「ゼロの未来」ネタバレ解説Ⅰラストの解釈、定理の意味など考察! | 映画鑑賞中。

「ゼロの未来」ネタバレ解説Ⅰラストの解釈、定理の意味など考察!

ヒューマンドラマ(青春)

映画「ゼロの未来」について解説、考察している記事です!

『生きる意味を教えてくれる電話』を待ち続ける孤独な中年男・コーエン(クリストフ・ヴァルツ)が、周囲の人間との関わりを通じて『幸せとは何か』を知っていく物語。
『12モンキーズ』(1996)、『Dr.パルナサスの鏡』(2009)のテリー・ギリアム監督作品。

(引用:https://movies.yahoo.co.jp

原題:THE ZERO THEOREM
制作年:2013年
本編時間:107分
制作国:アメリカ、ルーマニア
監督:テリー・ギリアム
脚本:バット・ラッシン

キャスト&キャラクター紹介

 


(引用:http://actoroscar.blogspot.com

コーエン・レスクリストフ・ヴァルツ

マンコム社の優秀なプログラマーのアラフィフ男性。
かなりの変わり者で、火事で焼けた教会に住んでいたり、自分のことを「我々」と呼んだりする。
外出も人付き合いも人に触れられるのも苦手。
過去に一度だけかかってきた『生きる意味を教えてくれる電話』がまたかかってくるのを待ち続けている。

 

ベインズリーメラニー・ティエリー

コーエンがジョビー主催のパーティーで出会った若い女性。
変わり者なコーエンに興味を持つ。

 


(引用:http://shamelesspile.blogspot.com

ボブルーカス・ヘッジス

ハードウェアのプロでマンコム社の社長の息子。
基本面倒くさがりでジャンクフードが大好き。

 


(引用:http://shamelesspile.blogspot.com

ジョビーデヴィッド・シューリス

コーエンの上司でマンコム社の管理職員。
コーエンのことをいつも『クイン』と呼び、その度にコーエンに指摘されるが直す気は無い。
能天気でお祭り騒ぎが大好き。

 


(引用:https://www.listal.com

マネージメントマット・デイモン

神出鬼没なマンコム社の社長。
光学迷彩のスーツを着ていて特異な雰囲気を醸し出している。
コーエンの前に突然現れては仕事の話をしていつのまにか居なくなる。

 

・その他のキャスト

シュリンク・ロム博士(精神科医)…ティルダ・スウィントン
医師…ピーター・ストーメアベン・ウィショーサンジーヴ・バスカー
CMタレント…グウェンドリン・クリスティールパート・フレンドレイ・クーパーリリー・コール
ボブを届けに来た男…エミール・ホスティナパブリック・ネメス
宅配ピザの女…ダナ・ロゴス ほか

スポンサーリンク

あらすじ:起

舞台は近未来。中年男のコーエン・レス(クリストフ・ヴァルツ)はマンコム社の存在意義リサーチ部でエンティティ解析を担当している優秀なプログラマーだ。
仕事は早く優秀だがかなりの変わり者で、自分のことを『我々』と呼び、髪の毛はストレスで全て抜け落ちて丸坊主、人付き合いが大の苦手で、火事で一部が焼けた元教会に住んでいて、いつも電話を待っていた。
コーエンは過去に一度だけ『生きる意味を教えてくれる電話』を受けたたことがあり、その電話がまたかかってくるのを今でも待ち続けていた。

コーエンは現在マンコム社に出社して働いているが、本当は自宅で24時間電話を待っていたいので在宅勤務を強く望んでいた。
在宅勤務を上司のジョビー(デヴィッド・シューリス)に申し出るも「それは俺では決められない。マネージメント(社長)に直談判してみろ」と断られた上、精神面を医者に診てもらうことを勧められた。


(マンコム社で仕事中のコーエン 引用:http://lecerclerouge.jp

ジョビーに言われなくても、コーエンは最近体調不良が続いていたので会社に今年で3度目の健康診断の予約を取り付けていた。
その日の午後。3人の医師(ピーター・ストーメア、ベン・ウィショー、サンジーヴ・バスカー)に半ば呆れられながら診断を受けた結果『身体は馬並みに健康、ただし精神科の診察が必要』と診断された。

コーエンは医師にも在宅勤務を申し出たが「それは経営陣が決めることだ」と突っぱねられた。
この時、コーエンは医師に「なぜ君は1人なのに自分のことを『我々』と呼ぶ?」と聞かれたとき「1人に見えるだけだ」と答えた。


(健康診断を受けるコーエン 引用:https://www.filmidee.it

仕事を終えて帰宅する前、コーエンはジョビーからホームパーティーに誘われた。
最近ジョビーの叔父の屋敷が差し押さえられて今は空き家なので、お祭り騒ぎが大好きなジョビーは無断で借りてパーティーを開くそうだ。
コーエンは人付き合いも人が集まる場所も苦手なので行きたくなかったが、ジョビーが「マネージメントも誘ってる」と言うので仕方なく行くことにした。

その日の夜。
パーティー会場に入ったコーエンは早々に人混みに酔ったので、誰もいない物置部屋でひと息ついてると、目の前のソファにマネージメント(マット・デイモン)が座って読書していた。
コーエンはマネージメントに「自宅でも出来る仕事内容なのに、わざわざ通勤しなければいけない意味がわからない、在宅勤務をさせてもらえるなら我々の生産性は2倍に上がる」などと熱弁し、電話を待っていることも明かして在宅勤務を希望した。
マネージメントは「きみは本当にイカれてるな」と文句を言いつつも、コーエンに特別なプロジェクトを任すことを条件に在宅勤務を認めてくれた。

パーティーに居る間、コーエンはオリーブを喉につまらせて死にかけたところを、ちょうどその場に居合わせたベインズリー(メラニー・ティエリー)という若い女に助けられた。
ベインズリーは自由奔放な性格で、心配した父親は彼女に男が寄り付かないようにダサい服しか与えないが、ダサい服は脱ぎたくなってしまうため結局男が寄ってきてしまうそうだ。
ベインズリーはコーエンに興味を持ち、電話番号をコーエンの腕にマジックで書いた。


(パーティーで出会ったコーエンとベインズリー 引用:http://shamelesspile.blogspot.com

翌日。コーエンは出社すると同時にジョビーに呼ばれ、『完全な管理下』で在宅勤務できるように現在コーエン宅にマンコム社のパソコンなどを設置していて整い次第在宅勤務に移れることや、これからは『ゼロの定理』を証明する作業をしてもらうことなど説明を受けた。
今まで何人かのプログラマーが『ゼロの定理の証明』を任されたが、誰も成功した者はいないらしく、過去にジョビーも任されたが3週間で気が変になりそうになり、現在の管理職に落ち着いたらしい。
コーエンはジョビーに『ニューラル・ネット・マンクライヴ』という、プログラマーが解析したデータが集められる巨大な装置を案内された。
ここは最も重要なマンコム社の中枢といえる装置だそうだ。
この時、コーエンは装置の近くで仕事をしていた青年ボブ(ルーカス・ヘッジス)と出会った。
ボブはいちいち名前を覚えるのが面倒だからと、そばにいる人間全員をボブと呼ぶ変わった青年だが、ハードウェアのプロでもあり、ゼロの定理の証明に挑戦した今までのプログラマーの様子を見てきた男だ。
ボブはコーエンを一目見るなり「2週間持たないね!」と笑った。

スポンサーリンク

あらすじ:承

その日の午後からコーエンの在宅勤務が始まった。
パソコンからは職場に居た時と同様に「解析済データを○時間以内にアップしてください」と音声の指示が出ている。
コーエンはパソコンに映る沢山のブロックを組み合わせ、まるでゲームでもするかのように仕事をする。
コーエンの仕事は現在93%台の『ゼロ』を100%にすることだ。
今までの仕事とゼロの定理の証明で画面内の雰囲気などに変わった点は無いように見えるが、かなり難易度が上がったらしく、コーエンは度々ミスをするようになった。


(クリスマスも仕事に打ち込むコーエン 引用:http://shamelesspile.blogspot.com

コーエンは数か月間誰とも会わず、外にも出ず、電話を待ちながら仕事と食事と睡眠を繰り返すだけの日々が続き、2月になった。
93%台だったゼロは97%台になったが、仕事が行き詰まり精神的に参ってきたのでシュリンク・ロム精神科医師のプログラムを受信した。
ロム医師の「何に喜びを感じる?」という質問に、コーエンは「今は何の喜びも感じない、かつては食べ物に喜びを感じたが、好物はなんだっかも覚えてない。
次々にデータ提出求められて追い詰められいる。」と語った。
ロム医師は「あなたは相当な変わり者ね、とりあえず混乱しそうになったら深呼吸をすること」というアドバイスしかくれなかった。
コーエンは寝ているときもデータ提出の声が聞こえた気がして目を覚ましたり、どうしようもなく寂しい時にはベインズリーと会った時のことを思い出した。

そんな日々が続いて約半年が経った。
コーエンはとうとう発狂してパソコンと電話をカナヅチで叩き壊し、その日の夜は今までにない位熟睡した。
翌朝、ジョビーがパソコンの修理にきた。
コーエンは正直に「アップロードの予定に追いつけない、エンティティの動きが奇妙だし、そもそもゼロの定理は証明不可能だ」と訴えた。
ジョビーはコーエンの話に共感しつつも「マネージメントが証明できると言ったらできるんだ、悩む必要はない!
彼を信じて仕事を続けろ、君は神経過敏になってるだけだ。
こんな時にピッタリの友人を紹介してやるよ!」と言って帰っていった。


(ジョビーに悩みを打ち明けるコーエン 引用:https://apps.derstandard.at

その日の夜、コーエン宅にエロい看護師のコスプレ姿のベインズリーが来た。
コーエンは彼女に見とれながらも近づくのは怖かったので戸惑っていると、ベインズリーが「指を怪我しちゃった、痛いから指にキスして」と指を差し出してきた。


(キスを催促するベインズリー 引用:https://www.popoptiq.com

その時、パソコンの画面にロム医師が現れて「この女は父親に捨てられた悩みをあなたにぶつける気よ!心を許してはだめ!」と警告してきた。
ベインズリーはパソコンの画面を消して「捨てられたんじゃない、父親は死んだの、勘違いしないで!
それに、私は結婚するまでセックスだけはしない主義なの」と囁いた。
その後、ベインズリーは部屋の掃除をしてくれた。
ベインズリーがコーエンに電話を待っている理由を聞くと、コーエンは答えた。
「我々は普通とは違うユニークな感覚を持ちたかった!
だが客観的に分析すると、我々はありふれた存在だった。
大きな群れの中のつまらない一匹の働き鉢でしかない、他の大多数と同じでひたすら命令に従うだけ。
不満を紛らわせるために酒やドラッグやセックスに明け暮れた時期もあったよ、遠い昔の話だけどね。
そんな時、ある出来事がおこった。
ある夜中、かかってきた電話を取ると声が聞こえて、名前を呼ばれた。
電話線の奥に渦巻く果てしないパワーを感じたよ、そして感じたことのない大きな喜びに震えた!
我々はわかっていた。あの時『はい』と答えれば、電話の主が人生の意味を教えてくれる、我々の使命が何なのか示してくれる、 存在の理由をあかしてくれるのだと!
だが興奮のあまり受話器を落としてしまって通話が途絶えた。
それからまたかかってくるのを待っているんだ。」
ベインズリーは諦めたように「あなたに協力するわ、すぐ戻るから待ってて!」と言うと出てった。

あらすじ:転


(ベインズリーの帰りを待つコーエン 引用:http://lecerclerouge.jp

コーエンはベインズリーの帰りを眠らずに待ち続け、朝になった。
チャイムが鳴ったので急いで出てみると、現れたのはベインズリーではなく天才プログラマーのボブと、ヒョウ柄のハットとネクタイに白スーツの男2人組だった。
長身と小柄なその2人組は配達受領書を取り出し、コーエンにサインさせると「4時間後に迎えに来る」と言って出て行った。
ボブは「親父に頼まれて君を助けに来た」と言うと、パソコンで何やら作業を始めた。
この時、ボブはマネージメントの大事な1人息子で、今はアルバイト中だということが判明した。
また、ボブはコーエンに『Q』というニックネームを付けた。(名前のスペル”Qohen”から)
コーエンが「我々は燃え尽きた、もう辞めると決めた」と本音を明かすと、ボブは「気持ちはわかるけど無理だ」と答えた。
ボブの話ではジョビーもマネージメントの指示通りに発言・行動しているだけで、ベインズリーも彼が雇ったただのコールガールだそうだ。
嫌気が差したコーエンが改めて退職の意思を示すと、ボブは「仕事を続けてくれるなら見返りとして、僕の力で君が待ってるという電話をかけさせる」と条件を出してきた。
信じられない話ではあったが、コーエンは仕方なく仕事を続けてみることにした。
そんなこんなで4時間が経ち、ボブは明日の朝また来ると告げて帰った。
ボブが帰る前か後かわからないが、ベインズリーがコーエンの所に戻ってきた。
彼女は真っ赤なフィットスーツを着ていて、コーエン用の真っ赤な悪魔のコスプレのような衣装も持っていた。


(ベインズリーのサイトに行く準備をしているコーエン 引用:https://blog.goo.ne.jp

衣装は長いケーブル付きでパソコンと繋ぐとVR体験が出来るそうで、マネージメントからプロジェクトの一環だと渡されたそうだ。
ベインズリーは「このスーツを着て真夜中に私のサイトにアクセスして」と言い出ていった。

その日の真夜中。コーエンは衣装を着てベインズリーのサイトにアクセスした。
すると、気が付いたらコーエンは水着姿でビーチに寝転んでいた。
何故か頭に髪の毛も生えている。
驚く間もなく水着姿のベインズリーが現れて、コーエンの隣にレジャーシートを広げ、飲み物と食べ物を出した。
ベインズリーは「ここでは何をしてもいいのよ、だからリラックスして。
それに、何を食べても太らないのよ!」と笑いながらチキンを食べてシャンパンを開けた。
コーエンがここはどこかと聞くと、ベインズリーは「ここはあなたか私の頭の中の世界、とにかく安全よ」と答えた。
その後、コーエンは海で遊んではしゃぎすぎて気を失い、ベインズリーに助けられてキスをした。
今までに無い幸福感に包まれたコーエンが「ここで死んでもいいかな?」と聞くと、ベインズリーは「ダメよ、あなたには生きていてほしい」と答えた。

翌朝、コーエンはボブについてロム医師に相談していた。
ボブはいくらマネージメントの息子だといっても、昨日のような仕事を任されるには若すぎる、何かおかしいと感じたのだ。
ロム医師は「ボブは天才だから、何も心配することないわ!」と叫んでカツラを脱ぎ丸坊主になったと思ったら、サングラスをかけてラップを歌いだした。
その後、約束通りボブが現れて、彼がロム医師のプログラムにイタズラしていたことがわかった。
ボブは「親父は今あんたに夢中だ、なぜならあんたは特別で、選ばれた人間だから。
いつか僕らの前に現れると預言された人間だ」と告げた。
コーエンにとってはそんな事情は関係ないので、またボブに辞めたいと申し出たが断られた。
ボブが帰った後。コーエンは仕方なくまた仕事を再開したが、ゼロは93%台に戻っているし、何よりもやる気が出ない。
コーエンは今まで全く食べたいと思ったことがなかった宅配ピザを頼んで食べ、ベインズリーのサイトに遊びに行くことにした。
サイトにアクセスしようとした時、ロム医師のポップアップが出てきて「この子は精神的に傷ついた子だし、あなたは精神的に死んでる!もう会わない方がいいわ!」と止めようとした。
苛立ったコーエンが彼女自身のプログラムをスキャンさせると、ロム医師は「もう大丈夫です」と笑顔で消えた。

改めてコーエンがサイトにアクセスすると、場所は前回と同じビーチだった。
しばらく一緒に沈まない夕日を眺めていると、ベインズリーが「どこか別の場所に行きたい」と言い出した。


(夕日を見つめるコーエンとベインズリー 引用:https://www.pinterest.jp

想像さえすればVRプログラムの力でどこへでも行けるというので、コーエンは目をつぶって想像してみた。
次に目を開けた時、コーエンとベインズリーは暗い宇宙に裸で浮いていた。
コーエンは暗い表情でブラックホールを見つめ、ベインズリーは最初ははしゃいでいたが次第に怖がり、やがて2人はブラックホールに飲み込まれた。
気がつくと、コーエンはビーチに戻っていてベインズリーにひざ枕されていた。
ベインズリーは「怖かったけどもう大丈夫。
コーエン、私を愛してると言って、私を信じて!」と何度も言い、コーエンにキスをした。
興奮したコーエンは「君を信じるし、愛するよ!
もう電話を待つのもやめる、探究もしない!
これからは君への愛だけに生きる!」と言ってベインズリーに抱きつきセックスを迫った。
するとベインズリーは焦ったように「やめて!マネージメントが…」と言い出した。
コーエンが「マネージメントが不満なら辞めてやる!」と構わず続けようとすると、ベインズリーは「だめよ!彼を甘く見ないで!」と叫んで突き飛ばした。
その勢いでコーエンとパソコンを繋いでいたコードが抜け、現実に戻った。

翌日。またボブがコーエン宅にやってきて、コーエンがちゃんと仕事しているのを見届けるとベインズリーがくれた衣装とケーブルを持って帰ってしまった。

その日の夜、コーエンが普通にベインズリーのサイトを覗いてみると、パソコン画面に下着姿で踊るベインズリーが映っていた。
ベインズリーはコーエンが来たとわかると慌てて胸を隠して呼びかけたので、コーエンは焦って画面を消してしまった。
その後、コーエンはもう一度ベインズリーに会おうとしたが、サイトからアクセス拒否されていて入れなくなっていた。

スポンサーリンク

あらすじ:結

翌日。ふてくされていたコーエンの所にまたボブが来た。
ベインズリーがくれた衣装を『魂を探す装置』に改造したからコーエンに着てほしいという。
コーエンが「君は何も信じないんじゃなかったのか?」と文句を言うと、ボブは「僕は若いから何でも信じられるんだ」と答えた。
その直後、玄関のベルが鳴ったので出てみると普段着のベインズリーが深刻な表情で立っていた。
中に招き入れると、ベインズリーはジョビーに『協力すればVRスーツを着れる』と言われて興味本位で従ったことを打ち明けて謝り、コーエンが好きだと告白した。
さらにベインズリーは旅に出るため荷物を車に積んでいて、コーエンに一緒に着てほしいと言った。
ボブは「行けよ!親父から逃げるチャンスだ!」と叫んだが、コーエンは彼女と目も合わせようとせず「我々には仕事がある」と断った。
ベインズリーはコーエンの頭にキスすると、黙って出ていった。


(ベインズリーの告白を断るコーエン 引用:http://lecerclerouge.jp

ボブは「もったいない!気分が悪いからとりあえず外に出よう!」と言い、コーエンは1年以上ぶりに外に出た。
広場のベンチに座って話した際、コーエンには若い頃にはちゃんと恋人がいた事や、離婚歴があることが判明した。
コーエン宅に戻った後、コーエンは自然に自分のことを『私』と呼ぶようになった。
その後、ボブが体調を崩してダウンし「少し眠りたい」と言ったまま気を失ってしまった。
コーエンはボブをソファに運ぶ際、監視カメラがパソコン周辺だけでなく家のあちこちに仕掛けられていることに気が付いた。
コーエンは目についた全ての監視カメラをハンマーで壊して回った。
警報機が鳴り出したのでそれも壊して静かになると、ボブの隣で眠った。

翌朝。白スーツの2人組が駆けつけて、ボブを抱きかかえると「大変なことをしてくれたな、管理官に報告する!
明日、人を寄越すから何もな触るな!」と怒鳴って出ていった。
コーエンは何もやる気が起きず、ボブを寝かせていたソファに倒れ込むようにして眠った。

翌日。ベルが鳴ったので出てみるとジョビーが立っていた。
ジョビーはコーエンの管理責任を問われてマンコム社をクビになったと怒るだけ怒って帰った。
その後、コーエンはボブが作った『魂を探す装置』を身に着けてコードをパソコンに繋いでみた。
するとすぐにエラーが出てコードから火花が散り、意識が飛んだかと思ったら、次の瞬間にはパジャマ姿でマンコム社の中枢『ニューラル・ネット・マンクライヴ』の側に立っていた。
そこはボブが作業をしていた場所で、目の前にあるいくつもの画面にはコーエンがボブをお風呂に入れている様子や、仕事をしているコーエン、最後に会った時のベインズリーなどが映っている。
「息子は入院したよ」と声が響いたので振り返ると、マネージメントが立っていた。
コーエンが「無事ですか?」と聞くと、マネージメントは「容態は良くない、あいつは元々体が弱いんだ。
守ってやろうとしても嫌がるんだ」と淡々と答えた。
コーエンがさらに「何故あなたはゼロの定理を証明したい?何故すべては無だと証明したいんです?」と聞くと、マネージメントは答えた。
「『すべてが無』だなど私は一言も言ってないし、”無”のものなど無い。
私はただの実業家だ、無秩序とはすなわち商機だ、金になる。
カオスには豊かな金脈が眠ってる マンコムはそれらを採掘して儲けるのだ。
神を信じたがる人間の悲しい一面とは、より崇高な目的を求めるあまりに人生が無意味に思えることだ。
すべては『永遠』への通過点でしかなくなる。
君を選んだ理由はかなり皮肉だ 君は私のプロジェクトとは正反対だからだ。
君は信念の人だ、電話が人生の意味を教えると頑なに信じた。
君はその電話を待ち続けるあまりに無意味な人生を送った。
すまんが、もう君を必要とはしない」

気が付くとマネージメントはコーエンの隣から消えていた。
コーエンは怒り狂い、ボブの作業場のパソコンやディスプレイを放り投げて壊し、マンクライヴから伸びているいくつもの筒状のコードを全部引っこ抜いた。
満足してその場に座り込んだ時、引っこ抜いたコードが勝手に動いてまた元通りに戻ってしまった。
コーエンは落ちていたハンマーで力任せにマンクライヴのボディを1回叩くと、そこからヒビが入って亀裂が広がり、マンクライヴは震えて爆発した。
マンクライヴの中から数え切れない程沢山の人間のホログラムの写真のようなものが舞い散り、その中にはボブやベインズリー、ジョビーの写真もあった。
爆発の衝撃でマンクライヴの側にブラックホールが生まれており、写真はその中に飲み込まれていく。
コーエンはその場から逃げ出そうとしたが、思い直したように歩みを止めると落ち着いた表情で自らブラックホールの中に落ちていった。


(ブラックホールに飲み込まれるコーエン 引用:http://mralansmithee.blog.fc2.com

気が付くと、コーエンはベインズリーと楽しいひとときを過ごしたビーチに全裸で立っていた。
ベインズリーは居ないが、彼女が持ってきてくれたビーチボールやレジャーシート、コーエンがはぎ取った水着はそのまま残っている。
コーエンが沈まない太陽に手を加えると、太陽は沈み辺りは暗くなった。
太陽が沈んだ空を見上げ、満足気な表情でビーチに立ち尽くした。

・主題歌
『CREEP』Kren Souza
スポンサーリンク

解説・考察や感想など


(引用:https://www.popoptiq.com

ずっと気になっていた作品で、この度やっと観ることが出来ました。
噂では聞いていましたが、謎が多くて解釈が中々難しいです。
ラストは特にもう何がなんだかわからなくてポカーン状態でした。
でも、こういう作品こそ考察のしがいがあるとも取れるので、考えてみようと思います。

『エンティティ解析』『ゼロの定理』って何


(引用:https://www.forumcinemas.lv

コーエンは仕事の内容について「エンティティ解析をしている」と答えていましたが、エンティティって何?と思った方も多いと思います。
これはストーリーにはあまり関係ないとは思いますが、気になって調べたので残しておきます。

エンティティ(entity)は『実体、存在』というような意味の英語で、何かを説明する時に使ったりする枠組みそのもののことを指したりする言葉で、プログラミングで使われる用語だったりもするようです。
言葉だけだと伝わりにくいかもしれないのでもう少し具体的に示すと


↑この画像は説明のために超適当に作ったものなんですが、このオレンジ色の線(枠組み)がエンティティです。

こうやって図で表すとよりわかりやすいかと思いますが、この『枠組みそのもの』を解析することに意味があるとはとても思えません。
つまり、コーエンの仕事は『無意味なもの』と言い換えても良いかと思います。
もちろん、仕事をすること自体に生きる意味を見出す方も沢山いらっしゃるかと思いますが、コーエンの場合は『電話を待つ傍らにしていること』で、生きる価値を仕事に見出したわけではないので『無意味なもの』になります。

ちなみにベインズリーが言っていた『遠隔的タントラ・インターフェイス』は、『タントラ』はざっくりと言うと『性欲の解放』を意味するヒンドゥー教の言葉で、『インターフェイス(interface)』は『接点、境界面』という意味のIT用語です。
つまり、ベインズリーのエッチなサイトを難しい言葉で言い換えただけです。

ゼロの定理についてはボブが説明してくれていので、抜粋しておきます。

ボブ「ゼロの定理ってなんだと思う?」

コーエン「どうでもいい」

ボブ「ウンコだ すべてはウンコ ウンコでしかないんだ

   宇宙はなんの意味もないことを証明しようとしてる
   全ての物質 エネルギー 何もかもは 一度のビッグバンによる偶然の産物だ
   膨張し続ける宇宙はやがてブラックホールに飲み込まれる
   あまりに強い重力で 全ては0次元である『点』に収集されて 空間 時間 生命 来世 何もかも消える
   何もない ゼロだ」


コーエン「やめろ!そんな恐ろしいこと誰が信じる?」

ボブ「何が恐ろしい?僕は信じる
   完璧で永遠なものはない そう思えば何も心配いらない」

コーエン「・・・ゼロの定理は君が探究すべきだ」

ボブの説明を聞いていると『宇宙=人間』、『ブラックホール=死(もしくは死後の世界)』で、死んだ後は来世も感覚や感情も何も無く、ただ『無』しかないという考え方ってありますよね。
そういう死後の世界の一説の話をしているようにも感じました。
それに、何にでも意味を見出そうとしがちな人間にとっては『生まれたことそのものが偶然でなんの意味もないです』なんて言われたら、生きる意味を探しているコーエンみたいな人にとっては考え方を全否定された気持ちてなってしまいますよね。
それに、死後の世界にしろ何にしろ、もしも宇宙がブラックホールに飲み込まれたらどうなるか、なんて実際にそうなってみないとわかりません。
つまり、『ゼロの定理の証明』は、『答えが出ない問いの答えを出せ』と言っているのと同じということになります。

スポンサーリンク

コーエンが『我々』と呼んでいた理由

コーエンはずっと自分のことを『我々』と呼んでいて、周囲から変人がられていました。
なぜコーエンの一人称が『我々』なのかというと、恐らく答えは意外と単純でコーエンは孤独を感じ耐えかねていたからで、少しでも孤独感を和らげるために我々と呼んでいただけです。
ギリアム監督が『コーエンは現代の若者を象徴している』とも発言していた気がするので、ひとりを嫌っていつも誰かと繋がりたがる若者を表現しているのかもしれません。
物語の終盤でようやく一人称が『私』になるのも、ボブがそばにいてくれたことで孤独感が薄まったためだと思われます。

ベインズリーを振った理由

結局ベインズリーと結ばれませんでしたが、なぜコーエンはベインズリーを選ばなかったのでしょうか?
大前提として、恋愛もコーエンの探している『生きる意味』ではなかったからだというのは明確なんですが、あれだけ入れ込んでいて、ビーチでは「君のために生きる!」とまで言っていたのに振ってしまった具体的な理由は挙げるのがちょっと難しいです。

整理しながら考えてみると、コーエンが何よりも耐え難かったのは『我々』からわかるように『孤独感』ですよね。
コーエンも一時期は気持ちが盛り上がってベインズリーにVRビーチで愛を告白しますが、拒否されています。
その後、彼女のサイトを訪れた際もアクセス拒否されたので、これは完全に嫌われたと思いますよね。
この時コーエンはいつにも増して孤独感に苛まれたはずです。
その後、ベインズリーから告白されてコーエンは嬉しかったはずですが、同時に『恋愛はこんなに苦しいんだ』ということも思い出したのでしょう。
恐らくコーエンの中では恋愛のネガティブな面(主に孤独感)を耐えがたいと感じ、ベインズリーを受け入れられなくなったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ラストの解釈を考察

No.510] ゼロの未来(The Zero Theorem) <80点> 【ネタバレ感想】 - SF
(引用:http://mralansmithee.blog.fc2.com

物語のラスト、コーエンがマンコム社に居た辺りから意味がわからなくなった方が多いんじゃないでしょうか。
私もその1人で、なぜさっきまで自宅に居たのに次の瞬間にパジャマ姿でマンコム社に居たのか、なぜブラックホールが突然現れたのか、ブラックホールに入ったらなぜVRのビーチに出てくるのか、さっぱり訳がわかりません。

こういう話の繋がりが支離滅裂な時って大体夢落ちか、幻覚・妄想か、途中でその人が死んでいて死後の世界に切り替わっていると解釈しないとまとまらないというか納得できないんですが、コーエンの場合は『死んだ』というのが一番濃厚じゃないかと考えています。
コーエンが死んだのはボブが作った『魂を探す装置』を着て感電した時で、以降の世界はコーエンの死後の世界だと考えた方が個人的にはしっくり来ます。
そうでないと、さっきまでスーツを着て自宅にいたのに、次の瞬間にパジャマ姿でマンコム社にいたり、画面に映っているコーエンの姿の時系列がバラバラだったり、突然ハンマーやブラックホールが現れたりすることの説明がつきません。

恐らくコーエンは、あり得ないことが次々に起きたことから徐々に現実ではないと気付き、ブラックホールを見た辺りから自身の死を悟ったのではないでしょうか。
ブラックホールはコーエンが抱えていた闇そのものを象徴していたものですから、それが現れたということは、コーエンは今彼自身の精神世界の中にいるということになるので。
大量に舞うホログラムがブラックホールに吸い込まれているのを見たとき、コーエンは思い切って闇に飛び込んでみることにします。
この時に恐らくコーエンはもう孤独感を乗り越えていたのでしょう。

次にVRビーチに出た時、そこにはベインズリーの姿はないけれど、彼女が持ってきた物や身につけていたビキニだけはそこに残されています。
これは恐らくコーエンの中でもうベインズリーは美しい思い出に変わったということと、孤独を受け入れたということが現れているような気がします。
沈まない夕日を自らの手で沈ませて満足気にただずむ姿は、孤独も死も受け入れて精神が解放された様子だったのではないでしょうか。
『人間生まれる時と死ぬときはひとり』みたいなことわざありますよね、あんな感じを噛み締めているのかな〜と思います(曖昧ですみません)
そしてベインズリーがコーエンを呼ぶ声(恐らくコーエンの脳内再生)が聞こえ、切なく物語が終わります。

エンドロールの一番最後にキリストの像の頭の部分が監視カメラになっている映像が再び映ります。
これはマンコム社の体制からしても監視社会を表現していたんだと思いますが、恐らく監視(管理)する側は神様にでもなったつもりでいる、というような風刺表現ですよね。

解釈については自信がない部分も多々あるので、何か気付いたことがある方はコメントくださいませm(*_ _)m

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました