「ダークプレイス」(2015)ネタバレ解説|事件の真相など整理しました。 | 映画鑑賞中。

「ダークプレイス」(2015)ネタバレ解説|事件の真相など整理しました。

サスペンス(クライム系)

映画「ダーク・プレイス」(2015)に関する解説・考察をしています!
家族3人が殺された事件『カンザス一家殺人事件』の遺児リビーが、事件の真相を突き止めようと奔走する物語。
『ゴーン・ガール』原作者の著書『冥闇』が原案。


(引用:https://www.realoclife.com

原題:Dark Places
制作年:2015年
本編時間:112分
制作国:イギリス、フランス、アメリカ
監督:ジル・パケ=ブランネール
脚本:ジル・パケ=ブランネール
原作:『冥闇 』ギリアン・フリン

キャスト&キャラクター紹介

キネマ・アイランド | 闇深き場所は心の奥に。『ダーク・プレイス』感想。
(引用:http://cinemaisland.blog77.fc2.com

リビー・デイシャリーズ・セロン
幼いリビー…スターリング・ジェリンズ

1985年に起きた『カンザス一家殺人事件』の唯一の生き残り、事件当時は8歳だった。
事件の遺児を憐れむ人々からの寄付金で生活していたが、事件から30年近く経った現在(2015年)は寄付金をくれる人もいなくなり、それに甘えて働いてもいないためお金に困っている。

 


(引用:http://www.beyazperde.com

ライル・ワースニコラス・ホルト

キラー・クラブ(殺人クラブ)の会計係。
リビーにキラークラブの集まりへの参加を依頼した。
事件の犯人として捕まり、現在収監されているベンの無罪を信じていて、真犯人の手掛かり集めに邁進している。

 


(引用:https://twitter.comhttps://www.zekefilm.org

ベンコリー・ストール
少年時代のベン…タイ・シェリダン

リビーの兄(画像右16歳、左46歳)。
事件の犯人として捕まり有罪判決を受けて収監されているが、本当に彼が犯人なのかと疑問視する声も多い。
事件当時は16歳で、悪友とつるみ悪魔崇拝の傾向があった。

 


(引用:https://www.flavourmag.co.uk

ディオンドラ・ワーツナークロエ・グレース・モレッツ
成人後のディオンドラ…アンドレア・ロス

16歳当時のベンの恋人。
ベンが自身の腕に彼女の名前の入れ墨を掘るほど熱中していた。
自由奔放でナルシストで、何でも自分の都合の良いように解釈する傾向がある。
当時はベンの子どもを身ごもっていた。

 

・その他のキャスト

パティ・デイ(リビーの母親)…クリスティーナ・ヘンドリックス
ラナー・デイ(リビーの父親)…ショーン・ブリジャース
トレイ(ベンの悪友)…シャノンクック
成人後のトレイ…J・ラローズ
ダイアン(リビーの叔母)…ジェニファー・ピアス・マタス
ミシェル・デイ(リビーの姉)…ナタリー・プレヒト
デビー・デイ(リビーの姉、ミシェルの妹)…マディソン・マグワイヤ
クリスタル(ディアンドラの娘)…デニス・ウィリアムソン
キラー・クラブのメンバー…ロリ・Z・コルドヴァジェフ・チェイス ほか
クリシー(ベンに局部を触られたと証言した少女)…ドレア・ド・マッテオ
十代のクリシー…アッディ・ミラー
クリシーの母親…ローラ・カユーテ
ルー・ケイツ(クリシーの父)…リチャード・ガン
ジョセフ(住宅局の男)…マイケル・クラブツリー
リビーの代理人…グレン・モーシャワー
警察官…カール・パーマー ほか

スポンサーリンク

あらすじ:起

1985年10月13日の深夜、カンザス州に暮らす母子家庭の一家3人が惨殺される事件が起きた。
当時8歳だったリビー(シャロン・ストーン)は異変をいち早く察知して窓から飛び出して逃げ、警察に保護された。
殺されたのはリビーの母親パティと2人の姉・ミシェルとデビーだった。
その後、取り調べを受けたリビーは「ベンが皆を殺した、そうだろ?」という刑事からの問いにうなずき、リビーの実の兄で長男、当時16歳だったベンが犯人として起訴され、終身刑の判決が下った。
事件発生当時ベンにはアリバイがなく、警察に対して極めて反抗的で、さらに悪魔崇拝の傾向があったため、それも警察が彼を怪しんだ原因だった。
しかし、ベンはほぼリビーの証言だけを根拠に有罪になっており、ベンが犯人だという物的証拠は見つかっていなかった。


(警察に保護されたリビー 引用:https://www.cinemacafe.net

2015年。リビーは38歳になった現在も事件が起きた家に一人で住んでおり、定職につかず遺族に贈られる寄付金や、数年前に出版した自叙伝の印税で生活していたが、事件から年月がかなり経っているため寄付をしてくれる人も少なくなり、本もあまり売れないためお金に困っていた。
彼女の代理人は「寄付金に甘えずにちゃんと働いていれば困ることはなかった」と就職を促すが、リビーは聞く耳を持たなかった。

リビーは彼女宛てに届いていた一通の手紙を代理人から受け取った。
それはライル・ワース(ニコラス・ホルト)という男性からで『我々の会合に参加してくれたら500ドル支払う』と書かれていた。
お金に困っていたリビーはすぐにライルと会うことにした。

ライルとコインランドリーで待ち合わせたリビーは、交渉の末に700ドルで『キラー・クラブ』に参加する約束した。
キラー・クラブは未解決事件や謎の多く残る事件を解明したり真相を推理するのが好きな人々が集まるサークルのようなものだった。
[ad]
集会当日。リビーが指定されたナイトクラブに行くと、クラブの2階にキラー・クラブのメンバー20人程が集まりリビーを待っていた。
この時、リビーはライルをはじめとするメンバーから「ベンが本当の犯人だとは思えない」と打ち明けられた。
メンバーは、真犯人はリビーの父親でパティの元夫ラナーだったのではないかと推理していた。
当時ラナーはパティに金の無心をして断られた経緯があったからだ。
また、メンバーはベンの釈放を願っていて、そのためには新たな証拠提出が必要だが、提出可能な期間が残り3週間に迫っていて、しかも事件発生から10年経つと警察署に保管されている今までの証拠も全て破棄されてしまうため、彼らは焦っていた。
リビーはラナーがどんな人物だったか、どこに住んでいるのかなど聞かれたが、パティとラナーが離婚したのはリビーが2歳の頃だったので何も知らなかった。
リビーは事件のことを根掘り葉掘り聞かれて気分が悪くなった上、当時の証言内容について非難されたり嘘つき呼ばわりされたので、怒ってその場から立ち去った。

会合に参加してから、リビーは事件が起きた前後のことを思い出すようになった。
当時リビーたち家族は古い農家で暮らしていたが、事件が起こる何日か前、住宅局のジョセフという中年男が現れて、パティに「この家は差し押さえることになった。金がないなら出ていってもらうしかない」と告げていたことを思い出した。

キラー・クラブの会合から数日後、リビーは車を取り戻すためにお金が必要になり、再びライルと会った。
リビーはライルと交渉し、キラー・クラブのために事件を調べる手助けをする約束をして800ドルを手に入れた。
リビーは犯人はベンだと信じていたので、メンバーたちに思い知らせるつもりでもあったのだ。
この時、リビーはライルに強く言われて、ベンと直接会って話をすること、ラナーの居場所を突き止める約束をした。

スポンサーリンク

あらすじ:承

その後、リビーは刑務所に行ってベンと面会し、30年ぶりに顔を合わせた。
当時高校生だったベンは46歳の中年男になっており、当時ふさふさだった髪の毛も今では禿げあがっていた。
ベンはリビーが会いに来たことをとても喜び、他愛のない話やパティの話を嬉しそうに話した。
母親の話を平然とするベンに違和感を覚えながらも、リビーはこみ上げる恐怖心と憎しみから、とても冷たく接することしかできなかった。
ラナーの大体の居場所を聞き出した後、リビーが「あなたが殺したんでしょ?」と聞くとライルは「違う」と即答したが、「じゃあなぜ上訴しなかったの?」と聞くと黙ってしまった。

面会の後に再びライルと落ち合ったリビーは、ライルから事件の調査記録だという分厚い資料を渡されて気が遠くなった。
また、リビーがラナーの居場所がわからなかったことを伝えると、ライルは「ラナーはもういい、今はクリシーの父親のルー・ケイツが怪しいと思ってる」と告げた。

事件発生の少し前、『ベンが4人の少女を農場に連れ込み悪魔の儀式を行おうとした上に局部を触ったらしい』ということで、警察がパティに警告を行ったことがあった。
その4人の少女の内の1人がクリシーで、ルー・ケイツはクリシーの父親だ。
ルーは過去に暴行罪で服役したことがあるという。
リビーはメンバーたちの推測がコロコロ変わることに若干呆れつつ、ライルと別れた。

リビーはベンが犯人だと信じていたが、資料を読んで当時の彼の様子や性格を思い出す内に『ベンに人殺しなんて出来るはずがない』という気持ちも湧き上がってきた。


(資料を読み込むリビー 引用:http://eiga-suki.blog.jp

資料からクリシーの母親の連絡先を知ったリビーは母親に電話をしてみた。
彼女とルーは既に離婚していたが、現在ルーは以前住んでいた場所の付近のどこかで飲んだくれになっていて、クリシーはコロンビアのストリップクラブで働いていることを教えてくれた。
[ad]
その後、リビーとライルはクリシーに会うためストリップクラブに行った。
クリシーに当時のことを尋ねると「農場に呼び出されて隠れてフェラさせられた、そこに悪魔の祭壇があって、変な儀式もさせられたわ。
私の父親があいつを殺してくれてたら、あの家族は今も生きてたのに!」と語った。

帰宅した後、リビーはわざと荷物を山積みにして固く閉ざしていた部屋の一室を開けてみた。
そこはリビーの『消し去りたい記憶』をしまっている場所で、彼女自身の出版本や、パティ、ミシェル、デビーの私物などが置かれていた。
姉の日記に目を通したリビーは当時、ベンにディオンドラという恋人が居たことを知った。


(当時のベンとディオンドラ 引用:https://www.cinemacafe.net

翌日。リビーはベンが言っていたラナーの居場所である高齢者施設に行ってみると、ラナーは禁止行為を繰り返したため追い出されて、今は恐らく有毒廃棄物の処理場にいるだろうと知らされた。
言われるがまま有毒廃棄物処理場へ行ってみると、そこはホームレスの溜まり場で、確かにラナーはそこにいた。
ラナーはパティが当時お金を渡してくれなかったことをまだ根に持っている発言をした後、当時ギャンブルでトレイという若者から借金をしていて、トレイから「ディオンドラが妊娠したから、ベンに金を渡してやれ」と言われたことがあると語った。
トレイはベンの悪友で、違法薬物の売買などをしている先住民だ。
この時、リビーはラナーからパティの生命保険金や本の印税を渡すようしつこく求められたが「全部使った」と断った。

その後、ライルと連絡を取ったリビーは、 ディオンドラが事件の後から公式に行方不明になっていることを知った。
刑務所にも足を運んでベンに彼女の居場所を聞いたが、ベンが一切答えなかったので、リビーは「彼女に何かある」と感じたものの手がかりを失ってしまった。

・挿入歌
『COME SEE』Belong
『Do You Wanna Touch Me?(Oh Year)』Joan Jett & the Blackhearts
『Harder Than Steel』Jag Panzer
『Keep Your Hands To Yourself』Georgia Satellites
『If I Live, or if I Die』Cuff The Duke
『Never Came Close』Belong
[ad]

解説・考察や感想など!

終盤で一気に畳み掛けるように真相が明かされた上に若干複雑だったため、事件の流れや気になった点などについておさらいしていきます。

事件の真相は


(引用:https://www.cinemacafe.net

はじめに簡潔に言うと、パティとデビーを殺したのはジョセフ、ミシェルを殺したのはディオンドラです。

1985年当時、リビーの家族が住んでいた地域で『負債者の天使事件』と呼ばれる事件が度々起こっていました。
それは、金銭的に困窮したて債務者に近づき「楽にしてやる」などと巧みに誘導して債務者に自殺を決心させ、お金を受け取って債務者を殺すという事件でした。
この犯人が住宅局をかたってパティに近づいた男ジョセフです。
ジョセフは元農民の中年男で、彼自身もかつては債務者で破産した過去を持つ人物でした。

パティは当時、ベンの悪魔崇拝に関することで警察から警告を受けたり、住んでいた家から立ち退き願いの予告を受けたり、元夫のラナーからの金の無心など、とにかくお金に困っていた上に、精神的に不安定な状態だったこともあり、そこをジョセフに付け込まれたのです。 
パティは自殺を決心し、ジョセフが用意した『殺人許可証』にサインをし、貯金の大半をジョセフに支払う約束をして、子どもたちはパティの死後におりる生命保険金で生き延びてもらおうと決心したのです。

ジョセフが殺しに来る約束の日、ベンは警察に小児性犯罪者として疑われていることを知り、ディオンドラの進言もあって彼女と一緒に町から逃げる決心をします。
この時ベンはディオンドラの家にいましたが、逃げるためのお金が必要になったので、ディオンドラと一緒に一旦自宅に戻って自分のへそくりを持ち出すことにしました。

ベンはディオンドラに車で待つように言いましたが、この時違法薬物を吸ってハイだったディオンドラは家に入ってきてしまいます。
困ったベンはディオンドラを自身の部屋に連れていき家出の準備をしていたとき、長女のミシェルに見つかってしまいました。
ミシェルが「聞いたわよ!全部ママに話す!」と騒いだため、ディオンドラは怒ってミシェルをベッドに押し倒して首を締めました。
ベンがディオンドラを止めていた時、ジョセフは既にパティを殺すため家の中に侵入していました。
ジョセフが廊下に出ていたパティをナイフで刺した直後、デビーが子ども部屋から走り出てきたので、ジョセフは驚いてデビーを銃で撃ち、続けてパティも撃って逃げるように家から出ていきます。
物音や銃声に驚いたベンは廊下に出て様子を伺うと、パティとデビーが血まみれで倒れ、男が逃げていくのが見えました。
さらにリビーがパティの部屋の窓から出るのを見て、犯人と鉢合わせたら危険だと思い急いでリビーを追いかけて、リビーが物置小屋に隠れているのを確認すると「そこでジッとしてろ!」と声をかけて部屋に戻りました。

部屋に戻ると、ディオンドラはベンが目を離していた間にミシェルを絞め殺していました。
ベンはディオンドラを責めましたが、ディオンドラは反省どころか「ミシェルが騒ぐから仕方なかった!リビーにも見られたかもしれない、あの子も殺すしかない!」と言い出す始末です。
ベンはとりあえずディオンドラと一緒に家から逃げました。

以上が事件の真相です。
一応その後は、リビーとライルの告発でディオンドラは警察に逮捕され、クリスタルは消息を絶っています。
ディオンドラと入れ替わりでベンは釈放されることになり、釈放されたらクリスタルを探すようです。
ベンはクリスタルと会ったことが一度もないと言っていたので、上手く見つかるといいですね。

リビーは通常の生活に戻るようですが、事件の真相がわかってやっと事件と決別して前向きな人生が始まるようです。

スポンサーリンク

ベンが上訴しなかった理由

有罪判決になってもベンが上訴しなかったのは、恐らくディオンドラがそうするように仕向けたからです。
ミシェルを殺したのはディオンドラでしたが、彼女は保身のためにうまくベンを言いくるめて、ベンに罪をかぶらせたのでしょう。
「私達の子供のためにはあなたが服役するべき」などと言ったのかもしれません。

クリシーとベンの関係

ベンは警察から小児性犯罪者の疑いをかけられていましたが、真相は何だったのでしょうか。
クリシーがリビーに打ち明けていましたが、言い方が遠回しで掴みにくかったのでこちらも整理してみます。

クリシーは「当時、ベンが好きで付き合ったけど数週間で振られて、その後パジャマパーティーでベンのあることないことを喋ってしまった」というようなことを言っていました。
当時、ベンはボランティアで美術の講師をしていて、そのクラスの生徒だったのがクリシーでした。
クリシーはベンに好意を抱いてアタックし、2人は交際を始めます。
これは恐らくベンがディオンドラを好きになる前の話で、ベンがクリシーを振った時がディオンドラと付き合いだしたか出会ったかしたタイミングだったのだと思われます。

当時容姿にも性格にも自信があったクリシーはなぜ振られたのかわからず、怒ってパジャマパーティーでベンの悪口や、性的なことをさせられたなど嘘を言いふらしたのでしょう。
そして彼女に同情した友人3人と共謀し、「ベンに農場に連れ込まれて局部を触られた」と親に嘘をついたのです。
ショックを受けた親が警察に通報し、ベンは警察から疑われることになったということです。
つまり、ベンは無実です。

では、ベンのメモにクリシーたちの名前が書かれていたのは何だったのかとなりますが、それについては詳細が全く明かされていなかったのでわかりません(笑汗)
クリシーがべんについて何か書いているシーンが何度かあるので、ベンが怪しまれるように、クリシーが自分で名前を書いてメモを忍ばせたのかもしれません。

映画『ダーク・プレイス』関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました