映画「ジュマンジ」ネタバレと感想|面白いけど設定がホラー! | 映画鑑賞中。

映画「ジュマンジ」ネタバレと感想|面白いけど設定がホラー!

ファンタジーアドベンチャー

『ジュラシック・パークⅢ』のジョー・ジョンストン監督が手掛けた名作。

ゲームの中の内容が現実に起こってしまう魔法のゲームボード『ジュマンジ』に捕まったアラン(ロビン・ウィリアムズ)、ジュディ(キルスティン・ダンスト)、弟のピーター(ブラッドリー・ピアース)、のお話。

ジュマンジDVDパッケージ

原題:JUMANJI
制作年:1995年
本編時間:104分
制作国:アメリカ、カナダ
監督:ジョー・ジョンストン
脚本:ジョナサン・ヘンズリー、グレッグ・テイラー
原作:児童文学/クリス・ヴァン・オールズバーグ『ジュマンジ

キャスト&キャラクター紹介

アラン・パリッシュロビン・ウィリアムズ
少年のアラン…アラン・ハン=バード


(引用:https://twitter.com

ジュマンジを土の中から掘り当てた男の子。
プレイ中にゲームボードの中のジャングルに20年以上も閉じ込められたまま大人になってしまった。

ジュディキルスティン・ダンスト


(引用:https://twitter.com

アランが住んでいた家に引っ越してきた女の子。
時折嘘をついたり哀れみを誘う行為で大人を騙し、裏で笑っている性悪な性格。
新居の物置部屋でジュマンジを発見する。

 

ピーターブラッドリー・ピアース

ジュディの弟。姉と一緒に大人を騙して面白がるいたずら好きな性格。
人見知りなのか、見知らぬ人の前では口がきけない子どもを演じる。

 

サラ・ウィットルボニー・ハント
少女のサラ…ローラ・ベル・バンディ


(引用:https://oneroomwithaview.com

子どもの頃、アランと一緒にジュマンジをプレイしたアランの同級生。
アランがゲームボードに吸い込まれたのを見てから精神的トラウマを抱え、自分が病気だと思い込んでいる。

その他のキャスト

ヴァン・ペルト…ジョナサン・ハイド
サム・パリッシュ(アランの父親)…ジョナサン・ハイド
ノラ(ジュディとピーターの里親)…ビビ・ニューワース
カール・ベントレー(若い靴職人、警察官)…デヴィッド・アラン・グリア
キャロル・パリッシュ(アランの母親)…パトリシア・クラークソン ほか

スポンサーリンク

あらすじ:起

1969年ブラントフォード。
主人公のアラン・パリッシュ(アラン・ハン=バード)は、靴の製造で大成功を収めたアンガス・パリッシュを祖父にもつ、ジュニアハイスクール生(日本で言う中学生)の男の子だ。
祖父は町に像が建てられている程の有名人だが、アランはその家柄のせいで同級生の男子グループにいじめられていた。

ある日の放課後。アランはいじめっ子たちに理不尽な因縁をつけられて追いかけ回され、父・サム(ジョナサン・ハイド)が社長をしている靴工場に逃げ込んで助けを求めたものの、サムはアランの話をちゃんと聞こうともせずどこかへ行ってしまった。
アランは結局いじめっ子達に捕まって殴られた上、自転車も奪われてしまった。
落ち込みながらアランが家に帰ろうとすると、どこからかドラムや太鼓を叩くような音が聞こえてきた。
音源を探して進んでみると、その音は靴工場の増築工事現場の土の中から響いている。
アランが土を掘ってみると古そうなアタッシュケースが埋まっていて、音はそこから出ているようだ。
ケースを引っ張り出して開けてみると、中には”ジュマンジ”と書かれた子供用のゲームらしきものが入っていた。
興味を持ったアランはアタッシュケースを持ち、足早に帰宅した。

家に帰ったアランは、サムから別のジュニアハイスクールへの転校と、付属の寮への引っ越しを勝手に決められて、激しく抵抗した。
サムはアランがいじめられいることを見かねて、祖父と父親が通ったジュニアハイスクールへの転校と入寮を決めたのだが、アランは勝手に転校を決められたことも気に入らないし、寮に入れと言われたときは家族から見放されたように感じて怒ったのだ。
サムはアランが怒ったことで逆上し「転校は絶対だ!」と怒鳴ると、アランの母、キャロルと一緒にパーティーに行ってしまった。
両親が居ない間にアランが家出の準備をしていると、同級生の女の子・サラ(ローラ・ベル・バンディ)が、アランの自転車を返しに来てくれた。
アランとサラが話していた時、ジュマンジからまたドラムの音が響いた。
アランが「不思議なものを見付けたんだ」と言うとサラは興味を持ったので、一緒にジュマンジを見てみることにした。
ジュマンジを開けると中はすごろくゲームになっていて、ボードの説明書きには『この場所から抜け出したい人のためのゲーム』と書かれていた。
中に入っていた駒を手に取ると、駒は勝手に動いてスタート位置についた。


(ジュマンジを見るアランとサラ 引用:https://www.iowanazkids.org

楽しくなったアランは「やってみようよ!」と言いサラにサイコロを渡したが、サラは「こんなの子どものゲームよ」と答え、サイコロを放って帰ろうとした。
その時、サラが放って出たサイコロの目の数だけ駒が勝手に進み、中央の文字盤に『夜の闇に羽ばたく不気味な羽』と文字が浮かびあがった。
数秒後、2人のすぐそばにあった暖炉の中から物音がした。
2人は怖くなってゲームをやめようとしたが、その時アランもうっかりサイコロを投げてしまった。
また駒が勝手に進み、文字盤に浮かび上がったのは『5か8が出るまでジャングルで待て』だった。
次の瞬間、アランはみるみる文字盤に吸い込まれて消えてしまった。
アランが吸い込まれていくのを見たサラは悲鳴を上げ、さらに暖炉の中から巨大なコウモリがたくさん現れたので、サラは走って家から逃げ出した。

26年後。パリッシュ家にはもう誰も住んでおらず、当時の家具もそのままに売りに出され、その家に新しい家族が引っ越してきた。
キャリアウーマンのノラ(ビビ・ニューワース)と、彼女の亡くなった兄の子どもたちのジュディ(キルスティン・ダンスト)と、弟のピーター(ブラッドリー・ピアース)だ。
ピーターは両親が亡くなってから”話せなくなった可哀そうな子ども”を演じていてジュディと2人きりの時以外は一切喋らず、ジュディは表向きは良い子ぶっているが、嘘をついて大人をだまして陰で笑うような性悪な姉弟だった。
ノラは2人の二面性に薄々気付いていたが、両親を亡くした淋しさからだろうと多少のことは多めに見ていた。

引っ越してきてすぐ、ピーターは物置部屋で巨大なコウモリを発見した。
コウモリをジュディも見たためノラに報告して、翌朝、駆除業者に来てもらった。
ジュディが図鑑を見せて「これがいたの!」と言うが、それはアフリカにしかいない種類のコウモリだったため業者は信じず、結局コウモリも見つからなかった。
業者の男は「昔、この家に住んでいたアランという一人息子が突然消えて、父親が殺したんじゃないかって噂になった家だ。こんな広い家、子ども1人隠す場所はいくらでもあるよ」と言い残して帰っていった。

翌朝。ジュディとピーターが学校に行こうとしていた時、2人にドラムの音が聞こえてきた。
ノラもその場にいたが彼女には聞こえないようで、ノラは2人を置いてひと足先に外出した。
2人はこの音が大人には聞こえていないのだと判断し、急いで音が鳴っている場所を探すと、昨日コウモリが居た物置部屋”ジュマンジ”を見付けた。

スポンサーリンク

あらすじ:承

承興味津々でそれを開くと、中は進みかけの駒が2つボードに立ててあった。
2人が新しい駒をそれぞれ手に取ってよく見ていると、2人が持った駒はスタート位置へと勝手に動いた。
ピーターが面白がってサイコロを振ると駒はひとりでに進み、文字盤には”チクリとひと噛み 痒くてもだえる”と浮かび上がった。
すると、どこからともなく巨大な蚊が現れたので、2人は大慌てでそばにあったラケットなどを使って追い払った。
次はジュディがサイコロを転がすと、文字盤には”サルが邪魔をする”と出た。
やがて騒音が聞こえてきたのでキッチンへ行くと、何匹ものテナガザルがキッチンで暴れたり食材を食べたりとやりたい放題していた。
台所を一通り荒らすと、サルたちは家から町へと出ていった。
出ていくサルを眺めながら、怖くなったピーターが「こんなゲームもうやめようよ」と言ったが、ゲームの”注意書き”には”ゲームは最後まですること。ゲームが終わり『ジュマンジ!』と叫ぶとすべて消える”と書かれていた。

つまり、巨大な蚊もサルたちも家から出ていっただけで、消えたわけではいないのだ。
このままゲームをやめると町が大混乱になると思った2人は、仕方なく最後までゲームをすることにした。
次はピーターのサイコロはが出て、文字盤には”鋭いキバで肉を切り裂く”と出た。
嫌な予感がした2人が物音のした方向を見ると、オスのライオンが2人に向かってうなり声を上げていた。
大急ぎで部屋から逃げると、2人の後ろからターザンのような姿の男性が突然現れて、ライオンをノラの部屋に閉じ込めた。
ジュディとピーターは男を怖がってしばらく隠れていたが、男が「やっと戻ってこれた!」と大はしゃぎするのを見て、この男が昔、行方不明になっていた少年のアラン(ロビン・ウィリアムズ)なんだとわかった。


(ジャングルから戻ってきたアラン 引用:https://www.iowanazkids.org

アランはしばらくはしゃいだ後、よく見ると家の中が色々と変わっていることに気が付いて外に出た。
ジャングルにはカレンダーも時計も無いため、アランは自分が何年位ジャングルに居たのかわかっていなかったのだ。
外に出たアランは、『サルがいる』と通報を受けてやって来た中年の警察官が、昔、アランの父親の靴工場で働いていた若者で、アランに良くしてくれたカール・ベントレー(デヴィッド・アラン・グリア)であることに気付き、ジュリアから「今は1995年よ」と告げられてショックを受けた。

その後、アランは町の様子を見るために家を飛び出したので、ジュリアとピーターもアランを追いかけた。
アランが少年だった当時に経営していた店はほとんどなくなっており、アランの祖父・アンガス・パリッシュの銅像には落書きが書かれ、足が片方折れている。
アランの父・サムが経営していた靴工場へ向かうと、すでに廃工場になっていた。
アラン、ジュリア、ピーターが工場の中に入ると、工場が見渡せる2階の管理室に人影が見えたので、アランたちは急いで部屋へ向かった。
管理人室にいたのは、当時サムの部下だった男だった。
会社がどうなったのか聞くと、男は「サムは行方不明になった息子を探すために全財産を息子の捜索に注ぎ、会社は倒産してしまった」と語り、アランはその時初めて、父親に愛されていたことを知った。
パリッシュ一族がどうなったのか聞くと、男は「この町の通りにいる」と教えてくれた。
その足で教えられたところへ行ってみると、そこにはパリッシュ夫妻の墓があった。
墓の前で跪くアランに、ジュリアとピーターは「私たちも両親を亡くしたの」と慰めたが、アランは2人を無視してすたすたと歩き出した。
ジュリアとピーターはアランを追いかけて「ジュマンジを終わらせないといけないから協力して!」と説得するが、アランは聞く耳を持たなかった。

そのまま道路に出ると、ジュマンジから出てきた動物たちが起こした騒動や事故で街中が大騒ぎになっていた。
身の危険を感じたアランたちは、乗り捨てられていた車に急いで乗り込んだ。
ジュマンジから出てきた巨大な蚊に襲われて危険な目にあいながらも、アランの慣れない運転で3人は何とか自宅に戻ってくることが出来た。
その後、ピーターが心理戦を駆使して何とか説得し、やっとアランはゲームに参加することを決意した。

3人はリビングでジュマンジを広げ、ジュリアがサイコロを振ったが何も起きなかった。

これは、26年前にアランと一緒にジュマンジのサイコロを振ったサラが再びサイコロを振るまでゲームが進まない事を意味していた。

3人はアランの記憶を頼りにサラの家にやって来た。
その家には『心霊術マダム・セリーナ』と書かれた名札が下げてある。
ドアをノックしてみると、出てきたのは成長したサラ(ボニー・ハント)だった。
アランが26年前のゲームのことを話すと、サラは目の前の男がアランだと気が付き、驚きのあまり気絶してしまった。

サラは、アランがゲームに吸い込まれていくのを目撃してから幻覚を見るようになり、それからというもの周りから『病気の女』と言われて辛い日々を送ってきた。
気絶したサラを担いでジュリアたちの家に運び、アランは嫌がるサラに無理やりサイコロを振らせた。
文字盤には”竹より早く伸び、あなたの後を追う”と出た。
部屋のあらゆる場所から植物のツルがにょろにょろと伸びてきて、部屋がツルで覆われていく。
それは巨大な肉食の花のツルだと判明し、アランは部屋に飾ってあった剣で肉食花を倒した。

アランはサラの逃走防止のため、動かなくなったツルで玄関のドアが開かないように固定した。
サラはしばらく怯えるばかりだったが、アランの説得によりサラも覚悟を決めてゲームを続けることにした。


(ジュマンジを囲むアラン、ジュリア、ピーター、サラ 引用:https://www.iowanazkids.org

アランがサイコロを振ると、文字盤に”ジャングルの奥から現れるハンターがしつこく挑んでくる”と出た。
アランが「ヴァン・ペルトだ!」と叫び走りだすと同時に、部屋に銃弾が打ち込まれ、窓からライフルを持った古風なハンターの恰好をした男 ヴァン・ペルト(ジョナサン・ハイド)が入ってきて、アランを追い回し始めた。
ヴァン・ペルトはアランがジャングルで暮らしていた頃から長年攻防戦を繰り広げていたハンターだ。
アランは家の外に逃げていき、ヴァン・ペルトは弾切れになった途端に舌打ちをしてどこかへ消えていった。

ヴァン・ペルトが居なくなると、アランはすぐに戻って来てゲームを再開した。
次のジュリアの番、文字盤には”これは雷ではない”と出た。
やがて家全体が地震のようにガタガタと揺れ始め、リビングの壁を突き破って現れたのはサイ、ゾウ、シマウマなどの動物たちの大群だった。
4人は慌ててジュマンジを持って逃げたものの、突然現れた一匹のペリカンにジュマンジを奪われてしまった。
アラン達はペリカンを追って外へ出て、アランとピーターの活躍で何とかジュマンジを取り戻した。

一行が家に帰っている途中、アランの父の工場の元従業員で、現在は警察官のカールと遭遇した。
カールはアランを不審者扱いし、捕まえて署に連行しようとした。
尚、カールはアランが以前行方不明になったパリッシュ家のアランだという事に気が付いていない。
アランは抵抗しようとしたが、すぐ傍の木陰から新しい銃を手に入れたヴァン・ペルトが狙っていることに気が付き、ジュリアたちに「すぐ戻って来る」と言い残して大人しくパトカーに乗り込んだ。


(木陰からアランを狙うヴァン・ペルト 引用:https://www.youtube.com

スポンサーリンク

あらすじ:転

アランが連行された後、ピーターがコソコソとジュマンジをつついていたので、ジュリアとサラが不思議に思って見てみると、文字盤には”規則に反した者に制裁を”と出ていた。
ピーターは自分の駒があと10進めばゴール出来ることに気付いてズルしようとしていたのだ。
ピーターの全身からは毛が生えて来て、見た目が徐々にサルのようになっていった。
サラはアランの保釈金を準備しようと銀行に向かったが、街は動物たちの暴走で大混乱していて、とてもお金がおろせる状態ではなかった。
そこに突然ヴァン・ペルトが現れて、ジュマンジを奪って逃げていった。
ジュリアたちはジュマンジを取り戻そうとホームセンターに入るが、中ではヴァン・ペルトがジュリアたちをアランをおびき寄せるための人質にしようと待ち構えていた。

その頃、アランはパトカーから脱出しようとカールに正体を明かして驚かせていた時、内線でジュリアたちが危険にさらされていることを知った。
アランは急いでホームセンターにパトカーを走らせ、車のまま建物に突っ込んだ。
その衝撃で山積みにしてあったペンキ缶が倒れ、ヴァン・ペルトは下敷きになった。

アランはジュリアたちとジュマンジを救出し、帰宅するとすぐにジュマンジを再開した。
サラがサイコロを振ると、文字盤には”三日月が輝くと入江はモンスーンに襲われる”と出てきた。
家の中だから大丈夫かと思われたが、雲は家の中にもくもくと湧いてきて大雨が降り、浸水した家の中には凶暴なワニも現れた。
ジュリア、ピーター、サラはシャンデリアの上に乗って避難することが出来たが、アランはサラを守ろうとワニと格闘していた。
その時、どうにかこうにか帰宅したジュリアとピーターの叔母ノラが到着して玄関を開けたので、家の中にたまった大量の水が出ていき、その時にワニも外に流れていった。
サラは「守ってくれてありがとう!」とアランにキスしようとしたが、アランはキスをかわして「ゲームを続けよう」とだけ言いサラから離れた。

4人は場所を物置部屋に移した。
次はアランの番で、文字盤には”足元にご用心。床は流砂に変わる”と出た。
アランが座っていた木の床が砂に変わり、アリジゴクのようにどんどん砂に埋まっていった。


(床に飲み込まれるアラン 引用:https://www.iowanazkids.org

ピーターとサラがアランを助けようと格闘する中、次が自分の番だったジュリアはゲームを1秒でも早く終わらせようと思いすぐにサイコロを振った。
文字盤には”経験から学べば時間が逆行する”と出た。
すると、流砂だった床は元の木の床に戻ったものの、アランとサラは床に体の一部が巻き込まれたままになってしまった。
アランは顔と腕以外は床に、サラは腕が床に埋まってしまった。
アランとサラを助ける間もなくピーターがサイコロを振ると、文字盤には”俺たちは手が8本ある”と出て、全長50cmはありそうな巨大グモがワラワラと現れた。
ピーターは庭にある物置小屋に斧を取りに行き、ジュリアはモップでクモを追い払いながらピーターの帰りを待った。

ピーターが戻った時、ジュリアは毒の花に刺され、次の番のサラにジュマンジを渡した後に倒れてしまった。
両手が使えないサラが口でサイコロを振ると”ゴールは目前。大地は震え始める”と出た。
床が振動を始めると、巨大グモはちりじりに逃げていった。
家はみるみる割れていき、家は地面ごと真っ二つに割れた。
アランとサラは床が割れたおかげで体が自由になったが、ジュマンジが地面の割れ目のすぐそばに落ちてしまった。
アランがジャングル時代の経験を生かし、ツルにぶら下がってターザンのように移動して無事にジュマンジを安全な場所に移すことが出来た。
次はアランの番だったのでサイコロを振ろうとすると、突然「動くな!」と声がした。
声の主はペンキまみれになったヴァン・ペルトだった。
「持っているものを捨てろ」と言われたアランがサイコロを投げ捨てると、ちょうどアランがゴール出来る数の目が出た。
アランが「ジュマンジ!」と叫ぶと、ジュマンジの上で大きな竜巻が起こり、ヴァン・ペルトも、ヴァン・ペルトが撃った銃の弾も、ジュマンジから出てきた数々の動物たちも、全て文字盤の中に吸い込まれていった。
アランとサラは抱き合って目を閉じ、全てが終わるのを待った。

スポンサーリンク

あらすじ:結

静かになったので目を開けてみると、アランとサラはゲームを始める直前の26年前に戻っていた。
そこに、外出していたアランの父親サムが「原稿を忘れた」と取りに戻ってきた。
アランはサムに駆け寄り「戻ってくれてありがとう!」と抱きしめた。
サムは「家を出てから5分も経ってないぞ」と不思議そうだったが、アランがあまりにも嬉しそうだったので、サムは「怒鳴って悪かった」と謝りアランを抱きしめた。
サムが「転校が嫌なら考え直そう」と優しく言うと家を出ていった。

アランとサラはジュリアとピーターが心配だったが、2人が生まれてくる前まで時間が戻ってしまったのでどうしようもなかった。
2人はジュマンジにレンガの重しをつけて川に放り投げると、ジュマンジは不気味なドラムの音とともに川を流れていった。
ジュマンジを手放すと同時に、アランとサラは精神的にも子どもに戻りつつあるのが分かった。
サラは「子どもに戻る前にしたいことがある」と言い、アランにキスをした。

時は流れ、二十数年後のクリスマス。
アランとサラは結婚していて、サラのお腹には子供がおり、アランが父親から引き継いだ靴の仕事も順調で、公私共に幸せな生活を送っていた。
その日、アランとサラはクリスマスパーティーを開いたのだが、アランの仕事関係の知り合いの夫妻の子どもが偶然にもジュリアとピーターがいた。
アランとサラは久しぶりの再会に感動したが、ジュリアとピーターにはアランとサラの記憶がないため、子供たちにとっては初対面だった。
ジュリアとピーターの両親が旅行に行こうとしていると話した時、アランは無理やり仕事の予定を入れて旅行をキャンセルさせた。
ジュリアが「私たちの両親は旅行中の事故で亡くなった」と言っていたのを思い出したからだ。

同じ頃。どこかの海岸で遊んでいた子どもたちにドラムの音が聞こえてきて、子どもたちは音源を探し始めた。
その海岸にはジュマンジが流れ着いていて、誰かがゲームが始めるのを待っていた。

映画「ジュマンジ」関連商品(楽天)
[ad]

感想☆


(引用:https://www.nme.com

子どもの頃からレンタルビデオ屋さんにちょこちょこ通っていたんですが、主演がロビン・ウィリアムズでパッケージも割とコメディチックなのに、ホラーとかパニック系のコーナーに置かれていたので不思議だなと思っていた作品です。
子どものときに何曜ロードショーで見たことがあったのであらすじも知っていましたが、大人になって改めて見返してみると、アランがゲーム開始した直後、すぐに26年経ってたのが一番怖かった!
ジュマンジが終わった後に生まれたジュリアとピーターが、アランとサラが出会ったジュリアとピーターじゃない点も、不思議でちょっと切ない気持ちになります。

私は割と古風というかマニュアルなものが好きなので、最新技術のCGを使った作品よりも、職人さんの苦労が感じられるような小道具や演出が好きで、そういった意味でも本作はノスタルジーに浸れる素敵な作品のひとつです(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました