映画「愛を読むひと」あらすじ結末ネタバレ・感想 | 映画鑑賞中。

「愛を読むひと」ネタバレと解説|ハンナについての4つの疑問を考察

ヒューマンドラマ(恋愛)

第二次世界大戦後のドイツで「朗読」を通じて愛をはぐくんだ15歳の青年マイケルと、20歳年上の女性ハンナの恋の物語。
ハンナを演じたケイト・ウィンスレットはその年のアカデミー賞 主演女優賞、ゴールデングローブ賞 助演女優賞を受賞した。
「めぐりあう時間たち」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のスティーブン・ダルドリー監督作品。

 

原題:The Reader
制作年:2008年
本編時間:124分
制作国:アメリカ・ドイツ
監督:スティーブン・ダルドリー
脚本:デヴィッド・ヘアー
原作:恋愛小説/ベルンハルト・シュリンク「朗読者

キャスト&キャラクター紹介

マイケル・バークレイフ・ファインズ
若い頃のマイケル…デヴィッド・クロス


2008 Hakuhodo DY Music & Pictures Inc.All rights reserved.

左がレイフ・ファインズ、右がデヴィッド・クロス
弁護士のアラフォー男。15歳の頃に当時35歳だった女性ハンナと初めてお付き合いをした。
その後は彼女の引っ越しを機に別れたが、良い別れ方が出来なかったことがトラウマで心を閉ざしがちになり、そのまま大人になった。

 

ハンナ・シュミッツケイト・ウィンスレット

「愛を読むひと ケイト」の画像検索結果
(引用:https://www.cinemacafe.net

マイケルの初恋相手。
マイケルと出会った当時は鉄道会社に勤務、第二次世界大戦当時は刑務官として働いていた。
真面目で勤勉でとっつきにくい雰囲気の美女。

・その他のキャスト

ジュリア(マイケルの娘)…ハンナー・ヘルツシュプルング
ガートルード(マイケルの元妻)…カロリーネ・ヘルフルト
アンジェラ(マイケルの母)…レナ・オリン
大学教授…ブルーノ・ガンツ
火事の被害者…アレクサンドラ・マリア・ララ ほか

スポンサーリンク

あらすじ:起

1958年の西ドイツ・ノイシュタット。
ある春の日、15歳の学生マイケル(デヴィッド・クロス)は、下校途中の電車の中で急に体調が悪くなり、吐きそうになったので電車を降りた。
道端で吐いた後、すぐ傍にあったアパートの前のベンチに座って休憩していた時、30代の女性(ケイト・ウィンスレット)に助けられ、自宅の近くまで送り届けてもらった。
帰宅後、医者に診てもらったマイケルは『猩紅熱』という発疹性の伝染病にかかっていたようで、しばらくの間自宅で療養した。

3カ月後。医師からの登校許可はまだもらえないがすっかり元気になったマイケルは、助けてくれた女性にお礼を言いに行くことにした。
花を持って彼女のアパートへ行ってお礼を言うと、女性は特に歓迎する様子もなくマイケルを部屋に入れ、自分の下着にアイロンをかけ始めた。
15歳の少年マイケルにとって『女性物の下着』は視界に入るだけでドキドキする代物だった。
女性は下着を見られることを気にする様子もないので、戸惑ったマイケルは丁寧にお礼を言って立ち去ろうとすると、女性はマイケルを引き留めて「私もこれから仕事に出るから、部屋の外で待っていて」と言った。
マイケルが部屋のドアの外で待っていると、わずかに空いていたドアの隙間から女性が着替えているのが見えた。
マイケルが見とれていると、視線に気づいた女性と目が合ってしまったので、気まずくなったマイケルはドアの前から走り去った。

後日。マイケルが路面電車に乗っていると、あの女性が路面電車の駅員として働いていた。
とっさに気付かないフリをしたが、マイケルは彼女が気になって仕方なくなり、その後 勇気を出して再び彼女の部屋を訪ねた。
女性は前回同様、マイケルを歓迎するわけでもなく、ぶっきらぼうに「炭をバケツ2杯分 持って上がって」と頼んできた。
素直に指示に従ったマイケルは顔が炭まみれになってしまった。
マイケルは彼女からお風呂に入るよう勧められたが、女性の部屋はワンルームの中にお風呂もトイレもあり、部屋とバスルームを仕切るのは薄いカーテンとすりガラスだけだった。
恥ずかしかったマイケルは良い断り方を考えていたが、女性はまるで母親のようにてきぱきと入浴の準備をしている。
マイケルは諦めて服を脱ぎ、バスタブに入った。
炭を落としてバスタブから上がると、彼女は全裸にバスタオルを持って登場した。
パニくっているマイケルに、彼女は「このためにまた来たんでしょ?」と言いマイケルを抱きしめた。
マイケルは戸惑いつつも、彼女に導かれるまま初めてのセックスをした。

翌日。医者からはあと3週間は学校を休むべきだと勧められたが、マイケルは学校へ行った。
そして学校が終わるとすぐに彼女の家へ走った。
セックスの後、ベッドでまどろむ彼女にマイケルはこの時始めて名前を訊ねた。
女性は少しためらいつつ、「ハンナよ」と答えた。
マイケルはその後、毎日のようにハンナの部屋に通うようになった。

そんなある日、マイケルはハンナに「本を朗読して欲しい」と頼まれた。
「僕は下手だよ」と言いながらもマイケルが朗読すると、ハンナは「とっても上手よ」と嬉しそうにささやき、それからは会うたびにマイケルが朗読し、ハンナがそれを心地よさそうに聞く日々が続いた。
マイケルはハンナと過ごすうち、生まれて初めて人を愛する気持ちを知った。


(ハンナに本を読み聞かせるマイケル 引用:https://nitari-movies.com

スポンサーリンク

あらすじ:承

ある日の夜。終電の時間が過ぎた後、マイケルはいたずら心でハンナが乗っている電車に飛び乗って驚かせようとした。
だがハンナはマイケルを無視して別の車両に移り、ドアを閉めてしまった。
マイケルはその後ハンナに謝りに行ったが、ハンナは不機嫌なまま「今日はもう帰って」と言うだけだった。
一度は帰りかけたが気まずい状態のまま帰るのが嫌で、マイケルは仲直りするためにハンナの部屋に戻った。
「君が初めての恋人なんだ。
君がいない世界なんてもう想像できないよ!
僕を許してくれる?僕を愛してる?」とマイケルが聞くと、ハンナは無言でうなずいた。

その後、マイケルはハンナのために幼心を捨てて出来るだけ紳士的に振舞うようになり、いつも通りの穏やかな日々が続いた。
その中で『朗読』は、2人の心をつなぎとめる大切な儀式とも言える行為になっていた。

2人が付き合い始めて1ヵ月が経った頃。
夏休みに入ったマイケルはハンナに「自転車で一泊旅行に行こう!」と誘った。
ハンナは困っている様子だったが、目を輝かせるマイケルに負けて行くことにした。


(自転車旅行中のマイケルとハンナ 引用:https://eiga.com

旅行当日。レストランに入って一緒に食事をしたとき、ハンナはとても緊張している様子で、ウェイトレスが注文を聞きに来るとマイケルに全ての注文をお願いした。
会計のとき、マイケルはウェイトエスに「お母さんのお口にも合ったかしら?」と聞かれた。
ウェイトレスにはハンナとマイケルが親子に見えたのだ。
マイケルは適当に返事した後、ウェイトレスに見せつけるようにハンナにキスをした。
その後に立ち寄った協会で、マイケルは賛美歌を聞いて涙を流すハンナに釘付けになった。
湖にたどり着くと、マイケルは湖畔に座って詩を書き、ハンナは湖で泳いだ。
マイケルは「君の詩を書いてるんだ。完成したら聞かせてあげる」と約束した。

スポンサーリンク

夏休みが終わると、マイケルの学校にソフィーという美人の転校生が来た。
ソフィーはマイケルに好意を持っている様子だったが、マイケルは相変わらずハンナに夢中だった。
授業が終わると友人との遊びもそこそこに、すぐハンナの元へ向かう毎日だった。

同じ頃。ハンナは仕事での勤勉な態度が認められて駅員から内勤の事務職へ昇進が決まり、同時に引っ越さなければならなくなった。

その日はマイケルの誕生日だった。
同級生たちはマイケルのためにサプライズパーティを準備してくれていたが、マイケルはハンナに祝ってもらいたかったので、友人たちに「約束があるから」と告げてすぐにハンナの所に行った。
部屋に着くといつも通り本を読みきかせたが、ハンナは始終 暗い表情で朗読をろくに聞いていない様子だった。
マイケルはハンナの態度が不愉快になり「今日は僕の誕生日なんだけど、君に祝ってほしくて誕生日パーティも断ってきたんだ!」と怒ると、ハンナは暗い表情のままマイケルをお風呂に入れて体を洗った後、身体を重ねた。
セックスが終わると、ハンナは「お友達の所へ戻りなさい」と優しく言った。

19096648_w434_h_q80
(マイクに友達の所に戻るよう促すハンナ 引用:http://kimageru-cinema.cocolog-nifty.com

マイケルは言われるがまま友人のいる学校に戻ってみたが、何回思いかえしてもハンナの表情と態度は何かおかしい。
我慢できなくなったマイケルは急いでハンナの部屋に戻ってみると、彼女の部屋はもぬけの殻になっていた。
ハンナはマイケルにお別れもせずに引っ越してしまったのだ。
マイケルはハンナがなぜ居なくなったのか、理由もわからないままだった。
こうして2人の関係は突然終わり、マイケルは彼女と出会う前の生活に戻ることになった。
この出来事でマイケルは深く傷つき、他人に心を開くことができなくなってしまった。

スポンサーリンク

あらすじ:転

数年後。マイケルは法科大学生になり、勤勉でまじめな生徒で成績も優秀だった。
マイケルは寮で生活していて、寮でもゼミでも一緒の女子生徒 ガートルード(カロリーネ・ヘルフルト)に好意を寄せられているのはわかっていたが、未だにハンナとのことが忘れられず、人に心を開くことを恐れていた。

ある日、ゼミの授業で実際の裁判の見学に行ったとき、法廷の中から聞いたことのある声が聞こえてきた。
目を凝らして声の主を見てみると、ハンナが被告人の1人として席についていた。


(裁判所でのハンナ 引用:https://www.pinterest.jp

ハンナは第二次世界大戦中にユダヤ人収容所の看守として働いていた時期があり、そこの収容所には看守が定期的に収容されている人間を数名選び、アウシュビッツ強制収容所に送っていたのだという。
※アウシュビッツへ送られたユダヤ人はナチスの思想の元に全員虐殺されていた。
当時、ハンナが勤めていた収容所が閉鎖になり、看守たちは約300名の収容者と一緒に別の収容所へ数日かけて移動することになった。
移動中のある日の夜。宿泊する町の住人から「収容者は協会で寝るように」と指示され、看守は収容者を入れて教会を施錠し、看守たちは宿泊施設に泊まることになった。

その日の夜、町は不幸にも空襲に襲われてあちこちで爆発と火事が起き、収容者がいた教会も炎に包まれた。
収容者 約300名は出入り口に鍵がかけられていたせいで逃げることが出来ず、そのまま全員死亡したとされていたが、奇跡的に生き延びていたという親子が最近名乗り出て、当時の事件についての本を出版していた。
そして、火事が起きた当時の看守の対応が問題となり、ハンナを含めた6人の元看守が罪を問われていたのだった。

本の著者であり、教会の火事の生き残りで当時子どもだった女性は、当時のハンナの様子について「シュミッツ(ハンナのファミリーネーム)は夜に若い娘を自分の部屋に呼び、本の朗読をさせていた。
食べ物なども与えていて一見親切に見えたが、アウシュビッツに送り出すメンバー決めの際には朗読していた娘を選んでいだ、残酷な女性だ」と証言していた。

マイケルはハンナとの再会もだが、彼女の過去も衝撃的で、ただただ困惑するしかなかった。
その日の夜、マイケルはかつてハンナが働いていた収容所のひとつに足を運び、ハンナの過去に思いをはせた。

次の法廷見学の際は『火災のときに協会の鍵をなぜ開けなかったのか』が議論されていた。
ハンナ以外の元看守5名は自分に都合の良いことだけを証言していたのに対し、ハンナはすべてを包み隠さず正直に証言していたため、他の5名は自分たちの罪を軽くするのにハンナが邪魔だと感じていた。
そのため5人は結託し、ハンナを悪者扱いして自分たちの罪を少しでも軽くすることに決めた。

「シュミッツが看守のリーダーで、全ては彼女が決めてやったことで私たちは従っただけ、火災直後のレポートも彼女が1人で書いた」と5人が口を揃えた。
これに対し、ハンナは「私はリーダーではなくただの看守の一人で、レポートは書いていない」と否認した。
意見が食い違うため、裁判官はハンナの筆跡とレポートの筆跡を鑑定するため、ハンナに紙とペンを渡して文字を書くよう命じた。
だが、ハンナは紙とペンを渡された途端、諦めたように「全て自分がやった」と証言を変えた。

この時、周囲はハンナが今まで嘘をついていて、筆跡鑑定されることになっていよいよ観念して本当の証言をしたのだと思っていたが、マイケルだけは真実に気が付いた。
マイケルがハンナに朗読をした日々、自転車旅行に行ったとき、メニューを見て戸惑っていたハンナ。
ハンナは文字が読めないことを隠して生きていたのだということに。
非識字者であることを明かせばハンナの罪は軽くなるはずなのに、彼女はそれを隠すことを選んだのだ。
マイケルはいたたまれなくなり、裁判の途中で法廷を抜け出した。

法廷から大学に戻ってきたマイケルは、ゼミの教授(ブルーノ・ガンツ)に「私は被告人の1人、ハンナ・シュミッツにとって裁判で有利になる情報を持っているが、どうすれば良いか」と相談した。
教授は「裁判に感情は関係ない。これから君がどういう行動に出るかが問題だ」と答えた。

その後、マイケルはハンナがいる被告人の収容施設に行き面会の申し込みをしたが、緊張で居てもたってもいられなくなり、結局面会をせずに帰ってしまった。
マイケルは彼女に会うことがどうしても出来なかった。

その日の夜。精神不安定になったマイケルは、ガートルードの部屋に夜這いして彼女を抱いた。
ガートルードはマイケルの気持ちが彼女に無いことを知っていながら、マイケルを受け入れた。

判決の日。ハンナ以外の元看守5名には『300件の殺人ほう助の有罪判決と4年3カ月の懲役』、ハンナには『300件の殺人罪の有罪判決、無期懲役』の判決が下された。

スポンサーリンク

あらすじ:結

マイケルは大学卒業後 弁護士になり、ガートルードと結婚した。
1976年。33歳になったマイケルは、まだ幼い娘のジュリアを連れて実家の方面に向かう電車に乗っていた。
ガートルードと離婚することを母親に報告するために。
母親は「前に帰って来た時は結婚の報告で、久しぶりに顔を見せたと思ったら今度は離婚か」と残念そうだったが、特に反対はしなかった。
実家に来たついでに自分の部屋の荷物の整理をしていると、かつてハンナに朗読した本が沢山出てきた。
マイケルはせめてもの罪滅ぼしにと思い、その中の一冊を朗読してカセットテープに録音し、文章などは何も添えずにテープのみを服役中のハンナに送った。

その頃、53歳になっていたハンナは夢も希望もなく、ただ淡々と刑務所での日課をこなして過ごしていた。
ある日、ハンナは彼女宛てに送られてきたカセットテープを再生し、主がすぐにわかってとても驚いた。
ハンナは熱心に何度もテープを聞き返し、数日後、図書室に行ってテープでマイケルが朗読していた本を借りた。
そして文字を克服するため、独学で勉強を始めた。

4年後の1980年。マイケル37歳、ハンナ57歳。
西ベルリンに住むマイケルの元に、初めてハンナから手紙が届いた。
丁寧な文字で『テープをありがとう、坊や』とだけ書かれていた。
マイケルはそれからも2度、3度と朗読テープを送り、ハンナは文字の勉強を続けるうちに生きる希望が持て始め、時にはマイケルにロマンス小説をリクエストしたり、手紙の返事を求めたりと、着実に成長しつつあった。
一方、マイケルはテープは送り続けても、ハンナに手紙の返事を書くことはできなかった。
今さらどんな言葉を彼女にかければいいのかわからなかったからだ。

それから約3年後、ハンナが投獄されて20年以上が経ったある日、マイケルの元に刑務所から電話があった。
それは、ハンナは釈放されることになったという報告と、彼女には身内がいないため、マイケルが身元引受人になってくれないか、でないと彼女が釈放後に困ることになってしまうというお願いだった。
突然のことにマイケルは困惑し、その場では答えを言わずに電話を切った。

悩んだ末に、マイケルは身元引受人になることにした。
釈放の1週間前、マイケルはハンナに面会に行き、2人は25年ぶりに顔を合わせた。
お互いの顔を見合った時、マイケルは時の流れを再確認した。
25年前、あんなに美しかったハンナは、60歳になった今では髪も灰色で、手のしわも増え始めた初老の女になっていた。


(面会時のハンナ 引用:https://www.pinterest.jp

ハンナは嬉しそうな様子だったが、マイケルは感情を表に出さず、ただ事務的に彼女の仕事と住む場所をもう用意していることを伝えた。
マイケルはハンナに「服役中、火事で亡くなった被害者のことを思い出すことはあった?」と聞くと、ハンナは「いくら思い出したって死者は生き返らないわ」とつまらなそうに答えた。
続けてマイケルが「じゃあ、何か学んだ?」と聞くと、ハンナは「読むことを学んだわ」と答えた。
25年ぶりに会話して、ハンナが昔と変わっていないことを知ったマイケルは何かが吹っ切れたような気がした。
「来週迎えに行く」と言うとすぐに面会を終え、ハンナの前から立ち去った。

釈放の日。マイケルが刑務所に行くと、ハンナは自殺したと看守から聞かされた。
彼女が自殺した部屋にはメモの書置きがあり、その中のマイケルに宛てた部分は『紅茶の缶に貯めたお金を火事で生き残った娘に全額渡してほしい。マイケルによろしく』という一文だけだと知らされた。

その後、マイケルは火事で生き残った女性にハンナの紅茶缶とお金を渡しに行き、ついでに彼女が『非識字者』だったことを伝え、暗に不当な刑罰を受けていたことを知らせた。
彼女は「言い訳や彼女を擁護するような話は聞きたくない」と冷静に答えた後、「お金はいらないけど、紅茶缶だけちょうだい。そのお金はユダヤ人の識字者率を上げる活動をしている団体へ寄付してほしい」とマイケルに頼んだ。

その後、月日は流れて1995年のドイツ ベルリン。
52歳のマイケルは、未だに捨てられずにいる、15歳当時に書き貯めたハンナの詩の数々を見返していた。
ノートにはマイケル自身も呆れるほど沢山の詩が書いてあるが、当時の彼はそれくらいハンナに夢中だったことが改めて思い返された。
ハンナは投獄されて20年以上経った現在も服役中だ。

その後、法廷で仕事終えたマイケルは、誰もいなくなった法廷でハンナに思いを巡らせていると、気付いたら娘と会う約束の時間になっていた。
娘のジュリアはもう大学生で、留学から帰ってきたばかりだ。
マイケルはジュリアと夕食を食べながら、今まで実の娘にすら心を開くことが出来なかった不甲斐なさを謝罪した。

後日、マイケルはジュリアを連れてある教会に来ていた。
そこはハンナのお墓がある場所だった。
マイケルはようやくハンナとの事に決着をつけることができ、ジュリアにハンナとの関係を打ち明けるためにここに来た。
こうしてマイケルはやっと過去を克服することが出来たのだった。

「愛を読むひと」関連商品(楽天)

スポンサーリンク

感想と考察☆

スティーブン・ダルドリー監督は『戦争が次の世代にどんな影響を与えたか』、脚本を手掛けたデヴィッド・ヘアーは『時代の流れが人の思想にどれだけの影響を与えるか』がテーマだっただとインタビューで答えています。
だからこそ、マイケルとハンナの幸せな時間と、その後の暗い状況が交互に描かれていたんですね。
(私の書いたあらすじは、わかりやすくするために時系列順に直してしまいましたが汗)

電車に飛び乗ったマイケルにハンナが怒った理由

マイケルがハンナを驚かせるために終電後の電車に乗った時、ハンナは怒っていました。
あの怒りの理由がいまいち掴めなかったんですが、Kウィンスレットのインタビューに答えが書かれていました。
『秘密を持つ人間はそれを押し隠すために鎧を纏うということ。
怒りもその防御の一つ。
マイケルが勤務中の自分を見ていたと知って怒るのも、防御の表れということなの。愛を読むひと ケイト・ウィンスレットインタビューより抜粋)
だそうです。

マイケルがトラウマを克服するためにハンナに会いたいけれど、やっぱり会えなくて、特に手紙の返事が書けなかったのは共感しまくりでした。
懐かしさとか憎しみとか色んな感情が混ざりあって、頭が真っ白?真っ黒?になっちゃうんですよね。でも前進できてよかったマイケル。

ハンナが何も言わずにいなくなった理由

ハンナは一見自分のことしか考えていないように見えますが、彼女はずっと火事で起きたことの罪の意識を持ち続けていて、自分が幸せになってはいけないと思っていたのかもしれません。
また、ハンナは非識字者であることを周囲に隠していたので、事務職への昇進が決まったときに職を辞めざるを得ない状況になっています。
ハンナは仕事を辞めることの理由をマイケルに言うことが出来なかったことも、何も言わずにいなくなった原因の1つだと思います。

裁判で非識字者だと公表しなかった理由

ハンナが不当な刑罰を受けてまで字が読めないことを隠そうとした理由を考えていたんですが、当時、ジプシー民族はヨーロッパ各地で酷い差別を受けていました。
ジプシーは定住せずヨーロッパ各地で主に男は鋳掛、女は占いで生計を立てていた少数民族です。
そのジプシーの特徴として彼らは文字の文化を持たないため、文盲はジプシーを連想させたそうです。
つまり、ハンナは差別されることを恐れてもいたということです。
それに、彼女が罪の意識を持って生きてきたと考えれば、自分の罪を軽くするような発言をするのが嫌だったのもあるし、公衆の面前で彼女が非識字者だと公にする事もためらわれた、だから抵抗しなかった、と考えたら納得がいきました。

ハンナが自殺した理由

ハンナは戦争の中を生きてきて、恐らくまともに教育を受けずに育っていると思われます。
裁判の時、あまり罪の意識がなさそうに見えたのも学が無かったからで、『言われた通りに仕事をしただけ』と考える一方で、アウシュビッツ刑務所に人を送ることの意味はわかっていたので、心の底ではずっと罪悪感を感じていたはずです。
その後刑務所で勉強して、文字が読めるようになった彼女は自分が看守として行ってきたことの罪の重さをより深く理解したのだと思われます。
収監されていた時のハンナを知っている看守が「今まではきちんとしていたけど、最近は身なりに気を使わなくなった」と発言していました。
これはハンナは鬱状態にあったことを意味しています。
まとめると、刑務所の中で希望を見付け、ようやく自分の人生を歩み始めたハンナは勉強するうちに自分がしてきたことの罪の重さに気付いてしまい再び罪悪感に苛まれ、鬱状態に陥り自殺したという流れになります。
悲しすぎますが、それが当時のハンナが選んだ人生で、彼女にとってベストの選択だったのでしょう。
戦争はそれだけ人生に影響を与えるという事です 。
とにかく色々考えさせられる作品でした!

・参考記事

映画.com:愛を読むひと インタビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました