『ターミネーター4』ネタバレ解説|タイムスリップしない編 | 映画鑑賞中。

『ターミネーター4』ネタバレ解説|タイムスリップしない編

SF

映画『ターミネーター4』のネタバレと解説・考察をしています!

審判の日を迎えてから十数年後の2018年、人類抹殺をもくろむAI スカイネットvs人類の戦争は佳境を迎えていた。
ジョン・コナー殺害に失敗してきたスカイネットは、今度の標的を将来ジョンの父親となる人物カイル・リースに定めていた。

原題:TERMINSTOR SALVATION
制作年:2009年
本編時間:114分
制作国:アメリカ
監督:マックG
脚本:ジョン・D・ブランケート、マイケル・フェリス、デヴィッド・キャンベル・ウィルソン
原作:ジェームズ・キャメロン監督「ターミネーター」シリーズ

キャスト&キャラクター紹介


(出典:https://robot.watch.impress.co.jp

ジョン・コナークリスチャン・ベイル
人類とマシンの戦争において人類を勝利に導くとされる運命の男。
『審判の日』を生き延びて人類抵抗軍の部隊長になっている。
戦争が佳境を迎える中、ジョンの『運命』の噂は上層部にも届いて多方面から期待されている。

どこかで生きている仲間たちのために、暇さえあれば短波ラジオで励ましの言葉やターミネーターの倒し方を語り掛けている。

 


(出典:https://robot.watch.impress.co.jp

マーカス・ライトサム・ワーシントン
実の兄と警察官を殺した罪で投獄されていた死刑囚。
2003年に『サイバーダイン社献体同意書』にサインした。
刑執行で薬殺された後、サイバーダイン社にて蘇生されて『RIP(Resistance Infiltrator Prototype=抵抗軍潜入型プロトタイプ)』というマシンに改造された。
死刑執行前の記憶が曖昧なため、目覚めてからしばらくは自身がマシンであることに気づかない。
外見、性格、脳、内臓は元のままで、骨格を全て金属に組み替えられて後頭部に情報発信用のチップが埋め込まれている。
心臓と回復能力の強化、神経組織は人間とマシンのハイブリッド。

刑執行&改造からジョンの部隊がスカイネット基地に侵入するまでの15年間眠らされていて、基地が破壊された時に目覚めた。

 


(出典:https://robot.watch.impress.co.jp

カイル・リースアントン・イェルチェン
数年後にジョン自身が過去のサラ・コナー(ジョンの母親)の元へタイムスリップさせて、サラとの恋を経てジョンの父親となる青年。
2018年現在は10代後半で、ロサンゼルスの廃ビルに拠点を置いてスターと共に生活している。

 


(引用:https://renote.jp

スタージェイダグレイス・ベリー
カイルと行動を共にしている口のきけない少女。
人並み以上に直感と聴力と空気を読む能力に優れ、必要な時はジェスチャーで会話する。
マシンの敵の接近をカイルやマーカスよりも早く察知する。

 


(引用:https://renote.jp

セレーナ博士ヘレナ・ボナム・カーター
獄中のマーカスにサイバーダイン社の献体になることを頼みこみ、キスと引き換えにサインさせた謎の科学者。
彼女が熱心に献体を頼んだのはなぜなのか語られない。
末期癌におかされていて、マーカスの死刑執行後まもなく死亡している。

 

ケイト・コナー(ジョンの妻)…ブライス・ダラス・ハワード
ブレア・ウィリアムズ(ジョンの部下)…ムーン・ブラッドグッド
アシュダウン将軍…マイケル・アイアンサイド
ロシェンコ将軍…イヴァン・グヴェラ
バーンズ(ジョンの部下)…コモン
バージニア(カイルとスターに食べ物を分けた初老の婦人)…ジェーン・アレクサンダー
サラ・コナー(音声のみの出演)…リンダ・ハミルトン
T-800の身体…ローランド・キッキンガー ほか

〈楽天TV〉で映画『ターミネーター4』が見られます!月額利用料無料、単品レンタル可能です。

≪U-NEXT≫で『ターミネーター4』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※こちらのページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

あらすじ紹介

あらすじ起:

スカイネットと人類の戦争が始まってから14年後の2018年。
運命の男ジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)は抵抗軍の一員となり、日々スカイネットと格闘しています。
また、ジョンの妻ケイトはジョンの子どもを妊娠しています。

ある時、ジョンはスカイネットの基地に侵入してデータを強奪した際、スカイネットが人間を捕獲してヒト細胞の生成実験をしていることや、T-800の開発に取り組んでいることを知りました。

T-800は『ターミネーター』でサラを殺そうとし、『ターミネーター2』でジョンを守ろうとした型のマシンです。

また、この時にジョンが破壊した基地で15年間眠らされ続けていたマーカス・ライト(サム・ワーシントン)が目を覚ましました。

マーカスが生きた時代は戦争が始まる前です。
マーカスは街の荒廃ぶりに困惑しながらLAにたどり着き、カイル・リース少年(アントン・イェルチェン)と不思議な女の子スターに出会いました。

あらすじ承:

その頃、人類抵抗軍の本部は『スカイネットがマシン同士の交信に使用している短波シグナル』の解析に成功し、4日後に敵の本拠地に総攻撃を仕掛ける計画を立てていました。

ジョンはこの攻撃の最大の要となる『マシンの動きを制御する短波シグナルのテスト(どのシグナルでマシンが動かなくなるかを戦地にいるマシンで試すテスト)』を自ら引き受けました。

この時、ジョンはスカイネットの『暗殺リスト』の優先順位のトップにカイル・リースがあがっていることを知りました。

その後、人間捕獲用のターミネーター(ハーヴェスター)にカイルとスターが捕まりました。
取り残されたマーカスはジョンの部下ブレアと出会い、ジョンと会わせてもらえることになりました。

マーカスはジョンの基地に入る直前に地雷を踏んだことで、自分自身がターミネーターに改造されていることを知ります。

マーカスはジョンたちに敵とみなされて基地に監禁されてしまいました。
マーカスはジョンが現れると、カイルがスカイネットに捕まったことを伝えて助けたいと志願しますが、ジョンは警戒して監禁したままにしました。


(対峙するジョンとマーカス 引用:https://renote.jp

その後、ジョンは実験の末にマシンが動かなくなるシグナルを発見しました。
ジョンが抵抗軍司令部に成功報告をすると、司令部はスカイネット攻撃を明日に決定しますが、現在スカイネットに捕らえられている人々は救出しないとジョンに告げました。

それはカイルを殺すことになってしまうためジョンは激しく抗議しますが、司令部はジョンの言い分を無視し、さらに降格処分を言い渡しました。

その日の夜、マーカスはブレアに助けられて脱走します。
逃げる途中でジョンに見つかりますが、マーカスは「カイルの詳細な居場所がわかったらすぐに教える」と約束して見逃してもらい、スカイネットの本拠地があるサンフランシスコへ向かいました。

あらすじ転

抵抗軍司令部はスカイネットへの攻撃を明日の午前4時に決定しました。
ジョンはカイルを救い出す時間を得るために、短波ラジオで世界中の仲間に呼びかけます。
その直後、ジョンは1人でカイルを助けに行くとケイトだけに伝えて基地を後にしました。

同じ頃。スカイネット中枢にたどり着いたマーカスは、見張りのマシンに襲われることもなく侵入しました。
マーカスはスカイネットのコンピューターにアクセスして北ゲートの監視を解除し、ジョンにカイルの居場所を送信しました。
そして、マーカスが眠っていた15年間の出来事を調べ、自分自身が処刑された後のことや核戦争の経緯などを知った直後、スカイネットに気絶させらてしまいます。

診察台の上で目覚めたマーカスの前にスカイネットのプログラムが現れました。
スカイネットはマーカスに「お前はプログラム通りに仕事を果たしてくれた」と言います。
マーカスにプログラムされていた仕事とは、ジョンをスカイネットにおびき寄せることでした。

また、スカイネットはジョンが発見した『マシンの動きを制御する短波シグナル』が、スカイネットが抵抗軍本部の居場所を突き止めるために仕掛けた罠だったことも喋りました。
人類抵抗軍本部は、ジョンの助言が正しかったことを知ると同時に爆破されてしまいました。

マーカスは後頭部に埋め込まれていたICチップを破壊して、ジョンとカイルを助けに向かいました。

あらすじ結:


(ジョンの前に現れたT-800 引用:https://renote.jp

マーカスの情報を元にスカイネット中枢内に侵入したジョンは捕まっていた人々を解放し、カイルとスターに出会いました。

その時、ジョンたちの前にスカイネットが投入したT-800が現れてジョンとカイルに襲いかかります。

ジョンはカイルとスターを逃がし、ターミネーター製造工場にあった大量の核電池を爆破させることを思きます。
駆け付けてくれたマーカスにT-800と戦って時間稼ぎを命じ、ジョンは爆破の準備を始めます。
ジョンの準備が出来た直後、マーカスは心臓を狙われて倒れてしまいました。

T-800に襲われたジョンは、この時に顔と手足を負傷しました。

この時ジョンが負った顔の傷は『ターミネーター2』に登場した大人のジョンの顔にあった傷跡と一致します。

ピンチに陥ったジョンは必死でマーカスを蘇生させますが、この時に胸を刺されてしまいました。

生き返ったマーカスはT-800の首をへし折ると、ジョンを抱えて工場から出て救助ヘリで飛び立ちました。

この直後にジョンの核電池爆弾が発動してスカイネットを大爆破しますが、スカイネットは弱りはしたものの滅びはしませんでした。

その後、ジョンは基地に戻って治療を受けますが、心臓は衰弱していつ死んでもおかしくない状況になりました。
ジョンはカイルに抵抗軍の制服とサラ・コナーの写真をプレゼントして、あとは成り行きに身を任せようとしていた時、マーカスは自分の心臓をジョンに提供すると告げました。

マーカスはブレアと最初で最後のキスをすると、皆に惜しまれながらこの世を去りました。
マーカスの強化心臓を移植したジョンは、スカイネットを滅ぼすために進み続けます。

解説、考察や感想など

シリーズの中でも大人のジョンはクリスチャン・ベイルが1番良かったです。

主に見ていて気になった点や、前作との関連性について解説していきます。

セリフやオマージュについて

本作に登場する、以前の作品のオマージュのシーンやセリフを紹介します。

・T-600が骸骨を踏む

人間を探し歩いていたマーカスが初めて人間らしき影をみかけ、声をかけた相手はスカイネットの殺人マシンT-600でした。
T-600はマーカスを見定めると銃を撃ちながら近づいて行き、その途中で頭骸骨を踏みつけます。
これはT2の冒頭シーンに登場する未来の戦争の場面で、骨格だけのターミネーターが人間の頭蓋骨を踏むシーンのオマージュです。

 

Come with me if you wanna live.」(生きたければついて来い)

どの作品にも必ず登場する有名なセリフです。
本作ではT-600に襲われたマーカスをカイルが助けた時に使われています。

元ネタ(?)は『ターミネーター』でカイルがサラに初めてかけた言葉です。

 

・マーカスがカイルにマジックを教える

マーカスは、カイルに突きつけられたショットガンを簡単に奪ってカイルに向けました。
その日の夜、マーカスはカイルに銃に紐をくくり付けて持ち歩くことをマジックだと言って教えます。

銃に紐をつけて持ち歩くのは、T1でカイルがパトカーからライフルを盗んだ後、持ち手を切り落として短くし、紐をくくり付けて肩から掛けるシーンに繋がっています。

・マーカスがトラックのフロントガラスを割る

マーカスがカイルとスターを連れてマシンから逃げていた時、ひび割れて視界が悪くなったフロントガラスを突き破ります。

これはT2でジョンを殺そうとするT-1000がトラックでジョンを追いかけた際に、ボロボロになったフロントガラスを割って視界を確保するシーンのオマージュです。

 

I’ll be back.(すぐ戻る)」

カイルを救出するために単独でスカイネットに乗り込むことにしたジョンは、部下たちに内緒で出発します。
出発直前、妻のケイトが「部下たちになんて説明すればいい?」と聞いたとき、ジョンはこのセリフを答えています。

こちらもターミネーターシリーズでは有名な決め台詞で、元はT2でジョンがT800に教えた表現です。

 

・モトターミネーターを捕まえる時の音楽

ジョンはスカイネットに行くためにラジカセで音楽を流してバイク型のモトターミネーターをおびき寄せて捕まえて、人間が乗れるように改造しました。

マシンをおびき寄せるために流していた曲は、T2でジョンが友達とショッピングセンターに向かう途中に聴いていた曲Guns N’Rosesの『You Could Be Mine』です。

 

・ジョンとT-800の戦闘シーン

T-800に追われたジョンはT-800に冷気のガスを浴びせ、凍らせて動きを止めます。
これはT2でT-800がT-1000を停止さめるために使った方法と同じです。

 

・ジョンの顔に傷がつく

ジョンは凍っていくT-800が伸ばした手に顔をかぐられて傷を負います。
これはT2の冒頭シーンに登場する、大人ジョンの顔の傷に繋がっています。

 

There is no fate but what we make for ourselves.(運命は自分で作る)」

こちらもシリーズの中で毎回出てくるフレーズです。
本作では本編の一番最後にジョンがこの言葉を語っています。

T1でカイルがサラに教え、サラがジョンに教え、ジョンがカイルに教えたというパラドックスを含むフレーズです。

 

シュワちゃんが酷評?

%e3%82%b3%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%bc%ef%bc%93
(引用:https://red-sun.jp

本作はアーノルド・シュワルツェネッガーはCG処理での登場のみで、シリーズで唯一ちゃんとは出演していない作品です。
この作品を、シュワちゃん本人は「頑張って作ったんだろうとは思うけど、面白くない」と酷評したそうです。

この評価の背景には、シュワ氏の家族が本作を「歴代最高傑作」と高評価したことにシュワ氏が嫉妬したからだとされていて、後に謝罪しています。
個人的には嫉妬するシュワ氏可愛いですが、こういう時も著名人は発言ひとつで大騒ぎされてしまうので大変ですね。

以上です。他にも気が付いたことがあれば随時追加します!
この記事が気に入ったらハートマークを押してもらえると嬉しいです(^^)

映画『ターミネーター4』関連商品を楽天で検索する

・関連記事
次作↓


前作↓


・参考サイト様一覧

・Robot Watch:映画「ターミネーター4」レビュー

・TERMINATOR MANIA:ターミネーターに関する武器

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました