「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ネタバレ解説|実在詐欺師がモデル!本人も出演してます | 映画鑑賞中。

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」ネタバレ解説|実在詐欺師がモデル!本人も出演してます

クライムドラマ

映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」について解説・考察しています!
実在の天才詐欺師フランク・W・アバグネイル・Jrの半生を描いた作品。

原題:Catch Me If You Can
制作年:2002年
本編時間:141分
制作国:アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ジェフ・ナサンソン
原作小説:『世界をだました男』フランク・W・アバグネイル、スタン・レディング著

出演者・キャスト&キャラクター紹介


(引用:http://eigamiyou.hatenablog.com
フランク・W・アバグネイル・Jrレオナルド・ディカプリオ
16歳で家出したあと、大手航空会社のパイロットや医師に成りすました天才詐欺師。
父親からもらった小切手の偽装から始まり、高度な小切手偽装で金をだまし取るようになる。

 


(引用:https://movies.yahoo.co.jp
カール・ハンラティトム・ハンクス
FBIの金融犯罪対策班の捜査官。
真面目一徹で、刑事仲間たちの冗談にも一切笑わない男。
バツイチ子持ちだが結婚指輪をまだはめている。
鋭い観察眼で着実にジュニアを追い詰める。
実話ではジュニア逮捕には様々な人物が関わったが、本作では関わった人々をカール1人に集約している。

 


(引用:https://pippupgii.blog.so-net.ne.jp
フランク・W・アバグネイルクリストファー・ウォーケン
ジュニアの父親。
文房具屋として成功して裕福な暮らしをしていたが、脱税がバレて財産の大半を失う。
家族思いだが、自分の思い通りに物事を進めるために、時には平気で他人に嘘をつくこともある。
ジュニアの虚言癖は父親譲り。
ポーラ・アバグネイル(フランクの母)…ナタリー・バイ
ブレンダ・ストロング…エイミー・アダムス
ロジャー・ストロング(ブレンダの父)…マーティン・シーン
ダーシィ(紳士服店のおばさん)…キャンディス・アザラ
融資担当者…マシュー・キンブロー
男子生徒…ジョシュア・コリンズ
本物の代理教師…マギー・メリン
エヴァンス校長…トーマス・コパッチ
ジョアンナ(早退届偽装の女子生徒)…ケイトリン・ダブルデイ
ジャック・バーンズ(不倫相手)…ジェームズ・ブローリン
ケスナー弁護士…アレックス・ハイド=ホワイト
銀行支配人(ジュニアにヒントを与えた)…スティーブ・ウィッティング
ジュニアが憧れたパイロット…ジェームス・モリソン
ポール・モーガン(ジュニアが取材した航空の人)…スティーヴ・イースティン
マーシー(CA)…エレン・ポンピオ
ルーシー(銀行受付)…エリザベス・バンクス
アール・アムダースキー(カールの同僚)…ブライアン・ホウ
トム・フォックス(カールの同僚)…フランク・ジョン・ヒューズ
シェリル・アン(1000ドルの女)…ジェニファー・ガーナー
ウェイトレス…ジェレミー・ハワード
盲目の紳士…スタン・ブライ
研修医…リッチー・モンゴメリー
アシュランド医師…ジョナサン・ブレント
ハリス医師…シェイン・エデルマン
キャロル・ストロング(ブレンダの母)…ナンシー・レネハン
モニカ(CA志望の女子大生)…ジェイミー・レイ・ニューマン
デブラ・ジョー(CA志望の女子大生)…デブラ・ケルナー
ミギー(CA志望の女子大生)…エイミー・アッカー
ショーン・ウィトキンズ(カールの上司)…クリス・エリス
マーシュ(カールの上司)…ジョン・フィン
印刷会社の老人…マラキ・スローン ほか

≪U-NEXT≫で『キャッチ・ミー・フ・ユー・キャン』が見られます! 31日間無料キャンペーン実施中。
※このページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

あらすじ紹介

あらすじ①:フランク・W・アバグネイル・ジュニアの少年時代

1963年のニューヨーク州ニューロッシェル。
16歳になる青年フランク・W・アバグネイル・ジュニア(レオナルド・ディカプリオ)は、両親と3人で幸せに暮らしていました。
※父親と名前が一緒なので、以下『ジュニア』と表記します。

ジュニアの父フランク(クリストファー・ウォーケン)は市から表彰されるほどの成功人で、ジュニアは父のおかげで裕福な暮らしを送り、両親の仲睦まじい姿を見るのが何よりも好きでした。

ところがある時、フランクの脱税がバレて国税局とモメた末に財産の大半を失ってしまいます。
家族は豪勢な一軒家から狭いアパートへ引っ越しすることになりました。

この一件から母ポーラと父フランクの仲は険悪になり、ポーラは裕福な男との不倫に走るようになりました。

ジュニアはストレスからか、転校初日の学校で教師に成りすますなどの奇行(今思えば前兆)に走ります。

ジュニアが16歳になってすぐ、ポーラがフランクに離婚を申し込みました。
ジュニアは両親の仲が悪くなったのはお金がなくなったからだと思い、『お金持ちであることの重要性』がジュニアの心に深く刻まれます。

両親の離婚に傷ついたジュニアは家出し、そのまま列車に飛び乗ってマンハッタンにたどり着きました。

 

あらすじ②:16歳で家出、詐欺師への道

ジュニアは16歳の誕生日にフランクから小切手の束をプレゼントされていました。
お金のやり取りの際に自分で使うための金額欄が空白の小切手です。

数日で所持金が底をつきたジュニアは、この小切手を偽装して生活費を得たり、ホテルに宿泊するようになりました。
初めの数週間はホテルや銀行を渡り歩いてうまくいっていましたが、小切手をよく見ればすぐに偽装とバレてしまう方法だったので、次第に銀行やホテルの目も厳しくなり上手くいかなくなりました。

そんなある日、マンハッタンの高級ホテルでパイロットやCAの華やかな世界を垣間見たジュニアは、パイロットに成りすますことにしました。

ジュニアは取材に来た高校生を装って大手航空会社パンナム航空に行き、パイロットの制服について細かく質問しました。
そして制服の担当部署に電話をかけて、パイロットに成りすまして制服を郵送してもらうことで本物のパイロットの制服を手に入れます。

制服を着て外を歩いたジュニアは、道行く人の自分を見る目が良い意味で明らかに変わったことを感じました。
制服を見れば銀行員の態度もがらりと変わり、ジュニアを怪しむ者は誰もいませんでした。
このことから、ジュニアは身なりや職業が社会的信用を得るのに重要だと学習しました。

 

あらすじ③:パイロットになり切る17歳、小切手偽装も高等化

ジュニアの常とう手段だった個人小切手の偽装で換金できるのは100ドルまででした。
『給料小切手』だと300ドルまで換金できると知ったジュニアは、給料小切手の偽装に励みます。
タイプライターと、パンナム航空の飛行機のおもちゃに貼られていた本物のロゴのシールを使ったので一見上出来な偽装小切手ですが、これもよく見たらわかる人にはバレてしまうため、ジュニアは銀行の窓口係をよく見極めて、騙しやすそうな若い女性を選びます。

ジュニアは銀行の窓口担当の女性ルーシーと恋仲になり、彼女から小切手の仕組みを詳しく教わりました。

ジュニアは空港に入り込んで副操縦士として飛行機に乗り、世界各地を行き来するフライトを楽しむようになります。
ジュニアの制服は本物なので、彼を怪しむ者はいません。
ジュニアはあらゆる場所で偽装小切手を使い、女遊びも覚えて優雅な生活を送ります。

ジュニアは家出してからも父フランクだけには定期的に手紙を送り、安心させるために「パイロットになった」と報告していました。
しかし本来ならパイロットになるには航空大学を卒業する必要があるので、フランクはジュニアの嘘を見抜いていましたが、何も言いませんでした。

ジュニアは17歳になった直後、1年ぶりにフランクと再会します。
フランクは自営業を再開していましたが、まだ収入は安定していませんでした。
ジュニアはフランクに「お金は僕が稼ぐから、ポーラと仲直りしなよ」と言います。
フランクは「そんなに簡単じゃない」と答えますが、ジュニアにはなぜなのかわかりませんでした。

 

あらすじ④:FBIが動く

ジュニアの小切手偽装による被害金額が増えてくると、FBI金融犯罪担当班のカール・ハンラティ(トム・ハンクス)のチームが組まれて本格的に犯人探しが始まりました。

その頃ジュニアはハリウッドへ飛び、偽装小切手を使いまくって豪遊していました。
カールは偽装小切手の出所を辿ってジュニアが滞在しているホテルにたどり着きます。
カールに職務質問されたジュニアは、カールが自分を逮捕しようとしていることを知ると、とっさに『バリー・アレン』と名乗り、秘密検査局(シークレットサービス)の関係者のフリをして嘘をつき、隙をついて逃亡しました。

クリスマスイブの夜。
ジュニアはカールに電話をかけ、ホテルで騙したことを謝りました。
カールに「クリスマスに電話してくるなんて、お前友達いないだろ」と言われると、ジュニアは怒って電話を切りますが、この電話がジュニアを特定する重要なヒントになりました。

その後、カールは『バリー・アレン』が人気コミックのキャラクターの名前だと知り、さらにジュニアが電話でニューヨークヤンキースの話をしていたことから、犯人は『ニューヨーク育ちの子ども』だと予想しました。

カールは『ニューヨークで家出人登録されている未成年』の家庭を一軒ずつ訪ねて不倫相手と再婚していたポーラに行き当たり、ジュニアの身元を特定しました。
この時初めてジュニアの悪事を知ったポーラは呑気に「弁償する」と申し出ますが、この時の被害総額は130万ドル(4億円以上)を超えていて、弁償で済む話ではなくなっていました。

あらすじ⑤:医師に転職し、ブレンダと婚約

ジュニアはその後も捕まることなく、18歳になった頃にはジョージア州アトランタへ拠点を移していました。
カールに追い詰められたことで偽装小切手を使い続けるのは無理だと感じたジュニアは、たまたま目についた病院の中を歩き回り、次は医者になることにしました。

ジュニアは小児科医の医師免許などを一式偽造して面接に行き、深夜の緊急治療室の監督の仕事に就きました。
監督は事務仕事がメインで、実際に患者の手当てをすることはほとんど無いため、ジュニアにとってはうってつけの職場でした。

病院で出会った看護師のブレンダ・ストロング(エイミー・アダムス)と恋に落ちたジュニアは、彼女と婚約すると同時にブレンダの父が検察官だと知ると、医師を辞めて法律関係に転職することにしました。

ジュニアは医師として雇われてからお給料をもらうようになったため偽装小切手を使わなくなり、カールはジュニアの居場所を突き止められなくなりました。

カールはフランクの自宅を訪ね、フランクが持っていたジュニアからの手紙を盗み見て、ジュニアがアトランタに居ることを突き止めます。
カールはすぐにジュニアの自宅と勤務先の病院に突撃しますが既にもぬけの殻で、その頃ジュニアはブレンダの実家のあるニューオーリンズへ引っ越していました。

その後ジュニアは司法試験をまともに受けて一発合格し、ブレンダの父ロジャーの下で雇ってもらえることになりました。

後日、ジュニアは父フランクに婚約を報告して結婚式に招待します。
ジュニアは「最高級の飛行機とスーツを用意するから、ママと一緒に来て欲しい」とお願いしますが、フランクは寂しげに「ポーラは再婚したから無理」と答えました。

この時ジュニアはフランクの家にカールが訪ねて来たと聞き、逮捕が迫っていることを知りました。

ジュニア18歳のクリスマスイブ。
この頃にはカールが盗んだ総額は400万ドルに達していました。
ジュニアは再びカールに電話して 「もうすぐ結婚するからもう追わないでほしい」と頼んでみますが、当然無理でした。
電話を切った後、カールは『もうすぐ結婚するルイジアナ州の医者』の情報を片っ端から調べます。

ジュニアの結婚式当日。
カールはジュニアの居場所を突き止め、部下を連れてストロング家に現れます。
カールの存在に気付いたジュニアは、ブレンダに逃亡中の身である事を打ち明けて「僕と一緒に逃げて欲しい」と言いますが、ブレンダは突然のことに呆然とするばかりです。

ジュニアは「2日後の朝10時、マイアミ空港で落ちあおう」とブレンダに言い聞かせると、隠し持っていた現金と着替えを持って窓から逃げました。

2日後。ジュニアが車の中から10時のマイアミ空港を見張っていると、約束通りブレンダが現れます。
しかし、彼女が警察の指示で動いているのは明らかだったので、ジュニアは静かに空港を去りました。

その後、ジュニアはCA志望の女子大生を集めてマイアミ空港を見張る警察の目をかいくぐり、高跳びしました。

結末と解説考察は次のページです!

感想などお気軽に(^^)

タイトルとURLをコピーしました