「ブラック・ハッカー」ネタバレ解説|コードとネバダの目的など考察 | 映画鑑賞中。

「ブラック・ハッカー」ネタバレ解説|コードとネバダの目的など考察

スポンサーリンク
スリラー

映画『ブラック・ハッカー』について感想を交えながら解説・考察しています!

人気若手女優・ジルのファンブログを運営している青年ニックが、突然現れた謎のハッカーに翻弄されて次々に危険な行為をさせられていく。
映像が全てPC内かビデオカメラによる映像になっている新しい手法の作品。

原題:OPEN WINDOWS
制作年:2014年
本編時間:100分
制作国:アメリカ
監督・脚本:ナチョ・ビガロンド
制作総指揮:イライジャ・ウッド 他6名
スポンサーリンク

主要キャスト紹介

©2013 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

ニック・チェンバースイライジャ・ウッド
人気女優・ジルの追っかけをしている青年で、彼女のファンブログを運営している。
ジルに独占インタビューが出来るという企画に当選し、ジルが居るオースティンにやって来たが、突然現れたハッカーにより犯罪に巻き込まれる。

 

©2013 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

ジル・ゴダードサーシャ・グレイ

ニックが大好きな人気若手女優。
出演している新作映画の試写会のためオースティンを訪れている。
若手俳優の恋人がいながら、ボディガードの男と浮気している。

 

©2013 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

コードニール・マスケル
ニックを犯罪に巻き込んだ謎のハッカー。
テレビ局HPの運営責任者を装ってニックにコンタクトを取ると、ニックを巧みに誘導して犯罪の片棒を担がせようとする。

その他のキャスト
ピエール(トリオップス)…アダム・クインテロ
トニー(ジルの浮気相手)…アイヴァン・ゴンザレス
デイブ(ジルの彼氏)…ハイメ・オリアス
キャロル(ジルの友人)…レイチェル・アリエフ
トリオップス…ダニエル・ペリッツ・プラダ、ジェイク・クランバーグ
新作映画の監督…ナチョ・ビガロンド ほか

 

あらすじ紹介(ネタバレなし)

人気若手女優・ジル(サーシャ・グレイ)の熱烈なファンのニック(イライジャ・ウッド)はブログコンテストという企画に応募&当選して、はるばるロサンゼルスからオースティンにあるホテルの部屋に来ています。

その企画は、ジルが出席する新作映画の試写会に参加して、彼女に独占インタビュー出来るというもので、ニックはその時まで待機している状態でした。

ニックがワクワクしながら試写会のネットライブ映像を見ていると、PC画面上に見知らぬ相手から着信がありました。
ブログコンテストの関係者かもしれないと思って電話を取ると、男はテレビ局のHP運営者のコードと名乗り「企画が中止になった」と言います。

ニックが落ち込んでいると、コードはニックのPCを経由して、試写会会場にある監視カメラをハッキングしてジルの谷間を見せたり、ジルのスマホをハッキングしてみせたりしました。
そして「企画が中止になったのはジルのわがままのせいだ」と言います。


(ジルのスマホのハッキング映像を見るニック 引用:https://www.cinemacafe.net

やがて試写会が終わると、ジルは試写会後に控えていた重役とのパーティーをすっぽかして、浮気相手のボディガード トニーと会うためにタクシーに乗りました。

コードのハッキングで電話の内容も聞いたニックは、ジルが今向かっているという待ち合わせ場所が、ニックがいるこのホテルだとわかりました。

慌てふためくニックにコードは冷静に指示を出し、部屋の窓から別の部屋に向けてカメラを設置させました。
どうやらコードはニックに、ジルとトニーの部屋の様子を盗撮させたいようです。

ニックは怖くなって拒否しますが、コードは「君はジルのわがままに振り回されたんだから、君にも楽しむ権利があると思うが、嫌なら好きにしろ」と言って通話を切りました。

ニックが迷っている間に、カメラが撮す部屋にトニーとジルが現れます。
ニックは罪悪感を感じながらもジルとトニーの様子を盗撮し、会話の一部始終を盗聴してしまいました。

2人の会話の内容から、どうやらジルは今の彼氏(若手俳優)と別れてトニーとちゃんとお付き合いしたいようですが、トニーは「まだ時期じゃない」とジルを治めているようです。

やがてジルは怒って部屋から出ていきました。
その直後、盗撮していることがトニーにバレてしまいます。
トニーは受付でニックがいる部屋のカギをもらい、ニックの部屋に近づいてきました。

ニックはベッド下に隠れてやり過ごそうとしますが、コードに「言うことを聞かないと盗撮の罪を全て君に着せる」と脅されて、トニーをスタンガンで気絶させ、猿ぐつわをかませて拘束しました。

その後、ニックはコードの指示でホテルから抜け出し、次は車を運転するよう命令されます。

・主題歌 :『Ghost Rider』Alan Vega

・挿入曲: 『Bombeando en Masaryk』Silverio

 

解説・考察や感想など※ネタバレありき

まず冒頭、約4分にも渡って流されるジルの新作映画がつまらなすぎて見るのやめようかと思ったので、最初の数分は飛ばし見をお勧めします(笑)
そして、後半ごちゃごちゃしてよくわからなくなったので整理していきます。

コードの目的は何だったのか

ニックを脅迫して操る謎の男コードですが、彼はジルと一緒に過ごすための秘密の地下室をあらかじめ用意していました。
なので、コードもニック同様ジルのファンで、最終的にジルを監禁して一緒に生活する計画でも立てていたのではないでしょうか。(きもい)

ジルを監視・誘拐するには彼女の行動を把握する必要があり、そのためにコードはハッキング界の神様と言われるネバダの機材を利用しようと考えました。
そして完全犯罪にするために、警察に捧げる偽の犯人としてニックが選ばれたのです。
そういうことだと思います。。

ネバダはいつから変装してた?

ネバダが正体をコードに明かした時「ニックはホテルに向かっている途中で眠らせてトランクに入れた」と発言しています。
つまり、ニックは物語の冒頭から既にネバダだったんですね。
怪盗キッド並みに変装が上手なようです。

そうなると、コードがネバダの仕事場に侵入して機材と一緒に爆死させていた男は必然的にネバダではなかったことになりますが、誰だったのかはわかりません。

スポンサーリンク

ネバダの目的は何だったっけ?

ピエール(ネバダ信者のハッカー3人組の1人)の説明では、『ネバダはハッカーの間では神様的な存在で、高度なハッキングと変装技術を駆使して世界中で事件を起こし、警察や世間の人々が騒ぐのを楽しむ愉快犯』でした。

そして、コードはそんなネバダの基地?仕事場?に忍び込み、ハッキング機材を勝手に使用していました。
ここ、あまりにも簡単に侵入されててちょっと笑っちゃいましたw

コードが自分の機材を勝手に使っていると知ったネバダは、コードを成敗するために彼の素性を調べてジル監禁計画を知り、罠にはめて最終的に殺すつもりでニックに成りすましました。

というかニックに化けてたネバダが使ってたノートPC、ハイスペックすぎて欲しいw
あんなに同時に色んな作業してるのに全然落ちたり固まったりしなくて、本当に羨ましいですw

ジルはなぜ消えたがった?


(引用:https://eiga.com

ラストで、ジルはネバダの正体を黙っておく見返りに、このまま世間的に死んだままにしておいてほしいと望みます。
恐らくジルは新しい身分を手に入れて人生をやり直すつもりだと思うのですが、ジルがなぜ世間から姿を消したいと思ったのか考察します。

ジルは女優として活躍していくうちに、制作スタッフが映画を売るために出演女優や俳優の、身に覚えのない過激な噂を流して話題作りをすることにうんざりしていました。
おまけに恋愛(私生活)も上手くいっていません。
そして決定的だったのは、ジルが誘拐されて映像が生配信されたとき、コードが「この配信の閲覧者が現在の半分になったら爆破しない」と条件を出した時でした。

閲覧者は減るどころか爆発的に増えて、好奇心で動画を去らずに見続ける人が多かったです。
コードいわく、サイトから去った人数は全体の10%程度でした。
ジルは、そういった人間の冷たさや世間の好奇の目にさらされることに疲れてしまい、消えることを選んだのだと思われます。

以上です!読んでくださりありがとうございました(^^)

映画『ブラック・ハッカー』関連商品を楽天で検索する! 

・関連記事

コメントお待ちしてます

タイトルとURLをコピーしました