「ターミネーター3」ネタバレ解説|賛否両論の3。 | 映画鑑賞中。

「ターミネーター3」ネタバレ解説|賛否両論の3。

SFアクション

映画『ターミネーター3』のネタバレ&解説をしています!

舞台は前作から10年後の2004年。
”審判の日”はやってこず、23歳になったジョン・コナーの元に再び未来からターミネーター(T-850)が現れた。
T-850は『審判の日は回避不可能であり、ただ先送りになっただけ』と話し、今回の目的はスカイネットが送り込んだターミネーター(T-X)からジョンとケイトを守ることだと告げた。

原題:TERMINATOR 3: RISE OF THE MACHINES
制作年:2003年
本編時間:109分
制作国:アメリカ
監督:ジョナサン・モストウ
脚本:ジョン・ブランカート、マイケル・フェリス
 

キャスト&キャラクター紹介

(出典:http://blog-imgs-24.fc2.com

ジョン・コナーニック・スタール

後に人類抵抗軍のリーダーとなる人物で、T-Xの標的となる23歳の青年。
13歳の頃、未来から来たターミネーター(T-1000)に命を狙われたが、同じく未来から来たターミネーター(T-800)に守られて生きながらえた。

1997年、母親サラが死んだ日に旅に出て、それからは住所不定でその日暮らしの生活を続けている。
※”審判の日”から7年が経過したものの、ずっと不安感が消えず、無気力に生きる。
※審判の日:T1、T2で核戦争が起こるとされていた日(1997年8月29日)。

 

(出典:https://www.cheatsheet.com

T-850アーノルド・シュワルツェネッガー

ジョンとケイトを守るために2032年から来たターミネーターで、前作に登場するT-800の記憶を受け継いだ改良型。
水素電池が動力源で、電池の状態が不安定になると自動で爆発する。
骨格の耐久性が上がっている他、心理学の機能も新たにプログラムされているが、T-800よりもどことなく冷淡で、より機械的で理屈っぽい言動が目立つ。
一方で、気に入らないサングラスを捨てたり、食料確保のために立ち寄ったコンビ二(ampm)では新しいサングラスをデザインで選んだりと、人間らしい動きをする場面も見られる。

 

 

(出典:https://renote.jp/

ケイト・ブリュースタークレア・デインズ

後のジョンの妻で人類抵抗軍の副リーダーとなる人物。T-Xの標的の1人。
2004年現在は動物病院で働いている真面目で堅実な女性で、婚約者のスコットと同棲している。

 

 

(引用:https://www.amazon.co.jp/

T-Xクリスタナ・ローケン

2032年のスカイネットが送り込んだ最新型の女版ターミネーター。
任務はジョン・コナーと将来ジョンの部下となる複数名の抹殺。
T-850が来ることは予測しており、T-850より知性もスピードもパワーも優れた対ターミネーター用ターミネーター。
プラズマ電池が原動力で、ネット回線を使って情報を得たり、ナノテク・トランスジェクターという機能で乗り物も含むマシン全般を遠隔操作できる他、腕には様々な武器が搭載されている。
登場した腕の武器はプラズマ砲、電動のこぎり、火炎放射器。
人間の男に対しては、油断させるために胸を大きくしてセクシーさを利用する場面も見られる。

 

 

(引用:https://renote.jp

ロバート・ブリュースターデヴィッド・アンドリュース

ケイトの父親で、前作のマイルズ・ダイソンと立場が似ている人物。
アメリカ空軍の高官でスカイネットを開発する”サイバー・リサーチ・システムズ (CRS)” の総責任者を務めている。
軍の機密情報にアクセスしているウィルスに悩まされており、部下は「スカイネットを使えば一瞬で駆除できる」とスカイネットの使用を促していたが、準備段階のスカイネットを使うのは危険だと判断して部下の申し出を拒んでいた。

 

 

(引用:https://renote.jp/

ピーター・シルバーマンアール・ボーエン

事件被害者の心理カウンセラーをしている精神科医で、かつてのサラの担当医師。
過去(前作)にターミネーターを見たことを妄想と決めつけているが、いまだにトラウマに苦しむ。
彼とシュワルツェネッガーだけがT1〜T3の全作に出演している。

・その他のキャスト

スコット(クレアの婚約者)…マーク・ファミグリエッティ
T-Xに車と服を奪われる女…キャロリン・ヘネジー
ロードハウスの用心棒…M・C・ゲイニー
T-850が服を奪ったストリッパー…ジミー・スナイダー
ホゼ・バレッラ(T-Xに殺される人物)…ロバート・アロンソ
ビル・アンダーソン(T-Xに殺される人物)…ブライアン・サイツ
ベッツィー(動物病院の急患)…モイラ・ハリス
ロバートの部下…チョッパー・バーネット
ロバートの補佐官…クリストファー・ケネディー・ローフォード
ジョンに激怒する男…ビリー・D・ルーカス
エドワード刑事…キム・ロビラード
ベル刑事…マーク・ヒックス
ampm店員…ジョン・フォスター ほか

スポンサーリンク

あらすじ前半

前作から10年後。23歳になったジョンは、サラの死後から放浪者になり家も定職も持たず、バイクで移動しながらその日暮らしの生活を送っていた。

ある日、走行中に事故を起こしたジョンは、鎮痛剤を求めて侵入した動物病院でジュニアハイスクールの同級生だったケイト・ブリュースターと再会した。
10数年振りの再会だったが、ケイトはジョンを犯罪者とみなして大型犬用の檻の中に閉じ込めた。
その直後、ケイトを抹殺しに来たT-Xが動物病院に突撃してくる。
ケイトが隠れて様子を伺っていると、T-Xは床に落ちていたジョンの血が付いたガーゼをなめると、ターゲットをジョンに変更した。
T-Xにプログラムされた抹殺の優先順位はジョンの方が高かったからだ。

その頃、周囲の異変を感じ取ったジョンは檻から脱出して部屋から出た時、T-850と出会った。
T-850はジョンと嫌がるケイトを問答無用でトラックに押し込むと、T-Xから逃げた。
逃げる過程で、T-850は原動力の水素電池が壊れ、予備の電池に切り替えた。

その後、T-850はジョンとケイトを守るために未来から来たことや、『審判の日』は先延ばしになっただけだとジョンに語った。
ジョンは長年抱えていた不安が現実になったと感じた。
T-850は、ジョンとケイトをサラの墓がある礼拝堂に連れて行った。
ジョンは彼女の墓の存在自体を知らず驚きだったが、棺の中は遺体ではなく、銃や爆弾などの武器で満たされていた。
T-850が言うには、サラの遺体はメキシコで火葬されたのち海に散骨され、棺の中の武器はサラの遺志で残したものだそうだ。
それは『審判の日』に戦争が起きなかったことを確認してから死んだサラも、先延ばしになっただけと悟っていた証拠だった。

ジョンが絶望していた時、ケイトを救出に来たSWAT部隊が現れた。
ケイトを無理やりトラックに押し込める様子をコンビニの店員が目撃し、通報されていたのだ。
ジョンは大人しく降伏しようとしたが、T-850の言葉に奮い立たされて自分の運命を信じ、T-850について行くことにした。
心理学の機能が搭載されていたT-850は、適切な言葉を選んでジョンをつき動かしたのだ。


(武器の入った棺を運ぶT-850 引用:https://screenrant.com

一方、ケイトはジョンとT-850の隙をついてSWATに保護され安心していたが、その直後に現れた彼女の婚約者・スコットに化けたT-Xに命を狙われた。
ケイトは直感で警察よりもジョンとT-850と一緒にいた方が安全と判断し、彼らの車に乗った。
その後、ケイトはスコットがT-Xに殺されたことを知らされてショックを受けた。

その後の移動中、T-850はジョンとケイトが将来結婚して子供を設け、その子どもも重要な役割を果たすことを明かした。
さらに、核戦争勃発後にケイトを通じて生き残りの軍人と接触したことをきっかけにジョンが抵抗軍を組織することや、『審判の日』が実は今日の18時18分であると知らされた。

戦争を止めるカギを握るのが、アメリカ空軍の高官であるケイトの父ロバートだとわかると、ジョンはT-850に命令してロバートに会いに行こうとしたが、T-850はジョンの命令を拒否した。
T-800はジョンの指示を聞くようにプログラムされていたが、T-850はケイトの命令を聞くように仕様が変わっていたのだった。
ケイトの命令で、3人はロバートのいるCRS(サイバー・リサーチ・システムズ)へ向かった。

車の中でT-850は、彼自身を過去に送ったのもケイトであることや、 T-850は元々ジョンを殺すためにスカイネットが作ったもので、ジョンが愛着を持っているT-800と同じ姿形で作られたこと、そして2032年7月4日に彼自身がジョンを抹殺をしたと淡々と明かした。
ジョンもケイトも自分たちの未来の話が信じたくないような内容ばかりで、話を聞き終わった後は呆然としていた。

スポンサーリンク

あらすじ後半

同じ時間、スカイネットはインターネットウィルスを仕込み、世界中でネットワークの通信遮断、空軍のシステム停止など様々な問題を起こした。
ロバートと部下たちはスカイネットの企みとは知らず、どこぞのハッカーの仕業だと思い込み慌てて対応する中、このことは上層部にも知るところとなる。
ロバートは上層部からスカイネットを使用してウィルスを撃退するよう命令されて、仕方なくスカイネットを起動した。
その直後、全てのコンピューターがスカイネットにハッキングされたと同時に、すでにCRSに忍び込んでいたT-Xが倉庫内にある大量の戦闘マシンを起動させ、軍の人間を次々に殺していった。

暴動が始まった直後にジョンたちはCRSに到着するも、ロバートは撃たれて重傷を負ってしまう。
ジョンはロバートに事情を話してスカイネットの核がどこにあるのか訊ねると、ロバートは金庫に入れていた赤いファイルをジョンに持たせ、ケイトを連れて社内にある小型飛行機を使って、シエラネバダ山中にあるクリスタルピークへ行くように言い残して息絶えた。
3人が飛行機へ向かおうとした時にT-Xが現れたので、ジョンとケイトだけが先に滑走路へ走った。

Terminator 3: Rise of the Machines (2003) – the agony booth
(T-XとT-850 引用:https://www.agonybooth.com

何とか滑走路にたどり着き、ケイトが飛行機を始動させていたとき、2人の前にT-850が現れて
なぜかジョンを攻撃する。
T-850はT-Xと戦った末、動けなくなった隙に身体経路のシステムをいじられて、ジョンを抹殺するように変えられてしまっていた。
一方でCPUは無傷だったため『ジョンを守る』という指示も生きている状態だった。
身体経路とCPUが真逆の指示を出し合うため、T-850は混乱の末に自らをシャットダウンした。
動かなくなったT-850をその場に残し、ジョンとケイトはクリスタルピークへ飛行機を飛ばした。

クリスタルピークにたどり着いた2人が入り口のロックを解除していた時、T-Xがヘリで追いかけて来るのが見えた。
ロックを解除して防護用の強化シャッターが開くのを待つが扉の開くスピードが遅く、T-Xに追いつかれそうになる。
いよいよピンチという時、再起動で復活したT-850が小型飛行機で現れて、T-Xを押しつぶしながら着地した。

ホッとしたのも束の間、開きかけていたシャッターが爆風を感知して閉まりはじめた。
シャッターをT-850が押さえてくれて、ジョンとケイトはほふく前進でシャッターを潜り抜けた。
ジョンがシャッターの下でT-850にお礼を言っていた時、下半身を失くしたT-Xが這いつくばりながらジョンを追いかけてきた。
T-850はジョンに「また会おう」と言った後、T-Xを捕まえて、最後の水素電池を取り出してT-Xの口に押し込んだ。

爆発音と爆風で、T-850がT-Xを道連れに自爆したのだと悟った。

ジョンはここのどこかにあるはずのスカイネットの核を爆破するつもりだったが、奥の部屋にたどり着いた2人は愕然とした。
部屋にあるのは30年程前に作られたであろう古いコンピューターや設備ばかりで、スカイネットの核でもなんでもなく、ただ頑丈に作られた政府要人のための核シェルターだった。
「あいつ(T-850)はなぜ俺たちを連れて来た!」と怒りに震えるジョンに、ケイトは「私たちを生かすことが彼の任務だからよ」と冷静に答えた。
ジョンが呆然としている間に、T-850が言っていた18時18分が過ぎ、スカイネットによる核攻撃が始まった。

こうしてスカイネットは戦争を引き起こし、全世界のネットの繋がるあらゆる場所に広がった。
スカイネットは核の存在しないコンピューターウィルスのような分散型のシステムだったのだ。

ケイトの父ロバートはジョンの話を聞いて戦争が起こることを確信し、スカイネットの抹消は無理だと判断してケイトを守るため、とっさに2人に核シェルターへ行くよう指示したのだ。
T-850がジョンに何も教えずにロバートの話に乗っかったのは、審判の日が避けられないことを大前提として、2人に今日この日を生き延びてもらうためだった。
それがT-850の目的であり、何度もジョンに伝えていたが、ジョンにはその真意がわかっていなかったのだ。
こうしてジョンは審判の日を迎え、T-850の「戦い続けろ」という言葉を胸に刻んだ。

スポンサーリンク

解説や考察・感想など

本作には前作のオマージュとなるシーンが多くあるのでその紹介と、制作までに様々なゴタゴタがあったことで知られているのでそれについても触れていきます。

 

ストーリーの矛盾について

冒頭シーンでジョンが『13歳の時にターミネーターに殺されかけた』と話していますが、T1の舞台はサラがジョンをお腹に宿す1984年、T2の舞台はその10年後の1994年なのでジョンは9~10歳だったはずなので、矛盾しています。
ちなみに、T2のジョン役であるエドワード・ファーロングのT2撮影当時の年齢は12~13歳でした。

また、ジョンとケイトはただの同級生だっただけでなく『10年前の中学生だったときにいちゃついてキスしたことがある』という接点がストーリーに組み込まれているので、”キスしても叩かれない年齢”として中学生まで年齢設定を引き上げたのかもしれません。

 

セリフやオマージュについて

本作に登場するセリフで、1と2のオマージュとなるシーンやセリフを紹介します。

There is no fate but what we make for ourselves.」 (運命は自分で作る)

ジョンの冒頭のセリフです。

これは前作のT2では、サラが木の机に”NO FATE”と彫っていたのを見て、ジョンがこの言葉の意味をT-800に説明したときの言葉です。
T1では、通常版でカットされたシーンでカイルがサラに向けて言っています。

 

サングラスを踏む

T-850がストリッパーから服を奪った直後、ポケットに入っていた星形の派手なサングラスをかけます。
気に入らなかったのかすぐに捨てて踏みつけてしまいますが、この踏みつけるシーンが前作T2でT-800がバラを踏むシーンを彷彿とさせています。

 

奪った車でカギを探す

T-850が最初に乗り込んだ車の中でキーを探す際、サンバイザーを開けて鍵がないか確認しています。
これはT2でジョンがT-800に教えたことで、彼が前作の記憶を持っていることを強調しています。
ですがサンバイザーから出て来たのはキーではなく時計だったので、結局はハンドル後ろの配線をいじってエンジンをかけています。

 

She’ll be back.」 (T-Xはすぐ戻って来る)

I’m back.」 (戻ってきた)

これは有名なセリフ「I’ll be back.」の主語を変えたセリフです。
本作に「I’ll be back.」は登場しません。
また、終盤にT-850がジョンとケイトの前に再び現れたときに「I’m back.」と言います。
これはT-Xに操られていたT-850が一度シャットダウンした後、復活して2人の前に戻ってきた際のセリフですが、T2以降、ヒット作に恵まれず人気低迷していたシュワルツェネッガーが、本作のヒットを願って発したセリフであるとも言われています。

 

ジョンがCRSの管理室であらゆる機械のスイッチをオンにする

ジョンは立ち寄った管理室で防犯カメラの映像に映っていたT-Xを見て、部屋にあったあらゆるスイッチを入れてから滑走路へ向かいます。
これはT1でジョンの父カイルが逃げ込んだ工場で、T-800の気を少しでもそらすためにとった行動と同じもので、T1のオマージュであると共に、カイルの遺伝子を受け継いでいることを強調しています。

 

T-Xの下半身がなくなる

争いの終盤、ジョンとケイトを追いかけてきたT-Xは、追いかけてきたT-850に飛行機で押し潰されて下半身を失い、上半身だけで這いつくばってジョンを追いかけきます。
これはT1の終盤で、T-800がカイルに爆弾を仕掛けられて下半身が吹き飛び、上半身だけになってもサラを追いかけるシーンのオマージュです。

 

T3制作までのあれこれ

 
T1、T2の監督ジェームズ・キャメロンはT3の制作を打診されたときに「ターミネーターは2で完結している」と断っていて、その後、アクション映画監督のジョナサン・モストウに決まっています。
 
シュワルツェネッガーは当初は「キャメロンが監督をしないなら出演しない」と発言していましたが、当時人気が低迷していたからか、体形を元に戻すなど役作りをかなり頑張って結局出演することになりました。
一方で、撮影場所やギャラなどでモストウともめたようです。
 
サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンにも出演依頼がありましたが「脚本が気に入らない」と断って声のみの出演に留まったそうです。
 
当初はT2のジョン・コナー役エドワード・ファーロングが本作でもジョン役で出演が決まっていたものの、薬物事件を起こして降板し、代打でニック・スタールがジョン役に抜擢されています。
彼はこの作品だけでなく、その他の何本かの映画を薬物事件で降板しています。悲しい。。
超余談ですが、ニック・スタールが口半開きの時にいつも舌が口の中で動いてるのが、見たくないのに動いているからつい目がいってしまって不快でした。笑
 
制作当時55~56歳だったシュワ氏が頑張って筋肉を取り戻したことと、アクションシーン全般は迫力があって良かったですが、個人的にはT-800のコメディ色が強すぎたというか、機械的な冷たさが全面に出ている一方で変に人間臭くなっていたのも気に入らないし、ジョンがダメ男になりすぎてたのも色々気に入らなかったです。
レビューを見てたら賛否両論だな~と思いながら、元気そうなシュワ氏が見れただけでも良かったと考えることにしました。
 

映画『ターミネーター3』関連商品(楽天)

・関連記事


前作↓
次作↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました