「マダム・マロリーと魔法のスパイス」ネタバレと感想|邦題でミスリード☆ | 映画鑑賞中。

「マダム・マロリーと魔法のスパイス」ネタバレと感想|邦題でミスリード☆

ヒューマンドラマ(家族)

映画「ショコラ」、「HACHI 約束の犬」などの監督をつとめたラッセ・ハルストレム氏が監督・脚本の心温まるヒューマンドラマ。

インドからフランスへやって来たカダム一家は、ミシュラン一つ星シェフのマダム・マロリーが営むフランス料理店の向かいでインド料理屋を開くことにした。
しかし、カダムの店から流れてくる賑やかなインド音楽と強烈なスパイスの匂いは、静かな雰囲気を守るマダムの店にとっては迷惑極まりないもので、我慢出来なくなったマダムとカダム一家のパパとの争いが始まった。

 

原題:The Hundred-Foot Journey
制作年:2014年
本編時間:130分
制作国:アメリカ
監督:ラッセ・ハルストレム
脚本:ラッセ・ハルストレム
制作:スティーブン・スピルバーグ
原作:小説/リチャード・C・モライス「マダム・マロリーと魔法のスパイス

キャスト&キャラクター紹介

ハッサンマニシュ・ダヤル


(引用:https://www.cinemacafe.net

インド料理屋を営むカダム一家の次男。
生まれつき人並み外れた味覚と嗅覚を持っている天才肌の料理人。
パパとマダムの争いの板挟みになる。

 

マダム・マロリーヘレン・ミレン


(引用:http://eigafree.com

ミシュランの1つ星を持つフランスの老舗レストラン『ル・ソール・プリョルール』のオーナーシェフ。
今年こそはミシュランの2つ星を得ようと模索している。
カダム一家の料理店を見下し、すぐに潰れるだろうと高を括っている。

 

パパオム・プリ


(引用:https://www.disney.co.jp

ハッサンの父親でカダム一家の長。
妻はハッサンが幼いころに亡くなっている。
マダムの向かいの空き店舗をいたく気に入り、そこでお店をすることに決めた。
気の強いマダムと衝突する。

マルグリットシャルロット・ルボン


(引用:https://www.pinterest.jp

マダムの店の見習いシェフ。
ハッサンの料理の才能にいち早く気が付く。

その他のキャスト

マヌサ(ハッサンの兄)…アミット・シャー
マヒラ(ハッサンの姉)…ファザーラ・デュア・エレネ
アイシャ(ハッサンの妹)…アリア・パンディア
町長…ミシェル・ブラン
ジャン=ピエール…クレマン・シボニー
ポール…ヴィンセント・エルバズ
ハッサンのママ…ジューヒー・チャーウラー ほか

スポンサーリンク

あらすじ|起

地元のインド、ムンバイでインド料理店を営んでいたカダム一家は、暴動による火事で母親とお店を失い、新たな安住の住み家を求めて失意の中イギリス ロンドンへ移動した。
だがそこの野菜を気に入らず、一家はロンドンを離れてあてもなく車を走らせて南フランスにたどり着いた。
山道を走っていると車が故障してしまい困っていたところに、偶然通りかかったフランス人女性のマルグリット(シャルロット・ルボン)に助けられ、車を修理に出してその日の宿を見付けることができた。
その日の夜、一家はマルグリットの家で野菜やパン、チーズ、オリーブオイルまで全てが自家製の驚くほど美味しいフランス料理をごちそうになった。


(マルグリットの手料理の数々 引用:https://ameblo.jp

マルグリットの料理でここの食材をとても気に入ったパパ(オム・プリ)は、周辺を歩き回って一軒の空き店舗を見つけた時、ここでインド料理屋を再開して暮らしていくことを決意した。

パパの決意を聞いた次男のハッサン(マニシュ・ダヤル)と兄のマヌサ(アミット・シャー)は大反対した。
なぜなら空き店舗の真向かいには、ミシュラン1つ星の老舗フレンチレストラン『ル・ソール・プリョルール』があったからだ。
そもそもこの空き店舗も元は飲食店だったが、ル・ソール・プリョルールの人気に押されて撤退し、現在に至っているのだった。
ハッサンとマヌサは全力でパパを説得したが、パパの決意は相当固いようで何を言われても動じなかった。
パパがこの空き店舗にたどり着いた時、死んだママから「ここでお店をしなさい」とメッセージが聞こえたからだ。
結局パパは周囲の反対を押し切って空き店舗を購入してしまった。

空き店舗の改装工事が始まった。
ル・ソール・プリョルールの女性オーナーシェフであるマダム・マロリー(ヘレン・ミレン)は、今年こそはミシュランの星を増やそうと模索している最中だったこともあり、最近特にピリピリしていた。
その日も、部下のシェフたちに厳しい料理のダメ出しをするところから仕事が始まる。
そんな中、向かいの空き店舗が次はインド料理屋になると知り、マロリーも他のシェフたちも「エスニックのファストフードなんてすぐに潰れるだろう」と馬鹿にしていた。

その日の午後。ハッサンたちはパパを信じてついて行くしかなくなり、近所の市場に食材を見に来ていた。
そこでハッサンはマグリットを見かけたので声をかけたが、マルグリットは昨日とは違って冷たい態度だった。
この時ハッサンは、彼女がル・ソール・プリョルールで修行中の副シェフだと知った。
さらに、ミシュランの星はフレンチレストランにとっては最も重要で、マロリーもまた星をとるために大変な苦労をしていることや、彼女はシェフを採用するとき経歴などは一切見ず、オムレツを作らせて一口食べるだけで決めることなどをマルグリットから教わった。
フランス料理に興味を持ち始めていたハッサンは、マルグリットに「フランス料理のおすすめの本を教えて欲しい」と頼んだが、「私たちはライバルなのよ」と断られてしまった。

スポンサーリンク

あらすじ|承

カダム家の店の改装工事は順調に進んでいた。
ある日、ハッサンが家に帰ると玄関にフランス料理のレシピ本が何冊か置かれていた。
マグリットが貸してくれたのだ。
それからというもの、昼は改装の手伝い、夜はレシピ本を読みふける日々が続いた。

改装作業がほぼ終わった頃。 マロリーが敵情視察にやってきて、料理道具やインド料理のレシピを一通りバカにした後メニューを持って帰っていった。
パパは激怒し、2人の仲は完全に険悪になった。

お店のオープン初日が数日後に迫った日、パパはハッサンに、ママが生前大切にしていたスパイスラックをプレゼントした。
スパイスの香りをかいで母親を思い出したハッサンは、これからももっと頑張ろうと意気込んだ。

その後、ハッサンとパパは近くの市場に買い出しに行ったが、必要な食材がほとんど全て売り切れていた。
マロリーは持って帰ったメニューを見て、カダム家が使いそうな食材を全て買い占めていたのだ。
パパは怒りに震えながら「戦争開始だ!」と叫んだ。

ハッサンとパパは遠くの市場まで行って何とか食材を手に入れ、てんやわんやになりながらもインディアン・レストラン『メゾン・ムンバイ』をオープンした。
お店が少しでも目立つように、インド音楽のBGMを大音量で流し、入り口にはインドのお城の張りぼてを設置して装飾ランプを光らせると、子どもたちには人気の可愛らしい外観になった。

お店がオープンしてから数十分、お客は一人も来ない。
居ても立っても居られないパパはインドの民族衣装を着て、客引きするため外に出た。
最初はお客さんをかなり強引に店内に連れ込んでいたが、ハッサンの料理は誰もが認めるほど美味しいので、次第に店内はお客さんで埋め尽くされるほどいっぱいになった。

そんなメゾン・ムンバイの様子をマロリーは窓から眺め、苛立っていた。
さらに、大音量のインド音楽がル・ソール・プリョルールの店内まで聞こえてくる。
これではマロリーの店の雰囲気が台無しになり、これではミシュランの調査員が来ても、メゾン・ムンバイが原因で評価を下げられかねない。

翌朝。マロリーは町長の元へ出向き、メゾン・ムンバイの騒音に対する苦情を文章で提出した。
町長は「すぐに潰れていなくなるだろうから放っておけ」と暗に諭すが、マロリーは苦情の紙を置いてその場を立ち去った。

数日後。
ハッサンとマグリットが偶然会った時は、その度に料理の話に花を咲かせていた。
マグリットからフレンチの基本の5つのソースを教えてもらったハッサンは、家に帰るとソースを5種類作り、翌日はマルグリットを待ち構えて味見をしてもらった。
そのソースの味はすべてが絶品だったので、マグリットは驚いた。

ある日、パパは町長から「店で音楽を流すのをやめなければ営業停止命令を出す」と警告された。
マロリーの嫌がらせだと確信したパパが断固拒否すると、町長は、マロリーのレストランは亡くなったマロリーの夫の形見で、守るのに必死なのだと事情を説明した。
自身と境遇が似ていることで少し同情したパパは、音量を下げることを約束した。
その後、パパは以前マロリーから受けた食材買い占めの嫌がらせをしっかりやり返した。

店に戻ったパパは、仕返しのために買い占めたハトを何とかできないかとハッサンに相談した。
ハッサンは呆れて、ハトはインド料理には使えないし、こんなことは良くないとパパを叱った。
パパは全く反省の色を見せなかったが、ハッサンはル・ソール・プリョルールの厨房に行って嫌がらせしたことを謝罪し、レシピ本を見ながら作った伝統的なハトのフランス料理をマロリーにプレゼントした。
厨房に居た全員が注目する中、マロリーはほんの少しだけソースを味見して、残りはゴミ箱へ捨てた。
マロリーの様子を見てスタッフたちは安心したように仕事に戻り、ハッサンは逃げるようにメゾン・ムンバイに帰っていった。

パパとマロリーはその後もお互いの店への嫌がらせや、町長へ苦情の申請を繰り返し、板挟みになる町長はうんざりしていた。
マロリーとパパの不仲は、お互いの店のスタッフたちへも伝染し、お互いの敵対心は徐々に膨れ上がっていった。

スポンサーリンク

あらすじ詳細③転

その日は建国記念日で多くの要人が来店するため、ル・ソール・プリョルールはいつにも増して大忙しだった。
同日の夜。ハッサンはいつもマルグリットと会う川辺で彼女と遭遇し、しばらくすると良い雰囲気になり、2人は初めてキスをした。
ハッサンはマルグリットに好意を寄せていたので大喜びだったが、マルグリットは「あなたは最高のシェフで素敵だけど、お互い忙しいし、こんな関係になるのは難しいわ」と言い、帰ってしまった。

とぼとぼと帰宅したハッサンは、メゾン・ムンバイの入り口に『フランスはフランス人のもの』と落書きされているのを発見し、嫌な予感がして店内を確認した。
すると2人の人影が見え、2人は厨房に向かって燃える酒瓶を投げつけた。
カダム一家総出で消火作業をして火事は厨房だけで消し止めることができたが、ハッサンは手に火傷を負ってしまった。

一部始終を知ったマロリーは、ル・ソール・プリョルールのスタッフ全員を集め、シェフのジャン=ピエールを首にした。
マロリーは犯人に目星がついていたのだ。
ジャン=ピエールはメゾン・ムンバイの悪口をマロリーに褒められたことで勘違いし、マロリーが喜ぶと思って落書きと放火をしてしまったのだった。
翌日。ル・ソール・プリョルールからジャン=ピエールがバイクで去っていくのを見たハッサンは、フランス料理とインドスパイスが融合し、お互いの良さを引き出し合うような料理を作りたいと思い描いた。

その後マロリーは大雨の中、メゾン・ムンバイの落書きを掃除しに行った。
気が付いたパパは「うちの壁は自分で掃除する」と止めたが、マロリーは「あなたの壁じゃない。この町の壁よ。私はこの町の景観を損ねたくないだけよ」と答えて掃除を続けた。
パパは持っていた傘をマロリーに差し出して店内に戻っていった。
その直後、ハッサンがマロリーの元へやってきて、「新作のオムレツを考えたけどヤケドで手が使えないから、代わりに作って試食してほしい」と頼んだ。

(ハッサンの指示通りにオムレツを作るマロリー 引用:https://blog.goo.ne.jp

 ハッサンは卵にインドのスパイスやハーブを入れたスパイスオムレツをマロリーに出した。
オムレツを一口食べたマロリーは「ハトの時からわかってたけど、合格よ」と笑うのだった。

フランス料理を本気で学びたくなっていたハッサンは「ル・ソール・プリョルールで働きたい」とパパに打ち明けた。
パパは当初は怒り狂ったが、最後はマロリーとハッサンの熱意に負けたのと、亡き妻から「許してあげなさい」と声が聞こえたので、ハッサンがル・ソール・プリョルールで働くことを渋々認めた。

ハッサンはマルグリットの所へ行き、マロリーのテストに合格してル・ソール・プリョルールで働くことを報告すると、マルグリットは「私からオムレツのことを聞いて、計画してやったの?」と不機嫌そうに聞いた。
マルグリットはハッサンの才能に嫉妬していたのだ。
ハッサンは「祝福してもらえると思ったのに」とつぶやき、帰っていった。

次の日から、ハッサンはル・ソール・プリョルールに住み込みで働くことになった。
マルグリットには理解してもらえないまま、ハッサンとマルグリットはライバル関係になっていた。
ハッサンは驚くべきはやさで腕を上げていき、今では大臣が来店する際のメイン・メニューを任されるほどになった。
大臣が来店した日、ハッサンはフレンチとインドスパイスが融合した新しいフランス料理をお客に提供し、お客たちから賞賛の嵐を受けた。
その客の中にはミシュランの調査員もいたが、そのことには誰も気が付かなかった。
この頃から、マロリーはハッサンの様子をパパに報告するうちに、徐々に2人の関係は良くなっていった。


(ハッサンが表紙に映る雑誌をパパに見せるマロリー 引用:https://www.francetoday.com

スポンサーリンク

あらすじ詳細④結

その日はミシュランの星が発表される日だった。
ル・ソール・プリョルールにいるマロリーのそばにはパパがいて、星が増えた時のお祝い用に用意した高級シャンパンを眺めている。
不安そうにミシュランからの報告を待つマロリーに、パパは居ても立っても居られなくなり、シャンパンを開けようとした。
パパを止めようとしたマロリーに、パパは「ミシュランの星がなんだ!スターはあなただ!」と叫んだ。
その直後、電話の音が鳴った。
電話はミシュランからで、ル・ソール・プリョルールに2つ星を付けるという報告だった。
このことはすぐにル・ソール・プリョルールのスタッフやカダム一家に伝わり、皆で抱き合って大喜びした。
ハッサンが作ったフランスとインドの融合した新しい料理が公に認められたのだ。

その後、ハッサンは世界的に有名なフランス料理店にスカウトされて、ル・ソール・プリョルールから去ることになった。
ハッサンが行ったレストランは、料理の味や調理法を化学的・物理的に研究してレシピを考案し、お客に提供するという分子料理のお店だった。
ハッサンはそこでインドスパイスの調合により磨きをかけ、たった1年で雑誌の表紙を飾るほどの有名シェフへと成長した。


(分子料理に取り組むハッサン 引用:https://www.dcoutlook.com

カダム一家やマロリーたちは、ハッサンの成長を雑誌やテレビで見ながらいつも見守り、応援していた。
一方ハッサンは有名人になり、外を歩けば道行く人から写真撮影を求められたり、服や持ち物も高級品に変わったが、いつもどこか虚しさを感じるようになったが、それがなぜなのかはハッサン自身にもわからなかった。
徐々にストレスを抱え込み、仕事中にまでお酒を飲むようになっていた。
そしてある晩、ハッサンはお店の厨房で同僚のインド人シェフの妻の手作り弁当を食べさせてもらった時、その味に懐かしさを感じて涙が止まらなくなった。
ハッサンは家族や人間の温かみに飢えていたのだ。

その店のミシュランの星が発表される日、ハッサンはメゾン・ムンバイに向かっていた。
町に着くと、ハッサンは一番にマルグリットを訪ね、2人は抱き合って再会を喜んだ。
その後2人はル・ソール・プリョルールの厨房を借り、ハッサンがまだ子どもだった頃に母親に教えてもらったウニ料理を一緒に作った。
ハッサンとマルグリットはすっかり仲直りして、その日2人は恋人同士になった。

「マロリーと魔法のスパイス」の画像検索結果"
(仲直りしたハッサンとマルグリット 引用:https://japaneseclass.jp

夜になると、ハッサンはル・ソール・プリョルールにカダム一家と町長を招待して、レストランを退職したことを打ち明けた。
そして、ミシュランの3つ星はここで、マルグリット、マロリー、カダム一家たちと一緒に目指したいと宣言し、その場にいた全員がハッサンの言葉に賛成した。

その後、ル・ソール・プリョルールの厨房で作った料理をメゾン・ムンバイに運び、皆でハッサンのお帰りパーティーを開催した。
こうして対立していたフランス料理屋とインド料理屋は一致団結し、ハッサンの願いは叶った。

 

「マダム・マロリーと魔法のスパイス」関連商品(楽天)

感想*


(引用:http://cinelog.hatenablog.com

ヘレン・ミレン主役かと思いきや、主人公はインド人の青年ハッサンでした(笑)
スパイスを使っていたのもハッサンだったので、邦題はなんか違う気がしますね(笑)
ハッサンを演じたマニシュ・ダヤルは、アメリカの有名な情報サイトTC Cadler主催の『世界で最も美しい顔100人 2014』(The M ost Beautiful Faces of 2014)の男性版で26位に選ばれた超イケメンのようです。
ちなみに同年の27位はヒュー・ジャックマンでした。
こういうのって100人選ぶだけまだならわかるんですが、美意識なんて人それぞれなのにランキング形式にする意味が良くわかりませんよね。

Mダヤルはスピルバーグがスカウトしたんだそうで、元々ドラマのわき役などがメインだった彼の初主演作です。
私が最近チラ見している海外医療ドラマの『レジデント 型破りな天才研修医』にもレギュラーメンバーで出演されています。

ほっこりする内容で面白かったですし、最初は性格悪い女まる出しのマロリーが、だんだんパパに心を開いていく感じや、フランス、インドも食文化の歴史が長く決まりごとも多いので、反発し合う両店がハッサンを通して徐々に仲良しになっていく過程が面白かったです。
バトルも面白かったので、もう少しバトっていて欲しいとも思いましたが(笑)

出てくる料理も一皿一皿美しくて、もっと料理に関するシーンが見たかったなとも感じました。
ハッサンの母親がウニのスープを作っていましたが、インドでもウニってポピュラーな食材なんですかね?
と思って調べてみたら、インド料理にウニを使うことはあまり無いようでした。
ハッサンはウニのような個性の強い食材の良さも理解できる ということが描きたかったんでしょうか( ?´_ゝ`)

とにかく、家族や恋人と楽しく見られる素敵な映画です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました