「大脱出2」ネタバレ解説|矛盾探しが逆に楽しくなる | 映画鑑賞中。

「大脱出2」ネタバレ解説|矛盾探しが逆に楽しくなる

アクション

映画『大脱出2』のあらすじを紹介しています!
「大脱出(’13)」の続編。
天才脱獄家のブレスリンが、AI監獄『ハデス』からの脱獄に挑む。

制作年:2018年
本編時間:97分
制作国:アメリカ、中国
監督:スティーヴン・C・ミラー
脚本:マイルズ・チャップマン

・前作:『大脱出』(’13)

キャスト&キャラクター紹介


(引用:https://www.wallpaperbetter.com

レイ・ブレスリンシルベスター・スタローン

脱獄のプロ。
前作でクラーク社長と決別し、ブレスリン警備会社を立ち上げた。
表向きは警備会社だが、している仕事は以前と同じ。
不可能を可能にするのが好き。

 


(引用:https://i2.wp.com

シューホアン・シャオミン

ブレスリンの部下。
頭脳明晰で身体能力も抜群。囲碁を嗜む。
いとこのユシェンと共に最新型の民間刑務所ハデスに収監されてしまう。

 


(引用:https://www.moviestillsdb.com

ジャスパー・キンブラルウェス・チャサム

ブレスリン警備の新人だったが、AIを重視した単独行動が目立つためクビになった。
その後、シューが入るよりも前からハデスに入れられる。

 


(引用:https://www.imdb.com

ハッシュ50セント

ブレスリンの部下の天才ハッカー。
前の会社から一緒だった人物で、ブレスリンに絶対の信頼を置いている。

 

・その他のキャスト

トレント・デローサ…デイヴ・バウティスタ
ユシェン…チェン・イン・タン
アビゲイル…ジェイミー・キング
ルーク…ジェシー・メトカーフ
ズーキーパー…タイタス・ウェリヴァー
アカラ(黒人の囚人)…タイロン・ウッドリー
ジュールス(ブレスリンの部下)…リディア・ハル
レギオン…シェー・バックナーヴィンセント・ヤングヨセフ・ブレイク・メンゼル
レッド(料理人)…イファン・ルオ
バグ(昆虫協会)…ピート・ウェンツ
レオン・グラシ(民間刑務所推進派)…ゴードン・マイケルズ
チン(ユシェンの姉)…ミン・シー
本屋の男…ローマン・ミティチャン
テロリスト…ジーコ・ザキローワン・ブサイド
マリー(人質)…アシュリー・カセイトー
アリス(死んだ人質)…ベイリー・カラン ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半


(引用:http://www.china3d8078.com

ジョージア州アトランタ。
天才脱獄家レイ・ブレスリン(シルベスター・スタローン)は前作でクラーク社長と決別した後、自ら「ブレスリン警備」という会社を立ち上げて社長となり、社員を数人増やしていたが、早くも問題が起きていた。
先日、ロシアのチェチェン共和国でブレスリンの部下3名がテロリストグループから人質を救出する作戦を実行した際、新人のキンブラル(ウェス・チャサム)が逃走用の車の鍵を持っていたにも関わらず、独断で武器庫を爆破したために逃亡が遅れ、人質の1人が命を落とす悲劇が起きたのだ。
キンブラルは「コンピューターが武器庫の爆破を提案したから従った」と説明するもチームワーク重視のブレスリンは聞き入れず、キンブラルを解雇した。
ブレスリンは部下のハッシュ(50セント)に「だから人を増やすのは早いと言ったろ」と嫌味を言われた。

1年後。ブレスリンの部下シュー(ホアン・シャオミン)は、いとこのチン(ミン・シー)に呼ばれて中国上海を訪れていた。
そこで、チンに「弟のユシェンが命を狙われているから守ってほしい」と依頼された。
ユシェン(チェン・イン・タン)は、独自の通信衛星技術を開発して『ユシェンテクノロジー』という会社を立ち上げた将来有望な若手実業家だ。
チンによると、『ラスコ』というジュネーブの大企業が3回ユシェンを買収しようとして失敗し、現在は芽を摘んでしまおうと命を狙っているらしい。
ユシェンは週末にタイバンコクのパーティに出席予定のため、シューはパーティーに同行することにした。

バンコクでのパーティーの後、シューとユシェンは仮面をつけた謎の集団に捕らえられ、ハデスという民間の秘密刑務所に閉じ込められてしまった。
そこは『ガリレオ』と名乗るAIに完全に管理された監禁施設だった。
シューは捕まったその日、刑務所内で定期的に開かれている『戦闘』に参加させられた。
『動物園』と呼ばれる広間で他の囚人と殴り合いの戦いをするのだ。
シューは武術に長けていたのであっさり勝利すると、『保護室』と呼ばれる快適な部屋で2時間過ごすことを許された。
保護室には机やイス、紙とペン、絵画の道具や本もあり、壁には壮大な自然のCG映像が映し出されている、高級ペンションのような雰囲気の部屋だった。
独房には硬いベッドとトイレしかないので、『保護室』は天国のような場所だった。


(保護室で絵を描くシュー 引用:https://mubi.com

シューは独房に戻った後『ズーキーパー(動物園の園長)』と名乗るハデスの管理者らしき白人男(タイタス・ウェリヴァー)に「ユシェンが持っている特許についての情報を吐かせろ」と命じられた。
シューも特許について初耳だったのでのユシェンを問い詰めると、彼が開発した最新型の小型衛星技術に関する特許で、その技術を応用すると世界中のコンピューターをハックして操作でき、防衛システムや核兵器も操れるため、他人に悪用されないために特許を取ったと明かした。


(シューとユシェン 引用:https://www.prisonmovies.net

その後、シューはハデスの中でキンブラルと再会する。
キンブラルも何者かにさらわれて囚人になり、数か月前から監禁されていると語り「俺たちはブレスリンをおびき寄せるために捕まったのかもしれない」とつぶやいた。

シューはブレスリンに教わった『脱獄に必要な3つの教訓』を思い起こし、ハデスからの脱獄を決意した。
教訓とは、『1、施設の構造を知る』『2、人の動きを把握』『3、内か外に協力者を得ること』だった。 

一方、ブレスリンは関係者総動員でシューの行方を探り、「ハデスに投獄されている可能性が高い」とみて作戦を立てていた。
ハデスは『High Asset DEtention Servise(高性能留置施設)』の略で、またの名を『死者の国』と呼ばれている。
AIによる管理体制が整っているため、前作でブレスリンが脱獄成功した『墓場』よりも難易度が高いようだ。
ハデスには犯罪者以外にも、スパイ、政治家、実業家などが捕らえられているという噂だ。
様々な意見が飛び交う中、シューがハデスにいるのが間違いないのか調べることにした。

スポンサーリンク

ユシェンの命を狙っているという『衛星技術会社ラスコ』は、『スパロウ(スズメ)』という謎の人物名義の銀行口座にかなり大きな額を送金していて、さらに民間刑務所推進派レオン・グラシ(ゴードン・マイケルズ)にも1000万ドルを支払っていることがわかった。
ブレスリンは、元同僚デローサ(デイヴ・バウティスタ)が経営するバーにレオン・グラシを呼び詳細を問い詰めたが、突然現れた覆面の男たちにグラシは殺されてしまった。
この件から、デローサもシュー探しに協力してくれることになった。


(ブレスリンとデローサ 引用:https://www.filmaffinity.com

シューは医務室がどんなものか確認するため、目についた囚人に喧嘩を吹っかけて怪我を負い、医務室に運ばれた。
あわよくば医師を仲間に出来ないかと考えていたが、医務室にいたのは医療用AIだけだった。
この後、喧嘩をふっかけた黒人囚人のアカラ(タイロン・ウッドリー)と親しくなり、脱獄の協力者に加えた。

さらに、シューは動物園にあるいつもの出入り口とは別の隠し扉から現れた男、レッド(イファン・ルオ)に目を付けた。
彼は料理人で、毎日厨房に連れていかれて囚人達の料理を作っているという。
レッドは用心深く、最初はシューを警戒していたものの、積極的に話し続けると徐々に心を開いた。
まず、厨房までの道は目隠しされているためわからないと言うので、シューが「動物園から厨房までの歩数を数えて欲しい」と頼むと、ある日は24歩だったり、別の日は45歩だったりと日によって距離が変わっていた。
また、保護室にあった色鉛筆の芯を持ち帰り、床と壁にバツ印を描いてみたところ、翌日に2つのバツの位置が大きく移動していた。
恐らく脱獄防止のために可動式になっているのだ。

その頃、ブレスリン警備の新人ルーク(ジェシー・メトカーフ)も、ラスコの関係者と接触しようとして捕らえられ、ハデスに投獄された。
ブレスリンの部下が3人も投獄され、一同は偶然ではないと確信した。

その後、シューは再びズーキーパーに呼ばれ、ユシェンが電気ショックの拷問を受ける映像を見せられ「特許の情報を早く聞き出さないと【動物の餌】にする(戦闘させる)」と脅された。
ユシェンは賢いが運動能力は一般的なため、強めな囚人と戦闘させられればすぐに負けてひどい目にあうだろう。
シューは「もう少しで口を割りそうだから待ってくれ」と頼んだ。

その後、ルークが「コンピューターオタクの3人組を仲間にするべきだ」と言い出した。
彼らはスキンヘッドで顔色の悪い、明らかに異様な雰囲気の漂う3人組で、ルークの調べによると、元はアイスランドでローマ軍の『レギオン』と名乗り地下活動(ハッキング)をしていたそうだ。
3人の内の1人がカウント・ゼロという名のリーダーだが、誰がゼロなのかズーキーパーもまだ特定できていないという。
ズーキーパーは毎日彼らを尋問して情報を吐かせようとしているが、3人の結束は固く、誰も口を割らないのだ。
何でも、ゼロはハデスの仕様書(設計図)を持っていて、運営側はゼロのサーバーを手に入れたいようだ。


(レギオン3人組 引用:https://www.prisonmovies.net

同じ頃、ブレスリンの仲間デローサは昆虫協会のバグ(ピート・ウェンツ)という男に会っていた。
スパロウが昆虫協会の会員だと判明したので、正体を探るためだ。
バグはデローサに脅されると、あっさりスパロウの正体を喋った。

スポンサーリンク

あらすじ後半※ネタバレしています


(レギオンの2人とアカラ 引用:imdb.com

ついにズーキーパーはしびれを切らし、ユシェンを『戦闘』に駆り出して他の囚人と戦わせた。
ユシェンが屈強な囚人にあっけなく敗北するのを、シューは動物園の外から見ていることしかできなかった。

その後、シューはレギオン3人組に「脱獄に協力してくれたら保護室に入れてやる」と交渉した。
レッド(料理人)に頼んで対戦相手の食事に仕掛けをしてもらい、レギオンは不戦勝で保護室に入った。
仕様書でしか見たことがなかった保護室が見られて喜んだレギオンは、シューを信用してゼロ(ヴィンセント・ヤング)が名乗り出た。

順調に進むかと思われたが、ゼロが名乗り出た直後にハデス側にバレてしまい、ゼロはどこかに連れていかれた。
ゼロの件を密告したのはキンブラルだった。
キンブラルは実はハデスの立案者であり運営者で、スパロウの正体も彼だったことが明かされた。
囚人に成りすましていたのは、シューとルークの計画をいち早く知るためだった。

キンブラルはブレスリンに解雇された後、ブレスリンを恨む『出資者』に拾われて、資金援助を得てハデスを作り上げたのだった。
キンブラルはブレスリンへの復讐のためにシューとルークを誘拐したことや、ユシェンもさらったのは金になりそうな情報を持っていたからだと明かした。

キンブラルはシューとルークに毎日『戦闘』させるよう命じ、ユシェンにも引き続き尋問をして情報を早急に引き出すように指示した。
シューとルークは毎日集団リンチ同様の『戦闘』をさせられて、考える気力と体力を奪われた。
ユシェンはどんな尋問を受けても口を割らず、無気力になりかけているシューを毎日励ました。

数週間後、とうとうブレスリンもハデスに投獄された。
キンブラルはブレスリンに「AIをもっと活躍させたかったのに、お前は直感やチームワークを重んじて俺の意見を聞かなかった。
だから君の言う『チームワーク』でここから脱出して見せてほしい!」と笑った。


(キンブラルと捕まったブレスリン 引用:https://lylesmoviefiles.com

その後、シューはユシェンとの会話でやる気を取り戻し、『プランB(予測できない行動で敵の裏をかく方法)』をブレスリンと一緒に考えた。

まず、ユシェンはシューの指示でズーキーパーに特許に関する偽の情報を渡した。
ブレスリンはハッシュが開発した『歯に埋め込むタイプの通信機』で外部との通信に成功。
ハッキング成功を確認するため、ガリレオの音声をハックして「1つになって動こう」と中国語の音声を流した。

ハッシュはハッキングでハデスの構造を突き止めようとしたが3割程度しかわからず、ユシェンに協力をあおいで基地局(電波を発信する装置)を新たに作ってもらう必要があった。
ブレスリンはシューに事情を説明し、ユシェンに基地局を作ってもらうよう依頼した。
シューとユシェンはレッドにも協力してもらいながら部品をかき集めて基地局を作った。

スポンサーリンク

基地局が完成するとハデスの場所が特定でき、あとは脱獄を実行するだけになった。
ハッシュの合図で3分間ガリレオのシステムをダウンさせ、その間に一同はレッドが行き来していた隠し扉を押し開けて動物園の外に脱出し、医務室に走った。
大量に出た囚人達は殺されたり捕まったりして、残ったのはブレスリン、シュー、ルーク、レギオン2人、アカラの6人だけになった。
レギオン2人は医務室にあるパソコンで作業を始め、アカラは2人の警護のために医務室に残った。

ガリレオの異常に気付いたキンブラルは外部との通信を遮断してハッシュによるハッキングをブロックし、数少ない扉を全て閉鎖して毒ガスを噴出した。
ブレスリン、シュー、ルーク、ユシェンは毒ガスから逃れるために空気孔の上に上がったが、ルークが空いていた穴から毒ガスが蔓延する廊下に落ちてしまう。
シューがルークを救うためその場に残り、ブレスリンはユシェンを連れて制御室に向かった。

その間、医務室はズーキーパーによって制圧され、レギオン2人とアカラは殺された。
シューはルークを助けに向かう途中に待ちかまえていたズーキーパーとナイフで対決し、シューが勝利した。

一方、ブレスリンは制御室にたどり着いてキンブラルに銃を向けた。
ブレスリンとキンブラルが対峙している間、ユシェンはパソコンを操作してソーラーシステムを停止した。
キンブラルは「ここまで来たのは大したものだがまだ出られてない。ハッシュはブロックしたし、ハデスは自動操縦にした。脱獄は不可能だ!」と叫んだ。
ソーラーシステムが止まったことに気付くと、キンブラルはガリレオに「ソーラーシステムを壊せ」と命じて爆破させた。
爆発音の後、ブレスリンは「ハデスにはものすごい弱点が1つある それはお前だ」と告げた。
爆発でもろくなった外壁を見極めて、待機していたデローサがハデスに侵入、次々にシステムを破壊して、ついにガリレオを完全停止させた。


(ガリレオを破壊したブレスリン、デローサ、ルーク 引用:https://www.filmaffinity.com

シューは出口を確認すると、ユシェンを連れてようやくハデスからの脱出に成功した。
ハデスはジョージア州アトランタ内にある教会の地下に作られていたことがわかった。

ブレスリンは動物園でキンブラルと対決し、あっさりキンブラルを殺した。

その後、ブレスリンはキンブラルにハデスを作らせ、前作の『墓場』にも関わっていたという謎の黒幕を特定し、倒そうと決意した。

スポンサーリンク

感想など


(引用:https://dramapanda.com

前作はそれなりに見ごたえがあったのに、本作は何というか、色々と置いてけぼりになっている箇所があって残念でした。
中国が制作に関わっておかしくなってしまったんでしょうか?笑
スタローン主演のはずなのに出番が少なくて、シュー演じるホアン・シャオミンが実質的な主演になっています。
エンドロールの2番目に登場し、シュワちゃんの後任に相当するデローサ(デイヴ・バウティスタ)もあんまり出番がない割に、突然現れては良いとこ取りしていくし(笑)

Dバウティスタ氏について知識が皆無だったんですが、彼はアメリカでは有名な元プロレスラーの役者さんなんですね。
首と肩幅の筋肉がすごすぎてカッコ良かったです。

他にも有名な格闘家のタイロン・ウッドリーが協力者の囚人アカラ役で登場しています。

今回は解説ではなく、よくわからなかった点をいくつか挙げていこうと思います(笑)

まず、キンブラルが冒頭で解雇されるシーンからすでに、キンブラルが本当に悪かったのかどうかがよくわからないまま解雇されます。
続くブレスリンとシューの会話で、ブレスリンがシューを気に入っているのが伝わりますが、キンブラルもシューもまだ現れてから数分しか経っていないので、なぜブレスリンはキンブラルを嫌いでシューがお気に入りなのかが今一つ掴めないまま一年が経過します。

そしてユシェンがバンコクでパーティーに参加するからってことでシューが同行した時ですが、パーティーって言ってたのにめちゃくち道端の屋台みたいなところで酔いつぶれてるだけだったんで、パーティーじゃなかったの??と思います。

囚人コックのレッドも、厨房から戻されるときにわざわざ人目に付く動物園を行き来していましたし、普通人目を避けたら独房と厨房を行き来させますよね。
隠し扉を毎日普段使いしていたら意味がないというか、目を付けられるに決まってるし、この辺もよくわかりません。

デローサがスパロウの正体を探るために昆虫協会のバグを訪ねていましたが、この経緯も思い切り端折られていて、見ている側としては「犯人は昆虫協会の会員だったんだな」と判断するしかないんですが、彼が昆虫好きそうな伏線というか虫すら一切出てこないので、ここもよくわからない設定でした。

一番ツッコミどころが多かったのはレギオンの3人組でしょうね。
まずなぜ彼らはスキンヘッドだったのか?笑
電気ショック拷問で髪が焼けたのでしょうか。
でもユシェンも同じ拷問を受けていたのに頭髪ふさふさでしたもんね。
ならきちんとスキンヘッドを維持していたことになりますが、スキンヘッドの手入れってこまめにしないといけないし、じゃあ3人とも元々毛がなかったかといえば、頭皮もヒゲも普通に青かったので、やはり謎しか残りません。
セリフもほぼ「我らはレギオン」しか言わないし、コントにしか見えませんでした。

あとは、レギオンが保護室に入るまでの過程で、シューがレギオンの対戦相手の食事に何か細工してた風になってましたけど、そもそもシューがレギオンと対戦相手が戦闘することをどうやって事前に知ったのか謎だし、食事に細工するにしても、何をどうやってちょうど戦闘のタイミングで倒れるようにしたのかもさっぱりでした。
ぶっちゃけレギオン2人は何のために医務室に残ったのか、パソコンで何をしていたのかもよくわかりませんでした。。

ガリレオをハッキングして中国語を喋らせた時も「不具合?」で済ませてキンブラルもズーキーパーも気が付かない雑さ(笑)

シューとズーキーパーの戦いち、ブレスリンとキンブラルの戦いも、見せ場を作るための戦いになっていて残念でした。
特にシューとズーキーパーは2人きりの対決を描くなら、もっと確執を描いて欲しかったです。

ついでに言えば、シューとアカラが信頼関係を築く過程や、シューとユシェンが作ってた基地局の材料を集める過程、ブレスリンとデローサの過去の話なんかを知りたいです。
デローサは全員と顔見知りだったようだけど、なんの前置きもなく突然現れたので、どんな知り合いなのか結局わからず終いだったし、慌てて前作を確認したけど前作には登場していませんでしたし、かっこよかったけど謎だらけ(笑)

めちゃくちゃ粗探ししてしまいましたが、見ていたら矛盾点を探すのが楽しくなって書き連ねてしまいました。笑

ちなみに公開後、スタローン氏は『この映画は私が関わった中でも最低の出来だった』というようなコメントや、SNSで大脱出2について「あれはひどかったよね!」というような自虐的なコメントをしていて、こんな予定じゃなかった感が、彼の「最低だ」というセリフからもヒシヒシと伝わってきました。

映画評論家の宇多丸さんのラジオでは、さらに詳しく意味分からなかった点の解説をされています(笑)
下記はラジオの書き起こし記事です。

TBSラジオ FM90.5 + AM954~何かが始まる音がする~
ラジオ放送局「TBSラジオ」のサイト。TBSラジオの周波数は。PCやスマートフォンではradiko(ラジコ)でもお聴きになれます。全国のラジオ34局ネットワークJRN(JapanRadioNetwork)のキーステーション。記事や番組内容、オンエア楽曲、最新イベント・グッズ情報などのコンテンツを毎日更新中!!

本作が大コケしたのに次作もあるようなので、ある意味楽しみに見てみようと思います!

映画『大脱出2』関連商品(楽天)

・前作

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました