映画「パフューム ある人殺しの物語」あらすじ結末ネタバレ・感想 | 映画鑑賞中。

映画「パフューム ある人殺しの物語」ネタバレと感想|愛情を知らない匂いフェチ君のお話

ダークファンタジー

ヨーロッパの人気小説を映画化した作品。
18世紀パリ。悪臭漂う魚市場で生まれた男の子ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は天性の嗅覚の持ち主だった。
愛を知らず、「匂い」だけが友達で育ったグルヌイユはある日、究極の香りと出会う。それは『若い女性の体臭』だった。
その香りを保存する方法を知るために、グルヌイユは香水店で働き始める。

「ラン・ローラ・ラン」「クラウド・アトラス」のトム・ティクヴァ監督作品。

 

原題:PERFUME: THE STORY OF A MURDERER
制作年:2006年
本編時間:147分
制作国:ドイツ・フランス・スペイン
監督:トム・ティクヴァ
脚本:トム・ティクヴァ、アンドリュー・バーキンほか
原作:小説/パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語

キャスト&キャラクター紹介

ジャン=バティスト・グルヌイユベン・ウィショー


(引用:https://note.com

天生の嗅覚を持つ青年。
悪臭漂うパリの魚市場で産み落とされた後 母親に放置され、孤児院で育った。
幼少時代からあらゆる『匂い』に夢中で他人を一切寄せ付けず、15歳まで必要最低限の言葉以外は発したことがなかった。
理想の香水を作るために何人もの若い女性に手をかけ、をにおいの元を精製していく。

 

ジュゼッペ・バルディーニダスティン・ホフマン


(引用:http://dramovanimation.blog.fc2.com
グルヌイユが弟子入りした老舗香水店の香水師。
かつては繫盛していたが、現在は新しい店に人気を奪われて開店休業状態が続いている。
グルヌイユの才能を見込んで弟子に迎え入れた。

 

ローラ・リシレイチェル・ハード=ウッド


(引用:https://eiga.com

グレースという町に住む貴族リシ氏の1人娘。
グルヌイユが匂いで一目ぼれした町一番の美人で、彼のターゲットとなる。

 

リシアラン・リックマン


(引用:https://www.amazon.co.jp

ローラの父親で街一番の商人。 母親はローラが幼い頃に他界している。
ローラのためならどんな苦労もいとわない。

その他のキャスト

柑橘売りの娘…カロリーネ・ヘルフルト
マダム・アルニュルフィ(グルヌイユの師匠)…コリンナ・ハルフォーフ
ドリュオー(マダム・アルニュルフィの夫)…ポール・ベルロンド
ナレーション…ジョン・ハート  ほか

スポンサーリンク

あらすじ:起

舞台は18世紀のフランス。
この時代は町のどこもかしこも悪臭がひどく、中でもパリは特にひどかった。
その中でもさらにひどかった場所、パリの魚市場でジャン=バティスト・グルヌイユは1738年7月17日に産まれた。

グルヌイユの母親は魚市場で働く女性だった。
彼女は屋台のすぐ裏、大量の魚の死体と内臓の上で彼を産み落とし、そのまま放置した。
今までも彼女は何人かの子どもを産んだが、どの子も死産か生きて出てきてもすぐ死んでしまったので、その子もすぐに死ぬと思って放置したのだ。
だがグルヌイユは違った。大声で産声を上げたのだ。
村の人々はすぐに赤ちゃんの泣き声に気づき、母親は子殺しの罪で絞首刑となった。
グルヌイユは生まれてすぐに孤児になり、裁判所の命令でマダム・ガイヤールの育児所に引き取られた。

ガイヤールは子どもが好きで育児所経営をしているのではなく、全ては金のためだった。
13歳以下の孤児を引き取って育てると、政府から援助金がもらえるのだ。
援助金は孤児1人ずつに出るため、育児所はいつも子どもたちであふれていた。
お金はガイヤールがほとんど自分のものにしてしまうため、子どもたちは必要最低限の暮らしを強いられた。

数年後。グルヌイユは5歳になってもまだ喋れなかったが、その才能は徐々に目覚め始めていた。
彼は人よりも嗅覚がずば抜けて鋭かったのだ。
それは神が与えたギフトと言えるほどの感覚だった。
他の子どもたちはグルヌイユが異質な存在であると感じ、誰も近づかなかった。

やがてグルヌイユは少年になり人並みに話せるようにもなったが、彼は変わらず嗅覚がもたらす感情の虜で、それは彼の知っている言葉では表現できなかった。
13歳になると、グルヌイユからお金が取れなくなったガイヤールは、皮なめし屋の親方にグルヌイユを売ることにした。
親方にグルヌイユを引き渡したその帰り、ガイヤールは町のチンピラに襲われ、金を奪われて殺された。

皮なめしの仕事は毎日15~16時間は働かされるとても過酷なものだったが、グルヌイユの身体はとても丈夫だったようで、次々に過労で倒れていく若者たちを尻目に毎日無心で働いた。
グルヌイユはここに来てから彼のまだ知らない様々な香りがあることを知り、いつか理想の香りに出会えることを夢見ていた。
仕事に慣れてくると、グルヌイユは品物を届ける仕事を任されるようになった。
街に行けば様々なにおいをかぐことが出来るので、グルヌイユは内心大喜びだった。

初めて街を歩いた日、グルヌイユは初めてのにおいを沢山感じ、街にあふれる何万種類という香りを一つずつ嗅ぎ分けていった。
親方が品物の買い手と話している間、グルヌイユはある香水店の香りに心惹かれた。
それはその店の新作香水『愛と精霊』の香りだった。
その時ふと、グルヌイユは香水とは別のとても魅力的なにおいを感じ取った。
それは、その時たまたま近くを歩いていた柑橘売りの娘(カロリーネ・ヘルフルト)のにおいだった。
グルヌイユは我を忘れて娘を追いかけ、娘の作業場までやって来た。
彼につけられていたことに気づい娘は驚いて悲鳴をあげ、同時に人の気配がしたのでびっくりしたグルヌイユは慌てて娘の口をふさいで人が去るのを待ったが、その間に娘は窒息して死んでしまっていた。


(娘の口を押えて隠れるグルヌイユ 引用:https://www.cinemacafe.net

グルヌイユは動揺したが、その後も娘の服を脱がせ、夢中でその肌のにおいを嗅ぎ続けた。
それは彼にとって何とも言えない至高で甘美なにおいだった。
だが死体のそばに長居はできず、グルヌイユは名残惜しみながら店に戻り、怒った親方に殴られた。

その日の夜。グルヌイユは、崇高な若い娘の香りを保存する方法を学ぶために生まれてきたのだと確信した。

スポンサーリンク

あらすじ:承

パリに香水店を出して30年になるジュゼッペ・バルディーニ(ダスティン・ホフマン)は、若いころは素晴らしい香水を世に出して財を築いたが、中高年に突入した現在では時代に取り残され、店はいつも閑古鳥が鳴いていた。
バルディーニには今、街で大流行している他店の香水『愛と精霊』に似たものを作ってほしいと伯爵から依頼が入っていた。
こんな仕事は屈辱的だが、バルディーニは『愛と精霊』を超える作品を伯爵様へ送ってやろうと意気込み、お店を店番のシェニエに任せて店の奥にある自宅兼仕事部屋にこもった。
地震も無いのに時たまガタガタと揺れる家だったが、そんなことは誰も気にしていなかった。
バルディーニは引き出しから『愛と精霊』を取り出して香りの成分をかぎ分けようとするが、細かいところがわからず苦戦していた。


(香水を調合するバルディーニ 引用:https://www.cinemacafe.net
その日の夜になると、バルディーニの家にグルヌイユが商品を届けにやって来た。
香水が作りたかったグルヌイユは『愛と精霊』の香りがバルディーニからしたので、倉庫にあった多くの香油とアルコールを使って、その場で『愛と精霊』を見事に調合して見せ、バルディーニに弟子入りさせてほしいと頼んだ。
グルヌイユは「俺ならもっといい香水を作れます!」と必死で売り込んだが、バルディーニは弟子を取る気があまりなかった。
グルヌイユは最後の一押しでもうひとつ香水をその場で調合してバルディーニに渡して帰った。
その後、グルヌイユの香水を試したバルディーニは、その香りの華やかさに心を奪われた。

翌日。バルディーニは「グルヌイユを引き取りたい」と申し出て大金を出し、親方は大喜びで売買に応じた。
その後、皮なめし屋の親方は海辺で足を滑らせてコンクリートに頭を打ち、そのまま海に落ちて死んだ。

数か月後。バルディーニの店はふたたび人気を取り戻し、それはかつての賑わいを凌ぐほどだった。
グルヌイユが知りたいのは『匂いを永遠に保存する方法』だと聞いたバルディーニは、ある伝説をグルヌイユに話して聞かせた。

かつてエジプトで1つの香水瓶が発掘された。
それは作られてから何千年も経っているはずなのに、瓶の蓋を開けると古さを全く感じさせない、楽園に居るのかと錯覚するような香りが辺り一面に漂ったそうだ。
その後、香りの成分が調べられて香水を構成している13種類の香油の中の12種類は判明したが、最後の1種類だけが今だにわかっていないという。
目を輝かせるグルヌイユを見て、バルディーニはこの話は「あくまでもおとぎ話だ」と念を押した。

ある日の夜明け前。グルヌイユは柑橘売りの娘のにおいを嗅いだ夜のことを夢に見た。
目が覚めたグルヌイユは「香水をいくらでも作るから、香りを保存する方法を教えて欲しい」とバルディーニに頼んだ。
後日、バルディーニはグルヌイユに、道具を使ってバラの香りを抽出する方法を教えた。
それはバラを煮て、出た蒸留水を集める『蒸留法』というやり方だった。


(バルディーニから蒸留法を教わるグルヌイユ 引用:http://cindy–mejia.blogspot.com

グルヌイユは蒸留法で様々な香りを抽出してみたが、ガラスや銅、生き物の香りは抽出出来なかった。
生き物は実際に猫を殺して試したのだ。
猫を殺してまで実験したことに驚いたバルディーニは「ガラスや生き物の香りは抽出できない!」と怒って告げると、グルヌイユはショックで気絶した。

その後、グルヌイユは原因不明の病気にかかり、新作の香水を作れなくなったバルディーニは困り果てていた。
病気の床でグルヌイユは、またあの柑橘娘の夢で目を覚ました。
「蒸留する以外に香りを抽出する方法はありますか?」と聞くグルヌイユに、バルディーニは「『香りの集まる町』と呼ばれるグレースに行けば教えてもらえるだろう」と答えるとグルヌイユは元気を取り戻し、病気は1週間で完治した。

スポンサーリンク

グレースで働くには『香水調合師の職人証明書』が必要だった。
バルディーニはグルヌイユに「100種類の香水の処方を書き残したら証明書を書いてやる」と約束した。
グルヌイユはたった数日で新作の香水の処方100種類を書いてバルディーニに渡した。

グルヌイユがバルディーニの元から旅立った日、バルディーニは幸せな気持ちで眠りについた。
これだけ香水の処方があれば、もう香水作りで苦労することもお金に困ることもない。
安心感に包まれてバルディーニは眠りにつき、再び目覚めることはなかった。
バルディーニが眠った後、時々きしむ音を上げていた自宅がついに崩壊してしまったのだ。

グレースへ一歩ずつ近づくほど、グルヌイユの幸福感は増した。
最短距離の険しい道を進んでいると、グルヌイユは岩に囲まれた小さな洞窟の中で、香りの全くない場所を見つけた。
グルヌイユはそこで初めて自分の居場所を見つけたように感じ、生まれて初めてリラックスする感覚を覚えた。
グルヌイユはこの洞窟をとても気に入り、何日かここで過ごすことにした。
そして何日かのつもりが何か月になり、洞窟で過ごすうちにグレースのことを忘れてしまった。
だがある日、またあの柑橘娘の夢を見た。
今までの夢では娘は死んでいたが、今回娘は生きていた。
娘は後ろから近づくグルヌイユの気配を感じて振り返るが、娘には彼のことが見えていなかった。


(人の気配を感じて振り返る柑橘娘 引用:https://plaza.rakuten.co.jp
目が覚めたグルヌイユは急いで自分の匂いを確かめたが、自分自身の体臭を感じることができず、このとき初めて自分に体臭が無いことを知った。
香りが何よりも大切なグルヌイユにとって、それは自分の存在が無いようなものだった。
その後、グルヌイユはグレースに行こうとしていたことを思い出し、決意を新たに旅を再開した。
自分の存在が無ではないこと、自分が特別な存在だと世に知らしめるために。

スポンサーリンク

あらすじ:転

グルヌイユはようやく舗装された道に出ることができ、そこで同時に女性の香しい匂いを感じて振り返った。
通りの向こうから一台の馬車がやって来て、中には美しい赤毛の女性が乗っていた。
グルヌイユは我を忘れて馬車を追いかけ、いつの間にかグレースの町にたどり着いていた。

グルヌイユはそのまま大きな屋敷の前にたどり着き、彼女の名前がローラ・リシ(レイチェル・ハード=ウッド)ということや、家族は商人の父親・リシ氏(アラン・リックマン)だけで、母親はすでに亡くなっていることを知った。

グルヌイユはグレースでの修行も完璧にこなし、指導者のマダム・アルニュルフィ(コリンナ・ハルフォーフ)から一目置かれていた。
一方で、彼女の夫のドリュオー(ポール・ベルロンド)は、ほとんど喋らず人と関わりを持とうとしないグルヌイユを内心気味悪がっていた。

そこでグルヌイユは、香りを抽出する方法として『冷浸法』を学んだ。
冷浸法は、まず香りを抽出したい対象物を煮込んでから動物の脂を塗り、匂いを脂に染みわたらせるために温める。
次に、対象物を脂ごと冷却装置に入れて冷やして脂ににおいをとどまらせ、その後 脂をこし取ってからアルコールを加えるという方法だ。
その冷却装置は人間が1人や2人は丸ごと入るほどの大きな円筒型の装置だった。

ある夜。ついにグルヌイユは人間で香油を作れるか実験をするようになった。
1人目は同じ香水調合の修行にきていた若い女性を殺し、服も着せたまま冷却装置に入れてみたが、香りは抽出できなかった。

次は娼婦を一晩買った。
この時は殺すつもりはなく、彼女の腕に脂を塗って香りが移るかどうか試そうとしただけだったが、娼婦は脂をそぎ取るためのナイフを見て怯えて暴れたため、殺してしまった。
グルヌイユは娼婦の髪をそり落として全身を脂で包み、脂をこそぎ取った後は全裸の死体をそのまま宿に放置して帰宅した。
犯行を目撃したのは彼女が飼っていた犬だけだった。
帰宅後、グルヌイユは娼婦から抽出した香油を小瓶に入れた。

[ad]
翌日。娼婦の死体が宿から運び出された。
グルヌイユは死体が運ばれていくのを眺めていた娼婦のペットの犬の近くで彼女の香油を手にたらすと、犬は匂いを嗅ぎつけて嬉しそうに傍に寄ってきた。
ついにグルヌイユは人間の香りの抽出に成功したのだ。
自宅に戻ると、グルヌイユは13種類の香油が入る香油ケースに娼婦の香油を入れて嬉しそうに眺めた。
その後、グルヌイユは残り12人分の香油を集めるため、次々に若い女性に手をかけた。


(女性から香油を作る様子 引用:http://mingshiyang.blog.fc2.com

グルヌイユが最近熱心に何かしているのを怪しんでいた師匠のマダム・アルニュルフィの夫ドリュオーは、彼が何をしているのか気になって一度探ろうとした。
その時、グルヌイユはとっさに貴族の少女から作った香油を使って何とかドリュオーを追い払った。
人間からできた香油を嗅いだ人は、無意識に香油の元となった人の位にふさわしい態度を取ってしまう効果があったのだ。

その頃。町では3人の若い女性が殺されたことで緊急会議が開かれ、若い女性への外出禁止令が検討されていた。
「仕事がまわらなくなる」と反対派が多い中、リシ氏は娘が心配で外出禁止を強く願い出た。
当初は反対派が多くリシ氏の意見は通らなかったが、被害者が4人5人と増えていくと、町はついに外出禁止令を出さざるをえなくなった。

グルヌイユはそんな中でも動じることなく隙あらば若い女性に手をかけ続け、順調に美女の香油は集められていき、その数はとうとう12種類になった。
グルヌイユは最後の1人は絶対にローラだと決めていた。

スポンサーリンク

あらすじ:結

グルヌイユの連続殺人で町は大混乱に陥っていた。
住民同士が疑心暗鬼になり、警察も神経質になり、少しでも怪しい男は全員投獄された。

ある日、ついに『犯人が捕まった』という報告がグレース中に伝わって住民たちは安堵したが、その男はグルヌイユではなかった。
これ以上の混乱を避けるため、警察が投獄した男の1人を犯人に仕立て上げ、無理やり事件を終わらせたのだ。
これに気づいたリシ氏は捜査を続けるよう求めたが、「もう事件は解決した」と言って警察は動かなかった。
真犯人が美しいローラを狙わないわけがない。そう考えたリシ氏は、しばらくローラと一緒にグレースから離れた場所に身を隠すことにした。

ローラとリシ氏がグレースから旅立った朝。グルヌイユはローラが居なくなったことを匂いで感じ取り、匂いを頼りにローラの乗る馬車を追いかけていった。

グルヌイユがいなくなった後、彼の作業場の地面から殺された若い女性たちの衣類と大量の髪の毛が見つかった。
警察はグルヌイユが真犯人だと確信して、彼の居場所を探し始めた。

ローラとリシ氏は海沿いの民宿へ到着し、明日の朝に近くの孤島にある僧院に身を隠す予定だった。

スポンサーリンク

翌朝。リシ氏がローラの部屋を開けると、ベッドの上でローラは全裸に丸坊主の姿で遺体となって発見された。
グルヌイユは民宿から少し離れた野外で13人の若い女性の香油で作った香水を完成させた直後、警察に捕まった。
グルヌイユは牢の中で隠し持っていた香水を体に塗ると同時に、看守たちのグルヌイユを見る目が犯罪者を見る目から高貴な人を見る目に変わった。
処刑場の周りには連続殺人犯を見ようと大勢の人が集まる中、貴族の服を身にまとったグルヌイユが処刑場に現れた。
彼が馬車から降りて香水の匂いが広がった瞬間、観衆たちの表情が喜びに満ちた表情に変わっていく。
グルヌイユが処刑場に立った時、処刑人は目出し帽を脱ぎ捨てて「彼は無罪だ!」と叫んだ。
グルヌイユは香水を染みこませたハンカチを大きく何度か振ると、香りが瞬く間に辺りに広がっていき、匂いを嗅いだ観衆は歓喜の叫び声を上げた。


(ハンカチを手放すグルヌイユと、香りに喚起する観衆 引用:https://tsutaya.tsite.jp

その香りは高みで見物していた司教にまで届き、司教は「彼は人間ではない!天使だ!」と叫んだ。
やがて香水をかいだ人たちは次々に服を脱ぎ捨てて、近くにいる人と見境なく愛し合い始めた。
そんな中、唯一正気を保ち続けていたリシ氏はグルヌイユを処刑しようと近づくが、強い香水の匂いを嗅いだ瞬間、リシ氏はひざまずいて「我が息子よ!」と叫び涙を流した。
リシ氏に抱きしめられたグルヌイユは、自分が欲しかったものは手に入らないことに気が付いて絶望し、観衆をかき分けて処刑場から立ち去った。
グルヌイユが立ち去ったことに気付いた者はいなかった。
グルヌイユが求めていたのは愛情で、誰かを愛し、愛されることだったが、この香水にもグルヌイユ自身にもその能力はなかったのだ。

香水の効果が消えた処刑場では、人々は徐々に我に返り、いそいそと服を着た。
人々が香りに魅了されていた間の記憶はなく、観衆たちはこの件を黒歴史として封じ、後にこの時の事を語る者はいなかった。

翌日。連続殺人事件の再調査が行われ、ドリュオーが逮捕された。
ドリュオーは長時間にわたる拷問で罪を無理やり認めさせられて絞首刑となり、この事件は解決となった。

その頃、グルヌイユは生まれ故郷パリへ向かっていた。
彼が望めば香水の力で世界をも手に入れられただろうが、人間というものに嫌気がさし、何もする気が起きなかった。
グルヌイユが生まれたパリの魚市場へと戻ってきた1766年6月25日の夜、浮浪者が集っているのを見たグルヌイユは、彼らのすぐそばで残りの香水をすべて頭からかぶった。
においに気付いた浮浪者たちは振り返り、歓喜の表情でグルヌイユの元に集まった。
香水の威力が強すぎて、その陶酔は次第に『彼をとり込みたい』という欲望へ変わり、あっという間にグルヌイユは浮浪者たちに食べつくされて跡形もなくなってしまった。
グルヌイユを食べ終えた浮浪者たちは幸福感に満たされながらその場から立ち去った。

翌朝。いつも通りの魚市場のにぎわいの中、落ちていたグルヌイユの服は子どもたちが持ち去った。
傍らに残された香水瓶から最後の一滴が地面に落ちた。

スポンサーリンク

感想~


(引用:http://wap.filmz.ru

匂いフェチの変態な僕のお話でした。
中間が若干長く感じたけど、最後は意外とあっけなかったです。
完成した香水がどんな匂いなのかめちゃくちゃ気になりますね。

元々はフランスの人気小説が原作だったことを観た後に知って話しの流れに納得しました。
性的趣向な殺人のやつかなーと思っていたのですが、見ていくと全然違って、愛を知らない男の子が愛を求めて旅をする的な作品でした。

気に入った女性を追いかける姿はただのストーカーだったけど、女性のそばに立つ姿は母親を求める子供のようで怖くなくて、その辺でベン・ウィショーの演技力の高さが際立っていたように感じました。
誰からも愛されず、愛することもできず、物事の良し悪しの区別もできない子どものまま育ってしまったんですね。

ホフマンさんの白塗りの顔、可愛かったですww
リックマンさんをハリポタ以外で久しぶりに見ましたが、もう彼の新作が見れないと思うと残念です。

「パフューム ある人殺しの物語」関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました