映画「闇金ウシジマくんPart2」あらすじネタバレ|ヤンキーくんとホストくん | 映画鑑賞中。

映画「闇金ウシジマくんPart2」あらすじネタバレ|ヤンキーくんとホストくん

スポンサーリンク
クライムドラマ

映画『闇金ウシジマくん2』のあらすじを紹介しています!

漫画原作の人気シリーズ第2作目。
闇金融屋カウカウファイナンスの社長、丑嶋馨が雇った未成年ヤンキーの加賀マサル、新人ホスト麗にハマる未成年フリーター藤枝彩香と、彩香のストーカーの蝦沼のストーリー。

制作年:2014年
本編時間:133分
制作国:日本
監督:山口雅俊
脚本:福間正浩、山口雅俊
原作漫画:真鍋昌平著『闇金ウシジマくん』”ヤンキーくん”編、”ホストくん”編

スポンサーリンク

キャスト&キャラクター紹介

闇金ウシジマくん2
2014 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

丑嶋馨うしじまかおる山田孝之
闇金融屋カウカウファイナンスの社長。
街の同業者や若者たちから一目置かれている。

 


2014 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

加賀マサル菅田将暉
無職のヤンキー。
丑嶋に気に入られてカウカウファイナンスで働くことになったが、辛い課題に耐えきれずすぐにクビになった。

 


2014 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

愛沢浩司中尾明慶
暴走族「愛沢連合」の総長。自己中心的で残忍で、頭はあまり良くない。
丑嶋、犀原と同い年で、学生だった頃はこの2人と並んで恐れられていた。
暴走族の総長であることが心の拠り所になっている。
犀原から金を借りてしまい、返済が間に合わなくなり追い詰められていく。

 

闇金ウシジマくん part.2
2014 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

神咲麗かんざきれい窪田正孝
クラブエアーの新人ホスト。
偶然出会った藤枝彩香に名刺を渡し、彩香が初めての指名客となった。
人気が出始めると、太客を捕まえておくために枕営業するようになる。

 

闇金ウシジマくん2
2014 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

藤枝彩香ふじえだあやか門脇麦
高校中退後、喫茶店で働いているフリーター。
実家暮らしだが、世間体ばかり気にする母と妹に見下されて常に孤独を感じている。
神咲麗に恋をしてホスト通いするようになる。
神咲の要求に答えるために丑嶋から借金し、売春も始める。

 

ウシジマくん2
(引用:https://www.cinemacafe.net

蝦沼えびぬま柳楽優弥
日雇い労働者。犀原茜が管理している職場で働いている。
たまたま目にした彩香に一目惚れし、ストーカーとなる。

 

犀原茜さいはらあかね高橋メアリージュン
実写版のオリジナルキャラクターで、原作の滑皮の立ち位置となる。
闇金融ライノー・ローンの女社長。丑嶋を過剰にライバル視している。
やくざの熊倉に取り入ろうとして、熊倉から怪しい商売の管理を押し付けられた。
美人だが食べ方が汚い。
アコーディオンボックス内容
柄崎(丑嶋の右腕)…やべきょうすけ
高田(丑嶋の部下)…崎本大海
戌亥(丑嶋の幼馴染み、情報屋)…綾野剛
熊倉(暴力団幹部)…光石研
愛沢明美(愛沢浩司の妻)…木南晴夏
村井(犀原の部下)…マキタスポーツ
葉山朋子(丑嶋の部下)…希崎ジェシカ
下村…バカリズム
里中(ホストクラブの客)…大久保佳代子
ユキミ(熊倉の女)…本仮屋ユイカ ほか

映画『闇金ウシジマくん Part2』は〈楽天TV〉で見られます!月額利用料無し、単品レンタル可能です。
※このページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

加賀マサル(菅田将暉)のあらすじ


2014 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

丑嶋に見込まれた加賀マサル

未成年ヤンキーの加賀マサル(菅田将暉)は、働きもせずちゃらんぽらんな生活を送っています。

ある日、マサルはバイクを盗んで遊び回った挙句に壊してしまい、バイクの持ち主だった半グレ集団『愛沢連合』の総長・愛沢浩司(中尾明慶)から集団リンチを受けました。
愛沢はバイクの弁償と慰謝料を要求しますが、マサルは無職で金無しです。
愛沢はマサルに金を借りさせようとカウカウファイナンスに連れて行きました。

愛沢から話を聞いた丑嶋(山田孝之)はマサルの度胸を気に入り、愛沢には1,000円を渡して追い払い、マサルを客ではなく見習いとして雇うことにしました。

マサルは仕事を素早く覚えてめきめき成長し、やがて柄崎高田もマサルを認めるようになりました。

 

追い出されたマサル

仕事に慣れてくると、マサルは次第に「闇金の客は全員クズだ」と、客を見下すようになりました。
そんな様子を見た丑嶋はある日、事務所にマサルの母親を呼び出しました。
彼女もカウカウファイナンスから金を借りている客でした。

丑嶋はマサルに「こいつ(マサルの母)の裸の写真を撮れ」と命じます。(返済が滞ったら風俗で働かせるため)
マサルはどうしても出来ず、土下座して丑嶋に謝りますが、丑嶋は許さずマサルをクビにしてしまいました。

マサルは事務所から出たその足で闇ルートの通帳を購入し、見習いで得た知識を活用して闇金家業を始めることにしました。
カウカウファイナンスから出る時、ちゃっかり債務者リストを盗んでいたマサルは、カウカウファイナンスよりも安い金利でリストの客に金を貸し、丑嶋の客を片っ端から横取りしていきました。

スポンサーリンク

愛沢のピンチ

愛沢は、普通なら10代で卒業するような暴走族の総長を、アラサーになった現在も続けている少々イタイ半グレ男です。
愛沢は総長としてのメンツを保つためにライノーローンの犀原茜(高橋メアリージュン)から借金していました。
家出少年を連合に入れていたので、彼らに食事をおごったりしなければならず、交際費がかさんでいたのです。
犀原からの借金は現在、利子を含めて200万円に達していました。

愛沢は、本当はマサルから200万円搾取して借金返済する計画だったのに失敗したので、マサルと丑嶋を目の敵にしていました。
さらに愛沢は結婚していて子どももいますが、妻の明美(木南晴夏)は子どもをほったらかして夜な夜なホストクラブに通い詰めています。
愛沢と明美の関係も良くないため、愛沢は借金を明美にも相談出来ず、とにかく困っていました。

そんな時、相沢はマサルの友人から、マサルが闇金まがいの仕事を始めて金回りが良いことを知り、再びマサルから金を取ろうと動き出しました。

 

客が減った丑嶋

一方、丑嶋は最近客が減った原因がマサルの仕業だと知ると共に、愛沢がマサルの金を狙っていることを探偵で情報屋の戌亥(綾野剛)を通して知りました。

マサルが買って仕事に使っている通帳は、以前丑嶋がその男に売った『足のつかない通帳』でした。
丑嶋は緊急事態用に保管していたマサルの通帳とセットの銀行カードを使い、マサルの口座の金を全額手に入れました。


(駄菓子屋前で情報交換する丑嶋と戌亥 ©真鍋昌平・小学館/映画『闇金ウシジマくん2』製作委員会)

その後、丑嶋はカウカウファイナンスのケツ持ちのヤクザ熊倉(光石研)から、みかじめ料とは別に300万円を理不尽な理由で要求されます。
ヤクザとの面倒事を避けるため、丑嶋は一旦支払いに応じました。

 

捕まったマサルと困る愛沢

その頃、マサルは愛沢に捕まって200万円を請求されていました。
しかし、マサルの口座の金は丑嶋が全額引き落とした後だったのでマサルは一文無しです。
マサルはリンチの末に殺されかけますが、危ないところを柄崎に助けられて丑嶋の前に連れていかれました。

丑嶋はマサルに『マサルが顧客を奪ったために発生した損害金、債務者リストを盗んだ罰、そして慰謝料を含めた合計300万円』をまとめて借金にして、10日後に利息の150万を支払えと命じました。
マサルは土下座して「何でもするからもう一度働かせてほしい」と頼みますが、丑嶋は拒絶しました。

一方 愛沢は、あてにしていたマサルの200万円がなくなって困り果てていました。
その時 犀原から金の催促の電話が入り、ビビった愛沢は金も無いのに明日の15時に200万円返済する約束をしてしまいました。
どうしようかと慌てていた時、愛沢の前にマサルが現れて「皆で協力して丑嶋の金を奪おう!」と提案しました。

スポンサーリンク

手を組んだマサルと愛沢

マサルは『明日はカウカウファイナンスの給料日で、丑嶋は必ず銀行から金をおろすので、明日の朝から尾行して金を引き出した後に奪おう』と言い、愛沢は二つ返事でOKしました。

愛沢は明日の準備のため、墓地に隠していた護身用の銃を取りに行っていた時、再び犀原から電話がありました。
犀原は「今、偶然近くを通りかかって愛沢の自宅前にいる。家に居るなら今すぐ返済しろ」と言います。
愛沢は動揺して、恐怖のあまり無言で電話を切ってしまいました。
犀原からすぐに電話がかかってきますが、恐くて電話に出られません。
愛沢は『明日15時までに200万用意できれば何とかなる』と思いなおし、近くでイチャついていたカップルを暴行して気晴らししました。

翌朝。愛沢は昨夜襲ったカップルも車に乗せたままマサルと合流し、カウカウファイナンスを見張りました。
やがて柄崎と高田が出てきて銀行に入ったので、2人が銀行から出た直後に拉致して車に乗せました。

マサルの予想では、柄崎と高田は銀行で全社員分の給料数百万円を持っているはずでしたが、2人は金を持っていません。
焦って通帳を奪って確認すると、柄崎と高田は給料分の金をおろしたのではなく入金していたことがわかりました。
愛沢はイラつきますが、もう後戻りできないので、銀行口座の暗証番号を吐かせるべく近くのラブホテルに移動しました。

 

拉致された柄崎と高田

同じ頃、丑嶋は柄崎から電話が無いことにイラ立っていました。
丑嶋は柄崎に「銀行を出てから5分以内に電話しろ」と指示していたのに、電話がないからです。

丑嶋は柄崎と高田の携帯に電話しますが、2人とも携帯の電源が切れていました。
何かあったと判断した丑嶋は、戍亥に緊急事態を知らせると、受付事務員の摩耶に金銭や重要書類などの最低限大事なものを一式渡し、身を隠すように命じました。
事務所に残った丑嶋は警察対策のため、顧客名簿にシュレッダーをかけ始めます。

この時丑嶋は、犯人が愛沢とマサルだと知らなかったので、2人が警察に捕まった前提で動いていました。
顧客名簿をシュレッダーするのは、警察に押収されたらマズイからです。

柄崎も高田も暗証番号を言わないため、愛沢は焦ってマサルと口論になります。
すると、高田は「暗証番号は社長しか知らないから社長に直接聞いた方が早い。時間がないなら早くしろ!」と煽りました。

高田は一刻も早く丑嶋に犯人が愛沢とマサルだと知らせるために、愛沢が丑嶋に連絡するように促していました。
愛沢は冷静になるために、別の部屋でマサルと作戦会議を始めます。

愛沢とマサルが別室にいる間。
高田は、巻き込まれてこの場に居合わせてしまったマサルの友人を説得し、高田の携帯を丑嶋と繋いでもらいました。

愛沢とマサルが戻ってきて「丑嶋には電話しない」と言いますが、高田の努力の甲斐あって丑嶋に知られてしまいます。
愛沢とマサルは、こうなったら柄崎と高田を人質にカウカウファイナンスに乗り込んで、金庫の金を奪って口座の暗証番号を吐かせようと計画しました。

愛沢はマサル、柄崎、高田を連れて出て、残りのメンツはホテルに残してカウカウファイナンスに向かいました。

スポンサーリンク

丑嶋を追うマサルと愛沢

愛沢達は事務所に向かう途中、戌亥に見つかって車にGPS発信機を張りつけられました。
愛沢もマサルも戌亥を知らず、GPSを付けられたことにも気付きませんでした。

その後、2人は武装してカウカウファイナンスに乗り込みますが、丑嶋もいなければ金庫の中も空っぽです。
焦った2人はマサルの携帯アプリで丑嶋の携帯のGPS情報が見れることを思い出し、丑嶋を追いかけました。
この時すでに、愛沢が犀原と約束した15時は過ぎていました。

一方、丑嶋は愛沢とマサルがアプリを頼りに追ってくることを利用して2人を指定の場所に誘導していました。
マサルと愛沢は丑嶋が雑居ビルに入っていくのを目撃してこっそり中の様子をうかがうと、丑嶋は札束が入っているであろう分厚い封筒を持っていて、愛沢とマサルが知らない男と会っていました。

愛沢とマサルは一旦車に戻り、計画を立てました。
まずマサルが店の裏に忍び込んでブレーカーを落として店内を真っ暗にします。
そして、丑嶋が持っているスペアの携帯に柄崎から電話をかけさせて、愛沢は着信の光を頼りに丑嶋を襲い、現金を奪ってしまおうというものです。

さっそくマサルは柄崎を連れて店の裏に入り、ブレーカーを落として柄崎に発信させ、愛沢は着信の光を頼りに丑嶋に思い切り殴り掛かりました。
その時、予想よりも早く電気が点いて状況が明らかになりました。
愛沢が丑嶋だと思って襲ったのは暴力団員の熊倉で、丑嶋は愛沢の真後ろでピンピンしています。
柄崎は丑嶋ではなく熊倉に発信していたのです。
愛沢は状況が理解できないままヤクザに連れ去られました。

マサルは愛沢と電話を繋ぎっぱなしにして一部始終の音声を聞いている間に、柄崎は店の外に逃げて戍亥に保護されました。
高田も既に戍亥の車に保護されています。

戍亥が愛沢の車に付けたGPSを頼りに2人を追いかけて計画も盗み聞きしていたので、マサルと愛沢の計画は丑嶋に筒抜けだったのです。
マサルは柄崎が逃げたことに気付くと、危険を察してこっそり逃げました。
丑嶋は、用意した300万円は「熊倉が倒れたから支払う義務は無い」と持ち帰りました。

 

結末

その日の夜。丑嶋と犀原は今回だけ協力関係になり、愛沢に生命保険に加入させてから怪我をしてもらい、犀原の借金と丑嶋の被害額を支払ってもらうことにしました。

愛沢は怖気づきましたが、最後は観念して自らトラックの前に飛び出して轢かれました。


(丑嶋と話す愛沢 引用:https://ushijimakun.org

後日。愛沢の生命保険金を手に入れた丑嶋と戍亥は居酒屋で祝杯を上げました。

愛沢は命は助かったものの重体で、生命保険金に加えて障がい者給付金がおりたので、柄崎と高田の治療費を差し引いてもおつりがくる程度に儲かりました。

マサルは丑嶋への恨みが忘れられず、愛沢の銃で丑嶋、柄崎、高田を襲撃しますが、すぐに取り押さえられてしまいました。
「殺すなら殺せ!」と騒ぐマサルに対して、丑嶋は「お前はウチの債務者だ。
営業妨害の損害金300万、今日までの利息が375万、延滞料100万、それとさっきの銃で25万追加。合計800万払え!」と答えると、銃を川に投げ捨てて立ち去ります。
マサルの「絶対殺してやる!」と叫ぶ声がむなしく響きました。

 

神咲麗と藤枝彩香(ホストくん)のあらすじは次のページです。

コメントお待ちしてます

タイトルとURLをコピーしました