「ゼロの未来」ネタバレ解説|ラスト考察、ゼロの定理の意味、ベインズリーをフッた理由など | 映画鑑賞中。

「ゼロの未来」ネタバレ解説|ラスト考察、ゼロの定理の意味、ベインズリーをフッた理由など

ダークファンタジー

映画「ゼロの未来」について解説、考察しています!

『生きる意味を教えてくれる電話』を待ち続ける孤独な中年男コーエンが、周囲の人々との関わりを通じて『幸せとは何か』を学ぶ物語。
『12モンキーズ』(1996)、『Dr.パルナサスの鏡』(2009)のテリー・ギリアム監督作品。

原題:THE ZERO THEOREM
制作年:2013年
本編時間:107分
制作国:アメリカ、ルーマニア
監督:テリー・ギリアム
脚本:バット・ラッシン
主題歌:『CREEP』Kren Souza

キャスト&キャラクター紹介


(引用:http://actoroscar.blogspot.com
コーエン・レスクリストフ・ヴァルツ
マンコム社の優秀なプログラマーのアラフィフ男性。
かなりの変わり者で、火事で焼けた教会に住んでいたり、自分のことを「我々」と呼んだりする。
外出も人付き合いも大の苦手。
過去に一度だけかかってきた『生きる意味を教えてくれる電話』がまたかかってくるのを待ち続けている。

 

ゼロの未来

©2013 ASIA & EUROPE PRODUCTIONS S.A. ALL RIGHTS RESERVED.
ベインズリーメラニー・ティエリー

コーエンがジョビー主催のパーティーで出会った若い女性。
変わり者なコーエンに興味を持つ。

 


(引用:http://shamelesspile.blogspot.com
ボブルーカス・ヘッジス
ハードウェアのプロでマンコム社の社長マネージメントの1人息子。
基本面倒くさがりでジャンクフードが大好き。

 


(引用:http://shamelesspile.blogspot.com
ジョビーデヴィッド・シューリス
コーエンの上司でマンコム社の管理職員。
コーエンのことを『クイン』と呼び、コーエンは間違いを何度も指摘するが覚え直す気は無い。
能天気でお祭り騒ぎが大好き。

 


(引用:https://www.listal.com
マネージメントマット・デイモン
神出鬼没なマンコム社の社長。
光学迷彩のスーツを着ていて特異な雰囲気を醸し出している。
コーエンの前に突然現れては仕事の話をしていつのまにか居なくなる。

 

・その他のキャスト

シュリンク・ロム博士(精神科医)…ティルダ・スウィントン
医師…ピーター・ストーメアベン・ウィショーサンジーヴ・バスカー
CMタレント…グウェンドリン・クリスティールパート・フレンドレイ・クーパーリリー・コール
ボブを届けに来た男…エミール・ホスティナパブリック・ネメス
宅配ピザの女…ダナ・ロゴス ほか

映画『ゼロの未来』は〈楽天TV〉で見られます!月額利用料無し、単品レンタル可能です。
※このページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

あらすじ紹介

あらすじ①:運命の電話を待つ男

ゼロの未来

仕事中のコーエン ©2013 ASIA & EUROPE PRODUCTIONS S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

舞台は近未来です。
中年男のコーエン・レス(クリストフ・ヴァルツ)は、マンコム社の『存在意義リサーチ部』で『エンティティ解析』を担当している優秀なプログラマーです。
コーエンは過去に一度だけ、未知なる存在から『生きる意味を教えてくれる電話』がかかってきたことがあり、その電話がもう一度かかってくるのを今も待ち続けています。

コーエンは会社に出社して働いていますが、本当は自宅で24時間電話を待っていたいので、在宅勤務を強く望んでいました。
希望を上司のジョビー(デヴィッド・シューリス)に言いますが「マネージメント(社長)に直談判しろ」と断られてしまいます。
その日の午後、コーエンは今年で3度目の健康診断を受けた結果『身体は馬並みに健康。ただし精神科の受診が必要』と診断を受けました。

仕事終わり、コーエンはジョビーにホームパーティーに誘われました。
コーエンはパーティー嫌いですが、マネージメントも来ると聞いて行ってみることにしました。

パーティーに参加したコーエンは、人の居ない部屋でマネージメント(マット・デイモン)と遭遇しました。
コーエンが在宅勤務を切望すると、マネージメントはコーエンに特別なプロジェクトを任すことを条件に在宅勤務を認めてくれました。

コーエンはマネージメントと別れた直後、妖艶な雰囲気の美女ベインズリー(メラニー・ティエリー)と出会います。
ベインズリーはコーエンに興味を持ったのか電話番号をコーエンに教えますが、コーエンは結局電話しませんでした。

ゼロの未来

ペインズリーと出会ったコーエン ©2013 ASIA & EUROPE PRODUCTIONS S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

翌日。コーエンはジョビーから『完全な管理下での在宅勤務』と特別ミッションについて研修を受けました。
コーエンが課されたミッションは『ゼロの定理の証明』というものです。
ジョビーいわく、今まで『ゼロの定理の証明』に成功したプログラマーはおらず、過去にジョビー自身も挑戦したけれど3週間で諦めたと語りました。

その後、コーエンはジョビーに解析データを集めている巨大な中枢装置『ニューラル・ネット・マンクライヴ』を見せてもらいました。
この時、コーエンは『ゼロの定理の証明』に挑戦するプログラマーのサポート業務をする天才プログラマーの青年ボブ(ルーカス・ヘッジス)と知り合いました。
ボブはコーエンを一目見るなり「2週間持たないね!」と笑いました。

あらすじ②:


(クリスマスも仕事に打ち込むコーエン 引用:http://shamelesspile.blogspot.com

その日の午前中の内に会社のパソコンをコーエンの自宅に移動し、午後からさっそく念願の在宅勤務が始まりました。
パソコンからは「解析済データを1時間以内にアップしてください」など音声指示が出され、コーエンは制限時間内にデータを解析してアップロードします。

コーエンの仕事は、現在93%完成している『ゼロの証明』を100%にすることです。
今までの仕事と比べて難易度が別格に上がり、コーエンは度々ミスをするようになりました。

コーエンは数か月間誰にも会わず外出もせず、ただ電話を待ちながら仕事と食事と睡眠を繰り返すだけの日々が続いて2月になりました。
93%台だったゼロは97%台になりましたが、コーエンはこれ以上パーセンテージを上げることが出来ずにいます。

仕事が行き詰まり精神的に参ってきたコーエンは、医療AIのシュリンク・ロム精神科医師(ティルダ・スウィントン)のプログラムを受診しますが、心は晴れませんでした。
コーエンの精神疲労は次第に悪化して、どうしようもなく寂しい時にはパーティーでベインズリーと会った時のことを思い出すようにしました。

そんな日々が続いて約半年後。
コーエンはとうとう発狂してパソコンと電話をカナヅチで叩き壊すと、その日はしばらくぶりに位熟睡できました。

翌朝、ジョビーがパソコンの修理に現れました。
コーエンが正直に「ゼロの定理は証明不可能だ。もうやめさせてほしい」と訴えると、ジョビーは「マネージメントができると言ったらできるんだ。君は神経過敏になってるだけだ。こんな時にピッタリの友人を紹介してやるよ!」と言って帰っていきました。

ゼロの未来

©2013 ASIA & EUROPE PRODUCTIONS S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

その日の夜、ジョビーの手配でコーエンの自宅にエロ看護師のコスプレをしたベインズリーが現れました。
コーエンが戸惑っていると、パソコン画面にロム医師が現れて「心を許してはだめ!」と警告します。
ベインズリーはパソコンを消すと、部屋の掃除をしてくれました。
この時、ベインズリーがコーエンになぜ電話を待っているのか聞くと、コーエンは「昔、不思議な電話がかかって来て名前を呼ばれた。
相手は誰だかわからないけど、ものすごく神秘的なパワーを感じた。
電話の主は我々に人生の意味や使命を教えてくれるはずだったが、興奮のあまり受話器を落として切れてしまった。それからまたかかってくるのを待ってるんだ。」と打ち明けました。
ベインズリーは「すぐ戻るから待ってて!」と言い残して出て行きました。

 

あらすじ③:


(ベインズリーの帰りを待つコーエン 引用:http://lecerclerouge.jp

結局ベインズリーは戻ってこず、朝になると天才プログラマーのボブが来ました。
ボブは「頼まれて助けに来た」と言うと、パソコンで何やら作業を始めます。
この時、ボブはマネージメントの1人息子だったことが発覚しました。
ボブはいつもなら社員の名前を覚えようとしませんが、コーエンには『Q』というニックネームを付けました。(名前のスペル『Qohen』の頭文字)

コーエンがボブに「退職したい」と打ち明けると、ボブは「君は優秀だから手放したくない。もし仕事を続けてくれるなら、見返りとして例の電話の主を僕が探して電話を君にかけさせる」と答えました。
信じられない話でしたが、コーエンは仕事を続けてみることにしました。
ボブは「明日の朝また来る」と言って帰りました。

その後ベインズリーが戻ってきて、コーエンにケーブルの付いた真っ赤なフィットスーツを渡しました。
それはケーブルをパソコンに繋いでVR体験するためのスーツで、マネージメントが準備してくれた物だそうです。
ベインズリーは「これを着て真夜中に私のサイトにアクセスして」と言い帰ってしまいました。


(ベインズリーのサイトに行く準備をするコーエン 引用:https://blog.goo.ne.jp

その日の真夜中。コーエンが衣装を着てベインズリーのサイトにアクセスすると、いつの間にか疑似空間のビーチに水着姿で寝転んでいました。
疑似空間のコーエンには髪の毛が生えています。

ビーチに水着姿のベインズリーが現れて食事の準備を始めました。
ベインズリーは「ここでは何を食べても太らないのよ!」と嬉しそうにチキンを食べてシャンパンを飲みました。
コーエンがこのビーチは何なのか聞くと、ベインズリーは「ここはあなたか私、どちらかのの頭の中」と答えました。

ビーチでコーエンとベインズリーは良い感じになりキスをしました。
感じたことのない幸福感に包まれたコーエンが「最高に幸せだから今ここで死にたい」と言うと、ベインズリーは「あなたには生きていてほしい」と答えました。

翌朝、コーエンはボブに「親父は今あんたに夢中だ。あんたはいつか僕らの前に現れると予言された特別な人間だから」と言われました。
コーエンはボブが電話の主を探してくれるという話も、予言の特別な人間というのも信じられず「やっぱり辞めたい」と頼みますが断られました。
ボブが帰った後、コーエンは仕事を再開しようとしますが、どうしてもやる気が出ませんでした。

コーエンは今まで興味すら持ったことがなかった宅配ピザを頼んで食べてから、ベインズリーのサイトに遊びに行くことにしました。
コーエンがサイトにアクセスし、前回と同じビーチでベインズリーと一緒に沈まない夕日を眺めました。


(夕日を見つめるコーエンとベインズリー 引用:https://www.pinterest.jp

しばらくすると、ベインズリーが「どこか別の場所に行きたい 想像さえすればどこへでも行ける」と言うので、コーエンは目をつぶって他の場所を想像してみました。

目を開けると、コーエンとベインズリーは暗い宇宙に裸で浮いていました。
ベインズリーは無重力にはしゃぎますが、コーエンは無限に広がる暗闇に恐怖しました。
しばらくすると2人はブラックホールに飲み込まれ、元のビーチに戻っていました。
ベインズリーに「私に『愛してる』と言って」と言われて興奮したコーエンは「君を愛するよ!もう電話を待つのもやめる。これからは君への愛だけに生きる!」と答えてベインズリーにセックスを迫りました。
するとベインズリーは「マネージメントが監視してるからやめて」と拒否してコーエンを突き飛ばしました。
その勢いでパソコンからケーブルが抜けてしまい、コーエンは現実に戻りました。

翌日。またボブがやってきて、VR用のフィットスーツとケーブルを持って行ってしまいました。

その日の夜、コーエンはベインズリーのサイトを覗いてみますが、アクセス拒否されてログインできなくなっていました。

 

あらすじ④:結末

翌日。ふてくされていたコーエンの所にまたボブが来ました。
ボブは赤いフィットスーツを「『魂を探す装置』に改造したから着てみてほしい」と言いコーエンに返しました。

その直後、普段着のベインズリーがコーエンに会いに来ました。
ベインズリーは「今からこの町を出る。あなたが好きになったから一緒に来てほしい」と誘います。
ボブは「親父から逃げるチャンスだ」と喜びますが、コーエンは「仕事がある」と断ってしまいました。


(ベインズリーの愛を拒絶するコーエン 引用:http://lecerclerouge.jp

ベインズリーが行ってしまうと、ボブはコーエンを外に連れ出します。
コーエンは、もっと若かった頃は一度だけ結婚と離婚をしたことがあり、恋愛はもうこりごりだとボブに打ち明けました。
自宅に戻った後、コーエンは自然に自分のことを『私』と呼ぶようになりました。

その後、ボブは突然体調を崩して「少し眠りたい」と言ったまま気を失ってしまいます。
コーエンはボブをソファに運んだ時、家の至る所に監視カメラが仕掛けられていることに気付き、カメラを片っ端から壊してからボブの隣で眠りました。

翌朝。マネージメントの部下2人が駆けつけて「大変なことをしてくれたな!人を寄越すからそれまで何も触るな!」と怒鳴ってボブを連れて出て行きました。
コーエンは何もやる気が起きず、倒れ込むように眠りました。

翌日。ジョビーがコーエンに会いに来ました。
ジョビーはコーエンの管理責任を問われて会社をクビになったと報告し、コーエンに愚痴を吐き出して去りました。
その後、コーエンはボブが改造した『魂を探すスーツ』を着てケーブルをパソコンに繋いでみると、エラーが出てケーブルから火花が散りました。

次の瞬間、コーエンはパジャマ姿でマンコム社の中枢『ニューラル・ネット・マンクライヴ』のそばに立っていました。
目の前にあるいくつものモニターには、昨日のコーエンやボブ、ベインズリーが映っています。
コーエンが混乱していると、突然マネージメントが現れて「息子は入院した。あいつは生まれつき体が弱いんだ」と告げました。

コーエンがマネージメントに「ゼロの定理の証明にこだわるのはなぜですか?」と聞くと、マネージメントは「ゼロの定理は金儲けの手段のひとつにすぎない。君は人生に崇高な目的を求めるあまりに電話を待ち続ける無意味な人生を送った。残念だよ」と答えて消えてしまいました。

コーエンは怒り狂い、『ニューラル・ネット・マンクライヴ』から伸びる沢山のケーブルを全部引っこ抜きますが、ケーブルは勝手に動いて元に戻ってしまいました。

コーエンは近くに落ちていたハンマーで『ニューラル・ネット・マンクライヴ』のボディを思い切り叩くと、装置は震えて爆発しました。
すると、壊れた装置から無数のホログラム写真が飛び出し、その中にはボブ、ベインズリー、ジョビーの写真も含まれていました。

さらに、爆発の衝撃でブラックホールが生まれ、無数のホログラム写真が吸い込まれていきます。
コーエンは慌てて逃げようとしますが、思い直して自らブラックホールに飛び込みました。


(ブラックホールに飲み込まれるコーエン 引用:http://mralansmithee.blog.fc2.com

気が付くと、コーエンはベインズリーと過ごした疑似空間のビーチに全裸で立っていました。
ベインズリーは居ませんが、一緒に遊んだビーチボールや食事したレジャーシート、彼女の水着などはビーチに残っています。
コーエンが沈まない太陽に手をかざすと、太陽は沈んで夜になりました。
コーエンは夜空を見上げ、満足気な表情でビーチに立ち尽くしました。

解説・考察や感想など


(引用:https://www.popoptiq.com

ずっと気になっていたものの、難しそうでなかなか手が伸びずにいた映画のひとつです。
ラストは特にもう何がなんだかわからなくてポカーン状態でした。
ラストの意味を中心に、監督が伝えたかったことなど考えてみようと思います。

『エンティティ解析』とは?

コーエンは仕事内容について「エンティティ解析」と答えていましたが、意味が分かりませんでした。
これはストーリーにはあまり関係ないとは思いますが、気になって調べたので残しておきます。

エンティティ(entity)は『実体、存在』というような意味の英語で、データ上で何かをジャンル分けしたりする時に使う『枠組み』を指す言葉で、プログラミングで使われる用語だったりもするようです。
言葉だけだとわかりにくいのでもう少し具体的に示すと

好きな俳優
・アーノルド・シュワルツェネッガー
・ユアン・マクレガー
・トーマス・マッケンジー など
好きなキャラクター
・スヌーピー
・ピングー
・ポムポムプリン など

↑このようにジャンル分けして見やすくするために使った『赤色の線(枠組み)』がエンティティです。

この『枠組み(ただの区切り線)』を解析することに意味があるとはとても思えません。
つまり、コーエンの仕事は『無意味な作業』と言い換えても良いかと思います。
もちろん仕事を生き甲斐にしている方は多いですし、仕事に生きる意味や価値を見出すことを重要視する社会の傾向はありますが、コーエンにとって仕事は『電話を待つ傍らにしていること』であり『価値が無いもの』なのです。

ちなみにベインズリーが言っていた『遠隔的タントラ・インターフェイス』ですが、『タントラ』は『性欲の解放』を意味するヒンドゥー教の言葉で、『インターフェイス(interface)』は『接点、境界面』という意味のIT用語です。
つまり、ベインズリーのエッチなサイトを難しい言葉で言い換えただけです。

 

『ゼロの定理』とは?


(引用:https://www.forumcinemas.lv

ゼロの定理についてはボブが説明してくれていので、抜粋します。

ウンコだ すべてはウンコ ウンコでしかないんだ
宇宙はなんの意味もないことを証明しようとしてる
全ての物質 エネルギー 何もかもは 一度のビッグバンによる偶然の産物だ
膨張し続ける宇宙はやがてブラックホールに飲み込まれる
あまりに強い重力で 全ては0次元である『点』に収集されて 空間 時間 生命 来世 何もかも消える
何もない ゼロだ

全ての生物は輪廻転生を繰り返すという説がある一方で、死んだ後は来世も何も無く、ただ『無』になるという説も存在します。
そういう死後の世界の一説の話をしているようにも感じました。

それに『生まれたことそのものが偶然で何の意味もないです』なんて言われたら、生きる意味を探しているコーエンみたいな人にとっては考え方を全否定された気持ちになりますよね。

それに、死後の世界や、もしも宇宙がブラックホールに飲み込まれたらどうなるか、なんて実際にそうなってみないとわかりません。
つまり『ゼロの定理の証明』は、『答えが出ない問いの答えを出せ』と言っているのと同じということになります。
だから今まで誰も証明に成功した人が居なかったのです。

次のページに続きます!

2ページ目は『コーエンが我々と呼んでいた理由』、『コーエンがペインズリーを振った理由』、『ラストの解釈』です。

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました