50回目のファーストキス(2018)ネタバレあらすじと感想~ | 映画鑑賞中。

50回目のファーストキス(2018)ネタバレあらすじと感想~

恋愛

世界的にヒットしたアメリカの同タイトル作を、人気連続ドラマ「勇者ヨシヒコ」の監督福田雄一が手掛けたリメイク作品。
ハワイに住むプレイボーイの天文学者・大輔(山田孝之)と、一日しか記憶が保てない病気になってしまった絵画教師・瑠衣(長澤まさみ)の恋の模様を描いたラブコメディです。

制作年:2018年
本編時間:114分
制作国:日本(撮影は全てハワイのオアフ島)
監督:福田雄一
脚本:福田雄一
原作:映画『50回目のファーストキス』(2004)

キャスト&キャラクター紹介

(引用:https://news.mynavi.jp
弓削大輔(ゆげだいすけ)…山田孝之
天文学者であり、ハワイのツアーガイドをしている若者。
ツアーに来る日本人女性客から非常にモテるため、数多くの女性とワンナイトラブを楽しむプレイボーイ。

 

(引用:https://tsutaya.tsite.jp

藤島瑠衣長澤まさみ
オアフ島に住む日本人女性。絵画の講師。
車の事故の後遺症で、事故の日以降の記憶を一日で失ってしまう記憶障害を患っている。
事故の日は彼女の父親の誕生日だったため、その日以来ずっと父親の誕生日の一日を繰り返している。

 

(引用:https://type.jp

藤島健太佐藤二朗
瑠衣の父親。建築家。
瑠衣のために、息子(瑠衣の弟)と協力して毎日同じ一日を繰り返している。

 

(引用:https://twitter.com

ウーラ山崎ムロツヨシ
大輔の友人。
大輔が研究で使っている天文台の近所の食堂の店主。

その他のキャスト
藤島慎太郎…大賀
スー…Myhraliza G Aala
ニック…Blake ”Brutus” La Benz
カイワレツアーガイドの社長…勝矢
カイワレツアーガイドの女性社員…山崎紘菜
名取医師…大和田伸也
10秒間のトム…コーディー・イースターブルック
大輔の虜になった日本人女性客…生越千晴青山めぐ逢沢りな安田カナ可知寛子桜井ユキ小林万里子
友人の女性…小宮有紗
警察官…福田えり
スポーツジムの女性客…尾畑美依奈
ネイルサロン店員…想乃 ほか

スポンサーリンク

ネタバレあらすじ

ハワイオアフ島でツアーガイドの仕事をしながら天文学の研究をしている弓削大輔は、自他共に認めるプレイボーイだった。
大輔は恐ろしいほどモテるため、何人もの日本人旅行客の女性とオアフ島で一晩の恋を楽しんでは、後腐れが無いように連絡先も交換せず、上手いこと別れを告げて姿を消すことを繰り返す毎日を送っていた。

大輔の女性関係はそういう危うい感じだったが、夜空に広がる星空に対しては非常に一途な情熱を注いでいた。
世界中のどこよりも星が美しいというオアフ島の天文台で毎晩星を眺めては研究論文を作成し、その論文がワシントンにある宇宙飛行センターの研究者の目に留まり、いずれはそこで働くことを目標に頑張っていた。
大輔にとって一番大切なのは星の研究で、1人の女性と恋愛し続けるのは研究の邪魔になる位に考えているので、毎回旅行客をターゲットに、彼女の旅行期間中だけのお付き合いが大輔にとって丁度良かった。

2017年10月のある朝。「KENEKE’S GRILL」というカフェ偶然立ち寄った大輔は、そこに客として居た女性・藤島瑠衣に一目ぼれした。
翌朝。ワッフルでお菓子の家を作ろうとしていた瑠衣に、大輔は爪楊枝を使うように提案して意気投合。
2人はしばらく楽しいひと時を過ごし、翌朝もこの店で一緒に朝食をとる約束をして別れた。

翌朝。大輔は約束通りカフェに来たが、瑠衣は大輔のことを全く覚えておらず変人扱いされてしまった。
動揺していた大輔を店主のスーが外に連れ出し、瑠衣は一年前に起きた自動車事故の後遺症で一日以上の記憶が保てない『短期記憶喪失障害』だと説明した。
瑠衣は短期記憶を長期記憶に変換する脳の機能が壊れてしまっているらしく、事故の日より前のことは覚えているが、後の記憶は眠ると全て忘れてしまい、目が覚めるとまた事故当日の朝に記憶がリセットされてしまうという。
瑠衣が事故にあったのは彼女の父親・健太の誕生日でもあった2016年10月9日だった。
瑠衣は事故から今日までの約1年間、ずっと2016年10月9日を繰り返しているのだ。
大輔は驚きとショックに包まれたまま店を出た。

瑠衣は父親の健太と弟の慎太郎と同居していた。
事故以来 健太と慎太郎は協力し合いながら、瑠衣のために毎日2016年10月9日(健太の52歳の誕生日)を繰り返していた。
瑠衣に真実がバレた日もあるが、そういう時は包み隠さず真実を伝え、泣きじゃくる瑠衣を慰めた。
しかし、瑠衣は翌日になるとまた全てを忘れて10月9日の朝を迎えてしまう。
健太と慎太郎は、毎日瑠衣が出来るだけ平和に過ごせるように、嘘がバレないよう努力しながら毎日暮らしていた。
それは、日本と違って一年中気候が変わらないハワイだからこそ実現出来ることだった。
一方で健太も慎太郎も、この毎日を一生続けることはできないことはわかっていた。
今はまだ大丈夫だが、このまま10年、20年と経って年を取れば、自分や家族の姿を見ただけですぐにバレてしまうだろう。
しかし解決策は見つからず、健太も慎太郎も途方にくれながら生活していた。

大輔は瑠衣のことを考えて気の毒になったが、彼女への恋心は捨てられなかった。
大輔は「どうせ一晩で忘れられるなら、彼女を落とすまでアプローチしてやる」位のつもりで瑠衣に接近してみることにした。
翌朝から大輔はスーとスーの息子ニックに呆れられながら、再びKENEKE’S GRILLに通いつめ、瑠衣にアプローチを繰り返した。
しかし、大輔のアプローチが突飛すぎるのか、初めて会った日のように上手くいかず数日が経った。

(瑠衣を口説こうと頑張る大輔 引用:https://woman.excite.co.jp

ある朝。大輔は下手な芝居で瑠衣に近づき同じ席に座ることに成功するも、去り際に携帯番号すら聞かなかったことで瑠衣を怒らせてしまった。
大輔は弁解しようと瑠衣を追いかけ、瑠衣の自宅にたどり着いた。
瑠衣の自宅前で大輔は瑠衣の父・健太と弟の慎太郎に捕まり、かなりキツめにお叱りを受け「もうあの店に行くな」と言われてしまった。

その後、ツアーガイドの会社に出勤した大輔は、社長に「好きな人の家族に交際を反対されたら、諦めるしかないですか?」と相談すると、社長は「親の言うことなんてくそくらえだ!」と答えた。
社長の言葉でやる気が出た大輔は、また明日から瑠衣に会いに行くことに決めた。
大輔が会社から出た後、ツアーガイドの女性社員は「本命は私じゃなかったか…」と肩を落とした。

翌朝から、大輔は瑠衣がカフェに行くまでの道に立ち、車がエンストしたと言って助けを求めてみたり、親友のウーラと喧嘩をしたりして、何とか記憶の片隅にだけでも残らないかと願いながら毎日瑠衣の気を引いた。

数日後。大輔は再び健太と慎太郎から呼び出しを受けて瑠衣の自宅に行った。
健太は大輔に、瑠衣が大輔と会った日だけは必ず 山崎まさよしの『One more time, One more chance』を口ずさんでいること、この歌は瑠衣たち一家にとって特別な歌だと告げた。
つまり、瑠衣も大輔に思いを寄せているということだ。
これを健太が大輔に告げてきたということは、健太と慎太郎は大輔を認めたということだ。
[ad]
数週間が経ち2017年11月のある日。
瑠衣の車は車検切れを起こしていて警察に取り締まられた。
その時、瑠衣は車検が切れていないことを警察官に証明しようとして『本物の』新聞の日付けを目にしてしまいパニックになった。
帰宅し瑠衣を見て状況を悟った健太は事故の新聞のスクラップを瑠衣に見せ、瑠衣の担当医がいる病院へ連れていった。
この一連の行動も、健太と慎太郎は何度か経験しているので慣れたものだった。
病院で瑠衣は、ドクターから記憶障害の説明と、この病気が恐らく一生直らないだろうと説明を受けた。
その後、瑠衣は大輔に「今日はありがとう。次に会う時はユリの話をしてね!」と言い、自宅に入った。
ユリは瑠衣の大好きな花だった。

数日後の朝。大輔は瑠衣を玄関前で待ち構え、瑠衣にユリの花束と自作のDVDを渡した。
そのDVDには瑠衣の事故の記録や、事故以降に社会で起きた主な出来事、大輔と瑠衣の出会いなどが記録されていた。
瑠衣は大輔が作ったそのDVDを見ると、取り乱すこともなく落ち着いて病気のことを受け止めていた。
そしてDVDを見た後は大輔とデートし、キスを交わす日々が続いた。
そのキスは瑠衣にとっては毎回ファーストキスで、キスをするたびに瑠衣は「ファーストキスって最高!」と笑顔で言った。

(博物館でキスをする大輔と瑠衣 引用:https://ciatr.jp

2人がキスした回数が30回を超えた頃。
その日ついに、大輔と瑠衣は満点の星空の下で心も体も結ばれ、さらに結婚の約束をした。
2人は夜明け前の星を見るために外で朝を待ったが、夜明けが来る前に寝てしまった。

翌朝。案の定 瑠衣は状況が理解できず叫び声を上げ、大輔は瑠衣を落ち着かせるのに苦労した。
瑠衣を家に連れて帰った後、大輔は健太と慎太郎に、瑠衣のために自分の夢を諦めようか悩んでいることを明かした。
大輔の夢はワシントンにある宇宙飛行センターで働くことだが、ワシントンに行けば瑠衣と遠距離恋愛になってしまう。
大輔の努力の甲斐あって瑠衣の症状は緩和されてきていて、大輔との関係も確実に前進している今、大輔は瑠衣を置いてどこかに行くことはしたくなかった。
大輔が打ち明けたこの悩みを、瑠衣はひそかに盗み聞きしていた。

翌日。瑠衣は仕事終わりの大輔の前に現れて突然別れを切り出した。
瑠衣は「あなたには夢を諦めてほしくないし、私と付き合っていても未来がないわ」と心境を明かした。
大輔は何とか止めようとしたが瑠衣の決意は固く、どうすることもできなかった。
一緒に瑠衣の持ち物から大輔の記録(デートの写真や大輔が登場する日記の一部など)を全て燃やし、最後のファーストキスを交わしてお別れした。
その後、自宅で泣いていた大輔に、宇宙飛行センターから『君の論文を読んだ。ぜひとも私たちの一員になって力を貸してほしい』とメールが入っていた。

それからの数週間、大輔はツアーガイドとしての仕事をこなしつつ、瑠衣のことを忘れるように努力しながら過ごした。
どうしてもくじけそうな時はウーラに話を聞いてもらい、ウーラは「お前の今までの努力を1人の女のことで無駄にすべきじゃない。彼女はもうお前を思い出すことはないんだから、むしろ幸運と思え」とアドバイスした。

(落ち込む大輔を励ますウーラ 引用:https://www.cinemacafe.net

大輔出発の日。
大輔を見送りに来た健太から、瑠衣は家族にもう迷惑かけたくないからと3週間前から入院していることを知った。
複雑な気持ちで飛行機に乗り込んだ大輔は、宇宙飛行センターにメール連絡をしようとパソコンを開いた。
パソコンの中にあった、消したはずの瑠衣の写真を目にした大輔は衝動的に飛行機を降り、空港を飛び出し、瑠衣が入院している病院へと走った。

病院に着いた大輔は、庭で患者たちに絵を教えている瑠衣を発見。「俺のことわかる?」と声をかけた。
瑠衣はしばらく黙った後、「わからない。けど、あなたに見せたいものがある」と告げ、大輔を瑠衣のアトリエに連れていった。
そこには瑠衣が描いた大輔の絵が何枚もあった。
瑠衣は大輔が瑠衣にとってどういう存在だったのか思い出せないが、毎晩大輔を夢に見ると明かした。
大輔は「君は僕の幸せのために僕と別れた。でも間違いだった。君こそが僕の幸せだ」と告げると、瑠衣は目に涙をためて頷き、キスを交わして抱き合った。

それから何年か後。
夜明けに目覚めた瑠衣は、見知らぬ部屋で寝ていたことに驚きながら、大輔が作ったDVDを見た。
そこには大輔と瑠衣が友人たちに見守られながらハワイで結婚式を挙げている場面や、大輔の努力が認められ、アメリカの『※ハロルド・ユーリー賞』を受賞したことなどが映されていた。
※ハロルド・ユーリーはアメリカの有名な科学者です。映像は、大輔の「星空を見ながら一緒に朝食を食べよう!」という言葉で締めくくられていた。
まだ薄暗い空の広がる屋上に瑠衣が出ると、そこで大輔と1人の女の子が瑠衣を待っていた。
その子はもちろん大輔と瑠衣の子どもだ。
瑠衣は女の子を抱きながら、満点の星空を見て感動した。

主題歌
平井堅『トドカナイカラ』

挿入歌
山崎まさよし『One more time, One more chance』

映画『50回目のファーストキス』関連商品(楽天)

スポンサーリンク

感想!

山田孝之と長澤まさみの英語が楽しめます。
特に山田孝之は英語喋り慣れてる感が漂ってたし、実際上手に喋ったと思いますW
こんなに英語が使われてる日本映画は今までに見たことなかったのでなんだか新鮮でした!

福田雄一監督ということで予想してはいましたが、ボケがしつこすぎてしんどくなった数か所以外は楽しめました!
でも山田孝之がどうしてもプレイボーイに見えない。 髪型のせいでしょうか?笑

難病が題材の作品ですが、コメディ調のおかげで重苦しくなく楽しく見られました。
コメディとシリアスのオンオフが激しくて銀魂かよ!と思ってしまいました笑
個人的に気に入ったギャグは長澤まさみがバット持ってムロツヨシ追いかけるとこと、大賀のゲイ発言に佐藤二朗がツッコミ入れてるとこです。

記憶が1日しかもたないって、考えれば考えるほど大変ですよね。
病気のことを理解してくれる人としか継続して交流も持てないし、いつか瑠衣がおばあちゃんになったら、昨日まで20代だったのに次の日起きたら80歳とかになっててショック受けるような毎日ですよ。
自分に置き換えると死にたくなるかもしれません(笑)
瑠衣の幸せについて考えてしまうんですが、大輔が毎日地道に努力して心の記憶に残れたように、娘のことも大輔と出会ってからのことも少しずつ覚えていけるといいな。
病気が治らなかった方向で考えていくと憂鬱になってきたので、いつか病気が治るハッピーなその後しか考えないことにしました(笑)


映画『50回目のファーストキス』関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました