『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ネタバレ解説考察|ラストシーンについてなど | 映画鑑賞中。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ネタバレ解説考察|ラストシーンについてなど

ダークファンタジー

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』について解説、考察しています!
落ち目のベテラン俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)が、役者として返り咲こうとブロードウェイの舞台で奮闘するヒューマンドラマ。
アカデミー賞主演男優賞を始め、様々な賞に輝いた。

 
原題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
制作年:2014年
本編時間:119分
制作国:アメリカ
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ジャコボーン、アーマンド・ボー、アレクサンダー・ディネラリス・Jr
この映画にはPG-12の年齢制限があります。
麻薬の吸引の描写と性的台詞がみられるためです。(映倫より一部抜粋)

 

キャスト&キャラクター紹介


(引用:http://cinemaisland.blog77.fc2.com
リーガン・トムソンマイケル・キートン
1990年代に人気を博したスーパーヒーロー映画『バードマン』で主演を演じて有名になった俳優。
その後はヒット作に恵まれず、鳴かず飛ばずで現在60代のバツイチ。
俳優として返り咲こうと、自身が監督・脚本・主演を務める舞台公演を進行中。
つきまとうバードマンの声(幻聴)に悩まされている。

 

バードマンあるいは
©2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved. 
マイク・シャイナーエドワード・ノートン
実力派人気若手俳優。リハーサル中に負傷した俳優の代役に選ばれた。
辛口批評家もこぞって認める程の高い演技力を持つが、舞台の上でしか本当の自分が出せないことや、ここ半年程続く性的不全で悩んでいる。
傍若無人な振る舞いでリーガンを翻弄する。

 


(引用:https://twitter.com
サマンサ・トムソン(サム)…エマ・ストーン
リーガンの娘。薬物依存のリハビリ施設から出てきたばかり。
社会復帰の一環としてリーガンのアシスタントをしているが、リーガンはサマンサの意見を聞かないため関係は良くない。
マイクと恋仲になる。

 


(引用:https://twitter.com
レズリー・トールマンナオミ・ワッツ
舞台女優。リーガンの元妻でサムの母。
ブロードウェイでの舞台公演は初めてで、リーガンに心から感謝しいる。
リーガンと離婚後、マイクと交際していた時期がある。
シルヴィア(リーガンの元妻)…エイミー・ライアン
ジェイク(プロデューサー)…ザック・ガリフィアナキス
ローラ・オーバーン(女優・リーガンの恋人)…アンドレア・ライズボロー
タビサ・ディッキンソン(演劇評論家)…リンゼイ・ダンカン
ラルフ(負傷した舞台俳優)…ジェレミー・シャーモス
ガブリエル(記者)…ダニエル・ヤング
ハン(記者)…キーナン・シミズ
通訳…アキラ・イトウ
クララ(記者)…ナタリー・ゴールド
アニー(舞台監督)…ナタリー・ウェーバー
ラリー…ミシェル・シベリー
シドニー…クラーク・ミドルトン
トミー(バーテンダー)…ウィリアム・ユーマンズ ほか

 

あらすじ紹介

あらすじ①:


(空中浮遊するリーガン 引用:https://themoviemylife.com

今から約20年前に大ヒットしたスーパーヒーロー映画『バードマン』で主演を演じて有名俳優の仲間入りを果たしたリーガン・トムソン(マイケル・キートン)ですが、その後はヒット作に恵まれず、2013年になった現在では世間から忘れられつつありました。

60代になったリーガンは芸能界でもうひと花咲かせるべく、レイモンド・カーヴァーの古典演劇『愛について語るときに我々が語ること』を元に自身で脚本を制作し、さらに監督・主演も演じてブロードウェイで舞台公演を行おうとしていました。

リーガンの舞台にかける情熱とは裏腹に、初公演間近であるにも関わらずチケットは売れ残り、宣伝のために呼んだ取材記者は舞台に興味を示さず、リーガンのバードマン時代の話やファンの間でささやかれている噂の真相を知りたがりました。
リーガンの娘でアシスタントのサム(エマ・ストーン)は「SNSを活用すべき」とアドバイスしますが、リーガンはSNSで叩かれたり無視されるのが怖くて「わからないから良い」と聞きませんでした。

リーガンはもう一度芸能界で日の目を浴びようと奮闘する一方で『バードマンの幻聴・幻想』に悩まされていました。
バードマンはいきなり現れてはリーガンに悪魔の言葉を囁きかけます。
リーガンはバードマンの幻聴を止めようとして、時に暴れたり物を投げたりすることもありました。

プレビュー公演の前日。稽古中にセットの照明が崩れ、主要キャストの1人だったラルフが怪我をして舞台降板になってしまいました。
リーガンの顧問弁護士でありこの舞台のプロデューサーも務めるジェイクは、ラルフから「訴えてやる」と脅されたり代役探しに大慌てですが、リーガンは「あいつの演技は下手くそ過ぎた。もう少しマシな役者を見付けてこい」と言いだす始末でした。

 

あらすじ②:

そんな中、舞台の主要キャストの1人でリーガンの元妻でもあるレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、人気若手俳優のマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)が代役を務めてくれることになりました。
最近のマイクが出演する舞台はどれも全席即完売で、辛口で有名な評論家たちからも絶賛されるほどの演技力ということで、リーガンとジェイクは大喜びでマイクを迎えました。

マイクが舞台キャストに加わったことを告知すると、途端に前売り券の売れ行きが跳ね上がりました。
リーガンは一安心していましたが、マイクは稽古場に日焼けマシンを持ち込んだり、マイクとの稽古開始数分で「台詞回しが古臭い」と文句をつけたりとやりたい放題です。
リーガンは戸惑いますが、マイクの演技力と集客力に免じて目をつぶりました。

プレビュー公演の初日、無事に会場はほぼ満席になりましたが、マイクは本番中に本物のお酒(ジン)を飲んでいました。
リーガンは「酔って舞台を台無しにされては困る」と思い、こっそりジンを水にすり替えます。
するとマイクは「酒を飲むシーンで本物を飲んで何が悪い!」と怒って暴れ出したので、急遽幕を下ろして休憩を挟みました。
我慢できなくなったリーガンは、ジェイクに「あいつをクビにしろ」と命じますが、「彼のおかげでチケットが売れたんだから我慢しろ」と却下されました。


(マイクに演技を褒められたリーガン 引用:https://www.britannica.com

リーガンは仕方なく舞台を続行しますが、今度はマイクとレズリーのベッドシーンでマイクが勃起してしまうアクシデントが発生します。

翌朝になると、ツイッターでは『マイクの勃起』が世間を騒がせ、誰かがアップしたプレビュー公演の動画は5万回以上再生されて、リーガンの舞台はマイクのおかげで良くも悪くもバズりました。
タイムズ誌の1面を飾ったのもマイクの写真とインタビュー記事で、リーガンはというとツイッターでは話題にすら上らず、タイムズ誌では12面に小さく皮肉的な記事が載っただけでした。

マイクの記事には、リーガンの過去の逸話がマイクの話にすり替えられていたり、『マイクが舞台のセリフ作りもした』とさえ書いてあり、リーガンはショックを隠せませんでした。

 

あらすじ③:


(引用:https://time.com

公演2日目。マイクの影響力を目の当たりにして自分に自信を無くしつつ何とか舞台に立ちますが、出番と出番の間の休憩中、今度はリーガンの娘サムがマイクとキスしているのを見てしまいました。

リーガンはショックを少しでも和らげるために裏口から外に出てタバコを吸っていると、悪魔のいたずらのようなアクシデントが起こってリーガンはパンツ一丁で外に閉め出されてしまいました。
リーガンの次の出番まであと数分しかありません。
焦ったリーガンは仕方なくパンツ一丁と靴下を履いただけの姿で大通り側にある正面入口から舞台に戻りますが、大勢の人に見つかって写真や動画を撮られまくりました。


(パンツ一丁で大通りを歩くリーガン、リーガンを見つけた通行人たち 引用:https://www.theverge.com

リーガンがパンツ一丁でブロードウェイの大通りを歩く姿は、SNSのみならずテレビ番組でも取り上げられて大きな話題になりました。
ツイッターにアップされたリーガンの裸動画は1時間で35万回再生を記録し、マイクの勃起動画を大きく上回る結果になりました。

その後、リーガンは舞台会場近くのバーで出会った有名な演劇評論家のタビサ(リンゼイ・ダンカン)に「あなたの舞台を見る気は無いが、私は映画俳優が嫌いだから酷評記事を書く」と言われて罵り合いの喧嘩になりました。

結末と解説考察は次のページです!




感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました