『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ネタバレ解説考察など | 映画鑑賞中。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ネタバレ解説考察など

ヒューマンドラマ

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』について解説、考察しています!
落ち目のベテラン俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)が、役者として返り咲こうとブロードウェイの舞台で奮闘するヒューマンドラマ。
アカデミー賞主演男優賞を始め、様々な賞に輝いた。

 
原題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
制作年:2014年
本編時間:119分
制作国:アメリカ
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ジャコボーン、アーマンド・ボー、アレクサンダー・ディネラリス・Jr

 

キャスト&キャラクター紹介


(引用:http://cinemaisland.blog77.fc2.com

リーガン・トムソンマイケル・キートン

1990年代にスーパーヒーロー映画『バードマン』でバードマン役を演じて一躍人気を博した俳優。
その後はヒット作に恵まれず、鳴かず飛ばずで現在60代のバツイチ。
俳優として返り咲こうと、自身が監督・脚本・主演を務める舞台公演を進行中。
つきまとうバードマンの声(幻聴)に悩まされている。

 


(引用:https://twitter.com

マイク・シャイナーエドワード・ノートン

人気の若手俳優。リハーサル中に負傷したラルフの代役として呼ばれた。
誰もが認める演技力を持つが、舞台の上でしか本当の自分が出せないことや、ここ半年続く性的不全で悩んでいる。

 


(引用:https://twitter.com

サマンサ・トムソンエマ・ストーン

リーガンの娘。薬物依存者のリハビリ施設から出てきたばかり。
社会復帰の一環としてリーガンのアシスタントをしている。

 


(引用:https://twitter.com

レズリー・トールマンナオミ・ワッツ

舞台女優。マイクの恋人。
ブロードウェイでの舞台公演は初めてで、リーガンに心から感謝しいる。

・その他のキャスト

シルヴィア(リーガンの元妻)…エイミー・ライアン
ジェイク(プロデューサー)…ザック・ガリフィアナキス
ローラ・オーバーン(女優・リーガンの恋人)…アンドレア・ライズボロー
タビサ・ディッキンソン(演劇評論家)…リンゼイ・ダンカン
ラルフ(負傷した舞台俳優)…ジェレミー・シャーモス
ガブリエル(記者)…ダニエル・ヤング
ハン(記者)…キーナン・シミズ
通訳…アキラ・イトウ
クララ(記者)…ナタリー・ゴールド
アニー(舞台監督)…ナタリー・ウェーバー
ラリー…ミシェル・シベリー
シドニー…クラーク・ミドルトン
トミー(バーテンダー)…ウィリアム・ユーマンズ ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半


(空中浮遊するリーガン 引用:https://themoviemylife.com

スーパーヒーロー映画『バードマン』のヒットから約20年。
『バードマン』で主演を演じ、有名俳優の仲間入りを果たしたリーガン・トムソン(マイケル・キートン)は その後のヒット作に恵まれず、2013年になった現在では世間から忘れられつつあった。

60代になったリーガンは もう一度芸能界で返り咲こうと、レイモンド・カーヴァーの古典演劇『愛について語るときに我々が語ること』を自身でリメイクして脚本を手掛け、さらに監督・主演も演じ、ブロードウェイで舞台公演を行おうとしていた。
リーガンがカーヴァーの演劇を選んだ理由は、リーガンが俳優になるきっかけをくれたのがカーヴァーだったからで、学生時代に演じた舞台の後、『良い舞台だった』と書かれたメモをカーヴァーがくれたことに感動したからだ。

舞台の宣伝もしっかり行っていたつもりだったが、取材記者は舞台の内容には興味を示さず、バードマン時代の話やSNS上でささやかれている噂話の真相を確かめたりと、リーガンにとってどうでも良い話題しか話さないし、舞台のチケットも売れ残っているという悲しい状況だった。
リーガンの娘でアシスタントのサム(エマ・ストーン)は、見かねて「SNSを活用すべきよ」とアドバイスするが、リーガンはSNSで叩かれたり無視されたりするのが怖かったので聞こうとしなかった。

リーガンは もう一度日の目を浴びようと奮闘する一方で『バードマンの声(幻聴)が聞こえる』という悩みを抱えていた。
さらにリーガンはバードマンの影響(?)で、自在に物を動かしたり浮かせたり、自身が空を飛んだりする超能力もあった。
リーガンは超能力のことを弁護士で本舞台のプロデューサーで親友でもあるジェイク(ザック・ガリフィアナキス)だけには打ち明けていたが、ジェイクは「頭がおかしくなったのか?」と信じなかった。
バードマンは事あるごとにネガティブで悪魔のような言葉を囁きかけてくる。
その度にリーガンが「やめろ」と言っても声はやまないので、時に暴れたり物を投げたりすることもあった。

プレビュー公演の前日。稽古中に主要キャストの1人だったラルフ(ジェレミー・シャーモス)の頭に落下したライトが当たって怪我を負い、舞台を降板することになった。
ジェイクはラルフから「訴えてやる」と脅されたり、代役探しに大慌てだったが、リーガンは「ラルフの事故は俺が超能力でやったんだ!あいつの演技は下手くそ過ぎて見れたもんじゃなかった!もう少しマシな役者を見付けてこい」と言う始末だった。

スポンサーリンク

そんな中、主要キャストの1人であるレズリー(ナオミ・ワッツ)の彼氏のマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)が代役として舞台に立ってくれることになった。
マイクは演技力が凄いと話題の人気役者で、彼が出演する舞台はどれも全席即完売、著名な演劇評論家もこぞって彼を絶賛していたので、リーガンとジェイクは大喜びでマイクを迎えた。

実際に稽古をするとマイクの演技力はリーガンも驚くほどで、さらに前売り券もマイクの出演が決まった瞬間に売れ行きが2倍になった。
おかげで良いこと尽くしかと思われたが、マイクは稽古開始して数分で脚本に文句をつけてきた。
リーガンはマイクの勢いに少々戸惑うも、人気と演技力に免じて目をつぶることにした。

プレビュー公演当日。マイクのおかげで席の埋まり具合は上々だった。
リーガンの出番になり舞台に出ると、マイクが舞台の上で本物のお酒(ジン)を飲んでいたので、リーガンは「酔って舞台を台無しにされたら困る」と思い、こっそりジンを水にすり替えた。
すると、マイクは本番中にも関わらず「ここは酒を飲みながら語りあうシーンだろ、酒を飲んで何が悪い!俺の大切な小道具を返せ!」と大暴れした。
急遽幕を下ろし、我慢できなくなったリーガンはジェイクに「今すぐあいつをクビにしろ!」と命じたが、ジェイクは「もう代役を雇う金も時間もないし、彼のおかげでチケットが売れたんだから我慢しろ」と却下された。


(マイクに演技を褒められたリーガン 引用:https://www.britannica.com

その後のマイクとレズリーのベッドシーンでは、マイクが勃起してしまうという事件が発生した。
翌朝。ツイッターでは『マイクの勃起』が世間を騒がせ、誰かがアップした勃起動画は5万回以上再生。
タイムズ誌の1面を飾っていたのもマイクの写真とインタビュー記事で、リーガンはというとツイッターでは話題にすらのぼらず、タイムズ誌では12面に小さく皮肉的な記事が載っただけだった。

タイムズ誌には、『マイクが俳優になったきっかけはカーヴァーだった』などと書かれていたり、マイクが『セリフ作りもした』と書いてあった。
リーガンは怒ってマイクに詰め寄ったが、マイクは記者に大げさに話したことは認めたが、最終的には「取材を受けたのは俺だ」と反省はしていない様子だった。

スポンサーリンク

あらすじ後半


(引用:https://time.com

公演2日目。全てをかけて取り組んだ舞台がマイクに乗っ取られていく。
そう感じたリーガンは自信をなくして公演をキャンセルしようとしたが、ジェイクに励まされて何とか舞台に立った。
ところが出番と出番の間の舞台裏で、リーガンはマイクとサムがキスしているのを目撃してしまう。
マイクはレズリーと付き合っていたが、昨日の勃起事件がきっかけでレズリーと破局しており、いつの間にかサムとデキていたのだ。

リーガンの出番まであと2分しかなかったが、何とか落ち着くために裏口から外に出てタバコを吸った。
その時、裏口のドアが閉まってリーガンはバスローブ姿で外に締め出されてしまい、しかもバスローブがドアに挟まって動けなくなった。(裏口のドアは閉まると自動的に施錠されるタイプだった)
自分の出番まであと1分程しかない。
焦ったリーガンは仕方なくバスローブを脱ぎ捨ててパンツと靴下だけを身に着けた姿で大通りへ出て、写真や動画を撮られまくりながら歩き、会場の正面入り口から入って観客席から再び舞台に上がった。


(パンツ一丁で大通りを歩くリーガンと通行人 引用:https://www.theverge.com

リーガンがパンツ一枚でブロードウェイの通りを歩く姿はSNSのみならずテレビ番組でも取り上げられて話題になった。
ツイッターの動画はアップされてから1時間で35万回再生を記録し、マイクの勃起動画を大きく上回った。
その後、リーガンは会場近くのバーで著名な演劇評論家のタビサ(リンゼイ・ダンカン)と罵り合いの喧嘩をした。
タビサは舞台を観てもいないのに「映画人は大嫌いだから酷評を書く」と言い放ったからだった。

舞台のラストは、妻の浮気現場を目撃し、妻から愛されていないことを確認した主人公が銃で頭を打ちぬいて終わる。
リーガンはラストシーンに向けて本物の銃を準備すると、舞台の上で使った。
迫真の演技だと勘違いした観客はスタンディングオベーションをリーガンに向けた。

リーガンが目が覚めると病院のベッドの上だった。
舞台で撃った銃の弾丸は鼻に直撃したそうで、鼻は新しくなったが命に別状はないそうだ。
元妻のシルヴィアが心配そうなまなざしを向ける中、駆けつけたジェイクは大喜びでタイムズ誌の新聞をシルヴィアに読ませた。
それは舞台を観たタビサによるリーガンの舞台の批評であり、タイトルは『無知がもたらす未知なる奇跡』、内容は一言にまとめるとリーガンを絶賛していた。
ジェイクは「これから忙しくなるぞ!」と興奮しながら、病室に入ってこようとしたマスコミを追い出しに行った。
マスコミをすり抜けてお見舞いに来たサムは、リーガンのガーゼだらけの顔写真を撮影すると「パパのツイッターアカウントを作ったの。このおぞましい写真をアップするわね」と言い、花瓶を取りに病室から出た。
シルヴィアはサムに挨拶して帰っていった。
リーガンはベッドから立ち上がると、鏡の前でガーゼをはがして鼻の状態を確認すると、病室の窓を開けてそのまま窓から飛び降りた。
病室に戻ったサムはリーガンを探して窓から顔を出し、そのまま空を見上げて嬉しそうに笑った。

スポンサーリンク

解説・考察や感想など

ようやく見れました!
ワンカット風の演出や軽快なドラムがとにかくお洒落だな~という印象。
ラストシーンなど気になる部分がいくつかあったので考察してみます。

リーガンの超能力とバードマンの声について


(引用:https://twitter.com

物を動かしたり壊したり、冒頭の空中浮遊は特に印象的でしたが、この能力はリーガンの妄想であることがいくつかのシーンで明かされていました。
それを表していた1つめは、リーガンが超能力を使って電球を割ったりバードマンのポスターを壊したりした後です。
レズリー(ナオミ・ワッツ)がリーガンを心配して控え室に入った時、リーガンは手を怪我したらしく手当していました。
このシーンで直感的に『電球を殴り割って怪我したんじゃないか?』と推測しました。

次の手がかりは、リーガンがアパートの屋上から飛び降りて会場まで空を飛んでいくシーンです。
リーガンは優雅に降り立って会場の中に入っていきますが、その直後にタクシー運転手がリーガンを追いかけて代金を請求しています。
つまり、本当は空を飛んだのではなくタクシーに乗っていたということです。
この時に『空を飛んだんじゃなくてタクシー使ったんか、じゃあ暴れた後の手の怪我も電球を殴ったんだな』と確信します。

では、なぜリーガンは超能力が使える妄想をしていたのかというと、彼の中にある『自分は特別で、選ばれた人間である』という意識が生み出したのでしょう。
一方でバードマンの声は、『この舞台で成功しなければならない』という強迫観念にも近い決意(願望)や、『バードマン』から脱けだせない苦しみなどから生まれた幻聴だったのではないかと推測しています。
どちらにしろ、心の病にかかっている状態だったことは間違いないです。

スポンサーリンク

本物の銃を使った理由


(引用:https://www.ft.com

リーガンが舞台で本物の銃を使ってしまったのは、『精神状態の悪化』に加えて『マイクの影響』と『観客や批評家の態度』に流された結果だと考えます。
プレビュー公演で使っていたおもちゃの銃をマイクが批判している場面もありましたが、何よりもリーガンは、マイクの『本物に対するこだわり』に強く影響を受けたのだと思われます。

リーガンは舞台での話題も愛娘のサムもマイクに奪われて、心の底からマイクを憎んでいる様子でしたが、同時に羨ましかったはずですし、『なぜマイクが世間から注目(称賛)されるのか』、『娘の心をつかんだのか』も、理由が知りたくて観察したでしょう。
そのマイクの大きな特徴が『本物にこだわること』です。
プレビュー公演でマイクが小道具の酒を奪われて暴れた時も、マイクの「この舞台で本物なのはチキンだけだ!俺はチキンと組むぞ!」という叫びに観客は拍手していましたから、こういう姿勢が人々の心を掴むことをリーガンが目の当たりにした場面もありました。
そしてマイクと過ごす内に『本物にこだわること』が『周囲からの評価を上げることに繋がる』とわかり、パンツ事件や、サムとマイクが恋仲だと知ったことでさらに精神不安定になり、その結果『本物の銃を使用した』と推測します。

マイクのマネをして本物にこだわったから本物の銃を使うって、あまりにも短絡的な気がしますが、この浅はかさがタイトルの(無知がもたらす予期せぬ奇跡)と繋がっているんですよね、多分。
それにリーガンは離婚した時に衝動的に自殺しようとしたことを告白していたので、心の底でくすぶっていた破滅願望が一気に爆発したのかもしれません。
『みんな本物が好きなんだろ、じゃあ本物の銃を使ってやる』みたいなやけくそ感すら漂っています。
元妻とサムから愛されていることを知って幸せになれたはずなのに、それでも死を選んだのは、恐らくリーガンは一家の主になることよりも俳優であることを選んだからなのでしょう。

しかし『演技』について考えると、本物にこだわる意味って無いような気がします。
例えば『酔っ払う演技』は、本当にお酒を飲んで酔っ払っていたらそれは『演技』ではないし、水を飲みながら演技をして、それを観客に『本当に酔っ払っている』と思わせられる人が本物の役者と言えますよね。
それに、観客は役者が飲んでいるのがお酒なのかジュースなのかお茶なのか水なのか、なんてわからないし関係ないから飲み物にこだわる意味はなくて、重要なのは役者が『酔っているように見える』こと、役者が飲んでいるそれが『お酒に見える』こと、だと思います。
そう考えると、本物にこだわることを観客や批評家が称賛する意味がわからなくなりますが、この辺は批評家や観客に対する皮肉なのかもしれません。

スポンサーリンク

 

ラストシーンの解釈


(引用:https://www.cinemarev.net

ラストでサムが空を見上げて見せた笑顔については、多くの方が疑問に思われたのではないでしょうか。
空を飛んでいのも実はタクシーを利用していたり、超能力=妄想という描写がしっかりあったのに、最後のサムの笑顔で意味がわからなくなりました。
話の筋が通るように考えると、舞台で銃を使った時にリーガンは死んだ、または昏睡状態で、病院で目覚めてからもまだ夢の中の世界だった、と考えるのが個人的に一番納得がいきます。

リーガンが倒れた後のロケットの映像や、マーチングバンドの演奏と仮装した人たちの踊りの映像が流れるのも『死』を連想しましたし、ジェイクが大興奮で病室に持ってきたタイムズ誌についてもそうです。
記事でリーガンを高評価していた演劇評論家のタビサは、リーガンのような『映画人が大嫌い』と言っていたし、対してリーガンもかなり酷い言葉でタビサを批判して、別れ際にタビサは『舞台は打ち切りよ』と念押しの捨て台詞を吐いていました。
そんな彼女がリーガンとの喧嘩によって舞台を観る気にはなったとしても、あそこまでの高評価をするかどうかは疑問です。
さらに、リーガンが本物の銃を使った直後、多くの観客がスタンディングオベーションを送る中、1人だけ早々と会場から出ていく女性がいます。
あれが恐らくタビサでしょうし、本当に感動していたら普通は拍手位送ってから出ていくし、しかもあの早さで会場から出ていたら飛び散ったのが『本物の血』だったかどうかすらわからないのではないでしょうか。
長々と書いてしまいましたが、つまりタビサがリーガンを褒めるというのは現実的に考えにくい、ということが言いたいです。

スポンサーリンク

バードマンは何をトイレに流したのか

Hospital Couture | Kaiser Health News
(引用:https://khn.org

リーガンがベッドから立ちあがって顔のガーゼをはがした後、バードマンがトイレに何かを流していましたよね。
あれは何を流していたのかを考えましたが、リーガンの鼻以外には思い浮かぶものがありません(笑)貧弱な想像力で申し訳ないです(汗)
リーガンを苦しめていたものは、『大物俳優としてのプライド』です。
それがよくわかったのは、リーガンがパンツ一丁で大通りを歩いた時につぶやいた「イメージが台無し」という一言だった気がします。

リーガンが自身でめちゃくちゃにした『鼻』は、『鼻をへし折る』、『鼻が高い』などのことわざがあるように、プライドの言い換えとしてよく登場する体の一部でもあります。
そして、バードマンを横目に部屋に戻り、窓を開けた時のリーガンは清々しい表情をしています。
つまり、リーガンはプライドを捨ててスッキリしたということです。

スポンサーリンク

名言紹介

最後に印象に残ったセリフを抜粋します*

名声にとって人気は尻軽ないとこだ
(マイク・シャイナー)

 

芸術家になれぬ者が評論家になり 兵士になれぬ者が密告者になる
(マイク・シャイナー)

 

プレビューも見てないけれど 史上最悪の批評を書く
公演は打ち切り 映画人が大嫌い
特権意識が強く利己的で甘ったれ
ロクに芝居の勉強もせず 未熟なままで真の芸術に挑戦する
アニメやポルノを作っては賞を譲り合い
週末の興収で作品評価? ここは演劇界よ
脚本、演出、監督を務め自己満足に浸ろうなんて 私が許さないわ
(タビサ・ディッキンソン)※リーガンに向けての発言です。

 

どんな人生経験を積めば批評家になれる?
批評してるのか?面白かった?駄作か?ちゃんと観たんだろうな?
(中略 タビサのメモを見ながら)
未熟?ありきたりだ 無味乾燥?これもそう
中身がない だと?もっと具体的に説明しろよ
あんたはレッテルを貼ってるだけだ
かなりの手抜きだな あんたは怠けてる 怠け者だ
(花を一輪手に取って)これが何だかわかるか?わからないよな
レッテルを貼らないとちゃんと見れない
頭に浮かぶ言葉を知識だと思ってる
君の文章には技術も構成も意図もない
下らない意見を述べ さらに下らない比較を追加
君は批評を書くだけで何ひとつ代償を払わない
なんの危険も無い リスクはゼロ
俺は役者だ この芝居に全てを懸けた
よく聞けよ
このいまわしい悪意に満ちあふれたクソみたいに下手な批評を
突っ込むがいい そのシワだらけのケツの穴に!
(リーガン・トムソン)※タビサへの反論

 

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』関連商品(楽天)

・関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました