映画『ノイズ』(2022)解説考察|ひまわりと遊園地、タイトルの意味、自殺の理由など | 映画鑑賞中。

映画『ノイズ』(2022)解説考察|ひまわりと遊園地、タイトルの意味、自殺の理由など

クライムドラマ

藤原竜也、松山ケンイチ主演の映画『ノイズ』の解説考察をしています!

豪華キャストで話も面白かったはずなのに、個人的にはなぜかそこまで入り込めず残念でしたが、藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介のソロの演技は目を見張るものがあり楽しめました。

事件の概要や主要人物の思いなどを整理、考察しました。

鑑賞済みの方向けの解説考察記事です。
まだ観ていない方はネタバレにご注意ください。

 

映画『ノイズ』概要

ノイズ

制作年:2022年
本編時間:128分
制作国:日本
監督:廣木隆一
脚本:片岡翔
原作漫画:筒井哲也 著『ノイズ

あらすじ

主人公は、過疎集落『猪狩島』でイチジク農園を営む泉圭太です。
圭太は、島に突然現れた幼児性愛者の小御坂睦雄を追い出そうとして争いになり、小御坂が死んでしまう事故を起こしてしまいました。

圭太は現場に居合わせていた親友の純と、弟的存在の駐在員 真一郎と話し合って「小御坂のような異常者を探す人間はいないだろう」と判断して、この死亡事故を隠蔽する決意をしました。

しかし、小御坂は一緒に島に来ていた保護司の鈴木を殺していたことが発覚し、圭太達の予想に反して警察が小御坂の捜索を始めます。

 

主要人物

泉 圭太藤原竜也
猪狩島住人。黒イチジクの生産で島の復興に貢献しようと奮闘している。
小御坂を誤って殺してしまう。

田辺 純松山ケンイチ
猪狩島住人。圭太の親友の猟師。
小御坂死亡の現場に居合わせる。

守屋 真一郎もりや しんいちろう神木隆之介
猪狩島住人。圭太と純の弟的存在で、この春から島の駐在員に赴任した新人警察官。
小御坂死亡の現場に居合わせていて、隠蔽しようと言い出した。

畠山 努はたけやま つとむ永瀬正敏
愛知県警の捜査一課刑事。
行方不明になった鈴木を探して猪狩島に着き、一緒にいたはずの小御坂を探す。
恐らく過去に小御坂を逮捕した人物。

小御坂 睦雄こみさか むつお渡辺大知
刑務所から出所したばかりの小児性愛者。
保護司の鈴木の勧めで就活のため島に来ていたが、鈴木を殺して逃亡した。

解説、考察

タイトル『ノイズ』の意味は?

ノイズ(noise)は『雑音』という意味で、日本でも広く知られている英単語です。
タイトルと繋がりそうな内容を書き出しました。

猪狩島にとってのノイズ→殺人事件&本部警察(部外者)
本作における『ノイズ』は、孤島の過疎集落で平和に暮らしていた人々が、突然現れた小御坂睦雄によって平和な暮らしを脅かされたという意味でもあり、毎朝島中に流れる美しいクラシック音楽の合間に殺人事件の放送を挟むことで、その放送がより『耳障りな雑音』のように感じられました。

また、事件を捜査する畠山と青木を邪魔者扱いしていたことも、面倒事を嫌う島民が本部警察を『平和を乱す雑音』と捉えていたことを示唆しています。

圭太にとってのノイズ→純、加奈、恵里奈の本音
純が圭太の妻 加奈に長年好意を抱いていたことが発覚した後、圭太は『ずっと純の気持ちを知っていて無視していた ちゃんと向き合って話をすれば良かった』と発言しています。
圭太は彼自身の平和を守るために、純の気持ちを雑音のように扱っていました。
同様に、島に対する思いが強かった圭太は、加奈と恵理奈の「島を出たい」という言葉やサインにも耳を傾けようとしませんでした。
ただ個人的には純の加奈への気持ちは純が解決すべき問題なので、圭太が責任を感じる必要はないと思います。

純にとってのノイズ→圭太
純にとって圭太は常に嫉妬の対象でした。
圭太は香奈も島民からの信頼も、圭太の欲しかったものすべてを手に入れていたからです。
純は圭太と親友としてつるみつつ、心の中はもはやノイズどころではないドロドロした感情が渦巻いていたのです。
それでも純が島から出たりしなかったのは、圭太と同じように『島の外では生きていけない』という思い込みに捕われていたのか、圭太を見返してやれる日が来るまで離れてやるものかという執念もあったかもしれません。

野毛にとってのノイズ→庄司町長
庄司から毎日のようにパワハラ被害に遭っていた野毛は、恐らくストレスから聴力に異常が出つつあった様子でした。
庄司が死んだことを知ると、野毛は誰が見てもわかる程明るくなって新町長としてやる気を見せていました。
しかし、真一郎の自殺など不幸な事件が相次いだので、今後は島民からの『5億円プレッシャー』と相まって大変な苦労を強いられることになるのでしょう。

 

猪狩島の黒イチジク


(引用:https://unsplash.com

猪狩島の復興の要だった黒イチジクを、リポーターと畠山(島の外の人間)は『グロテスク』と気味悪がっていたのが印象的でした。

これは、一般的な価値観を持つ島の外の人間が、島の内情(猪狩島の人々が、一般的には理解しがたい価値観や倫理観に基づいて生きていること)を知った時に抱く印象そのものを暗示していたように見えました。

 

小御坂がビニールハウスに居たのはなぜか


©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

小御坂は圭太の家の庭で恵理奈を見つけると即座に自慰行為をおっぱじめ、その次の登場ではビニールハウスで恵理奈の三輪車に乗りながらスマホでエロ動画を見ていた所を発見されていました。

その後、恵理奈は無事にどこかから発見されていたし(加奈がどっかに居た的なことを言っていましたがちゃんと聞き取れませんでした)、経緯がよくわからんなと思っていましたが、以下のような事態が起きたのではないかと推測しました。

ヒントにしたのは『恵理奈の長靴』、『いちごみるくの空き容器』、『見つかった恵理奈は服を着替えていた(スカート→ズボン)』です。

小御坂はイチゴミルクのペットボトルを捨てた後すぐに恵理奈に話しかけた。
→恐怖を感じた恵理奈は一目散に逃げてどこかに隠れた。(長靴が転がってたから裸足で逃げた)(なぜ加奈に助けを求めなかったのかは謎)
→小御坂は恵理奈を探すが見つからなかった。
→三輪車を確保して、恵理奈が取り戻しに来るのをビニールハウスで待っていた。
→圭太が小御坂を発見。乱闘の末に小御坂死亡。
→恵理奈は汚い場所に隠れていたか怪我したか何かで衣類が汚れていたので加奈が着替えさせた。

推測してみたものの、これにも何となく納得いかないのでまた何か思いついたら追記します。

小御坂の死を隠蔽しようとした理由

ノイズ
©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

正当防衛でも十分通りそうな事故でしたが、圭太達は隠蔽を選びました。
理由は死亡事故が明るみになってしまうことで、島の復興の妨げになることを恐れたからです。

ちょうど島は復興支援金の5億円がもらえるかどうかの大事な局面でもあったので、そこにイチジク農園の評判が下がりかねない事態があってはいけないと判断したからです。

 

次のページに続きます!

次ページは『真一郎について』『庄吉が庄司町長を殺そうとした理由』『畠山の手に着いた血』『その後を予想』などです!




感想などお気軽に(^^)

  1. りえ より:

    先ほど『ノイズ』を観てきました、
    疑問に思ってた点がこちらですべての答えが見つけられて、大変スッキリしました‼︎ ありがとうございました‼︎もう一回人物の細かい変化に注目して観てみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました