映画「桐島、部活やめるってよ」ネタバレ解説|宏樹が泣いた理由など6の考察 | 映画鑑賞中。

映画「桐島、部活やめるってよ」ネタバレ解説|宏樹が泣いた理由など6の考察

ヒューマンドラマ(青春)

映画「桐島、部活やめるってよ」の解説、考察、あらすじ紹介をしています!
第22回小説すばる新人賞を受賞した同タイトルの小説が映画化された作品。
松籟第一高校2年生の男子バレー部キャプテン・桐島が突然部活を退部した。タイトルにある桐島は本編には一切登場せず、このことにより生じた桐島と関わりのある生徒たちの日常の変化を繊細に描く。

制作年:2012年
本編時間:103分
制作国:日本
監督:吉田大八
脚本:吉田大八、喜安浩平
原作:朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ

キャスト&キャラクター紹介

※登場する生徒は全員 松籟第一高校の2年生です。

桐島
男子バレー部のキャプテン。
勉強ができてイケメンでリーダーシップにも優れているので、校内でも目立つ生徒。
誰にも相談することなく突然部活を辞めてしまい、部員と顔を合わせたくないのか学校にも来なくなる。
本編には一瞬登場するが、顔は出ない。

__


(引用:https://mantan-web.jp

前田涼也神木隆之介
映画部の部長。自身が監督となり精力的に映画作りもする。
地味なタイプで、同じクラスの武文といつも行動を共にしており、派手なグループからは全く相手にされていない。
桐島が学校に来なくなって騒いでいる周囲を傍観している。
クラスメイトのかすみに恋心を抱いている。

__


(引用:https://renote.jp

菊池宏樹東出昌大
野球部の幽霊部員。桐島の親友。
勉強、スポーツ万能で容姿も良くモテるが、いつもどこか冷めている。
学校では竜汰、友弘と行動を共にしている。
放課後はいつも桐島が部活が終わるのを待つ間、竜汰、友弘と中庭でバスケをしている。

__


(引用:https://kaigai-drama-eiga.com

寺島竜汰落合モトキ
帰宅部。宏樹、友弘と同じクラスでお調子者タイプ。
男女問わず人気者の宏樹や桐島を内心うらやましく思っている。

__


(引用:https://kaigai-drama-eiga.com

友弘浅香航大
帰宅部。放課後に宏樹、竜汰とバスケをしたりくだらない話をしたりするのを純粋に楽しみにしていたが、桐島が学校に来なくなったことで放課後バスケがあっさりなくなったことに寂しさを感じている。

__


(引用:https://f.hatena.ne.jp

東原かすみ橋本愛
バドミントン部。清楚系美人。
学校では実果、梨紗、沙奈と一緒にいることが多く、特に実果と仲が良い。
竜汰と付き合っており、竜汰は交際をクラスメイトに宣言したいと言うが、かすみは人間関係のいざこざを気にして竜汰にストップをかけている。

__


(引用:https://kaigai-drama-eiga.com

宮部実果清水くるみ
バドミントン部。容姿も服装も普通。
かすみたちとは他のクラスで、バレー部の小泉と同じクラス。
梨紗、沙奈とよくつるむが、実は2人のことをあまり良く思っていない。

__


(引用:https://lineblog.me

飯田梨紗山本美月
帰宅部で桐島の彼女。校内一の美人と言われていて容姿は派手。
かすみ、沙奈、実果とよく一緒にいて、特に沙奈と仲が良い。
桐島が自分に何の相談もなく部活を辞め、学校に来なくなったことを怒っている。

__


(引用:https://ameblo.jp

野崎沙奈松岡茉優
帰宅部で宏樹の彼女。校内でトップに入る美人と言われていて容姿は派手。
性格が悪く、自分と対等か上の立場の人物には迎合し、見下している人物に対しては強気で陰湿な行動を取ることがある。
周囲の生徒にも優劣をつけていて、梨紗、桐島、宏樹は同等で、それ以外の同級生は自分よりも下だと思っている。

__


(引用:https://www.amazon.co.jp

武文前野朋哉
映画部の副部長。前田が作る映画の脚本は武文がメインで書いている。
クラスでの立ち位置は前田と同様、地味で目立たないタイプ。

__


(引用:https://kaigai-drama-eiga.com

久保孝介鈴木伸之
バレー部の副キャプテン。試合直前に桐島が突然説明もなく部活を辞め、学校にすら来なくなったことに怒りと焦りを感じている。
沙奈からは陰でゴリラと呼ばれている。

__


(引用:https://kaigai-drama-eiga.com

小泉風助太賀
バレー部部員。桐島がやめたことで桐島のポジションを急遽任されることになり、重荷に感じている。

__


(引用:https://renote.jp

沢島亜矢大後寿々花
吹奏楽部部長。ひそかに宏樹に思いを寄せており、部活の自主練時間は宏樹が見える場所で楽器の練習をするフリをしながら宏樹を見ている。
宏樹と沙奈の関係を知りつつも、気持ちがふっきれずにいる。

・その他のキャスト

野球部キャプテン…高橋周平
日野(バレー部部員)…榎本功
詩織(吹奏楽部部員)…藤井武美
亜矢の後輩…植村純奈 ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半

バレー部の大事な試合を明日に控えた金曜日。
バレー部キャプテンの桐島が突然部活を辞めたことが、顧問から部員たちに伝えられた。
なぜ桐島が退部したのかは誰も知らなかった。
顧問は、桐島のポジションだったリベロを「(大賀)に任せる」と告げた。

同じ頃、桐島と同級生で友人の宏樹(東出昌大)竜汰(落合モトキ)友弘(浅香航大)は中庭のバスケットゴールでバスケをしたりだべったりしながら桐島の部活が終わるのを待っていた。
この時、友弘が「桐島がバレー部辞めたらしいぞ」と、宏樹と竜汰に明かした。
宏樹は桐島を親友だと思っていたのに、退部したことも本人から聞いていないし、相談もなかったのでショックを受けた。
その直後、3人の前に宏樹の彼女の沙奈(松岡茉優)が現れ、桐島が既に帰宅したことを知ると、驚いて桐島の彼女の梨紗(山本美月)の所へ走った。
梨紗は桐島が部活を辞めたことも既に帰宅したことも知らず、校内で桐島の部活が終わるのを待っていたからだ。
沙奈の話を聞いた梨紗は驚いて、真相を確かめようと桐島に電話やメールをしたが、反応は無かった。


(中庭に集まる宏樹、友弘、竜汰、沙奈 引用:https://green.ap.teacup.com

同じ日の放課後。 映画部部長の前田(神木隆之介)と、副部長の武文(前野朋哉)は、今年の『映画甲子園』に提出する作品を、2人で一緒に考えたゾンビ映画『生徒会オブ・ザ・デッド』にしていいか相談するため、出来上がった脚本を持って顧問がいる職員室に居た。
2人がゾンビ映画の脚本を見せると、顧問は「去年の『キミフケが一時予選を通過したから、今年は続編で行こう!脚本はまた俺が書くから!」と言い出した。
『キミフケ』とは、去年前田たちが作って提出した作品で『君よ拭け、僕の熱い涙を』の略だ。
先生が映画部の顧問になってから映画甲子園の一時予選を通過するのは去年が初めてで、しかも脚本は顧問が担当したので相当嬉しかったのだろう。
前田と武文は反対したが、顧問はも譲らなかった。
前田、武文、顧問が話していた間、桐島が職員室に現れてバレー部の顧問と話をしていた。(退部の意思を顧問に告げていた)

職員室から出た前田と武文は部室に行って「先生を無視して自分たちの映画を作りたい!だから協力してくれないか?」と後輩たちに聞くと、皆がOKしたためさっそく撮影のために屋上へ向かった。

映画部が屋上に行くと、吹奏楽部部長の亜矢(大後寿々花)が屋上でサックスの練習をしていた。
亜矢は宏樹に片思いしていて、放課後の宏樹がよく見える場所で自主練するフリをしながら宏樹を見るのが日課だった。
前田が「撮影したいから場所をずれてほしい」とお願いすると、亜矢は「場所を変えると音が変わってしまうから」などと理由をつけて動こうとしなかった。
口論になりかけた時、宏樹が中庭からいなくなるのと同時に亜矢の後輩が呼びに来たため、亜矢はあっさり屋上から降りた。
何も知らない前田は、亜矢が『自分との話し合いの末に場所を譲ってくれた』と勘違いした。


(屋上から中庭に居る宏樹を見つめる亜矢 引用:https://zilgz.blogspot.com

翌日の土曜日。桐島のいないバレー部は予選試合に負けた。
リベロを任されていた小泉は試合でも尽力したが、桐島との力の差は歴然としていた。

日曜日。
前田はゾンビ映画を観に1人でショッピングモールに来ていた。
映画が終わった後、前田は同じ劇場の中にいたクラスメイトのかすみ(橋本愛)と偶然出くわした。
『かすみも映画が好きなのか』と嬉しく思った前田は、かすみと一緒に劇場近くのイスに座ってゾンビ映画の良さを語った。
一方でかすみは映画が好きで劇場にいたわけではなく、彼氏の竜汰とデート中に喧嘩して、ひとりになりたくて映画館に入っただけだった。
前田が一通り喋る終えると、かすみは「もう行くね」と行ってしまった。
前田は彼女の様子がおかしいことや、映画に詳しくないことには気が付かず、純粋にかすみとお喋りできたことを喜んでいた。

スポンサーリンク

月曜日の朝。桐島は学校を休んでいだ。
バレー部の久保(鈴木伸之)小泉は、梨紗に桐島はなぜ来ないのか問い詰めた。
梨紗も桐島と連絡がつかずイライラしていたため「試合に出れただけよかったじゃない!」と言い返し、雰囲気をさらに悪くした。

その日の昼休み。
沙奈、実果、かすみがベンチに座って梨沙を待っていた時、沙奈が男子バレー部の悪口を言いだした。
実果は「彼らにも事情があるんでしょ」と大人な対応だったため、沙奈はイラっとして実果を睨んだ。
この後、遅れて来た梨紗は桐島とまだ連絡がつかず落ち込んでいたので沙奈は慰めたが、実果は笑いをこらえるような顔をしていた。
実果の態度に沙奈が本格的に怒り出したので、実果は逃げるように食堂の購買へ行き、かすみは戸惑いながらも実果の後について行った。


(実果の態度に機嫌を悪くする沙奈 引用:http://johnnyadepp2001.seesaa.net

その日の放課後の女子更衣室。
実果の様子が変だったのでかすみが心配すると、実果は「小泉はあんなに頑張ってたのに、結局負けちゃうんだよね」とこぼした。
さらに「沙奈たちは自分のことしか考えていない」と愚痴をこぼすが、かすみは何と答えればいいかわからず黙ってしまった。
実果は「かすみにもわからないよね。」と言うと部活を休んで帰ってしまった。

男子バレー部は桐島が抜けた大きな穴を埋めるため、必死に練習していた。
副キャプテンの久保は、桐島のポジションを引き継いだ小泉に特に厳しい練習を課した。


(小泉に掴みかかる久保 引用:https://eiga-board.com

その頃、宏樹、竜汰、友弘はまた中庭でバスケをしていたが、宏樹と竜汰が「桐島が居ないなら残っている理由がない」と言い出して解散になった。
友弘は2人を引き留めようとしたが、あっけなく帰ってしまったので寂しそうな顔をした。

宏樹が徒歩で帰宅していると、公園でバットの素振りをする野球部のキャプテンを見かけた。
キャプテンと偶然会う度に、試合の応援だけでいいから来てよ、とやんわり誘われ続けていたが、その度に曖昧な返事をしては結局部活動に参加しなかった。
宏樹がとっさに隠れて見てると、キャプテンは素振りを終えてランニングしながら公園から出て行った。

スポンサーリンク

あらすじ後半※ネタバレあり

火曜日。
友弘が梨紗に「桐島が今日学校にくるらしいよ」と伝えると、梨紗は桐島が原因でかなり不機嫌だったので、友弘を無視して教室から出た。
沙奈は梨紗を追いかけて「桐島と話する時、ついて行こうか?」と気を使ったが、梨紗は冷たく「何で?」と言い放ち行ってしまった。
沙奈はその後すぐ宏樹に声をかけて、放課後 科学棟の裏で待ち合わせをした。

放課後。
前田は映画撮影の続きをしようと、教室に忘れた脚本を取りに行った。
教室に入ると、かすみが竜汰の腕にミサンガを結んでいた。
前田は何も見ていないかのように、急いで脚本を取って教室から出た。
竜汰は「もういい加減、付き合っていることバラしてもよくない?」と言うが、かすみは「まだだめ。女子は色々と面倒なの。前田君は見られても大丈夫」と答えた。

前田はその後、部員数名と科学棟の近くで撮影準備をした。
かすみと竜汰が付き合っていることを知りショックだったが、今は落ち込んでいられない。
撮影を始めようとした時、近くでまた亜矢がサックスを吹いていた。
前田は「なんで今日はここなの?屋上に行けばいいじゃないか!」と切れ気味に言うと、亜矢は落ち込んだ様子で「今日で最後にするから。ごめんなさい」と答えた。
何か事情があると感じた前田は亜矢に場所を譲り、屋上で別のシーンの撮影をすることにした。

沙奈は宏樹より先に待ち合わせ場所の科学棟に来ていて、亜矢がこちらを見ていることに気が付いた。
亜矢の気持ちに気付いていた沙奈は、宏樹が来ると亜矢に見せつけるようにキスをした。
そして亜矢の傷ついた様子を見て満足そうに笑うと、校門に向かって歩いた。

スポンサーリンク

1人で中庭に居た友弘は屋上に桐島らしき生徒がいることに気付き、急いで屋上に走った。

友弘から連絡を受けた宏樹は、沙奈を放置して屋上に向かった。
梨紗、かすみ、竜汰、バレー部員たちにも情報が伝わり、全員が屋上に走りだした。
少し迷ってから皆について行こうとした小泉に、実果は「行かなくていいよ!」と声をかけたが、小泉も屋上に向かったので実果も追いかけた。

撮影のために屋上に向かっていた前田は、途中の階段で桐島とすれ違った。
映画部が撮影を始めるのと同時に、宏樹、竜汰、友弘、バレー部部員、実果、沙奈、梨紗、かすみが屋上に到着したが、もう屋上に桐島はいなかった。
悔しがった久保が映画部の小道具を思いきり蹴ると、前田がキレて久保に「謝れ!!」と迫った。
久保は「うるせぇ!」と前田の胸ぐらをつかみ、今にも殴りそうになっていた。その様子を見て沙奈は「いいぞ、やれ!」とにやにやしながらささやく。
ところが小泉から「試合に出れなくなるからやめろ」と注意され、久保は前田を解放した。
すると沙奈は「何止めてんだよ、チビ」とつぶやいた。『チビ』は小泉のことだ。
次は友弘と前田が喧嘩になりかけると、沙奈は「やめなよ!」と止めに入ろうとした。
その時、沙奈の言動に堪忍袋の緒が切れたかすみは沙奈のほっぺたをビンタした。


(かすみにビンタされた沙奈 引用:http://johnnyadepp2001.seesaa.net

興奮状態の前田は「こいつら全員、食い殺せ!ドキュメント風でいこう!」と叫ぶと、映画部員は桐島に会いに来た生徒たちに襲い掛かった。
前田は、ゾンビが竜汰のミサンガを付けた腕を食いちぎるシーンや、かすみの首が食いちぎられるシーンを妄想しながら、彼らの取っ組み合いをカメラに収めた。
前田は撮影中に誰かとぶつかってしまい、拍子でカメラが落ちて壊れた。


(取っ組み合う生徒たちと叫ぶ前田 引用:)

やがて取っ組み合いに疲れた映画部以外の生徒たちは屋上から立ち去った。
宏樹は校舎に入るドアに向かう途中、落ちていた8mmカメラの部品を見付けて前田に渡した。

楽しそうにビデオカメラの話をする前田を見て、宏樹はなぜかちょっと泣いてしまった。
その後、帰ろうとしていた宏樹の携帯に桐島から不在着信が入っているのに気が付いた。
宏樹が居る場所からは校庭と、大声で練習している野球部が見えた。
野球部の練習をぼんやり眺めながら、宏樹は桐島にリダイヤルした。

主題歌:高橋優『陽はまた昇る
スポンサーリンク

感想や解説・考察など

事前に何も知識を入れずに鑑賞したら、冒頭の沙奈が話している段階で意味が分からず・・・(笑)
一時停止して(録画だったので)Wikipedia様にお世話になり、初めから見直しました。
なので、まだ見ていないかたはざっくり概要だけ調べてからの鑑賞をお勧めします。
ストーリーの進み方は「その土曜日、7時58分」みたいで面白かったですし、生徒たちの感情や人間関係の微妙な変化などの繊細な描写がとても秀逸で、面白かったのは面白かったんですが、ラストが「え、これで終わり?!」という終わりで残念でした。
明日からどうなるの~?!ってところで終わってしまったので。
まぁ宏樹のこれからだけは想像つきましたが、女子の関係がどうなったのか気になります。なので2待ってます(笑)

前田は桐島とすれ違ったのに、誰も前田に何も聞かないこと、前田からも何も言わないところが彼らの関係性の薄さを物語っていました。前田からしたら、そっちのゴタゴタなんて知るかよ!て感じですよね。。

以下は気になった点の考察を書いていきます!

放課後のバスケ


(引用:https://ameblo.jp

宏樹、友弘、竜汰が放課後集まってバスケをしていた理由は、宏樹が桐島を待っていたからで、友弘と竜汰は宏樹に付き合っていたのだと思われます。
桐島が学校を休んだ日の放課後、宏樹と竜汰は「学校に残る意味が無いから」と帰ろうとします。
この時、友弘が2人を引き止めようとしたのは『放課後バスケ』を純粋に楽しんでいたから。
恐らく友弘だけが、放課後3人で過ごす時間に青春や、友情の深まりを感じていたのです。

一方、宏樹にとっては恐らく『放課後バスケ』は純粋な『暇つぶし』で、それ以上でもそれ以下でもなかったのでしょう。
宏樹が帰るタイミングで一緒に帰ろうとしていた竜汰は、恐らく放課後バスケも帰宅するのもただ宏樹に合わせていただけです。
竜汰の場合はバド部のかすみを待って一緒に帰りたい気持ちも少なからずあったのでしょうが、かすみは周囲に交際を隠していたので、一緒に帰ることは許してもらえなかったのでしょう。

スポンサーリンク

実果が小泉に共感していた理由


(引用:https://ameblo.jp

実果はバドミントン部だった姉を亡くしていることが作中で明らかになります。
実果の姉はバドミントンが強く一目置かれる存在だったようで、実果自身もそんな姉に憧れてバドミントン部に入部しました、
バドミントンが強かった姉の妹』として周囲から期待されていたものの、実果自身はそこまで強い選手にはなれなかったようです。
そのため『周囲の期待に応えられない自分』と『桐島の代わりとして過度な期待・責任を背負わされる小泉』を重ね、共感していたのです。

 

実果が梨紗と沙奈に逆らったのは


(引用:https://ameblo.jp

実果は元々沙奈と梨紗が苦手だったけれど、今まではうまく隠しながら友人として振る舞っていました。
しかし、実果自身が深く共感した小泉やバレー部全体の悪口を言う沙奈にはさすがに我慢できず、不快感を隠しきれなくなったのでしょう。

実果が梨紗と沙奈の会話を聞いてうすら笑っていたのも、人によってコロコロと態度を変える沙奈に滑稽さを感じて笑ったように見えました。

スポンサーリンク

かすみが交際を隠す理由


(引用:https://renote.jp

かすみは竜汰と付き合っていたことを周囲に隠していて、竜汰は隠すことを面倒くさがっていましたね。
かすみが「女の子は大変なの」と発言していたように、隠していた理由の大部分は実果との友人関係を良好に保つためだったのではないかと考えています。

今までは彼氏あり組が梨紗、沙奈で、彼氏いない組がかすみと実果だったのに、かすみも彼氏ができたとなると実果だけが彼氏無しになり、何となくバランスが崩れますし、実果も少なからず疎外感を感じる可能性が高いからです。
それに、沙奈に知られたら根掘り葉掘り詮索されそうで、想像しただけで嫌です(笑)

そうはいっても、個人的には毎日会っている友達に彼氏がいることを隠されていたらショックを受けると思うので、かすみの対応が正解かどうかはわかりません。
最近の学生さんはこんなことにも気を配らないといけない程に、周囲に対して繊細な感性や配慮をしている、ということなのでしょうか。

宏樹のその後


(引用:https://twitter.com

宏樹が最後にグラウンドを眺めている場面から、その後は野球部に参加していくことは想像がつきます。
野球が好きで、幽霊部員であることを気にしているのは描写からも明らかだったのに、宏樹はなぜ幽霊部員なのでしょうか。

その原因は、良くも悪くも宏樹が優秀過ぎる点にあると考えます。
宏樹は賢いがゆえに何でも先回りして考えるので、いつもある程度未来を読んでいます。
自己分析力にも優れているので、自分自身の身体能力も熟知、考慮した上で『プロ野球選手にはなれない』と判断したからでしょう。
冷静な思考が『プロになれないなら、熱中しても意味がない』と結論付けたのです。

野球部のキャプテンとの会話のシーン。
3年生で、本来なら引退しているはずのキャプテンに、宏樹は興味本位でいくつか質問しています。
内容は「(他の3年は引退しているのに)キャプテンはなぜ引退しないのか?」、「スカウトされたのか?」というものです。
キャプテンは「スカウトはされてない。でもドラフトが終わるまでは参加する」と答えています。
宏樹が質問したのは「(野球は好きだけど)プロになれないから部活動しない」という宏樹の行動原理と、キャプテンの「プロになれないけど、(野球が好きだから)部活に参加する」という行動が真逆だったからです。
キャプテンの「スカウトされてない」という返事に、『こんなに努力してもプロにはなれないんだ』とどこか残念になる一方で、『野球に熱中しない』という選択が間違っていなかったと、自分自身を安心させる気持ちの両方が混在していたのでしょう。
宏樹は『好きだから』というだけでピュアに活動を続けるキャプテンを、無意識に羨ましいと思っていたに違いありません。

また、宏樹は幽霊部員の期間が長すぎて野球部員から期待されない存在になっていたことも、『幽霊』から脱出するハードルを上げています。
不登校の期間が長くなるにつれて学校に行きづらくなるのと同じ心理です。

スポンサーリンク

宏樹が泣いた理由

画像
(引用:https://twitter.com

宏樹は映画撮影やビデオカメラについて熱く語る前田を見て、野球部キャプテンと重なる部分を見出します。
キャプテンも前田も「将来プロ選手、映画監督になれる気はしないけれど、ただ好きだから全力で野球、映画撮影をしている」という点です。
さらに、前田の映画のセリフ「僕たちはこの世界で生きていかねばならないのだから」が宏樹に追い打ちをかけました。

前田と話した時に、宏樹の中にくすぶっていた感情の原因が何なのか、言い換えると『冷めているのに冷めきれない理由』が何なのかがわかり、泣いたのだと推察します。
それは、単純ですが『好きなことに熱中したい』という情熱です。
宏樹の中にも『情熱』は確かにあるのに、それをどこに向ければ良いのかわからなかったのです。
宏樹は賢く合理的な性格ですから、情熱を向ける物を将来につなげたい(つなげなければならない)と考えていたのではないでしょうか。
単純に『好きな事に打ち込む』事ができず、『野球が好きだけどプロにはなれない、だからやらない』、『勉強も出来る方だけど俺は天才ではない、だからそこそこでいい』と合理的に考えてしまい、でもだからと言って、何なら本気で取り組めて、かつプロになれるのかは宏樹自身にもわからない状態だったということです。
最近の若い世代は、優秀なのに将来の夢や目標が無いから活躍できない、能力を発揮できない、と言う方が増えているというのを何かで見聞きしたことを思い出したので、宏樹というキャラクターにはそういうメッセージも含まれているのかな、と考えたりします。

あくまでも個人的な見解ですが、宏樹の抱える葛藤は何となく、彼本来の性格によるものではなくて、親が原因でこうなってしまったのではないかと感じました。
子どもの頃に将来の夢を親に否定されるなど、夢について傷ついた経験があるのではないでしょうか。
ともあれ、好きなものはさておき得意不得手は実際にやってみないと、考えているだけでは答えが出ないので、これから宏樹は興味のあることに何でも挑戦していってほしいです。

「桐島、部活やめるってよ」関連商品(楽天)

・朝井リョウ原作の映画↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました