映画「パフューム ある人殺しの物語」ネタバレと感想|愛情を知らない匂いフェチ君のお話 | 映画鑑賞中。

映画「パフューム ある人殺しの物語」ネタバレと感想|愛情を知らない匂いフェチ君のお話

ダークファンタジー

映画『パフューム ある人殺しの物語』のあらすじを紹介しています!

ヨーロッパの人気小説を映画化した作品。
18世紀パリの悪臭漂う魚市場で生まれた男の子ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は天性の嗅覚の持ち主だった。
愛を知らず嗅覚だけを友に育ったグルヌイユはある日、究極の香りと出会う。それは『若い女性の体臭』だった。
その香りを保存する方法を知るために、グルヌイユは香水店で働き始める。

 

原題:PERFUME: THE STORY OF A MURDERER
制作年:2006年
本編時間:147分
制作国:ドイツ・フランス・スペイン
監督:トム・ティクヴァ
脚本:トム・ティクヴァ、アンドリュー・バーキンほか
原作:小説/パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語

 

キャスト&キャラクター紹介

 


(引用:https://note.com

ジャン=バティスト・グルヌイユベン・ウィショー

犬も驚く程の鋭い嗅覚を持つ青年。
産まれてすぐに母親が死に、孤児院で育った。
幼少時代からあらゆる『匂い』に夢中で他人を一切寄せ付けず、15歳まで必要最低限の言葉以外は発したことがなかった。
何人もの若い女性に手をかけては、夢中で『理想の香水作り』に取り組む。

 


(引用:https://www.imdb.com

ジュゼッペ・バルディーニダスティン・ホフマン

グルヌイユが弟子入りした老舗香水店の香水師。
かつては繫盛していたが、現在は新しい店に人気を奪われて開店休業状態が続いている。
グルヌイユの才能を見込んで弟子に迎え入れた。

 


(引用:https://eiga.com

ローラ・リシレイチェル・ハード=ウッド

グレースに暮らす貴族リシ氏の1人娘。
グルヌイユが匂いで一目ぼれした町一番の美人。

 


(引用:https://www.amazon.co.jp

アントワーヌ・リシアラン・リックマン

ローラの父親。町一番の商人であり権力者。
母親はローラが幼い頃に他界している。
殺人鬼がローラを狙っていることを察し、一刻も早い犯人逮捕を警察に求める。

 

その他のキャスト

ナレーション…ジョン・ハート
柑橘売りの娘…カロリーネ・ヘルフルト
マダム・アルニュルフィ(グルヌイユの師匠)…コリンナ・ハルフォーフ
ドリュオー(マダム・アルニュルフィの夫)…ポール・ベルロンド
マダム・ガイヤール…シアン・トーマス
グリマル(皮なめし屋の親方)…サム・ダグラス
ナタリー(犬の飼い主)…ジェシカ・シュヴァルツ
シェニエ…ティモシー・デイヴィス
グルヌイユの母親…ビルギット・ミニヒマイアー
バルディーニの妻…ドラ・ロマーノ
司教…デヴィッド・コールダー
町長…サイモン・チャンドラー ほか

スポンサーリンク

あらすじ:起

舞台は18世紀のフランス。
この時代は町のどこもかしこも悪臭がひどく、中でもパリは特にひどかった。
その中でもさらにひどかった場所、パリの魚市場でジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は1738年7月17日に産まれた。

グルヌイユの母親(ビルギット・ミニヒマイアー)は魚市場で働く女性だった。
彼女は屋台のすぐ裏にある大量の魚の死体と内臓の上でグルヌイユを産み落とし、そのまま放置した。
今までも何人か子どもを産んだが、どの子も死産か、すぐ死んでしまったからだ。
だが、グルヌイユは大声で産声を上げた。
村の人々はすぐに赤ちゃんの泣き声に気づき、母親は子殺しの罪で逮捕されて絞首刑になった。
孤児になったグルヌイユは、裁判所の命令でマダム・ガイヤール(シアン・トーマス)の育児所に引き取られた。

ガイヤールは子ども好きで育児所経営をしているのではなかった。
13歳以下の孤児を引き取って育てると、政府から援助金がもらえるからだ。
援助金は孤児1人ずつに支払われるため、育児所はいつも子ども達であふれていた。
お金はガイヤールがほとんど独り占めしていたため、子どもたちは必要最低限の暮らしを強いられた。

数年後。グルヌイユは5歳になってもまだ喋れなかったが、その才能は目覚め始めていた。
彼は人よりも嗅覚がずば抜けて鋭く、それは神が与えたギフトと言えるほどの感覚だった。
他の子どもたちはグルヌイユを異質な存在と感じ、誰も近づかなかった。


(幼い頃のグルヌイユ 引用:https://www.psychologytoday.com

やがてグルヌイユは少年になり人並みに話せるようになったが、相変わらず嗅覚がもたらす感情の虜で、それは彼が習得した言葉では表現できなかった。
※13歳になり、グルヌイユからお金が取れなくなったガイヤールは、皮なめし屋の親方グリマル(サム・ダグラス)に彼を売ることにした。
※援助金支給の対象が13歳以下だった。

親方にグルヌイユを売った直後、ガイヤールはチンピラに襲われ、金を奪われて殺された。

スポンサーリンク

皮なめしの仕事は毎日15~16時間は働かされるとても過酷なものだったが、グルヌイユの身体はとても丈夫で、次々に過労で倒れていく若者たちを尻目に毎日無心で働いた。
グルヌイユは育児所を出てから、彼のまだ知らない様々な香りがあることを知り、いつか理想の香りに出会えることを夢見ていた。

慣れてくると、グルヌイユは品物を届ける仕事を任されるようになった。
町に行けば様々なにおいをかぐことが出来るので、内心大喜びだった。


(人気の香水店を眺めるグルヌイユ 引用:https://www.medialifecrisis.com

初めて商店街を歩いた日、グルヌイユはそこに溢れる何万種類という初めての香りをひとつずつ嗅ぎ分けていった。
グリマルがバイヤーと話している間、グルヌイユはある香水店の香りに心惹かれた。
それは、その店の新作香水愛と精霊の香りだった。
その時ふと、香水とは別の、とても魅力的なにおいを感じた。
それは、その時たまたま近くを歩いていた柑橘売りの娘(カロリーネ・ヘルフルト)のにおいだった。

グルヌイユは我を忘れて娘を追いかけ、娘の作業場までついて行った。
つけられたことに気づいた娘が悲鳴をあげたと同時に人が来る気配がしたので、慌てて娘の口をふさいで人が居なくなるのを待ったが、その間に娘は窒息して死んでいた。


(娘の口を押えて隠れるグルヌイユ 引用:https://www.cinemacafe.net

だがグルヌイユは人を殺したことよりも、娘の体臭に夢中だった。
死んだ娘の服を脱がせ、夢中でにおいを嗅ぎ続けた。
それは彼にとって、至高で甘美な香りだった。
死体のそばに長居はできず、後ろ髪を引かれる思いで店に戻ったグルヌイユは怒ったグリマルに殴られた。

その日の夜。グルヌイユは、崇高な若い娘の香りを保存する方法を学ぶために自分は生まれてきたのだと確信した。

スポンサーリンク

あらすじ:承


(香水店を営むバルディーニ 引用:https://www.imdb.com

パリで香水店を営んで30年になるジュゼッペ・バルディーニ(ダスティン・ホフマン)は、若い頃は素晴らしい香水を世に出して知名度と財を築いたが、中高年に突入した現在では時代に取り残され、店はいつも閑古鳥が鳴いていた。
現在は、常連の貴族からの注文で何とか食いつないでいた。

現在バルディーニには『愛と精霊に似たものを作ってほしい』と伯爵から嫌味のような依頼が入っていた。
屈辱的だが、バルディーニは『愛と精霊』を超える香水を作ってやろうと意気込み、お店を店番のシェニエ(ティモシー・デイヴィス)に任せて、店の隣りに建てた自宅兼仕事部屋にこもる日々が続いていた。
地震も無いのに時たまガタガタと揺れる家だったが、そんなことは誰も気にしていなかった。
引き出しから『愛と精霊』を取り出して香りの成分をかぎ分けようとするが、細かい配合や成分がわからず苦戦していた。


(香水を調合するバルディーニ 引用:https://www.cinemacafe.net

その日の夜、バルディーニの家にグルヌイユが商品を届けにやって来た。
『愛と精霊』の香りがバルディーニから香ったので、グルヌイユは倉庫にあった香油とアルコールを使い、香りの記憶だけで『愛と精霊』を調合して見せて、「弟子入りさせてほしい」と頼んだ。
「俺ならもっといい香水が作れる!」と必死で売り込んだが、バルディーニは弟子を取る気がなかった。
グルヌイユは最後の一押しで、もうひとつ香水を即興で調合して帰った。
その後、グルヌイユの香水を試したバルディーニは、その香りの華やかさに心を奪われた。


(グルヌイユの香水で、花園で美女にキスされたような気分になったバルディーニ 引用:https://www.medialifecrisis.com

翌日。バルディーニは親方からグルヌイユを高値で買い取りたいと申し出て、親方は大喜びで応じた。
その後、親方は海辺で足を滑らせてコンクリートに頭を打ち、そのまま海に落ちて死んだ。

数か月後。バルディーニの店はグルヌイユのおかげで、かつての賑わいを凌ぐほどの人気店になった。
グルヌイユに『匂いを永遠に保存する方法』が知りたいと言われたバルディーニは、ある伝説話して聞かせた。

かつてエジプトで1つの香水瓶が発掘された。
それは作られてから何千年も経っているはずなのに、瓶の蓋を開けると古さを全く感じさせない、楽園に居るのかと錯覚するような香りが辺り一面に漂ったそうだ。
その後、香りの成分が調べられ、香水を構成している13種類の香油の中の12種類は判明したが、最後の1種類だけが今だにわかっていないという。
目を輝かせるグルヌイユを見て、バルディーニは「あくまでもおとぎ話だ」と念を押した。


(バルディーニから蒸留法を教わるグルヌイユ 引用:http://cindy–mejia.blogspot.com

ある日の夜明け前。グルヌイユは柑橘売りの娘を嗅いだ時のことを夢に見た。
目が覚めると「香水をいくらでも作るから、香りを保存する方法を教えて欲しい」とバルディーニに頼んだ。
後日、バルディーニはグルヌイユに、道具を使ってバラの香りを抽出する方法を教えた。
それは薔薇を煮て、蒸留水を集める『蒸留法』という方法だった。

それからグルヌイユは様々な香りを抽出してみたが、ガラスや銅、生き物の香りが抽出出来ないことがわかるとショックで倒れ、原因不明の病気になった。
新作の香水を作れなくなったバルディーニは困り果てた。
グルヌイユは熱にうなされながら、またあの柑橘娘の夢で目を覚ました。
「蒸留法以外に香りを抽出する方法はありますか?」と聞くグルヌイユに、バルディーニは「『香りの集まる町』と呼ばれるグレースに行けば教えてもらえるだろう」と答えるとグルヌイユは生きる気力を取り戻し、病気は1週間で完治した。


(グルヌイユにグレースの話をするバルディーニ 引用:https://perfumethestoryofamurderer.weebly.com

グレースで働くには『香水調合師の職人証明書』が必要だった。
バルディーニは「100種類の新作の香水のレシピを書き残したら証明書を書いてやる」と約束すると、グルヌイユはものの数日で100種類のレシピを書きあげた。

グルヌイユがグレースに旅立った日、バルディーニは幸せな気持ちでベッドに入った。
これだけ新作のストックがあれば、もう香水作りに苦労する必要もお金に困ることもない。
その後、元々建付けが悪かった自宅がついに崩壊し、バルディーニは押しつぶされて死んだ。

グレースへ一歩ずつ近づくほど、グルヌイユの幸福感は増していった。
最短距離の険しい道を進んでいると、岩に囲まれた小さな洞窟の中で、においが全くない場所を見つけた。
グルヌイユはそこで『自分の居場所』を見つけたように感じ、生まれて初めてリラックスする感覚を覚えた。


(洞穴を見付けたグルヌイユ 引用:https://www.medialifecrisis.com

この洞窟がとても気に入ったので、何日かここで過ごすことにした。
そして『何日か』のつもりが『何か月』になり、グルヌイユは洞窟で暮らすうちに旅の目的を忘れてしまった。
だがある日、またあの柑橘娘の夢を見た。
今までの夢では娘は死んでいたが、今回娘は生きていた。
娘は後ろから近づく気配を感じて振り返るが、彼女にはグルヌイユが見えていなかった。


(人の気配を感じて振り返る柑橘娘 引用:https://plaza.rakuten.co.jp

目が覚めたグルヌイユは生きていることを確認しようと周囲のにおいを嗅いだが、何もにおいがしなかった。
このときグルヌイユは自分に体臭が無いことを知った。
『におい』が何よりも重要なグルヌイユにとって、自分自身には価値が無いようなものだった。
その後、グルヌイユはグレースに行こうとしていたことを思い出し、自分の価値を確かめるために旅を再開した。

スポンサーリンク

あらすじ:転


(ローラとグルヌイユ 引用:https://images6.fanpop.com

グルヌイユがやっとのことで舗装された道に出ると、華やかな香りを感じて振り返った。
香りの主は、馬車に揺られる美しい赤毛の美女だった。
グルヌイユは我を忘れて馬車を追いかけて、いつの間にかグレースにたどり着いていた。

グルヌイユは彼女が住んでいる大きな屋敷にたどり着き、彼女はローラ・リシ(レイチェル・ハード=ウッド)という名前で、商人の父親アントワーヌ・リシ(アラン・リックマン)と2人暮らしだと知った。

その後、グルヌイユはグレースでの修行も完璧にこなし、指導者のマダム・アルニュルフィ(コリンナ・ハルフォーフ)も一目置いていた。
一方で、アルニュルフィの夫ドリュオー(ポール・ベルロンド)は、無口で人と関わろうとしないグルヌイユを内心気味悪がっていた。

グルヌイユは『冷浸法』という香りの抽出法を学んだ。
冷浸法は、まず香りの元となる物を煮込んで動物の脂を塗り、匂いを脂に染みわたらせる。
次に、香りの元を脂ごと冷却装置に入れて脂に香りを閉じ込めて、脂をこし取ってからアルコールを加えるという方法だった。
マダムの冷却装置は人間が1人や2人は丸ごと入るほどの大きな円筒型の装置だった。

スポンサーリンク

しばらくすると、グルヌイユは人間で香油を作れるか実験をするようになった。
1人目は修行仲間の若い女性で、服を着せたまま冷却装置に入れてみたが、香りは抽出できなかった。

次はナタリー(ジェシカ・シュヴァルツ)という犬好きの娼婦を一晩買った。
この日グルヌイユは彼女を殺す気はなく、腕に脂を塗って香りが移るかどうか実験したいだけだったが、脂をこそぐためのナイフを見るとナタリーが騒いだため、結局殺してしまった。
せっかくなので、全裸にして彼女の髪を剃って全身を脂で包み、数時間待ってから脂をこそいだ後、全裸の死体をそのまま宿に放置して帰宅した。
犯行を目撃していたのはナタリーが飼っていた犬だけだった。
帰宅後、グルヌイユは抽出した香油を小瓶に入れた。


(グルヌイユとナタリーとペットの犬 引用:http://perfumeshrine.blogspot.com

翌日。ナタリーの遺体が宿から運び出された。
グルヌイユは犬の近くでナタリーから出来た香油を手にたらすと、犬は匂いを嗅ぎつけて嬉しそうに傍に寄ってきた。
これが人間の香りの抽出に成功したことを証明した瞬間だった。

自宅に戻ると、グルヌイユは13個の香油が入るケースにナタリーの香油を入れた。
その後、グルヌイユは残り12人分の香油を集めるため、次々に若い女性に手をかけた。


(女性の香油を作るグルヌイユ 引用:http://mingshiyang.blog.fc2.com

アルニュルフィの夫ドリュオーは、グルヌイユが最近熱心に何かしているのが気になって探りを入れようとした。
怪しまれたグルヌイユがとっさに貴族の女性から作った香油を使ってドリュオーを作業場から追い出して事なきを得た。
『人間の香油』は、嗅いだ人間を惑わす効果があったのだ。

その頃。町では若い女性が立て続けに殺されたことで緊急会議が開かれ、若い女性への外出禁止令が出された。

禁止令が出た後も、グルヌイユは隙をついて美女を殺し、とうとう香油は12人分になった。
最後の13人目は絶対にローラだと決めていた。

スポンサーリンク

あらすじ:結


(香油瓶を眺めるグルヌイユ 引用:https://www.pinterest.jp

グルヌイユの連続殺人で町は大混乱に陥っていた。
住民同士が疑心暗鬼になり、警察も犯人逮捕を急ぐあまり、少しでも怪しい男は全員投獄したが、グルヌイユは上手く警察の目から逃れていた。

ある日『犯人を捕まえた』と警察から報告があり住民たちは安堵したが、捕まったのはグルヌイユではなかった。
警察は捕まえた男の1人を犯人に仕立て上げて、無理やりにでも事件を終わらせて町民を安心させようとしていたのだ。
捕まった男が真犯人ではないと気づいたリシは捜査を続けるよう求めたが、「もう事件は解決した」と警察は動かなかった。
美女ばかり狙う犯人が、ローラを狙わないわけがない』と考えたリシは、しばらくローラと一緒にグレースから遠く離れた場所に身を隠すことにした。


(グレースから離れるローラとリシ 引用:https://www.medialifecrisis.com

2人がグレースから離れた朝。グルヌイユはローラが居なくなったことを匂いで察し、ローラの残り香を頼りに急いで行方を追った。

香水製作所からグルヌイユがいなくなった後、作業場の地面から殺された女性たちの衣類と大量の髪の毛が見つかった。
警察はグルヌイユが真犯人だと確信し、グルヌイユを探し始めた。

スポンサーリンク

ローラとリシは海沿いの民宿に到着し、明日の朝、近くの孤島にある僧院に身を隠す予定だった。
翌朝、リシがローラの部屋を開けると、グルヌイユの犠牲になったローラの遺体が発見された。
グルヌイユは民宿から少し離れた場所で13人の女性の香油で作った香水を完成させた直後、警察に捕まった。


(逮捕されたグルヌイユ 引用:https://images.fanpop.com

グルヌイユは連続殺人の罪で死刑が決まった。
牢屋に入れられた後、グルヌイユが隠し持っていた香水を体に塗ると、看守たちは彼を高貴な人間のように扱った。

処刑当日。処刑場には連続殺人犯を見ようと大勢が集まる中、貴族の衣装を身にまとったグルヌイユが現れた。
彼が馬車から降りて香水の匂いが広がった瞬間、町民たちの罵声が歓声に変わった。
グルヌイユが処刑台に立つと、処刑人は目出し帽を脱ぎ捨てて「彼は無罪だ!」と叫んだ。
香水を染みこませたハンカチを振ると、香りが瞬く間に周辺に広がり、匂いを嗅いだ町民は歓喜の叫び声を上げた。


(ハンカチを振るグルヌイユと、歓喜する町民 引用:https://tsutaya.tsite.jp

その香りが司教に届くと、司教は「彼は人間ではない!天使だ!」と叫んだ。
やがて香水を嗅いだ人たちは次々に服を脱ぎ捨てて、そばにいる人が誰だろうと、見境いなくセックスし始めた。
そんな中、憎しみだけで唯一正気を保っていたリシは、グルヌイユを処刑しようと近づいた。
だが、グルヌイユがまとう強い匂いを嗅いだ瞬間、リシは「我が息子よ!」と叫び涙を流した。(ローラの香油の影響)

リシに抱きしめられたグルヌイユは何かを悟り、観衆をかき分けて処刑場から立ち去った。
全員が香りに惑わされていて、グルヌイユが消えたことに気付いた者はいなかった。


(グルヌイユを抱きしめるリシ 引用:https://hu.pinterest.com

グルヌイユはリシに抱きしめられた時、自分自身が求めていたのは『誰かを愛し、愛されること』だと気付いたが、同時に、この香水にもグルヌイユ自身にもその能力は無いと悟ったのだ。

香水の効果が薄れると人々は次々に我に返り、いそいそと服を着た。
人々が香りに魅了されていた間の記憶はなく、町民たちはこの件を黒歴史として封じ、後にこの時の事を語る者はいなかった。

翌日。連続殺人事件の再調査が行われてドリュオーが逮捕された。
ドリュオーは長時間にわたる拷問で罪を無理やり認めさせられて絞首刑となり、事件は終わった。

その頃、グルヌイユは生まれ故郷パリへ向かっていた。
彼が望めば香水の力で世界も手に入れられたはずだが、グルヌイユは人間というものに嫌気がさし、無気力になっていた。
パリの魚市場にと戻ったグルヌイユは1766年6月25日の夜、浮浪者が集まる場所のすぐそばで残りの香水をすべて頭からかぶった。


(香水をかぶるグルヌイユ 引用:https://www.nbcnews.com

香りに気付いた浮浪者たちは歓喜の表情でグルヌイユに集まった。
香水の威力が強すぎて、その陶酔は『とり込みたい』という欲望へ変わり、グルヌイユは浮浪者たちにあっという間に食べつくされて跡形もなくなった。
グルヌイユを食べ終えた浮浪者たちは幸福感に満たされながらその場から立ち去り、香水の効果が切れると何を食べたのか忘れてしまった。

翌朝。いつも通りの魚市場のにぎわいの中、落ちていたグルヌイユの服は子どもたちが持ち去った。
傍らに残された香水瓶から最後の一滴が地面に落ちた。

スポンサーリンク

感想~


(引用:http://wap.filmz.ru

匂いフェチの変態な僕のお話でした。
中間が若干長く感じたけど、最後は意外とあっけなかったです。
完成した香水がどんな匂いなのかめちゃくちゃ気になります。

元々はフランスの人気小説が原作だったことを観た後に知って、話しの流れに納得しました。
性的趣向な殺人のやつかなーと思っていたのですが全然違っていて、愛を知らない男の子が愛を求めて旅をする的なお話でした。

気に入った女性を追いかける姿はただのストーカーだったけど、女性のそばに立つ姿は母親を求める子供のようで怖くなくて、ベン・ウィショーの演技力の高さが際立っていたように感じました。
誰からも愛されず、愛することもできず、物事の良し悪しの区別もできない子どものまま育ってしまったんですね。

Dホフマンさんの白塗りの顔、意外と可愛かったですww
Aリックマンさんをハリポタ以外で久しぶりに見ましたが、もう彼の新作が見れないと思うと残念です。

「パフューム ある人殺しの物語」関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました