『インターステラー』解説・考察|基本設定のおさらい、主要キャラの行動理由や事情など考えました | 映画鑑賞中。

『インターステラー』解説・考察|基本設定のおさらい、主要キャラの行動理由や事情など考えました

SF

映画『インターステラー』の解説・考察をしています!

主に舞台背景とブランド教授が考案した人類補完計画についての考察、『彼ら』とは何だったのかなどについて記載しています。

この記事は鑑賞済みの方向けの解説、考察記事です。
まだ観ていない方はネタバレにご注意ください。

インターステラー

原題:INTERSTELLAR
制作年:2014年
本編時間:169分
制作国:アメリカ
監督・脚本・原案:クリストファー・ノーラン

 

映画『インターステラー』の概要紹介

あらすじ紹介

舞台は近未来です。
地球全体に異常気象と疫病が続発して植物が死滅しつつあり、人類は近いうちに地球に住めなくなることが確定していました。
主人公のクーパーは元NASAの宇宙飛行士でしたが、NASAが倒産した現在はトウモロコシ農家を営んでいました。
クーパーはNASA時代の上司ブランド教授との運命的な再会により、NASAが政府の意向で秘密裏に残されていたことを知ります。
クーパーは再び宇宙飛行士として『人類が住める新しい星』を探すために宇宙へ飛び立ちました。

 

主要キャラとキャスト

ジョセフ・クーパーマシュー・マコノヒー
ブランド教授に指示されて、科学者のアメリアやドイルと共に新しい人類の星を求めて宇宙に飛び立つ。

マーフィー・クーパーマッケンジー・フォイジェシカ・チャスティン
クーパーの愛娘。父親似の知的好奇心旺盛な女の子で暗号の解読が得意。大好きな父が宇宙に行くことに最後まで反対していた。

アメリア・ブランドアン・ハサウェイ
有能な科学者でブランド教授の娘。クーパーの宇宙探査に同行する。

ブランド教授マイケル・ケイン
アメリアの父でクーパーのNASA時代の上司。クーパーに未来人『彼ら』の存在を示し、宇宙探査に行くよう指示した。

マン博士マット・デイモン
宇宙探査を実現させた天才科学者。クーパーよりも前に宇宙探査に出ていて、彼が見つけた星から『居住可能』のシグナルが地球に向けて発信されている。

基本的な背景

作品理解の上で把握しておいた方が良さげな内容と、ブランド博士関連の内容をまとめました。

舞台背景

インターステラー
(引用:https://www.lifehack.org

世界中で異常気象と疫病が頻発して、植物が次々に枯れていきます。
7年前にジャガイモと小麦が完全に育たなくなってしまい、人類は食糧危機に陥りつつありました。
その年はオクラがダメになるだろうと言われていて、クーパーが育てていたトウモロコシはまだ生き残っていて、ほとんどそれが頼みの綱でしたが、ダメになる日は近いとされていました。

生命維持の基盤となる植物がダメになってしまうと、家畜も育てられなくなって食糧危機に陥りつつありますし、地球にある酸素を生み出しているのは植物なので、植物が大規模に枯れてしまうと酸素も無くなって、酸素を必要とする動物は全部生きられなくなります。

 

クーパーが宇宙に行く理由

クーパーが宇宙に行くことを決めたのは、地球にもう改善の余地が無く、ブランド教授の見立てでは、トムとマーフが30代~40代になる頃には生命が生きられなくなることが確定していたと知ったからです。
また、人類が生き残るためのプランA(後述)を実現させるためでもありました。

地球の詰みが確定していることを知っていたのは、恐らく一部の科学者と国家上層部の人間のみです。
混乱を防ぐため、一般市民には『地球環境と植物の生育状況の改善に全力を注いで、農業危機を乗り越える予定』という希望的観測な情報が公表されていました。

それを裏付けていたのが、学校校長の「大学を検討するのはクーパーの孫の代で」という発言です。
校長はトムの子どもが大人になる頃には農業危機を脱出していると信じていたからこのような発言をしたのです。

クーパーは校長と話した段階では地球が詰んでいることは知らなったので、トムが大学に行けないと言われたことに対して不満に思っただけでした。

 

「彼らに選ばれた」とは?

クーパーが初めてNASAの組織に着いた時、ブランド博士は「君は彼らに選ばれた」と告げてクーパーを宇宙に行くように促しました。

クーパーをNASAに呼び寄せたのは未来のクーパー自身なので、未来のクーパーが『彼(ら)』です。

ブランド博士はクーパーが重力に関わる怪奇現象とメッセージを解読してここに来たと知り、クーパーが選ばれた人物だと判断しています。
未来人が過去にメッセージを送る方法は重力を通してだけだからです。

ワームホールを作って過去に配置したのが『彼ら(未来人)』だということ以外は明かされませんでしたが、未来のNASAの研究者がワームホールの生み出し方を発見し、過去に配置したのでしょう。

 

ラザロ計画とは?

ブランド教授やマット博士が話していた『ラザロ計画』についてです。
この計画は、過去12回宇宙に派遣された科学者達(マン博士達など)が、別の銀河で地球に代わる新しい星を発見する調査の旅を指します。

ラザロは聖書に登場するユダヤ人男性で『イエスが起こした奇跡で死から蘇った男』として有名なイエス・キリストの友人です。
宇宙探査計画の特徴が、生き残るよりも死ぬ可能性の方が非常に高かったために付けられました。

地球から宇宙に持っていける燃料には限りがあります。
クーパー達の旅の内容から考えると、星3つ程度が詰める燃料の限界のようです。
たどり着いた星が居住不可能だった場合、まだ燃料があれば他の星に行けますが、燃料が尽きればそれまでで誰も助けに来てくれません。

可能性のある星を見つけても、ある程度の調査を終えたら応援部隊が来てくれるまでは冬眠カプセルに入って待つのが通常で、しかも応援がいつ来てくれるかは時差の兼ね合いもあって全くわからないので、ラザロ計画に参加した科学者たちが生きて再び人類と合流するには、本当に奇跡が起きるのを待つしかない状態になってしまいます。

 

プランAとB

ブランド教授が考案した人類存続のためのプランAとプランBについてです。

プランAは、現在地球に生きる全ての人類(可能なら家畜やペットも)が、地球に代わる新しい星に移り住む計画です。
ただし地球の環境悪化は待ってくれないので、一刻も早く地球に代わる星を科学者たちが見つけてくる必要があります。

プランBは、現在地球に生きている人類を救うのは諦めて、人間の受精卵を繁栄に必要な一定数(作品内では5000以上でした)と、代理出産で彼らの親代わりになる人間だけを新しい星に移住させる計画です。

新しい星の発見が遅れてしまうと、必然的にプランBしか選択出来なくなってしまいます。

クーパーがラザロ計画に参加したのは、プランAを実現させてトムとマーフを救うためでもありました。

 

博士の遺言の意味

ブランド博士は死に際にマーフを呼び出して遺言を残しました。

『君に隠していたことがある。本当はプランAが実現不可能なことはずっと前から分かっていた。本当に申し訳ない』というような発言です。

博士が『プランAが実現不可能』と言った真意はマン博士の補足説明によると、プランAが実現可能かどうかを計算するのにブラックホールの中にある『特異点の情報』が必要だけれど、情報を得る方法が見つからないため計算できていなかった(実現不可能と判断していた)ということでした。

私はそもそも教授とマーフが具体的に何を計算していたのか、文系の私にはさっぱりなので曖昧になってしまいますが、マーフが何度も計算していたのは恐らく、特異点の情報を省いた計算式だったのでしょう。
特異点の情報がプランAとどう関わってくるのか、なぜプランBには特異点の情報が要らないのかも私には理解できていません。申し訳ないです。

少なくともプランAが不可能だと思っていたブランド博士がアメリアをクーパーに同行させたのには、『娘に生き残って欲しい』というエゴが含まれていたことはわかります。
そして、受精卵の父親的な役目をクーパー、ドイル、ロミリーに託していたことになります。
ミッション自体も調査が済んだ星に行くことだったので、前12回の派遣に比べたら生存可能性はかなり高かったはずです。

そうなると地味に疑問なのは、プランBが具体的にどのような想定をしていたのかということです。
たしかにクーパーの船にはしっかり受精卵5000個が積まれていましたが、代理母となる女性がアメリア1人だけという想定だったとしたら、新しい星に着くまでに死んでしまうかもしれないことを考えると頼りなさすぎませんか。
それに母となる女性を1人と想定していたとすると5000個って多すぎませんか。
受精卵もある程度は死んでしまう可能性を考慮して、さらにアメリアが生んだ子ども達も受精卵を使ってさらに子どもを産む想定だったのでしょうか。

アメリアが移住した後、再び代理母を一定数移住させるつもりだったのではと勝手に思っていましたが、そういうわけでも無さそうな雰囲気でしたよね。

どちらにせよ最後はプランAがうまくいったので、この際Bがどうだったのかは考える必要はないのかもしれません。

変な感じで終わってしまって申し訳ないです。

 

教授の詩について

穏やかな夜に身を任せるな
老いても怒りを燃やせ 終わりゆく日に

怒れ 怒れ 消えゆく光に
死の淵で賢人は闇が正しいと知る 彼らの言葉は稲妻を裂けなかった
穏やかな夜に身を任せるな 怒れ 怒れ 消えゆく光に

Do not go gentle into that good night.
Old age should burn and rave at close of day.
Rage, rage against the dying of the light.
Though wise men at their end know dark is right,
Because their words had forked no lightning they
Do not go gentle into that good night.
Rage, rage against the dying of the light.

ブランド博士がクーパー達に読み聞かせた詩です。

有名なイギリスの詩人ディラン・トマス(1914-1953)の最も有名な詩の一部で、父親の死を嘆き怒るトマスの心境が綴られています。

この詩は、死ぬ可能性が非常に高いラザロ計画に参加してくれた隊員達に対して、ブランド博士が「絶望や死に直面しても、最後まで諦めるな」というメッセージを送っていたように感じられます。

宇宙探査隊のクーパー達は、何度も死の危険に直面しますし、太陽や自然から遠ざかり宇宙という暗闇と狭い空間で長期的に生活すると、ある程度訓練をしていても鬱状態に陥りやすくなります。

クーパー達の部隊も、宇宙に行ったことがあるのは元宇宙飛行士のクーパーだけで、他のメンバーは全員科学者なので宇宙に行くのは恐らく初めてです。
宇宙飛行士の人数も限られるので、恐らく過去12回の隊員達も、経験があるのはほんの数人で、初めて宇宙に行く人がほとんどだったのではないでしょうか。

ここでちょっとだけ心理学の話になりますが、絶望して何もかも諦めてしまうような状態から抜け出して、奮い立つのに手っ取り早いのは『怒りの感情』だというのが研究でわかっています。
『ターミネーター3』でも、マシンのシュワちゃんがそんなこと言ってました。(笑)

例えば映画やドラマでも『復讐』が目的の作品って沢山ありますし、特に悪役は大体『怒り』を抱えて生きています。
復讐に燃える彼らは『怒り』が生きるエネルギーになっていますよね。
復讐心は本作とは関係無いですが、それと同じで、ブランド教授は隊員達に対して「絶望に直面した時は『怒り』を思い出せ」と自分で自分を奮い立たせる方法を教えているのでしょう。

『怒れ 怒れ 消えゆく光に(もしくは終わりゆく日)』は、『生きる希望が消えゆくと感じた時は、怒りを思い出せ』という意味にも取れますし、『生命を排除しようとしている地球に対して怒れ』という怒りの理由も同時に与えているように思えます。
怒れ怒れとただ言われても理由がないと怒れないですもんね。ちゃんと理由を与えてくれているので親切だと思います。

『死の淵で賢人は闇が正しいと知る 彼らの言葉は稲妻を裂けなかった』は、『彼ら(今までの人類)は奇跡を起こせなかった(稲妻を裂けなかった)ので、死の淵に立たされた賢人(未来人)は闇(宇宙)が正しいと知る(答えがある)』と意訳できそうです。
『稲妻を裂く』というのは、聖書において神様が奇跡を起こした時に使われる表現というか兆候のようなものです。

後半につづきます!

後半は『マンがクーパーを殺そうとした理由』、『クーパーの役目とは』、『クーパーが助かった理由』、『エドマンズとアメリア』、『クーパーがアメリアを助ける理由』、『ジェシーの死因』などです!




感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました