アドレナリン(2006)ネタバレと感想☆ | 映画鑑賞中。

アドレナリン(2006)ネタバレと感想☆

アクションコメディ

映画「アドレナリン」のあらすじネタバレと感想を書いています!
ロサンゼルスの殺し屋シェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)は、気絶している間に中国製の毒を注射されていた。
闇医者に「解毒剤を打つまでアドレナリンを出し続けなければ死ぬ」と告げられチェリオスは、毒を盛った男リッキー・ヴェローナを探してロサンゼルスの街を駆け巡る。

原題:CRANK
制作年:2006年
本編時間:87分
制作国:アメリカ、イギリス
監督:マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー
脚本:マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー
 

キャスト&キャラクター紹介

 


(引用:https://www.pinterest.jp

シェブ・チェリオスジェイソン・ステイサム
フリーランスの殺し屋の男。
ガールフレンドのイヴに職業を『ゲームプログラマー』と偽っている。
マフィアに毒を盛られて、アドレナリンを出し続けないと死んでしまう体になった。
解毒剤を求めて街を駆け回る。

 


(引用:https://www.aveleyman.com

イヴエイミー・スマート
キュートでおっちょこちょいなチェリオスのガールフレンド。
チェリオスが毒を盛られたことを知り、アドレナリンを出すことに協力する。

 


(引用:https://www.pinterest.jp

リッキー・ヴェローナホセ・パブロ・カンティーロ
マフィアのボス。
ある人物からチェリオスを殺すよう依頼されて毒を盛った。

 


(引用:https://www.pinterest.jp

ドクター・マイルスドワイト・ヨーカム
闇医者。チェリオスの専門医。
腕は確かだが、女好きで怠け者。

その他のキャスト

ケイロ(チェリオスの友人)…エフレン・ラミレッツ
カリート…カルロス・サンス
タクシーの黒人運転手…エディ・ガテギ
オーランド…レノ・ウィルソン
急患に付き添っていた医師…グレン・ハワートン
アレックス・ヴェローナ…ジェイ・エクスカーラ
ドン・キム…キーオニー・ヤング
オーランド…レノ・ウィルソン ほか

スポンサーリンク

結末までのあらすじ

フリーランスの殺し屋シェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)はロサンゼルスの自宅のベッドで目覚め、体調の異常に気付いた。
朦朧としながらリビングに行くと、テレビ台の上に「FUCK YOU」と書かれたDVDを発見。
中身はメキシコ系マフィアのボス リッキー・ヴェローナ(ホセ・パブロ・カンティーロ)からのビデオメッセージだった。

チェリオスは過去に仕事で、ドン・キムという中国人を殺したのだが、その報復でキムの関係者がヴェローナを雇い、チェリオスを殺すよう依頼したという。
ビデオはチェリオスの自宅で撮影されていて、映像にはベッドに横たわるチェリオス自身が映っていた。
そして、ヴェローナは人体に入れれば1時間持たないという中国製の合成毒物を気絶しているチェリオスに注射すると、「良い死にざまを」というメッセージで映像は終わった。
チェリオスは怒りに任せてテレビを壊し、ヴェローナを探すため車で街に飛び出した。


(怒り狂うチェリオス 引用:https://www.imdb.com

チェリオスはメキシコ系ゲイのケイロ(エフレン・ラミレッツ)に電話をかけて「ヴェローナを探しているから、見かけたらすぐ知らせろ」と命じて電話を切り、オーランド(レノ・ウィルソン)いう男のいるバーを訪れた。
オーランドは以前、ヴェローナと組んで仕事をしたことがあると聞いていたからだ。
オーランドにヴェローナの居場所を聞くが「何も知らないし、騙されたことがあるからむしろ恨んでいる」と言われ、手がかりは無かった。

別の場所に車を走らせていた時、チェリオスの専門医(闇医者)のドク・マイルス(ドワイト・ヨーカム)から電話があった。
ドクはチェリオスの症状を聞いて、「打たれたのは恐らくペキンカクテルだ。その毒の作用を遅らせるにはアドレナリンを出し続けるしかない。1時間でロサンゼルスに戻れるから、それまで何とか持ちこたえろ」と言い電話を切った。

その後、チェリオスはスピードの出しすぎでパトカーに追われ、警察を撒くためにデパートに突っ込み、転覆した車を捨ててデパートから飛び出すと、タクシーの後部座席に飛び乗った。
警察は撒けたが、ただ座っているだけだと体が鉛のように重たくなってくるのを感じた。
チェリオスは運転手に指示してコンビニに寄り、目に付いたパチパチするお菓子やレッドブルなどのカフェインドリンクを強盗してタクシーに乗り込むと、ドン・キム殺しの依頼主で、チェリオス自身のボスでもあるカリートの所へ行くことにした。

カリート(カルロス・サンス)に「どうにかして欲しい」と頼んだが、「ペキンカクテルは競争馬の薬殺用の薬で解毒剤は無い」と告げられた上、カリートはヴェローナに肩入れしていて、チェリオスに協力する気がなかった。
チェリオスは職種柄、カリートに反抗するとロサンゼルスで生活できなくなるため、黙って立ち去った。

チェリオスは待たせていたタクシー運転手からタクシーを奪い走り続けていると、ドクから着信があった。
ドクは「『エピネフリン』という薬を注射すればペキンカクテルを体内で中和できるかもしれない。ただし、強い薬だから、打つのは注射器の1/5だ」と告げた。
その直後、ケイロから「ヴェローナの弟がレストランに入っていくのを見た」と連絡が入った。


(チェリオスとケイロ 引用:https://www.netflixmovies.com

チェリオスはすぐにレストランへ向かい、ヴェローナの弟を殺した。
そしてヴェローナに自分を追わせるため、弟の携帯からヴェローナに電話をかけて挑発した。

あっけにとられている血まみれのケイロにお礼を言い、チェリオスはエピネフリンを求めて病院へ向かった。

スポンサーリンク

チェリオスは病院付属の薬局でエピネフリンを要求したが、薬剤師から怪しまれて拒否されてしまった。
すると、隣で雑誌を読んでいたジャンキー風の若い男性が「ノーズスプレー(点鼻薬)にエピネフリンが含まれてるぜ」と教えてくれた。
チェリオスはノーズスプレーを数本持ち去り、スプレーしまくりながら院内でエピネフリンを探していると、不審者の通報を受けた警察官が病院内に様子を見に来た。


(エピネフリンを摂取しながら病院内を歩き回るチェリオス 引用:http://www.topfivefilms.com

チェリオスは慌てて近くの病室に隠れ、クローゼットにあった患者服に着替えたが、すぐ警察に不審者とバレて追われた。
逃げている途中、救急患者を運んでいる医師を見たチェリオスは、医者に銃を突きつけてエピネフリンを要求した。
医者はもたつきながらエピネフリンを差し出したが、医者の準備を待っている間に意識が朦朧としてきた。
チェリオスはエピネフリンを奪い、ベッドに備え付けのAEDを見て「これを俺にやれ」と医者に銃を突きつけた。


(医師にAEDを強要するチェリオス 引用:https://www.netflixmovies.com

AEDを施されたチェリオスは扉が開いたままのエレベーターの中に吹っ飛んだ。
動き出したエレベーターの中でエピネフリンを注射したが、ドクに言われた分量を忘れて注射器目いっぱいに打ってしまった。

数分後。極度の興奮状態になったチェリオスはエレベーターから飛び出して、患者服のまま病院を出て駆け回った。
街を走っていると、再びドクから電話があった。
ドクは簡単に体調を確認すると「エピネフリンは30分で効果が切れる。あと20分で空港に着くから頑張れ」と告げて電話を切った。


(病院から飛び出したチェリオス 引用:https://www.flickr.com

チェリオスが走り続けていると、外に置いてあるテレビの前に人だかりが出来ていた。
気になったので人だかりの後方からテレビを覗くと、チェリオスは指名手配されてしまったらしく、チェリオスがデパートや病院で大暴れしている防犯カメラの映像と似顔絵が公開されていた。

スポンサーリンク

チェリオスは近くにいた警察官から白バイを奪うと、当てもなく走りだした。
ただ普通に運転していると意識が飛びそうになったため、バイクに立って両腕を広げ、風を感じていたら道路から外れ、カフェに激突して倒れた。


(無心で風を感じるチェリオス 引用:http://snarkandfury.blogspot.com

あらすじ後半※ネタバレあり


(イヴとチェリオス 引用:https://www.flickr.com

チェリオスはガールフレンドのイヴ(エイミー・スマート)からの着信音で目が覚めた。
患者服のままでは会いたくなかったため、ジャージに着替えてからイヴの待つ部屋へ向かった。

チェリオスはイブに殺し屋であることは隠していて、職業は『ゲームプログラマー』と嘘を付いていた。
チェリオスはイヴの部屋に着くと、急いで一緒に来るように説得してチャイナタウンに来た。

飲食店に入って席に座ると、チェリオスは自分の本当の職業を打ち明けて、今危険な状態であることを説明して「一緒に遠くに逃げよう」と誘ったが、イヴは「悪い冗談はやめて」と信じなかった。
怒って帰ろうとするイヴを追いかけている途中、エピネフリンの効果が切れてきて地面に倒れた。
心配して様子を伺うイヴに、チェリオスはその場でセックスを迫った。
始めは拒否していたイヴだったが、チェリオスに服を破られ、周囲に観客が集まってくると高まっていき、最後はノリノリになった。


(イヴを押し倒したチェリオス 引用:https://thecinemaholic.com

盛り上がっていた所に、ケイロから「ヴェローナをドン・キムのシャツ工場で見つけた」と連絡があった。
チェリオスは破れたワンピース姿のイヴをその場に放置して、タクシーでシャツ工場へ向かった。

チェリオスがタクシーの中で汗びっしょりでいると、運転手の黒人男性(エディ・ガテギ)が、「植物性のものだ」と言いながら怪しいドリンクを渡してきた。
チェリオスはそのドリンクを一気に飲み干して到着を待った。

シャツ工場に着いたチェリオスはケイロが死んでいるのを発見。
ヴェローナに殺されたのだ。
近くにいた男に銃を突きつけてヴェローナの居場所を聞くが、男は「ヴェローナは関係ない。これはカリートがやった」と言った。

混乱したのでとりあえず工場から出ようとしていると、チェリオスを追ってきたイヴが現れた。
チェリオスは動揺して太ももを撃たれたが、イヴを連れて車を奪って工場から逃げた。


(工場から脱出するチェリオスとイヴ 引用:https://www.imdb.com

途中、金物屋に寄ったチェリオスは「全然痛くない」と言いながら太ももに釘を何本も刺した。
恐らくタクシーで飲んだ怪しいドリンクの影響だ。
足に釘を打ち込んでいる最中、ドクからロスの診察所に戻ったと連絡が入ったので、すぐに向かった。

ドクは、解毒剤が無いとどうしようもなく、このままではどんなに延命しても数日で死ぬだろうと診断した。

スポンサーリンク

チェリオスはヴェローナと交渉してホテルで取引を持ちかけて、ドクにアドレナリン作用のあるポータブル点滴を作ってもらった。
エレベーターの中でドクにもらった錠剤(恐らく痛み止め)をかじり、幻覚を見ながら約束のホテル屋上に上がると、ヴェローナとカリートが待っていた。
カリートは完全にヴェローナの味方に付いたようだ。


(屋上でチェリオスと会うカリートとヴェローナ 引用:https://www.highdefdigest.com

取引は出来ず殺し合いになり、携帯点滴をカリートに奪われてしまった。
ヴェローナが2度目の毒を注射しようとした時、彼は突然撃たれて倒れた。
ヴェローナを撃ったのは、死んだはずのドン・キムと部下たちだった。

実は、チェリオスはドン・キム殺しの依頼を受けたとき殺し屋から足を洗うつもりだったためキムを殺しておらず、命を狙われていることを告げて隠れるよう助言していたのだった。
キムは、キム殺しを依頼したカリートを殺しに来ていた。

カリートはヴェローナを突き飛ばし、逃げようとヘリポートへ向かった。
ヴェローナは突き飛ばされた時に、運悪く指を数本失った。
チェリオスはヴェローナをとっ捕まえて撃とうとしたが、アドレナリンの効果が切れ始めて目がかすんで撃てなかった。
ヘリポートにヘリが到着すると、ヘリに乗り込んだカリートにチェリオスが襲い掛かった。
そこにヴェローナが割って入り、持っていた毒をチェリオスに注射して、指を失った報復にカリートを撃ち殺した。
ヴェローナはカリートの死体をヘリから出すと、操縦士に銃を向けて離陸を指示した。

まだ生きていたチェリオスは離陸したヘリの扉に捕まっていた。
ヴェローナともみ合いになり、ごたごたしているうちに2人ともヘリから落下した。


(ヘリから落下する直前のチェリオス 引用:https://www.imdb.com

落下しながら、チェリオスはヴェローナの首の骨を折って殺した。
ヴェローナを放り投げると、イヴに電話をかけて留守電に「約束を守れなくてごめんな」とメッセージを残した。
チェリオスは車の上に落下し、飛び跳ねて地面に転がった。
死んだかと思われたチェリオスだったが、彼の心臓はまだ動き続けていた。

エンディングテーマ:Rocket From The Crypt『Bring Us Bullets
スポンサーリンク

感想☆

Jステイサムの作品は間違いなくこれが一番好きです。
アクションだけどコメディ要素の強い作品。これをB級というのかしら。

死亡宣告のDVDを見た直後から早速ブチギレでテレビに八つ当たりしてたとこから笑いました。
鼻スプレーしまくってるとことか、患者服で外を走り回ったりとか、パンツまで脱ぐことないじゃん!笑 と思いながらニヤニヤしてました。

始終ハイテンポで音楽も良い感じで、あっという間に観終わってました!
続編が見たいけど、中々タイミングが合わず見れていません。早く見たい。

「アドレナリン」関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました