映画『ミラーズ』ネタバレ解説|ラストについて考察 | 映画鑑賞中。

映画『ミラーズ』ネタバレ解説|ラストについて考察

ホラー

映画「ミラーズ」のあらすじ解説・考察をしています!
夜警として働き始めたベン(キーファー・サザーランド)は、施設内の鏡に『拭いても落ちない不気味な手形』を見てから、身の回りで鏡に関する恐ろしい被害に遭うようになる。
鏡に関わった人物は『鏡に潜む何者か』に家族共々殺されることを知ったベンは、家族を救うため関係者を調べ始める。

 

制作年:2008年
本編時間:111分
制作国:アメリカ
監督:アレクサンドル・アジャ
脚本:アレクサンドル・アジャ、グレゴリー・ルヴァスール
※年齢制限について
本作にはR-15の年齢制限があります。
主な理由は殺人シーン(首を切ったり顎を裂いたり)と、悪魔の容貌がグロいためです。

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://www.listal.com

ベン・カーソンキーファー・サザーランド

誤って同僚を射殺してしまった停職中の刑事。
現在は家族と別居して実の妹アンジェラの住むアパートに居候している。
社会復帰のために始めた夜間警備の仕事で不気味な鏡に出会う。

 


(引用:https://moviesandmania.com

エイミー・カーソンポーラ・パットン

別居中のベンの妻で監察医。
実家で母親と2人の子供たちと一緒に暮らしている。
喧嘩になるとすぐ高圧的になるベンの性格に嫌気がさしている一方で、深夜の仕事を始めたことを心配せずにいられない。

 


(引用:https://www.dailyadvent.com

アンジェラ・カーソンエイミー・スマート

ベンの実の妹。心に傷を負うベンを優しく見守っている。

 


(引用:https://www.filmweb.pl

アンナ・エシカーメアリー・べス・ペイル
若い頃…アディナ・ラピテアノ

修道女。鏡に潜む何者かに関わりのある人物。

・その他のキャスト

マイケル・カーソン…キャメロン・ボイス
デイジー・カーソン…エリカ・グラック
ロレンゾ・サペッリ(ベンの上司)…ジョン・シュラプネル
ラリー・バーン(刑事)…ジェイソン・フレミング
ドクター・モリス…ティム・アハーン
ロバート・エシカー(アンナの兄)…ジュリアン・グローヴァー
ゲイリー・ルイス(ベンの前任者)…ジョッシュ・コール
テレンス・ベリー(放火犯)…エズラ・バジントン
ローザ(ベビーシッター)…ドイナ・アイダ・スタン
ジミー・エシカー…ダレン・ケント
ジミーの母…ロズ・マカッチョン
エイミーの同僚…ウィリアム・メレディス
警部…バートン・シドレス ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半


(ベンの勤務先メイフラワー 引用:https://macabreish.com

ベン・カーソン(キーファー・サザーランド)はNY市警の刑事だったが、1年前に誤って相棒を撃ち殺す事故を起こしてしまい、現在は停職中だった。
この事故がきっかけで精神不安定になったベンはアルコール依存に陥り妻子と別居、実の妹アンジェラ(エイミー・スマート)のアパートに居候している。
別居してから禁酒は継続しているものの、処方された禁酒用の薬が手放せなくなっていた。

ベンは一日でも早く社会復帰するため、メイフラワー社で深夜の警備員の仕事を始めることにした。
勤務初日、ベンは上司となるベテラン警備員のロレンゾ(ジョン・シュラプネル)に、建物の中と詰所を案内されながら仕事内容の説明を受けた。
その建物は5年前に大火事が起きた元デパートで、現在もデパート運営側と保険会社の裁判の決着が着いていないという。
建物の中が当時のままなのは、裁判が終わるまで片付け出来ないからだった。
ロレンゾの説明によると、ここはデパートになる前は『聖マタイ病院』という精神科病院だったが、メイフラワーの経営者となるメレディス家が1952年に買収してデパートに立て替えた。
中2階のような広間にある元化粧品売り場には大きな鏡があり、火事の被害にあったとは思えないほど状態が良かった。
ロレンゾは「その鏡には近づくな。前任者だったルイスはこの鏡に憑りつかれて毎晩狂ったように磨いてた」と忠告した。

スポンサーリンク

その日はベンの息子マイケル(キャメロン・ボイス)の誕生日だった。
ベンが誕生日プレゼントを渡しに自宅に行くと、エイミーはアポなしで来たことに腹を立てて口論になった。
ベンが謝って喧嘩は収まったが、復縁を持ち掛けるとエイミーは「できない」とうつむいた。

初出勤の夜。
ベンはデパート内を見回り、例の鏡の前を通りかかると、あんなにきれいだった鏡に手形が付いていた。
不審に思って拭くが、手形は鏡の内側から付いているようで消えない。
しかも、よく見ると手形はひとつだけでなく沢山ついていた。
鏡から離れようとした時、鏡の向かい側の一番奥にある扉がひとりでに開いた。
恐るおそるドアの中をのぞくと中には下る階段があり、そこから地下に続いていて、地下には病院の施設が当時のまま残されていた。
元病院だったこの建物は、デパートとして使用する部分だけを改装し、使わない部分は病院だった状態そのままで放置してあったのだ。
しかも、配管が破損しているのか床は膝下まで浸水していた。

仕事を終えたベンがアパートに戻ると、アンジェラはこれから出勤するところだった。
アンジェラに「昼間の仕事を探した方が良い」「薬もやめた方がいい」とあれこれ忠告されたが、ベンは「もう何も言うな」とアンジェラを追い払った。
その後、洗面所で薬を飲んで顔を上げると、鏡に映った自分の顔が溶けていくように垂れ下がった。
驚いて尻もちをつき、すぐに立ち上がって鏡を確認すると、顔は元に戻っていた。


(鏡の中の顔が垂れ下がるベン 引用:https://www.firstshowing.net

別の出勤日。鏡の前にたどり着いたベンは、また手形を見付けたので鏡を触ってみた。
すると、突然鏡にヒビが入って左手の平を怪我した。
手の平から鏡に目を戻すとヒビは無くなっているので不思議に思った次の瞬間、今度は鏡の中で火事が起きた。
鏡に映るベンの後ろには燃え盛りのたうち回っている人がいるが、ふり向いてみると誰も居ないし火事も起きていない。
また鏡に目を戻すと、火がベンの服に燃え移り全身に広がった。
燃える熱を感じたので悲鳴をあげて倒れ、慌ててジャケットを脱ぎすてたが、数秒経つと熱さは消えて、見てみるとやはりどこも燃えていなかった。
落ち着いてジャケットを着直していると、近くにある椅子の下に誰かの財布が落ちて、中身を確認するとベンの前任者ゲイリー・ルイス(ジョッシュ・コール)のものだった。

詰め所に戻ったベンは怪我の手当てをしてから財布の中身をよく見ると、『esseker(エシカー)』と書かれたメモが入っていた。

数時間後の見回りでは、婦人服売り場で女性の悲鳴が聞こえた。
ベンは声の主を探して試着室の並ぶ場所にたどり着くと、鏡に映る一つの試着室から助けを求めるように腕が伸びていた。鏡から目を離して実際に見ると何もないが、鏡には確かに腕が写っている。
ジョンはその辺から適当な鏡を持ってきて試着室の前に置き、鏡越しに見てみると、火事で焼けただれた女が悲鳴を上げていた。


(声の主を探すベン 引用:https://www.aceshowbiz.com

同じ頃。自宅にいたエイミーに、マイケルが「女の人が鏡の中で叫んでる」と訴えた。
エイミーには何も見えなかったので「悪い夢でも見たの?何もいないから大丈夫よ」となだめて布団をかけ直した。

仕事の後、ベンはアンジェラが働くバーに行き「鏡が怖い。誰かに見られている気がする」と打ち明けると、アンジェラは「ストレスのせいよ。しっかり眠って、専門家(精神科医)に見てもらって方が良いわ」と答えた。


(ベンとアンジェラ 引用:https://www.imdb.com

その後、ベンがアンジェラのアパートで寝ていると、ベン宛てに荷物が届き、差出人はベンの前任者ルイスからだった。
驚いて急いで開けてみると、中身はメイフラワーの火事関連の新聞記事で、火事による死者45人、負傷者は数百人出たことや、放火犯としてテレンス・ベリー(エズラ・バジントン)という男が逮捕されたという記事もあった。

その後、出勤しにメイフラワーに行くと上司のロレンゾが居て、ベンの前任者ルイスがハーレムの駅で死体で見つかったことを知らされた。
その後、ベンは勤務中の妻エイミー(監察医)を訪ねて「昨日ここに運び込まれたゲイリー・ルイスの死因を教えてほしい」と頼んだ。
エイミーは「停職中の捜査は禁止のはずよ」と警告しながらも、ベンの熱意に負けて遺体を見せてくれた。
ルイスは鏡の破片で自身の喉をかき切って死に、駅構内のトイレで見つかったそうだ。
安置所の鏡に映ったルイスがベンの方を向き「エシカー!」と叫んだ。
頼み込んでルイスの資料も見せてもらうと、写真に不審な点を発見した。
鏡に映ったルイスが持っている破片には血がべっとり付いているが、実際に持っている破片には血が全くついていないのだ。
ベンは「メイフラワーの鏡とルイスの死は関係がある」と訴えるが、エイミーは「もうおかしなことを言わないで」と激怒した。
エイミーはベンが手放さない禁酒用の薬には強い副作用があることを告げて「1日に何錠飲んでるの?」と問い詰めるが、ベンは答えず「俺が悪かった」と言いエイミーの職場を出た。 

その日の夜、アンジェラがバスルームで鏡の魔物に襲われて下あごを引き裂かれて死亡した。
翌朝、仕事を終えて戻ってきたベンは、同僚刑事ラリーの制止を無視してアンジェラの遺体を見てしまい、ショックで泣き崩れた。


(妹を失ったベンをなだめるエイミー 引用:https://www.praguereporter.com

明らかに殺人だが証拠らしきものはなく、アンジェラが襲われた際はドアも施錠されていて、手がかりが無かった。
ラリーは、犯人は部屋の鍵を持っていたかアンジェラの知人だろうと推測していることをエイミーに話すと、エイミーはベンが犯人である可能性はきっぱりと否定した。
ラリーも、ベンはアリバイもあるので犯人の可能性は低いと見ているが、ベンが事件発生日の昼間、ロレンゾに「退職して引っ越しする」と申告していたことが引っかかると打ち明けた。
エイミーも、ベンが引っ越すつもりなのは知らなかった。
ラリーが仕事に戻った後、エイミーはベンに家に戻ってくるように言うが、ベンは「家族を危険に晒したくない。犯人の所に行ってくる」と言い出した。
エイミーは「犯人を知ってるならラリーに話して!」と言うが、ベンは「ベンも君も信じない」と走り去った。

ベンは怒りに任せてメイフラワーの鏡を何度も椅子で殴りつけるが、鏡には傷1つつかない。
とうとう銃を取り出して発砲するが、空いた穴はすぐに塞がった。
ベンは鏡の前に座り込み「何が望みだ!?」と泣き崩れると、ピシピシと音がして鏡に傷が入り『ESSEKER』と浮かび上がった。

ベンはすぐにラリーに電話して、ニューヨークにエシカーという人物がいるかどうか探して欲しいと依頼した。
ラリーからの連絡を待つ間、ベンは前任ルイスから送られてきた新聞記事を読み漁ると、かつてメイフラワーに放火した犯人ベリーも『妻子を鏡に殺された』と主張していた。
やがてラリーから電話があったが、エシカーは見つからなかった。
テレンス・ベリーを調べてもらうとすぐに該当があったが、彼は既に死亡していた。
ベンはベリーが収容されていた場所を調べてもらい、ジェファーソン精神科拘置所を訪れ、ドクター・モリス(ティム・アハーン)の話を聞いた。

スポンサーリンク

モリスは「鏡に映る自分を別人だと認識すると、人は全く別々の2つの自我と全く別々の2つの世界に直面します。
そのショックによる自己憎悪が原因で人格が分裂し、同一の人間でありながら複数の記憶や性質を持つ多重人格障害になる。
そして患者は世界が2つあると誤った認識を持ちます。」と語った。
ベリーの記録映像があったので見せてもらうと、彼の顔には重度のやけどでただれていた。
映像は質疑応答式だったが、まとめるとベリーは鏡に妻と3人の子どもを殺されたので、鏡を破壊するためにメイフラワーに放火して、なぜ鏡に家族を殺されたのかというと、エシカーを探さなかったからだと話していた。
家族に危険が迫っていると察したベンは急いで自宅に行って鏡や反射する物(ガラスや額縁など)を取り除き、動かせない物はペンキで塗り潰そうとした。
そこに家政婦から連絡を受けたエイミーが駆けつけて、鏡に必死でペンキを塗るベンを見て「あなたおかしいわ。子どもたちが怖がってるから今すぐ出て行って」と怒鳴った。
ベンが鏡の化物のことを説明してもエイミーは信じないので、銃で鏡を撃ち抜いて元に戻るのを見せようとしたが、鏡は元に戻らなかった。


(元に戻らない鏡に呆然とするベン 引用:https://www.imdb.com

ベンはエイミーと子どもたちが明らかに怖がっているのを見て、頭を抱えて車を出した。
どうすれば家族を守れるのか考えていると、カーブミラーの『鏡に映るものは思ったよりも近くにあります』と注意書きが目についた。

スポンサーリンク

あらすじ後半※ネタバレしてます

ベンはメイフラワーの地下に入り手がかりを探していると、壁のレンガの一部が水漏れでもろくなっているのを発見。
レンガを崩してみると、向こう側には部屋があり、多角形のマジックミラーで囲まれたハウスのような不気味な実験室があった。
部屋は、中央に拘束椅子が1台ポツンと置かれているだけだ。
外側からは中が見えるが、部屋の中に入ると、どこを見ても鏡に映る自分しか見えない。
鏡の中のベンが、銃をこちらに向けてニヤリと笑った。


(鏡部屋を発見したベン 引用:https://fathersonholygore.files.wordpress.com

ベンは同僚刑事ラリーに電話して聖マタイ病院の関係者を調べてもらうと、アンナ・エシカーという当時12歳だった女性患者がヒットした。
ベンはラリーに会いに行き、エシカーに関する資料を受け取った。
ラリーは「警察署の迷宮入り事件の中にあった」と言い、事件の概要を教えてくれた。
1952年10月5日の深夜、患者が病室を抜け出して殺し合いをする事件が発生していた。
6日の朝に看護師がホールで患者全員が死亡しているのを発見していて、アンナも犠牲者の1人とされていた。
アンナの担当医であり責任者だったドクター・ケーンは、逮捕されたが『鏡の破片で手首を切って自殺した』と記録があった。


(ラリーから資料を受けとったベン 引用:https://m.imdb.com

ラリーと別れてアンジェラのアパートで資料を読むと、アンナは重度の統合失調症で引きこもり、妄想、暴力などの症状があると記録され、ケーンは半ば強制的に治療を行っていた様子が資料の写真に残っていた。
資料写真の1枚にアンナの自宅で撮影されたものがあり、裏側に『ペンシルベニア 51年8月』とメモがあった。
資料に全て目を通すと、10月6日付けのアンナの死亡診断書と、10月4日付けのアンナの退院記録があった。
混乱したベンがアンナの写真を鏡に映すと、鏡は嬉しそうにしたので、退院記録が正しいと判断したベンは、どこかで生きているアンナを探すことにした。

その時、妻エイミーから「鏡がおかしいからすぐに来てほしい」と電話が入った。
エイミーは、マイケルが鏡に向かって何か話していて、彼が鏡の前からどいた後も、鏡の中のマイケルは動かず座ったままエイミーを見ていたという。
駆けつけたベンは、エイミーと一緒に大急ぎで鏡や反射するものを撤去したりペンキを塗った。
鏡対策が終わると、エイミーはベンに今まで信じなかったことを謝った。
ベンはエイミーに家の中に居るように言い、ペンシルベニアにあるアンナの実家に車を飛ばした。

スポンサーリンク

アンナの実家は林の中にあった。
ベンは「統合失調症の論文を書いていて、アンナの症例を詳しく聞かせて欲しい」と嘘をつき、アンナの兄ロバート(ジュリアン・グローヴァー)に話を聞いた。
51年当時、ひどく凶暴化したアンナに困り果てた両親は、彼女を閉じ込めるために地下室を作った。
両親はあちこちから聖職者や医師を呼んだが効果は無く、そんな時にNYからドクター・ケーンが訪れて『悪魔憑依説』を否定し「彼女は珍しい人格障害だから、治療のために預からせて欲しい」と申し出た。
貧乏な一家のために入院費用はケーンが負担するというので、両親はアンナを託すことに決め、聖マタイ病院に移送された。

ベンは退院記録を見せて「彼女は今どこにいるのか」と聞くと、ロバートは急に「言いたくない」と口を閉ざしたが、半ば脅すような形で喋らせた。
アンナは退院後はすっかり治ってしばらく実家にいたが、鏡を中心に異変が起きたので、鏡の使用が禁止されている聖アウグスティヌス修道院に預けたそうだ。

ベンはすぐに修道院に行き、アンナ・エシカー(メアリー・ベス・ペイル)に会わせてもらった。
当時12歳だった少女は、現在68歳になっていた。(公開年度の2008年で計算)
アンナの担当医ケーンは、患者を鏡に映る自分と対峙させる鏡治療の研究をしていた。
アンナを重度の統合失調症と診断したケーンは、毎日実験的にアンナを鏡部屋に入れる治療を行ったが、アンナは統合失調症ではなく『悪魔憑依』だった。
結果、悪魔はアンナの体から出て鏡に入りアンナは救われたが、悪魔は人を殺して魂を集めているという。

ベンは過去にも鏡による被害者が出ていることや、妹の死、家族の危険を訴えて「メイフラワーに一緒に来てほしい」と頼んだが、アンナは「悪魔を現実世界に戻してしまうことになるから」と拒否した。
その直後にエミリーから電話が入り、マイケルが見当たらず、廊下中が水浸しになっているという。
悪魔はベンが見落とした金属製のドアノブ越しにマイケルを魅了し、家中の蛇口を全開にさせた。
水は鏡のように景色を映し出すからだ。
ベンはアンナを銃で脅して強制的に修道院から連れ出した。

スポンサーリンク

その頃、エイミーは水道の蛇口を閉じて回り、お風呂場で悪魔に襲われてバスタブに顔を押さえつけられた。
その間、娘デイジーはエミリーに化けた悪魔に鏡の前におびき寄せられてハサミで殺されかけたが、間一髪のところでエミリーが救出して鏡の無いクローゼットの中に彼女を入れた。
その後、エミリーは鏡に塗られたペンキをナイフではがしているマイケルを発見。


(鏡に塗ったペンキをはがすマイケル 引用:https://www.aceshowbiz.com

マイケルは「怖くないよ。ただ遊びたがってるだけ」と訴えた。
エミリーがナイフを置いてこっちに来るように言うと、マイケルはナイフを持って逃げ出した。
その後、子供部屋の床で水面に映る自分を見ているマイケルを発見したが、次の瞬間にマイケルは水の中に沈むように床の下に落ちて溺れてしまった。
エイミーは救おうとするが、手を伸ばしても床しかなく、マイケルに触ることができない。

メイフラワーに到着したベンは、ずっと目を閉じているアンナを鏡部屋に連れていくと、アンナの指示通りに彼女を中央の拘束椅子に座らせて手足を縛った。
アンナは「あなたの家族のためよ」と言い、鏡部屋のドアを閉めるよう指示した。
すると悪魔が再びアンナの体に乗り移り、メイフラワー中の鏡が全て割れた。
悪魔がアンナに乗り移ると同時に、自宅で水面鏡に閉じ込められていたマイケルは解放されて助かった。

同じ頃、ベンが椅子から居なくなったアンナを探すと、彼女は全身に鏡の破片が突き刺さり、すでにこの世のものではなくなっていた。
ベンはガスの配管を壊し、アンナの体を配管に突き刺して動けなくなっている隙に発砲して爆発させた。
ベンが出口に向かって走っていると、焼けてボロボロになったアンナ(悪魔)が襲い掛かってきたので突き飛ばすと、真上からがれきが落ちてきて彼女は押しつぶされた。
ベンは再び出口に向かったが、出口付近に落ちてきたがれきに当たり、気を失った。

翌朝。がれきを押しのけてようやく地下から脱出したベンは、集まっている消防隊や警察の中に上司ロレンゾを見つけて近づいた。
近づきながら違和感を感じたのでよく見ると、ロレンゾの胸ポケットについている名札が鏡文字になっている。
パトカーの車体に描かれる『POLICE』の文字も全て鏡文字、ベンが過去に負った左手の怪我も右手に変わっていた。
鏡の世界に閉じ込められたことを悟ったベンは町中の鏡の前に立ってみたが、そこにベンの姿は映らなかった。
鏡に手をつくと、見覚えのある手形が鏡に浮かび上がった。

スポンサーリンク

感想や解説・考察など

リメイク元の『into the mirror』は見ていません。

まず、メイフラワーに放火した男がしてた「鏡を倒せるのは炎だけだ」みたいな発言は何だったのでしょうか。笑
放火したのに鏡というか悪魔は生き残っていたし、ベンも最後燃やしていたのに悪魔は死ななかったので混乱しました。

家族と自分を守るためにアンナを悪魔に差し出すベンがとても残酷に思えて共感できませんでした。
アンナの自己犠牲精神が素晴らしいです。

アンナが悪魔に乗り移られた後、顔がやけどの跡になったり口裂け状態になったり、今まで悪魔が手をかけた人たちと同じ顔に次々に変わっていたのが『T2』のT1000が溶けるときみたいでちょっと凝ってるなと思いました。

次作があるのを知ってあらすじだけ読んだけど、本作と繋がりはないようなので残念。

ロレンゾが鏡に襲われなかったのは?


(引用:http://www.dvdbeaver.com

ベンの上司だったベテラン警備員のロレンゾ・サペッリはメイフラワーで長く勤務しているようでしたが、鏡による被害は受けていませんでした。
ロレンゾは鏡への対処法(見つめたりしないことなど)を心得ていたし、精神的な強さがあったため、おそらく悪魔が付け入る隙も霊感も無かったのだと思われます。
悪魔も操りやすい方を選ぶので、心を病んでいる人間を標的にしていたのでしょう。

聖マタイ、アウグスティヌスとは

登場した『聖マタイ病院』や『聖アウグスティヌス修道院』はストーリーと関連があるのか気になって調べました。

『マタイ』はイエス・キリストの十二使徒の1人で元収税人だったようですが、本作との関連はわかりませんでした。
カラヴァッジョの有名な絵画に『聖マタイの召命』、『聖マタイの霊感』、『聖マタイの殉教』の三作があり、こちらはベンの運命と繋がるものがあるなと感じます。

次に『アウグスティヌス』はローマ時代の哲学者です。
代表的な著書に『神の国』があり、その中で「二世界論」を述べています。
二世界論は、『神の国』と『地の国』の二つの国が存在しているという思想で、『神の国』は精神世界を表し、『地の国』は普段生活する現実世界のことを指しています。
二つの世界という点で、現実世界と鏡の世界と繋がります。

ラストの解釈


(引用:https://donaldmowat.com

ラストでベンは鏡の世界の住人になってしまいましたが、どういうことなのか考えてみます。
個人的には、ベンは悪魔に体を乗っ取られてしまい、魂が鏡の世界に入った、と推測しています。
アンナの『悪魔は魂を集めている』発言と、無数の手形から、今までの犠牲者の魂も皆鏡の世界にいると判断できるので。

ベンを乗っ取った理由は、アンナが死んだからです。
彼女は鏡が全割れした時点でおそらく死亡していましたし、悪魔が欲しいのは生身の体のはずなので(多分)一番近くに居て、まだ息のあったベンに乗り移ったと考えられます。
ベンの次は操りやすくて若いマイケルが狙われそうです。むしろ本命かも。

でも『聖マタイの殉教』のことを考えたら、殉教=死なので、悪魔に殺された説も捨てがたいです。

正解は悪魔が鏡の中に入ってから魂を集めていた理由がわかればもう少し深く考えられそうですが、特に触れられなかったので。

 

映画『ミラーズ』関連商品(楽天)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました