「インビクタス/負けざる者たち」ネタバレ解説|黒人が自国を応援しなかった理由、ラグビーと南アについてなど | 映画鑑賞中。

「インビクタス/負けざる者たち」ネタバレ解説|黒人が自国を応援しなかった理由、ラグビーと南アについてなど

スポンサーリンク
ヒューマンドラマ

映画「インビクタス/負けざる者たち」についての解説と考察をしています!

南アフリカ共和国で起きた実話を元にした感動のヒューマンドラマ。
監督はクリント・イーストウッド。
27年間の服役から解放されて大統領となったネルソン・マンデラと、ラグビーを通じて一致団結していく南ア国民たちの様子を描いた感動作。

原題:Invictus
制作年:2009年
本編時間:132分
制作国:アメリカ、南アフリカ
監督:クリント・イーストウッド
脚本:アンソニー・ペッカム
[ad]

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://www.cinemacafe.net

ネルソン・マンデラモーガン・フリーマン
反体制派のリーダーとして27年間もの間 刑務所に収監されていた黒人政治家。
生涯を通じて、黒人差別をはじめとする差別文化の意識改革やアパルトヘイトの撤廃に尽力した。
出所後はアフリカ民族会議(ANC)の代表を務め、南アフリカ共和国初の黒人大統領となった。
国民や側近たちからはマディバの愛称で呼ばれている。
多くの黒人からは愛されているが、妻と娘からは距離を置かれている。

 

インビクタス
(引用:(C)2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

フランソワ・ピナールマット・デイモン
南アフリカ出身のプロラグビー選手。
南アフリカのチーム『スプリングボクス』のキャプテンとして試合に出場する。

 

ブレンダ・マジブコアッジョア・アンドー
マンデラの秘書。
いつもマンデラのそばに付き、時に衝動的な行動をする彼に冷静なアドバイスをするが、大抵はマンデラに説き伏せられてしまう。

 

ジェイソン・シャバララトニー・キゴロギ
ネルソン・マンデラ大統領付きの黒人ボディガードで、ボディガードチームのリーダー。
常にマンデラの身の安全を第一に考えて行動する。
マンデラの就任初日、因縁のある白人公安たちと一緒に仕事をさせられることになる。

 

あらすじ紹介※ネタバレなし

1994年4月。マディバ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任します。

マディバは『白人至上主義』の風潮が根強く残る南アフリカから人種差別を失くして、真に1つの国にしたいと切望していました。
そのために、マディバはラグビーに目をつけます。

翌年の1995年に開催されるラグビーワールドカップの開催地が南アに決まり、全国民の注目がラグビーに集まっていました。
ラグビーは当時、南アメリカにおいては『白人と富裕層がするスポーツ』『アパルトヘイトの象徴』というイメージが強いスポーツでした。

南アフリカ代表チームの『スプリングボクス(通称ボクス)』の選手は全員白人でしたが、マディバはスポーツ大臣に働きかけて、ボクスに黒人選手を投入しました。

マディバは白人も黒人もいるボクスがワールドカップで優勝すれば、4300万人の南ア国民を一致団結世させて、世界にも南アが『変わった』とアピール出来ると考えました。

しかし、キャプテンのフランソワ・ピナール率いるボクスは明らかにチームワークに欠けていて、メンバーのやる気もなく、その日の試合は惨敗でした。

それは、マディバの就任と、それに伴うアパルトヘイトの撤廃が不満だった白人選手が多かったことと、黒人がチームに加わったことが原因でした。

最近は批判の声も高まって、フランソワがクビになるのではという噂までありました。

マディバは大統領邸にフランソワを呼び、直々に「ワールドカップで優勝して欲しい」と伝えました。

(フランソワ 引用:https://cinema-life.at.webry.info

 

主題歌
Overtone and Yollandi Nortjie『INVICTUS 9,000 Days』

 

Invictusサウンドトラック【中古】

価格:3,622円
(2019/9/17 03:26時点)
感想(0件)

 

 

映画『インビクタス/負けざる者たち』関連商品(楽天)

スポンサーリンク

解説、考察や感想など※ネタバレありき

主人公のネルソン・マンデラ氏について

(ネルソン・マンデラ氏 引用:http://south-africa.jp

本作は、ラグビーチームの成長過程だけを楽しみたい方であれば知らななくても大丈夫ですが、主人公の南アフリカ共和国 第8代大統領ネルソン・マンデラについての基本的な知識がなければ冒頭から置いてけぼりにされてしまう可能性があります。
マンデラ氏がどのような人物かを知った上で見ると より楽しめるので、はじめにマンデラ氏についてザックリですが経歴などをまとめます。

ネルソン・マンデラの半生

マンデラは1918年に南ア トランスカイのとある村で生まれ育ちました。

大きくなると、秀才だったマンデラは南アフリカの大学に進学します。
大学時代は※反アパルトヘイト運動に参加して1校を退学、その後 南アフリカにある別の2つの大学に入学・卒業しました。

大学卒業後の1944年、26歳の時に※アフリカ民族会議(ANC)に入党します。

※アパルトヘイトは、当時の南アフリカで推進されていた人種隔離政策のことです。
南アフリカにはオーストラリア系の白人が多く住んでいて、白人とそれ以外の人種(主に黒人)を差別する政策が進められていました。
具体的に言うと、労働面では白人は良い待遇で働けて、黒人は低賃金などの悪条件でしか雇わなかったり、教育面では白人と黒人の共学を禁止にしたり、白人と白人以外の人種の恋愛を禁止したりなどがありました。

 

※アフリカ民族会議は、1921年に発足した南アの黒人解放運動組織です。
ネルソン・マンデラは1944年にANCに入党、やがてリーダー的存在となり1991年~1997年まで代表も務めました。
ANCは当初、非暴力主義を掲げて地道に活動を行っていましたが、1960年に起こった※シャーピブル虐殺事件をきっかけに武力闘争路線に移行しました。

 

※シャーピブル虐殺事件は、1960年当時、アパルトヘイト政策を進める南アフリカ政府に対して抗議活動を行った黒人たちが大勢殺された事件です。
69名死亡、180名以上が負傷しています。

ANC入党後はリーダー的存在となり、いくつものストライキやデモの先頭に立ってアパルトヘイト反対を主張し、次第にマンデラはアパルトヘイト推進派の政党から目を付けられるようになりました。
1960年以降、ANCが武力闘争戦術に移行した後も軍事組織の司令官を務め、1962年(44歳の時)に逮捕されます。
1964年に国家反逆罪で終身刑を言い渡されますが、ネルソンは獄中でも勉学に励み、1989年(71歳の時)には南アフリカ大学の通信制過程を追えて法学士号を取得したり、その他にも語学の勉強や、本作のメインとなるラグビーの知識を得たりしています。

マンデラは獄中でも人種差別反対を唱え続けて解放運動の象徴的な存在となり、次第に国中からマンデラの釈放を求める声が高まりました。
そして1990年(72歳の時)の2月、ついにマンデラは約27年もの刑務所生活から解放されました。
本作はマンデラが刑務所から釈放された1990年から始まります。

その後、マンデラは全ての人種が選挙権を得られるように活動を続け、1994年の4月に全人種による総選挙が行われました。
この選挙で、マンデラは南ア初となる黒人大統領に選ばれ、1999年まで大統領を務めました。

1994年に大統領となったマンデラはアパルトヘイトを撤廃しても、まだこの国に根強く残る差別文化をなくそうと努力します。
そのためにマンデラが目を付けたのがラグビーでした。

1995年のラグビーワールドカップの開催地が南アフリカ共和国だったことはご存知の方も多いと思います。
そして、南アのラグビー代表チームのスプリングボクスは世界的にも知名度の高い強豪チームだったので、メディアも国民もラグビーに注目していました。
当時、南ア内でラグビーは『白人と富裕層がするスポーツ』という強い印象があり、実際、マンデラが大統領になるまでボクスのチームには白人しかおらず、『スプリングボクスはアパルトヘイトの象徴』とされていました。

マンデラはその印象を利用して、黒人選手をスプリングボクスに入れた上で、ボクスのラグビーワールドカップ優勝を狙いました。
白人も黒人もいる新しいスプリングボクスが優勝すれば、対立が多い国民の団結力を高め、国外に対しても南アが変わったのだとアピールできるからです。

 

スプリングボクスのキャプテン フランソワ・ピナールについて

(マンデラ大統領(左)と、笑顔のピナール(右) 引用:https://www.rugbyworldcup.com

準主演となる、マットデイモン演じるラグビー選手フランソワ・ピナールは、南ア出身のラグビーユニオンプレーヤー(15人制ラグビーのプロプレーヤー)です。
ピナールは自国でのワールドカップ開催に合わせた1993年~1996年までスプリングボクスのキャプテンに就任していました。
1994年にマンデラが大統領に決まった当初、マンデラが最も嫌うアパルトヘイトの象徴だったスプリングボクスはチーム自体がなくなるか、チーム名やチームカラーを変えさせられるだろうと予想されていましたが、マンデラはスプリングボクスの外見ではなく中身を変えることで、国民全体から差別意識を払拭しようとします。

 

ラグビーをしていた白人の若者とサッカーをしていた黒人の子どもたちについて

(騒ぐ黒人の子どもたちと、それを見てポカンとする白人の子どもたち Invictus © 2009 Warner Bros. Entertainment Inc.)

冒頭の、ラグビーをしている白人の子どもたちと、道路をはさんで向かいの広場でサッカーをしていた黒人の子どもたちのシーンについてです。

当時、南アフリカ内でラグビーは、『白人か富裕層の者たちがするスポーツ』という印象がありました。
ラグビーのルールは複雑で、教育が行き届かない貧困層の者たちには、小難しいイメージがあり受け入れられなかったのでしょう。
そのため、貧困層の若者たちの間で人気のスポーツはサッカーでした。

このシーンは、南アのそういった状態を表している場面です。
その広場と広場の間の道をマンデラが乗る車が通った時、黒人の子どもたちは大喜びして車に手を振りますが、白人の子どもたちは、なぜ黒人の子どもたちが騒いでいるのか分からずにキョトンとしていました。
マンデラは黒人にとっては大人から子供まで知っているような人気者の超有名人でしたが、白人の子どもたちにとっては日々の生活にあまり関わりのない(興味がない)人物だったようです。
ラグビーのコーチをしていた白人男性が「この国は終わった」というようなことを言うのは、マンデラの釈放当時に多くの白人国民が感じていたことを代弁しています。

スポンサーリンク

黒人ボディガード(ジェイソン)が白人の公安と仕事することに抗議した理由

マディバの就任初日、黒人ボディガードのジェイソンが警備の増員として現れた白人たちを見て、マディバに「俺たちを殺そうとした奴らと一緒に働けるか!」と抗議をします。

この白人たちは公安なので、※シャープビル虐殺事件の時に黒人を攻撃した側の人間だったということでしょう。

※シャープビル虐殺事件はかなりざっくり言うと、白人の警察官たちによって大勢の黒人が殺された事件です。
詳細を知りたい方はWikipediaをどうぞ!

ジェイソンの抗議に対し、マディバは「『和解』の見本を示せ」と教えて説得しています。

 

南アVSイングランドで黒人客が応援しなかったのはなぜ?

(引用:UNSPLASH

南ア対イングランドの試合が行われた際、黒人の観客は自国の南アではなくイングランドを応援していました。
なんだか不思議な光景ですが、これは実際にも起こっていたことです。
今まで南アは国の政策としてアパルトヘイトを進めていたため、白人に優しく黒人に厳しい国でした。

なので南アに住む黒人はずっと差別されて続けてつらい思いをたくさんしてきました。
しかも、当時ラグビーは南アでは『アパルトヘイトの象徴』だったので、黒人は南アを応援したくなかったのでしょう。

 

マディバの妻と娘がマディバを遠ざけていた理由

マディバの家族である妻と娘は、彼が出所して大統領になった後もマディバに会いに来ていません。
27年間という長期間の服役がマディバと家族の心の距離を作ってしまったのかもしれませんが、恐らくマディバの考え方に妻と娘が付いて行けなかったことが原因だと思われます。

特に大統領になってからは、マディバは常に国民を家族と考えて、国の未来のことばかりを考えています。
マディバは娘のジンジに、フランソワと会った事について意見を求めたにも関わらず、「不快に思った」というジンジの意見に理解を示そうとせず、国の未来の理想について話していました。
恐らくジンジにはマディバが国のことばかりで、家族のことは考えていないように見えたのでしょう。

マディバとジンジが上手くいかない場面は、マディバも悩みを持つ1人の人間だということを示すシーンでもあります。

タイトル「インビクタス」の意味

インビクタス(invictus)は、タイトル右側の「負けざる者」という意味です。
invictusはラテン語で『征服されない』『屈服しない』という意味を持つ言葉で、邦題タイトルで「負けざる者」と訳されています。
マディバが愛読した詩と、登場人物たちの自身に打ち勝つ精神を表した良いタイトルだと思います。

スポンサーリンク

名言紹介

マディバが口を開けば良いことしか言わないので、まとめるのが大変でした(笑)
以下、登場した名言を抜粋します。
ほとんどマディバですが、マディバ以外もあります。

 

「あなた方のナイフ 銃 パンガ刀を海に捨てなさい」

マディバの出所後、国はいつ内線が起こってもおかしくない緊張状態になります。
そんな中、マディバがANCの支持者たちに和平を求めた言葉です。
観客は歓声を上げ、マンデラの言葉に賛同しています。

 

「何があろうと絶対に もう二度と再び この美しい国において人が人を抑圧することが繰り返されてはならず 世界の恥さらしとしての屈辱に苦しんではなりません」

マディバが大統領に就任した際の発言です。
人種差別の文化があるような国は恥ずかしいことだと説いています。

 

「今朝 執務室に入る前 空席がとても多いことに目が留まった 箱詰めされた荷物にも
もちろん 辞めることは皆さんの自由だ
もし どうしても新政権の下で働きたくないなら 辞める方がいい 今すぐに
だが 荷造りをする原因が 言語や 肌の色の違いを恐れるせいであったり 前政権の職員だったからクビだと思うなら そのような恐れは必要ないと言おう
『過去は過去』なのだ 我々は未来を目指す
皆さんの力が必要だ 協力してほしい。
残ってくれる者は 祖国に多大なる貢献をすることになろう
私が望むのは 皆さんが全力を尽くし 真心を込めて仕事をすることだ 私もそうしよう
我々が努力すれば この国は世界を導く光となるだろう」

マディバの就任初日、前政権の下で働いていた白人たちが荷物をまとめているのを気にしたマディバが、職員全員を集めた時の発言です。
特に白人職員は集められた当初は「クビにされるだろう」と思い難しい顔をしていましたが、マディバの言葉に心を打たれ、優しい顔になっています。

 

マディバ「警護班は公の場で国民の目に触れる 私を象徴する存在なのだ
『虹の国』は君たちから始まる 和解のあり方を見せるんだ
-中略-
ジェイソン「『同士』大統領 奴らは俺たちを殺そうとした連中ですよ?大勢殺された!
マディバ「分かってる 赦しが第一歩だ 赦しが魂を自由にする
赦しこそ恐れを取り除く最強の武器なのだ
頼むジェイソン 努力してくれ」

白人が仲間に加わることに抗議した黒人ボディガードのジェイソンに対して、マディバが説得した時の言葉です。
『虹の国』というのは、様々な肌の色の人々が住む国という意味です。

「危険を恐れるなら指導者の資格はない!」
評議会でボクスのエンブレム、チーム名、チームカラーを変えると聞き、重要な会議をすっぽかして評議会の会場へ向かおうとしたマディバに対し、秘書のブレンダは「勝手な行動は独裁者だと思われるので危険です」と言い止めようとしました。
このブレンダの言葉に対してマディバが返した言葉です。
この言葉を聞いたブレンダは説得を諦めました。

 

「私はスプリングボクスを継承すべきと信じる
チームの名前とエンブレム チームカラーを変えてはいけない 理由を言おう
刑務所にいたとき 看守は全員ヨーロッパ系白人(アフリカーナ)だった
私は27年間 彼らを観察した
彼らの言語を学び 彼らの本や詩を読んだ
敵を熟知しなければ勝利は不可能だからだ
そして我々は勝利した 違うか? ここにいる皆が勝利したのだ
アフリカーナはもはや敵ではない 彼らは我々と同じ南アフリカ人だ
民主主義における我々のパートナーだ
彼らにはスプリングボクスのラグビーは宝物
それを取り上げれば 彼らの支持は得られず 我々は恐ろしい存在だという証明になってしまう
もっとおおらかに彼らを驚かすのだ 憐れみ深さと奥ゆかしさと寛大な心で
それらは我々に対し 彼らが拒んだものばかり
だが今は卑屈な復讐を果たす時ではない 我々の国家を築く時なのだ
使えるレンガは全て利用せねば たとえ緑と金色のレンガであっても
諸君は私を指導者に選んだ 諸君を導かせてくれ
…私に賛成の者は?」

(スポーツ会議の人々に語り掛けるマディバ 引用:https://movieboom.biz
評議会の会場に着いたマディバが、スプリングボクスを変えるという決定を覆すために行った演説です。
この演説のおかげで、スプリングボクスのエンブレム、チームカラー、チーム名は変更されずにすみました。

 

「サッカーは暴れ者が戦う紳士のスポーツ
ラグビーは紳士が戦う暴れ者のスポーツだ」

フランソワ・ピナールを知らなかった黒人ボディガードに対して公安の白人フェイダーが言った、南アフリカでは有名なジョークです。
『ラグビーは紳士が戦う暴れ者のスポーツ』とは日本にも浸透している位有名な例えですが、これはこの例えをブラックジョークにしたものです。
サッカーをする黒人は野蛮人で、ラグビーをする白人は紳士だと黒人をバカにしている意味が込められています。

 

「我々は士気を必要としている
国を築き上げるためには 誰もが持てる以上の力を発揮せねばならん」

フランソワを大統領邸に呼び出したマディバがフランソワにかけた言葉です。
大統領の他の職員への態度などを見てマディバの人間性に感心したフランソワは、マディバの願いを叶えようと奮い立ちます。

 

私を覆う漆黒の夜 鉄格子に潜む奈落の闇
どんな神であれ感謝する 我が負けざる魂に

無残な状況においてさえ 私はひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ 血を流そうと 決して頭は垂れまい

激しい怒りと涙の彼方には 恐ろしい死だけが迫る
だが 長きにわたる脅しを受けてなお 私は何一つ恐れはしない

門がいかに狭かろうと いかなる罰に苦しめられようと
私は我が運命の支配者 我が魂の指揮官なのだ

マディバがフランソワに贈った詩です。
これは、イギリスの詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの詩『インビクタス』の一節で、病気になったヘンリー自身が自分を奮い立たせるために書いた詩です。
マディバ自身も収監されていた頃、この詩を励みにしたと語っていました。
作中で何度も繰り返されている最後の二節「私は我が運命の支配者 我が魂の指揮官なのだ(I am the master of my fate : I am the captain of my soul.)」という部分は最も有名です。

 

映画『インビクタス/負けざる者たち』関連商品(楽天)

参考記事
AFP:故マンデラ氏がラグビー殿堂入り、南アで95年大会を開催
読売新聞:南アフリカ<中>初出場V 歓喜で一つに

コメントお待ちしてます

タイトルとURLをコピーしました