『ディストラクション・ベイビーズ』ネタバレ考察|泰良、裕也、那奈について | 映画鑑賞中。

『ディストラクション・ベイビーズ』ネタバレ考察|泰良、裕也、那奈について

スリラー

映画『ディストラクション・ベイビーズ』について解説、考察しています!
喧嘩のカリスマ芦原泰良と、彼の影響で心に潜む狂気が開花した少年少女の話。

制作年:2016年
本編時間:108分
制作国:日本
監督:真理子哲也
脚本:真理子哲也、喜安浩平
本作はR15+の年齢制限があります。
過激な暴力シーンが多数あるためです。

キャスト&キャラクター紹介

芦原泰良(あしはらたいら)…柳楽優弥

とにかく喧嘩好きな18歳無職ホームレスの青年。
無口でほとんど喋らない。
気が強そうな男に無意味に喧嘩を吹っ掛けるが、女子供には手を出さない。

北原裕也菅田将暉

18歳の高校生。
泰良が行う理不尽な喧嘩に強い興味を抱く。
元々はヘタレだったが、泰良と関わりを持ってからは自分よりも弱そうな人間には強気な態度と暴力で従わせようとする。

那奈小松菜奈

キャバクラで働く美少女。
万引きでストレス解消する癖がついている。
運悪く泰良と裕也が盗んだ車に乗っていたため拉致される。

芦原翔太村上虹郎

泰良の弟。泰良が家出して消息を絶った後もずっと兄を探している。

 

・その他のキャスト

近藤和雄(泰良と翔太の育ての親)…でんでん
三浦慎吾(キャバクラ店長、暴力団員)…池松壮亮
河野淳平(暴力団員)…三浦誠己
健児(翔太の友人)…北村匠海
裕也の友人…岡山天音、吉村界人
送迎ドライバー…岩瀬亮 
中国人キャバ嬢…キャンディ・ワン 
将太の友人…加藤幹夫 
現場系の男…松浦祐也 ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半

愛媛県松山市。18歳になる芦原泰良(柳楽優弥)と弟の将太(村上虹郎)の母親は、将太を産んですぐに消息を絶ち、父親が男手ひとつで2人を育てていたが、父もまだ2人が幼い頃に他界した。
身寄りが無かった兄弟は、漁船修理工の社長 近藤和雄(でんでん)に引き取られて少年時代を過ごした。
幼い頃は和雄の自宅で生活していたが、喧嘩が原因で泰良と和雄の仲が険悪になり、泰良は和雄の所有する修理工場の2階に寝泊まりするようになった。
将太も兄に付き添ってそこに寝泊まりしていた。

泰良は地元の不良グループと派手に喧嘩騒ぎを起こした翌日、将太にも何も告げずに工場にも帰ってこなくなった。
将太は泰良が心配で毎日探し回っていたが、和雄や周りの大人は誰も彼を気にかけなかった。

泰良はその後、和雄の工場から徒歩圏内にある商店街付近でホームレスのような生活を始めた。
相手になってくれそうな男を見つけると、意味も無く突然相手を挑発して喧嘩に明け暮れ、たった数日でこの辺の超要注意人物として有名になった。


(暴力団員と喧嘩する泰良 引用:https://eiga.com

そんなある日、泰良と同い年で高校生の北原裕也(菅田将暉)は、泰良が5~6人の大人の男を相手にたったひとりで殴り合いをして、良い勝負を繰り広げていることに感動して声をかける。
泰良が人並に会話出来ることに安心した裕也は、その日から泰良の喧嘩相手の挑発を手伝ったり、暴れる様子を動画や写真に撮るようになる。
裕也は泰良と会う前は素行不良気味のヘタレ学生だったが、泰良と絡むようになってからは自分よりも体力的に弱いと判断した者(ひ弱で気が弱そうな男性や女性)に対して無意味な暴力をふるったり、泰良が倒した男の財布から現金を盗むようになる。

そのころ、弟の将太は泰良が門間にある商店街近辺にいることを知り、友人に手伝ってもらいながら捜索するも見つからなかった。
健児をはじめとする将太の友人はナンパ目的で来ているため、女に興味が無い将太と健児たちの間に溝ができる。

泰良と裕也の暴れっぷりは『無差別暴行事件』となってニュースに取り上げられ、警察の犯人探しが始まった。
2人は裕也の発案で、逮捕を逃れつつ四国巡礼してレベルアップすることになり、車を調達することにした。
車をキャバクラの送迎ドライバーから盗んだ際、キャバクラ譲の那奈(小松菜奈)が乗っているのに気付いた裕也は、悩んだ末に彼女を拘束して人質として同行させた。
なお、泰良は車を持っていないため、最近免許を取ったばかりの裕也が運転した。

スポンサーリンク

あらすじ後半※ネタバレしてます


(引用:https://cinefil.tokyo

その日の夜、泰良が喧嘩して裕也が動画を撮る間、那奈は隙を見て助けを呼ぼうとするが、裕也に見つかってトランクに入れられてしまう。
そのうち泰良の自分勝手な行動が目立つようになり、裕也は泰良をコントロールできない苛立ちを募らせるようになる。

数時間後、田んぼ沿いの道で泰良が用を足すために車から出てしばらく帰ってこないので、スマホを見ていた裕也は、警察が暴行事件の犯人を泰良と裕也だと特定して捜していることを知る。
警察の特定が早かったのは、裕也が撮影した動画をSNSにアップロードしていたからだったが、裕也は激しく動揺し、泰良と関わったことを後悔する。
この直後、泰良が服などに返り血をつけて戻ってきたのを見た裕也は、泰良が勝手に誰かと喧嘩してきたことを悟って怒りが爆発する。
裕也は、泰良を追いかけて警察に通報しようとした農家の男を殴りつけて気絶させると、トランクの中で※意識朦朧としていた那奈をたたき起こして無理やり車を運転させた。
※夏だったためトランクの中は暑く、熱中症になりかけていた。

那奈は男が車のすぐ手前に倒れていることに気付かずに車を発進させ、男を轢いてしまう。
裕也は確信犯的に「とうとうやったな!」と笑うと、那奈に男をトランクに入れるように命じた。
トランクに入れた直後、那奈は男がまだ生きていることに気付くが、首を絞めて殺してしまう。
黙ってトランクを閉めて運転席に戻ると、今まで那奈に無関心だった泰良が初めて「どやった?(殺した感想を聞いている)」と口を開くが、那奈は何も答えなかった。
裕也は楽しそうに「これで、もう人質じゃなくて仲間(共犯者)や!」と笑い転げた。

その頃、将太と和雄の所にも刑事が聞き込み調査に現れると、和雄はその後初めて将太に泰良の居場所を尋ねた。
将太は「今まで無関心だったくせに!」と怒りを露わにするも、和雄は「あいつはもう18やから何も言わんかったが、状況が状況じゃ!」と将太を殴った。


(引用:https://twitter.com

夜になり、やけくそになった那奈は裕也の命令を無視してアクセル全開で車を走らせて、横道から出てきた白の普通車に激突して派手に事故を起こした。
白い車の運転手は軽傷で、車から降りてくるとすぐにスマホで警察と救急車を呼んだ。
泰良、裕也、那奈は3人とも生きていたが、泰良と那奈は軽傷、裕也は重症だった。
泰良は白い車の運転手が強そうな土木作業系の男と見るとすぐさま殴りかかり、地面に何度も頭を叩きつけ、動かなくなった男に「どうした?まだいけるやろ?」とつぶやいた。
裕也は後部座席から這い出ると、警察から逃げるために運転席に乗ろうとしたところを、那奈は「キモイんだよ!死ね!」と叫びながら裕也を何度も車のドアに挟んで殺した。
泰良は警察が来る前に現場から逃走した。

その後、病院に運ばれて手当てを受けた那奈は、警察に対して完全な被害者を装い、彼女が犯した罪も全て泰良と裕也になすり付ける証言をした。
ネットやテレビのニュースでも泰良の事件は大きな話題になり、那奈は思惑通りに完全な被害者として世間から同情を買った。


(刑事から事情聴取を受ける那奈 引用:https://eiga.com

泰良の事件から、将太は健児たちから完全に孤立した。
健児は友人2人を連れて、将太が寝泊まりする倉庫(元は泰良が寝泊まりしていた場所)にロケット花火を打ち込むいたずらをした。
切れた将太は健児に襲い掛かるも転んでしまい、健児の足にしがみついた。
和雄が駆けつけてきて「こんなことして楽しいか!」と健児を何度か殴りつけると、健児は将太を振りほどいて逃げた。
将太は追いかけようとするが、和雄に止められた。

松山市で有名な三津浜の秋祭りの日。
将太は秋祭りの名物であるけんか神輿の様子を眺めていた。
同じ頃、周辺をパトロールしていた警官が倒れている作業着の男を発見する。
男の近くには、髪を丸坊主にしてサングラスを着けた泰良が海を眺めていた。
警官が「おまえがやったんか?」と声をかけると、泰良は笑顔で警察官に殴りかかった。


(引用:https://www.cinemacafe.net

 

主題歌:『約束』向井秀徳

 

ディストラクション・ベイビーズ【動画配信】

 

スポンサーリンク

感想や考察など

とにかく理不尽な暴力が多く、泰良演じる柳楽優弥さんの猟奇的な表情の演技や、裕也演じる菅田将暉さんのクズキャラっぷりが光る作品でした。
好き嫌いはかなり別れると思います。

本作は、真理子哲也監督が別の仕事で愛媛県松山市を訪れた際、立ち寄った飲食店の店主から聞いた実在の人物の話に着想を得て脚本を書き上げたとのことです。
泰良のような人物が実際に商店街とかにいたのかと思うと戦慄します。

泰良はどういう存在なのか


(引用:https://twitter.com

泰良について考えてみます。
泰良がなぜ喧嘩にしか興味が無いのか、少年時代などは一切明かされないため生い立ちと絡めて考えることが出来ません。
その代わりではないですが、三津厳島神社の秋まつりの名物『けんか神輿』が取り上げられていたのは、泰良が喧嘩の神様を象徴する存在であることを示しています。
タイトルの『ディストラクション・ベイビーズ(破壊の子)』も含めて考えると、泰良は喧嘩の神様からの強烈なご加護を受けている子どものような存在、ということになるのでしょうか。
神様のご加護を受けていることを強調する特徴として、人間らしい言葉を発さないことや、不思議と逮捕されない点などがあげられます。
そんな、ある種のカリスマ性を持つ泰良と関わりを持った人間が、秘められた狂暴性を開花させていく様子を描いた作品なんだと感じました。

泰良が裕也の口車に乗ったのは、彼に興味を持って話しかける人物が弟の将太以外に今までいなかったこともあるでしょうが、初めて喧嘩の実力を認められて単純に嬉しかったのでしょう。
泰良は弟の将太を彼なりに大切にしていたようなので、彼にも人間的な心があるということです。

ラストで泰良が倒していた作業着の男の顔は見えませんでしたが、育ての父の和雄か、和雄の抱える従業員の1人に見えました。
その後、駆け付けた警察官を殴って倒すのは、泰良が法律を凌駕する存在であることを示していて、これも泰良の持つ神性の強調に繋がります。

 

歯が抜ける

暴力団組員の河野らと戦った後、泰良の奥歯が抜けます。
殴られて抜けたんでしょうけど、抜けた奥歯は何だか小っちゃくて乳歯のような歯でした。
関連して、将太の友人も「喧嘩して抜けた」と言って歯が抜けたことをアピールするシーンが数回登場します。
こちらも、まるで子供が乳歯が抜けたのを自慢げに見せているかのようでした。
なので、歯が抜ける様子は泰良の幼児性や、成長(恐らく人間的な成長ではなく喧嘩のスキルの成長)を象徴していたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

裕也について


(引用:https://eiga.com

裕也は泰良と出会った当初は、泰良に殴られている友人を助けることもできず、泰良が近づくと言い訳ばかりして自分だけは被害に遭わないように必死になる程情けない少年でした。

裕也は彼自身とは対極的な強さと度胸を持つ泰良に惹かれて声を掛けます。
裕也の言う『デカいこと』が具体的に何だったのかはわかりませんが、彼は自分自身がブレーンとなり、泰良を操ることで『海賊王』ばりの大物になろうとしていました。
例えばですが、松山市の暴力団に2人で乗り込んで、暴力団を乗っ取って、裕也が組長になるだとか、そういう類の夢なのかもしれません。
裕也が大物になるために、泰良にもっと強くなってほしいと考えたから『四国巡礼』を提案したのでしょう。
彼が撮影した喧嘩動画をアップロードしたのは強さを誇示するためです。

裕也が泰良からの影響で開花した狂暴性は、自分よりも弱者にのみ向けられます。
女性か、自分よりも肉体的に弱いのが明らかな男性だけです。
「一度、思い切り女を殴ってみたかった」という裕也の告白にはドン引きしますが、彼は泰良のように神の象徴ではなくあくまでも1人の人間なので、その願望のルーツは過去に関わった女性(親や姉妹や同級生など)との因縁にあるのかもしれません。

彼がなぜ泰良の標的(喧嘩の相手)にならなかったのかと言えば、裕也が泰良よりも明らかに肉体的に弱い人間だったからです。
泰良は自分よりも同等程度かそれ以上の男としか喧嘩せず、裕也は泰良の選考に漏れた人間だからです。
それは那奈も同様で、泰良が女性にことごとく関心を示さないのは喧嘩の相手としてふさわしくないからです。

四国巡礼の途中で裕也が明らかにいら立っていたのは、泰良が思い通りにならないことと、警察に逮捕されかかっていたからです。
少し考えれば(むしろ考えなくても)裕也と泰良のしていることは犯罪行為なのに、裕也が特定されて怒っていたのは、すべての暴力行為の原因を泰良に押し付けて、自分は何もしていないから、もし逮捕されるとしても泰良だけだと考えていたからです。

 

那奈について


(引用:https://eiga.com

那奈は裕也に拉致されてしまった可哀そうな立場でしたが、農家の男を轢いた後から急速に狂暴性が開花します。
恐らく彼女の中で、わざとではないにしても人を轢いたことが、一線を越えた瞬間だったのでしょう。

元々、彼女は万引きをしてストレス解消したり、邪魔な同僚のキャバ嬢をいじめて排除しようとする、お世辞にも性格が良いとは言えないタイプです。
中国人キャバ嬢をいじめた理由は、彼女が好意を持っていた(あるいは取り入ろうとしていた)店長の三浦が中国人キャバ嬢に優しかったからです。
一方で那奈は、三浦に「触るな」と拒絶されたり、将太たちが店で暴れた時、中国人キャバ嬢には「大丈夫?」と肩に触れたのに、那奈を心配するそぶりすら見せませんでした。
三浦は那奈の性格を知った上で嫌っていたか、嬢を人気度で区別(人気な嬢は大切にして不人気な嬢はぞんざいに扱う)していたかどちらかなのでしょう。
「触るな」と怒った辺りは嫌っているように見えました。

那奈が将太や健児をキャバクラに入れて接客したのは、健児に万引き現場を見られて脅されたからです。
健児は最終的に那奈を脅してでも肉体関係を持とうとしていたようですが、将太と喧嘩してしまったせいでチャンスを逃しています。

那奈は警察に保護された後、全ての犯行を泰良と裕也になすりつけて世間的にも誘拐の被害者になることに成功しています。
彼女が何度も刑事2人を見るのは、嘘がバレていないか確認する目つきです。
あの目つきの演技は上手だなと思いました。

ですが、恐らく農家の男を殺したことも、裕也を殺したことも後の検証で明らかになって逮捕されるのではないでしょうか。
農家の男の首に残る指の痕や、裕也を何度も蹴りつけた足跡などが女性のものだと判明すれば、必然的に彼女が容疑者になるからです。

 

将太について


(引用:https://twitter.com

将太は泰良と比べて温厚ですし、友達も作れるし、無意味な喧嘩もしないので、まともな優しい少年として描かれていました。

ラストの秋祭りの最中に将太が喧嘩神輿を眺めていたシーンは、将太もまた喧嘩の神様に魅入られつつあった、という解釈で間違いないと考えています。

伏線として、将太と健児が秋祭りについて『昔は喧嘩神輿で死人が出ていた』、『祭りで人が死んでも警察は大目に見て捜査しない』と語っています。
将太はあの後、祭りの喧騒に乗じて健児を殺すための行動を起こすでしょう。

 

以上です!お読みくださりありがとうございました♪

 

映画『ディストラクション・ベイビーズ』関連商品(楽天)

 

・主要キャストの出演作品

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました