぜ脱獄屋をしているのかが描かれていたのかもしれません。

カイリー医師の「医者は良くわかっていない病気の治療のために、良くわかっていない薬を処方するものだ」という言葉が引用っぽくて調べたんですが出てきませんでした。
遠回しな言い方でよくわかりませんでしたが、カイリーは「医者としての任務(正義)をまっとうするためなら、時には職権乱用もいとわない」というようなことが言いたかったのでしょうか。

 

クラーク社長の行動は何だったのか

「大脱出 ドノフリオ」の画像検索結果

(クラーク社長 引用:https://twitter.com

クラーク社長の意味深な行動についても最後のどたばたで明かされていますが、こちらでも改めて解説考察していきます。

まず、クラークは危険な仕事も報酬によっては迷わず請け負って部下を危険な目にさらすような人物であることは、ジュリアからの依頼を受けた時のクラークの態度でわかります。
ロットマイヤーの娘ジュリアからの依頼がきっかけで”墓場”の存在を知ったクラークは、ジュリアを飛び越えて”墓場”の本部(社名は出てきた気もしますが忘れました)に直接連絡してしまい、ここからクラークの暴走が始まります。

恐らくクラークは”墓場”が世界各国の富豪がスポンサーとなって金が集まりそうな施設だったことと、マンハイムに莫大な報酬金がかけられていることを知り、欲に目が眩んだのでしょう。
しかも、もし有名な脱獄屋のブレスリンが”墓場”から脱獄不可能だった場合、”墓場”はさらに価値が跳ね上がり、スポンサーはさらに増えるでしょう。
中盤で中国がスポンサーに名乗りを上げてきたのも、恐らく「ブレスリンが現在脱獄に挑戦中で、失敗しそうだ」と誰か(多分クラーク本人)が吹きこんだからだと思われます。
要は、クラークはブレスリンを踏み台にして”墓場”の所有者になろうと企んだんですね。
ぽっと出の人間がこんな風に突然社長候補にのし上がれるのは信じがたいですが、アメリカ映画ですし、クラークは相当交渉が上手だったのかもしれません。

映画『大脱出』関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました