映画「東京島」ネタバレ解説考察|元ネタのアナタハン事件を紹介☆ | 映画鑑賞中。

映画「東京島」ネタバレ解説考察|元ネタのアナタハン事件を紹介☆

ヒューマンドラマ

映画『東京島』のあらすじ紹介と、元ネタになった事件について紹介しています!

船の事故に遭い無人島で暮らすことになった清子が、男ばかりの島で唯一の女として『性』を武器に島から脱出しようと奮闘する様子を描いたヒューマンドラマ。

 
 
制作年:2010年
本編時間:129分
制作国:日本
監督:篠崎誠
脚本:相沢友子
原作小説:『東京島』桐野夏生 著
主題歌:『(YOU MAKE ME FEEL LIKE )A NTURAL WOMAN』Superfly
挿入歌:『黄色いさくらんぼ』スリー・キャッツ

キャスト&キャラクター紹介


©2010 『東京島』フィルムパートナーズ
清子木村多江
無人島で暮らす四十代女性。
夫との世界旅行で海難事故に遭い無人島にたどり着き、救助を待つ日々を送っている。
ルックスは普通(という設定)だが島で唯一の女性のため、男性陣からアイドル的な扱いを受ける。

 


©2010 『東京島』フィルムパートナーズ
GM(森軍司)…福士誠治
与那国島のアルバイトから逃げてきたフリーター集団の1人。
清子の3番目の夫で、与那国島ら逃げることを提案した人物。
当初はなぜか記憶喪失を装っていて性格も大人しかったが、記憶喪失のフリをやめてからは本来の性格に戻りリーダーシップを発揮する。

 


©2010 『東京島』フィルムパートナーズ
ワタナベ窪塚洋介
フリーター集団の1人。
無人島に着いてからは群れることなく単独行動している。
人が死んでいるのを見ても平気で笑っていたりする変わり者で、バイセクシュアルの気がある。
清子を嫌い「女というだけで周囲からちやほやされて調子に乗っている奴」と語っている。

 


©2010 『東京島』フィルムパートナーズ
ヤンテイ龍進
清子たちの無人島にどこからかやってきた中国人集団のリーダー。
仲間だと認めた者には情に厚いが、都合よく利用して切り捨てるような冷徹な面もある。
清子を自分のものにしようと画策する。

 


©2010 『東京島』フィルムパートナーズ
マンタ(トシオ、カズコ)…染谷将太
フリーター集団の1人。
無人島に着いてからは1人きりで洞窟の中で暮らしている。
二重人格で、引っ込み思案なトシオと、トシオの姉のカズコという人格が同時に存在している。

 


©2010 『東京島』フィルムパートナーズ
キム(イラン人)…サヘル・ローズ
無人島に漂着した出稼ぎ外国人女性集団の1人。
日本に居た期間が長かったことから清子と親しくなる。
隆(清子の夫)…鶴見辰吾
カスカベ(フリーター集団、清子の二番目の夫)…山口龍人
オラガ(フリーター集団)…柄本佑
犬吉(フリーター集団、童顔)…木村了
シンちゃん(フリーター集団)…南好洋
アタマ(フリーター集団)…清水優
ジェイソン(フリーター集団)…阿部亮平
ダクタリ(フリーター集団)…結城貴史
ミユキ(フリーター集団)…吉田友一
サカイ (フリーター集団)…松川貴広
シマダ(フリーター集団)…保科光志
ヒキメ(フリーター集団)…藤川俊生
フレディ(フリーター集団)…塩見大貴
ウッス(フリーター集団)…中村無何有
ムン(中国人)…趙珉和
チェン(中国人)…石田佳央
ウォン(中国人)…張天翔
リー(中国人)…張沫
シュウ(中国人)…孫良
マリア(フィリピン人、リーダー)…大貫杏里
パム(フィリピン人)…古藤ロレナ
ルース(フィリピン人)…Aive
シシー(フィリピン人)…渡辺万美
チキ…宮武祭
チータ…宮武祭 ほか

 

あらすじ紹介

あらすじ①:


(逃亡出来た開放感に浸るフリーター集団 ©2010 『東京島』フィルムパートナーズ)

1940年代後半。結婚20周年の記念に夫婦でヨット旅行に出た清子(木村多江)と夫の(鶴見辰吾)は、海難事故に遭い無人島にたどり着きました。
外部への連絡手段がなく、清子と隆は誰かが気付いて助けてくれるのを待つばかりの日々を強いられました。

数週間後、島からそう遠くない場所にある与那国島から逃げてきたフリーターの男たち16人が島に現れます。
彼らは与那国島で住み込みのアルバイトをしていましたが、仕事のきつさに耐えきれず総勢16名で集団逃亡してきたのです。

彼らはいくつかのグループに分かれて暮らしたり、単独行動する者などそれぞれに無人島で暮らし始めました。
やがて、誰かがこの島を『東京島』と名付けました。

無人島生活に慣れてきた頃。大して働きもせず文句と願望ばかり漏らす隆に心底嫌気が差した清子は、隆を崖から突き落として殺しました。

その後すぐ、清子はフリーター集団のリーダー カスカベ(山口龍人)と恋愛関係になりました。
カスカベは暴力的な所が玉にキズでしたが、清子だけは特別扱いしてくれたので清子はカスカベを愛していました。

そんなある日。無人島に中国人の集団5~6人が突然現れました。


(中国人集団と遭遇した清子 ©2010 『東京島』フィルムパートナーズ)

中国人から豚肉をもらった清子が大喜びで報告すると、カスカベは清子が中国人に体を売ったと思い込み、鬼の形相で中国人たちを襲いに行ってしまいました。

清子は豚肉を調理してカスカベの帰りを待ちましたが、我慢できずに1人で全部食べつくして眠ってしまいました。

 

あらすじ②:

翌朝。カスカベが崖から落ちて死んでいるのが見つかりました。
中国人に返り討ちにあったのか、別の理由なのか、真相は誰にもわかりません。

皆が死人に動揺する中、フリーター集団の1人で一匹狼タイプのワタナベ(窪塚洋介)だけはカスカベの死体を見て大笑いしていました。


(泣き崩れる清子と死体を見て笑うワタナベ 引用:©2010 『東京島』フィルムパートナーズ)

その後、ワタナベは中国人グループと意気投合して彼らの仲間になりました。
ワタナベは中国語はわかりませんが、彼らが言いたいことをテレパシーのように理解できたため、中国グループとフリーター集団がやり取りする際は通訳の役目を果たします。

数日後。フリーター集団のオラガ(柄本佑)が清子に「1人が清子さんを独り占めすると、またカスカベのような事件が起きる。
だから、清子さんの夫はクジで決めて1~2年ごとに交代しようと皆で決めました」と言います。
清子は物として扱われているようで不満でしたが、自分を『天然記念物のトキ』のようなものと考えて同意しました。

その後のくじ引きで、清子の次の夫はGM(福士誠治)と呼ばれる青年に決まりました。
GMは与那国島ではフリーター集団のリーダーだったと他の皆は言いますが、GM自身は「記憶喪失になって、島に来る前のことは全く覚えてない」と言い、性格も大人しくリーダータイプではありませんでした。
GMはいつも穏やかで優しいので、清子は次第にGMを好きになりました。

ある日。清子は食事中の中国人集団と遭遇し、彼らが作った料理をわけてもらいました。
中国人たちは漂流物を活用して中華鍋を自作したり、調味料となる塩や油を作っていたので清子は感動します。
毎日がその日暮らしだった清子にとって、中国人たちの生活ぶりは知的に見えました。
この時、清子はヤンに「俺達の方に来ないか」と誘われますが、返事をせずにその場を離れました。


(中国人の食事風景を見て驚く清子 ©2010 『東京島』フィルムパートナーズ)

その後、清子はオラガ、犬吉(木村了)ミユキ(吉田友一)などに「中国人を見習ってお鍋や塩や油を作りたい」訴えますが、理解してもらえませんでした。
清子がGMに愚痴ると、GMはドラム缶を磨いて作った鏡をプレゼントしてくれました。

清子は喜んで鏡を見ますが、無人島に着く前より太っていることに気付いてショックを受けました。
清子は女というだけで男たちから食べ物をもらえる上に、GMが料理上手だったのでいつの間にか太っていたのです。

あらすじ③:

翌日。清子はダイエットのためのジョギング中にワタナベに呼ばれてついて行くと、ヤンたちは島から脱出するために丸太で簡易ボートを作っていました。
ヤンは清子に「俺の女になるならこの船に一緒に乗せてやる」と言います。
清子は「夫がいるから」と断ろうとしましたが、結局誘惑に負けてヤンの女になりました。

完成したボートにはワタナベも乗ろうとしますが、ヤンは「定員オーバーだ」と告げてワタナベを乗船拒否して出発しました。
裏切られたワタナベは船に向かって罵詈雑言を叫びました。


(倒れる渡辺と船に乗った中国人集団と清子 ©2010 『東京島』フィルムパートナーズ)

その後、数週間にわたって清子達は海をさまよい、中国人1人が栄養失調で死にました。
やがて目の前に陸と森が見えたので清子達は大喜びで上陸しますが、そこは出発したはずの東京島でした。

清子はフリーター集団の所に戻り「中国人に拉致されていた」と嘘をつきますが、ワタナベが真実を広めていたため清子は孤立してしまいます。
この時清子は、GMがいつの間にかフリーター集団のリーダーになっていることに驚きます。
GMは、フリーター集団の1人で二重人格のマンタ(染谷将太)の中の人格カズコに、本名が『森軍司』だと教えられて記憶が戻ったと語りました。

GMは与那国島に来る前は大学院生で、婚約者もいたそうです。
清子は記憶を取り戻す前の穏やかで優しいGMが好きでしたが、今のGMはリーダーシップに溢れ、意識高い系に変貌していたので困惑しました。
GMは死ぬまで東京島で生きることに決め、仲間1人1人に『酒造り』や『衣類・服飾雑貨作り』などの仕事を割り振り、島に独自の文化を築き始めます。

その後、GMは中国人グループを縛り上げて罰を与えました。
清子は止めさせようとしますが、GMは「清子さんを拉致したんだから当然の罰です。この島には法と秩序が必要です」と答えます。
この罰の後、中国人集団は隠れるようにどこかに消えてしまいました。

さらにGMは清子に「島の男全員の女になれ」と告げました。
悔しさが爆発した清子はフリーター集団の前に立ち「生きるために必死になって何が悪いのよ!
私はこの島で一生を終えるなんて絶対に嫌!どんな手を使っても、この島から出る!」と宣戦布告し、GMがくれた鏡を踏みつけて立ち去りました。


(男たちに啖呵を切った清子 引用:©2010 『東京島』フィルムパートナーズ)

その後、1人でお腹を空かせていた清子の前にワタナベが現れて「食中毒で死ね」と言い、腐った果物を投げつけました。
清子は我慢しますが、空腹に耐えかねて結局全部食べてしまいました。

数時間後。清子が道端で吐いていると、どこからか現れたマンタ(中身はカズコ)に「妊娠おめでとう!」と告げられて妊娠を自覚します。
一晩考えた清子は、GMに妊娠を打ち明けました。
本当の父親はヤンの可能性が高いことは胸に秘め、清子は再びGMと同居することになりました。
妊娠がきっかけで、険悪だった清子とフリーター集団たちとの仲は徐々に回復していきました。

 

あらすじ④:

数か月経ち、清子のお腹が大きくなってきた頃。
一晩のうちに浜辺に大量のドラム缶が遺棄され、ワタナベがいなくなっていました。
状況から察すると、ドラム缶を不法投棄しにどこからか船が現れて、浜辺を寝床にしていたワタナベは船に気付いて脱出成功したようです。

ワタナベは島にまだ人がいることを喋って助けを送ってくれると信じ、清子たちは浜辺に拠点を移して救助を待つことにしました。
「この島で一生暮らす」と語っていたGMを始めフリーター集団も、助かる希望が見えてくるとみんな浜辺に拠点を移しました。
しかし救助は現れず、フリーター集団の1人ミユキが精神崩壊してしまい、何も見えないのに「船が来た!」と叫んで海に入って行き、そのまま溺れ死んでしまいました。

その後、出産間近になった清子の所にマンタがやって来て「出産をぜひスターハウス寺院でして欲しい」と言いました。
スターハウス寺院はマンタが住んでいる洞窟のことで『スターハウス』の由来は、かつてマンタが住んでいた集合団地の中の分譲棟の名前でした。
マンタのもう1人の人格であり実の姉でもあるカズコは、そこの屋上から落ちて死んだとマンタは語ります。
清子は「縁起悪くない?」と苦笑いしますが、マンタは気にしていませんでした。

そこに、ゲイカップルの犬吉とシンちゃんが現れて「さっき中国人たちを見た!岬の下の岩場にいた!」と清子に教えてくれました。

 

あらすじ⑤:結末

数日後。清子は中国人たちの方が頼りになりそうと考え、ヤンに会いに行くことにします。
サイナラ岬の崖を降りた清子はすぐにヤン達と再会しましたが、彼らは見知らぬ5人の若い外国人女性と一緒でした。
彼女たちは世界各国を旅する踊り子で、出稼ぎに行くために乗っていた船が事故に遭い、救助ボートに乗って東京島にたどり着いたそうです。

清子がヤンに妊娠を伝えると、ヤンは喜びました。
この時、清子はイラン人女性のキム(サヘル・ローズ)と仲良くなりました。
キムは故郷イランに2人の子どもが居て、今は離婚した夫に育てられているが、いつか一緒に暮らすのが夢だと清子に語ります。

ある日。清子はキムたちが乗ってきたエンジン付きの救助ボート(修理中)を見せてもらっていた時に破水し、洞窟で元気な女の子と男の子の双子を出産しました。
清子は女の子にチキ、男の子にチータと名付けました。


(赤ん坊を抱く清子とキム 引用:©2010 『東京島』フィルムパートナーズ)

その後、清子は踊り子の1人でフィリピン人のマリア(大貫杏里)から、救助ボートが直ったらどうするのか教えてもらいます。
ボートには5~6人しか乗れないので、マリア、踊り子3人、ヤンの5人で乗り、キムは「もう若くないから踊り子には使えない」という理由で島に置いて行くつもりだと言いました。

さらにマリアは「ヤンの夜の相手をしてくれるなら清子さんも連れて行ってあげる。
でも子どもは邪魔になるから置いてきて欲しい」と告げました。

翌日の夜明け、オラガが発狂しました。
オラガは大事にしていた黒縁メガネを叩き壊すと「もうわずかな希望にすがり続けるのはうんざりだ!たった今から、全員に島からの脱出を禁じる!
出ていこうとする者、俺の意見に反対する者は殺す!
まずは中国人達を殺す!清子もあいつらと一緒にいるなら、殺す!」と言い出しました。

GM以外のフリーター集団がオラガの意見に賛成し、中国人を襲います。
騒ぎに気付いた清子とキムは、双子を1人ずつ抱いて逃げていると、オラガがキムからチータ(男の子)を奪って殺そうとしました。
その時、GMが駆けつけてオラガからチータを守りました。
ボートが何とか動いたため、清子はキム、チキと一緒にボートで島から脱出しました。
チータを抱いたGMは、島から離れていく清子を見つめながら「この子は俺が育てる!」と決心しました。

10年後。東京島で生き残ったフリーター集団、中国人グループ、踊り子グループは和解して1つのグループになり、今では仲良く暮らしています。
この10年の間にGMとマリアが結婚して村長になり、チータは『王子』と呼ばれ、2人の子どもとして大切に育てられていました。

他の元踊り子もそれぞれ夫を持ち、子どもを設けたりして家族を作りました。
同性愛カップルもちらほらいます。
ドラム缶には10年前の抗争で死んだオラガなどの名前と、島から脱出したキム、清子、チキの名前が刻まれています。

その日、東京島ではチータ10歳の誕生祭が開かれていました。
チータは皆の前で島の平和と繁栄を願う立派なスピーチを終えた後、ドラム缶の位牌の前で手を合わせました。
その時、どこからともなく清子の「お誕生日おめでとう」という声が聞こえ、チータは空を見上げます。
そんなチータの様子を、ヤンは隣で微笑みながら見ていました。


(ドラム缶に手を合わせるチータとヤン ©2010 『東京島』フィルムパートナーズ)

無事に生還した清子、キム、チキは日本で一緒に暮らしていました。
3人はマンションの屋上でささやかなチキのお誕生日会を開きます。
清子は日本に帰還した後でワタナベも日本にいる事を知り、今日の誕生日会に呼んでいましたが、彼は現れませんでした。
食事が済んだ後、清子はキムと相談して、チキに東京島での出来事を話すことにしました。

映画『東京島』関連商品(楽天)

解説・考察や感想など


(引用:https://ameblo.jp

元ネタのアナタハン事件の記事を最近読んだので、気になって観てみました。
実際の事件が小説になって、小説を映画化した作品なんですね。
実際の事件はもっとドロドロしていたので、だいぶソフトに仕上がっているな~という印象でした!
窪塚洋介氏の演技も相変わらずで(^o^)
というわけで、元ネタとなったアナタハン事件を知らない方のために、この事件に紹介していきます。

小説の元ネタ「アナタハン事件」とは?

本作は1945~1950年にかけて孤島で起きた悲劇『アナタハンの女王事件』と呼ばれる実際に起きた事件を元に描かれたフィクションです。

舞台はグアム近辺の孤島アナタハン島です。
沖縄出身の女性 比嘉和子(ひがかずこ)は、第二次世界大戦が終戦した1945年前半に、国策会社員の夫とその上司と海軍隊員29名の計32人(全員日本人、女は和子だけ)と共にアナタハン島に派遣されました。
※国策会社:日清戦争~第二次世界大戦終結までの間に国家の発展を目的として設立された半官半民の会社のこと。

彼らが派遣された当時はまだ戦時下にあり、戦争はまだ続くと思われていました。
彼らは和子の夫の会社からの物資支援を定期的に受けながらほぼ自給自足の生活を送りますが、男性陣が全員10代~20代の若者だったこともあり、次第に男たちが和子を巡って争うようになります。
彼らが何月に島に来たのかは不明ですが、終戦する同年8月までの間に男性2名が行方不明になっています。

終戦後、アメリカ軍がアナタハン島まで出向いて和子たちに終戦を知らせましたが、和子たちはアメリカ人が信じられなかったのか、誰も島から出ていこうとせず数年間放置されます。
また、終戦後は会社からの物資支援がなくなったため、和子たちは本格的な自給自足生活を強いられました。
それでも和子たちは戦争が終わったとは思っていませんでした。

翌年の1946年には島に銃が漂着し、和子を巡る争いは本格的な殺し合いに発展して和子の夫が死にます。
それから和子は男たちが選んだ新しい夫をパートナーとして生活を続け、彼女の夫は3回変わったそうですが、実際は和子は夫以外の男でもセックスを求められると応じていたようです。

彼らが島から救助された1950年には男の生存者は19人なり、12名が死亡もしくは行方不明になりますが、病気や事故で亡くなった人も含まれているので実際には何人が和子絡みで亡くなったのかは不明です。
また、この12名の中には1人でこの島から脱出している男がいて、その人物が窪塚洋介演じたワタナベのモデルです。

この事件は日本で記事にされてブームになり、『アナタハンの女王』と呼ばれた和子の写真は当時バカ売れしたそうです。
和子や生き残りの男たちは記者からの取材を受けていますが、和子を巡る争いの話になると誰も多くを語らなかったんだとか。


(1952年に撮影された比嘉和子のブロマイド 引用:Wikipedia

ちなみに和子本人は取材で「私を巡って死んだのは2人だけで、記事の内容は誇張されている」と主張していたそうですが、彼女が知らない水面下の争いも多々あったでしょうから、真実は今となっては誰にもわかりません。

染谷将太が演じたマンタの中のもう1人の人格だった『カズコ』という名前は、恐らくこの比嘉和子が由来だと思われます。

以上です!読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てていたらハートマークを押していただけると嬉しいです(^^)

映画『東京島』関連商品(楽天)

 

感想などお気軽に(^^)

  1. 匿名 より:

    後半のマリアとキムの表記がごっちゃになっていて「?」となる部分が多かったですが、結局キムが脱出してマリアが島に残ったってことですよね?

    • mofumuchi より:

      匿名さん
      見事ごっちゃになってました(-_-;)
      おっしゃる通りで、清子と島から脱出したのはキム、島に残ったのはマリアです。
      修正しました!ご指摘感謝です!ありがとうございました(^^)

タイトルとURLをコピーしました