映画「カリフォルニア(1993)」あらすじ結末ネタバレ・感想評価 | 映画鑑賞中。

映画「カリフォルニア(1993)」あらすじ結末ネタバレ・感想評価

サスペンス

(出典:楽天市場

カリフォルニア

原題:KALIFORNIA
制作年:1993年
本編時間:118分
制作国:アメリカ
監督:ドミニク・セナ
脚本:ティム・メトカーフ
原作:

カリフォルニア|概要紹介

犯罪心理学を勉強中のノンフィクション作家ブライアン(デイヴィッド・ドゥカブニー)と、カメラマンの恋人キャリー(ミシェル・フォーブ)は、目的地のカリフォルニアまで”歴史的殺人現場ツアー”をしながら車で旅に出ることに決めた。
金がなかった2人は旅費を折半できる仲間を募集し、これに応募してきたのはいかにも貧乏そうなカップルのアーリー(ブラッド・ピット)とアデール(ジュリエット・ルイス)だった。
2人の身なりを見ただけでキャリーは嫌がったが、集まったのがこの2人だけだったため仕方なく4人で旅をすることに。
陽気でよくしゃべるアデールのおかげで場は和み、ブライアンは「育った環境が違うだけ」と、自分と恋人に言い聞かせながら車を走らせた。
アーリーはガサツだが、見方を変えれば男らしく悪い奴ではないと思っていたブライアンだったが、実はアーリーは逃亡中の殺人犯だった。

カリフォルニア|出演者・キャスト

アーリー・グレイス(ブラッド・ピット) アデール・コーナーズ(ジュリエット・ルイス) ブライアン・ケスラー(デイヴィッド・ドゥカヴニー) キャリー・ローリン(ミシェル・フォーブス) 保護観察官(ジャドソン・ヴォーン) マスグレイヴ夫人/サボテンのある家の住人(シエラ・ペシャー) ほか

カリフォルニア|みんなの感想・評価(5点満点)

 

杏仁どうぷの感想・評価|4.0 (出典:Filmarks
ブラッド・ピットが嫌いになりそうになった。
それくらい演技が上手かった!

 

マツナガの感想・評価|3.1 (出典:Filmarks
ブラピが汚いし狂ってるしな役でした。それでも男前なのはさすがです。この映画はジュリエットルイスがいなかったら観てられない。ほんとに天使。

 

滋賀野郎の感想・評価|4.5 (出典:Filmarks
ビールの栓の開け方真似した

 

以降はあらすじ詳細でネタバレ含みます。

[adchord]

あらすじ詳細①起

ペンシルベニア州に住む、駆け出しのノンフィクション作家ブライアン・ケスラー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)は、殺人鬼、特に極悪殺人鬼の心理に興味を抱き、本や新聞がほとんど参考にならないことを知ってから、同じく駆け出しの写真家の恋人キャリー・ローリン(ミシェル・フォーブス)と一緒に、夜な夜な殺人が行われた場所へ行き、実際に現場を見ながら文章の構想を練っていた。
ブライアンの夢はキャリーと共に現場取材を重ねて、自分が文章を書き、キャリーの写真を載せた本を出版することだった。

同じくペンシルベニア州に住むアーリー・グレイス(ブラッド・ピット)は、子どもの頃に学ぶような”やってはいけないこと”の境界線が理解出来ない男だった。
彼は少年の頃に盗みをはたらき、怒った父親に家を追い出されてから不良少年になり、人を殴り殺しかけたことで服役、現在は仮釈放中の身だった。
レストランで出会ったウェイトレスのアデール・コーナーズ(ジュリエット・ルイス)とレンタルのトレーラーハウスで同棲しており、アリーはアデールを”ママ”と呼んでいた。
仕事は州が手配してくれた鏡工場で働いていたが、周りにバカにされたため、工場をめちゃくちゃにして辞めてしまい、家賃を滞納して大家には会うたび怒鳴られうんざりしていた。
仕事を辞めたことはすぐにバレ、担当の監察官(ジャドソン・ヴォーン)は新しい清掃員の仕事を手配したが、アーリーは嫌がって「州から出たい」と言うと、監察官は「仮釈放期間が終わるまでは出られない、知ってるだろ!嫌ならムショに戻るだけだ」と去っていった。
一度はおとなしく清掃の仕事へ行ったアーリーだったが、清掃場所だった大学の掲示板で”旅仲間募集”の広告を見かけた。

家に帰ったアーリーは、うるさく家賃を催促してくる大家を殺してハウスの横の地面に埋め、ハウスと車を焼き払い、アデールを連れて州を出ることにした。

ある日、仕事が行き詰っていたブライアンは、殺人現場を取材しながら車で旅をする”歴史的殺人現場ツアー”に行くことを決意した。
同じく仕事が上手く行っていなかったキャリーも、最終的な行き先が彼女の行きたがっていたカリフォルニアだと知って喜んで同行することになった。
お金がなかった2人は旅の同乗者を大学の掲示板で募集して、ガソリン代を折半することにした。

出発の日。ブライアンとキャリーは待ち合わせ場所へ行き、そこで待っていは見るからに貧相な服装のアリーとアデールだった。
キャリーは2人を見て、色々と心配になり一緒に行くのを嫌がったが、応募してきたのがこの2人だけだったということもあり、ブライアンがなだめながら4人で出発することになった。
ブライアンは『人を見た目で判断しない』と、有名な記者がポリシーにしていたことを思い出した。
アリーはガサツだが、悪い奴には見えなかったし、アデールは言動が子どもっぽいが可愛らしいキャラで、よく喋るため場が和んだ。
[adchord]

あらすじ詳細②承

4人はテネシー州フォーブスにあるノバック農場にやって来た。
ここで当時雇われていた若者は、農家の事情で仕事をクビになった後、農家の家族を皆殺しにした。
ブライアンは事件概要を喋ってテープに録音し、キャリーが家の周りを撮影していたとき、この家に新しい家族が住んでいることに気が付いた。
ブライアンとキャリーは家の中の写真を撮らせてもらおうと家主にお願いしたが、家主は2人に暴言を吐いて家の中に戻っていった。
2人が玄関で交渉していた間、アリーはリビングの窓を開けて手を伸ばし、家の中の手荷物を盗んだ。
ブライアンは家主の対応に不満を抱いたが、『人々が嫌なことを忘れたがるのは当然だ』と思いなおすことにした。

モーテルに着き4人で夕食をとっている時、アリーは靴を脱いで足を掻き始めた。
靴下は穴だらけで見るからに汚く、隣に座っていて気が付いたキャリーは不快感たっぷりの顔でアリーを見つめると、アリーは渋々足をしまった。
食事の代金もアリーは「次の食事で払う」と、足早にアデールと部屋に戻ってしまった。
キャリーは部屋に戻ってから「食事中に足を掻くなんて信じられない。とんでもなく臭かった!お金だって今に全額払わさせられる」と愚痴を言いまくった。
ブライアンは「ちゃんと育ててもらえなくてかわいそうなだけだ。金なら今日のガソリン代を払ってくれたよ」とフォローしたが、それでもキャリーは嫌でたまらない様子だった。

アリーは昼間、農場の家から盗んだカバンの中身を見て、お金とハサミ以外はモーテルのゴミ箱に捨てた。

翌朝。ブライアンとキャリーがモーテルのカフェで朝食をとっているところに、アリーがやってきてキャリーの隣に座った。
遅れてアデールも入ってきて席に着くと、キャリーはアデールの髪が短くなっていることに気が付いた。
アデールは「アリーがこの方がいいって言うの」と、少し困った顔で笑った。
アリーがハサミで切ってしまったのだ。
キャリーは信じられないという顔でブライアンを見たが、ブライアンは何とか場を和ませようと、アデールの髪型を褒めるしかなかった。

しばらく走ってガソリンスタンドに到着したとき、今度はアリーが払う番だったので、アリーは手っ取り早く金を稼ぐことにした。
店員の様子や監視カメラの場所をチェックしているとき、お金がありそうな客が入って来たのを目にした。
客がトイレに入ったのでアリーもついて行き、その場で客を殺して所持金を奪い、手を洗ってから何食わぬ顔で外に出た。
アリーはガソリン代を払って店員にチップも渡し、今度はアリーが運転席に座った。
キャリーはやけに羽振りと期限の良いアリーの様子を見て不思議に思った。

人に出会うと最初はお互いの違いが気になる。だがやがて似たところが見えてくる。それが友情の始まりだ。
運転はアリー、助手席はブライアンだった。
後ろの女子組はアデールの誘いでカードゲームを始め、男子組は現在も未解決事件となっている※ブラックダリア事件について議論を交わしていた。
※ブラックダリア事件:1947年、ブラックダリアと呼ばれていた女優志望の女性が遺体で見つかった未解決事件。遺体は胴体で真っ二つにされていた。
ブライアンは犯人について「殺しをやめて社会復帰したと言われているが、犯人が殺しをやめられたとは思えない」と話した。
アリーはブライアンにわざわざ録音させて「犯人はまだ生きてる。毎晩、頭の中で繰り返し思い出してほくそえんでやがるのさ」と持論を展開した。
[adchord]
夜。モーテルに着いて食事を終えるとアリーがビリヤードに行きたがり、ブライアンが付き合うことになった。
残ったキャリーがアデールに彼との馴れ初めを聞くと、少し照れながら話してくれた。
アデールがヒッチハイクした相手がアリーで、彼の目を見たとき「天使の目だ」と思ったという。
それから彼が暮らしていたトレーラーハウスに転がり込んで一緒に住み始めたそうだ。
キャリーはつい、話しているアデールをカメラに収めた。
アリーは信用できなかったが、アデールには心を許し始めていた。
キャリーがアデールの乱暴に切られたままの髪を切り直してあげることになり、アデールは「この髪型、ほんとは気に入ってないの」と、喜んでアリーの部屋にお邪魔した。
アデールはキャリーと同じベリーショートのボブに切り揃えてもらってとても喜んだ。
キャリーはアデールが話すのを聞いていて、日常的に暴力をふるわれている様子を心配したが、アデールは13歳の頃に地元の男たちに暴行された過去があることを明かし、「アリーは普段は優しいし、一緒にいると落ち着くの」と話した。
キャリーは彼女の過去を知ってショックを受けた。

髪を切り終えると、アデールは子どものようにはしゃいでキャリーの足にピンクのペディキュアを塗りながら
「アリーは刑務所から出て来たばかりで、理由が拳銃の不法所持と、警察官を殴って公務執行妨害で捕まったことなの」と笑いながら話した。
アデールは、キャリーが笑わないのを見て「面白くない?」と聞いたが、キャリーが「拳銃も公務執行妨害も、全然笑える話じゃないわ」と気まずそうに答えると、アデールは急に「お酒を飲み過ぎたみたい」と泣きはじめた。
お酒を飲んだのがバレたらアリーに殴られるからだ。
キャリーは彼女にビールを渡したことを謝ったが、アデールは泣いたまま部屋に戻っていった。

ブライアンとアリーはバーに入ってビリヤードを始めたが、ブライアンがすぐに店の常連らしき男に因縁をつけられ絡まれた。
ブライアンが困っていると、アリーが突然男をビンで殴り、倒れてからも何度も蹴りつけた。
用心棒の男たちは他の常連客の証言を聞き、絡んできた男だけを引きずって連れていった。
ブライアンは急に男を殴って生き生きとしているアリーに目を疑った。
その後は何もなくビリヤードと酒を楽しみ、べろべろに酔った2人はバーから出て最後のビールを2人で分け合いながら、アリーはブライアンに「キャリーは育ちが良くて賢い女だ」と褒めた。

明け方。ブライアンがモーテルに戻るとキャリーは寝ずに待っており、すぐにアデールがアリーから暴力をふるわれていること、アリーが刑務所に入っていたことを話した。
ブライアンはアリーから刑務所の件は『車を盗んだから』と聞いていたが、キャリーは『拳銃不法所持と公務執行妨害』とアデールから聞いた。
アリーは人によってバラバラに適当なことを言っているようで、本当の罪が何なのかわからない。
キャリーは彼がどうしても信用できず、「本当は人殺しの罪かもしれない」と一緒に旅するのをやめたがった。
ブライアンは「人殺しならまだ刑務所か、仮釈放だろ。それなら州から出られないはずだろ」と言うと、キャリーは「勝手に逃げてるとしたら?」と呑気なブライアンに危機感を持ってもらおうとがんばったが、ブライアンは眠気に耐え切れず、話を無理やり終わらせて眠ってしまった。

数時間後。無理やり動き出したブライアンはまだ酒が抜けきらず、運転はキャリーがすることになった。
ブライアンとアリーの帰ってくるのが遅かったため、アデールはお酒を飲んだことがバレなかった。
[adchord]

あらすじ詳細③転

アリーは好きな時に好きなことをする実に単純な男だ。
それが魅力的か恐怖かと聞かれれば、恐らく両方だろう。

移動中、アリーの荷物に拳銃があるのをキャリーが見付けて嫌悪感をあらわにしたが、ブライアンは逆にアリーから銃の撃ち方を習ったりした。
ブライアンが少しずつアリーの影響を受けているのを見てゾッとしたキャリーは、これからどうするべきか真剣に考え始めた。

やがて4人は次の殺人現場である、テキサス州ルーイストン食肉処理場に到着した。
ここは母親から虐待を受けて育った少年がある時から復讐を開始し、その作業に使っていた場所だった。
アリーとアデールは車に残り、現場にはブライアンとキャリーが行くことになった。
2人きりになると、キャリーはブライアンと拳銃のことで口論になり、キャリーは撮影をやめて車に戻ろうとしたが、車内ではアリーとアデールがいちゃついている場面を見てしまった。
2人が愛し合う様子に惹かれたキャリーはその様子をカメラに収め、シャッター音に気が付いたアリーは、キャリーに不気味な視線を送りながら行為を続けた。
気味が悪く我慢できなくなったキャリーは「次に止まった場所でアリーを降ろして。そうしないなら私が降りる」と真剣にブライアンに伝えた。

車は次のガソリンスタンドに着き、ブライアンに2人に説得を任せ、キャリーは売店に入った。
キャリーが3人の話が終わるのを待っていたとき、店内のテレビで、数日前に自分たちが立ち寄ったガソリンスタンドで人殺しがあったことと、防犯カメラに残された”犯人と思われる人物”としてテレビに映ったのはアリーだった。
キャリーがどうするか考える暇もなく、ブライアンから「これ以上一緒に旅できない」と言われて怒ったアリーは、売店に侵入して置いてあった護身用のライフルを奪って店員を殺し、キャリーの髪を引っ張って無理やり車に乗せ、アデールに運転させて車は出発した。
4人の立場はすっかり変わってしまった。
ブライアンとキャリーは人質のようになってしまい、アデールはアリーの暴走に困惑するだけで何もできず、アリーの言いなりだった。

アリーは、ブライアンに予定通り次の殺人現場に向かわせ、4人はネバダ州デビッドソン鉱山に着いた。
ここは昔、採掘をしていた兄弟がヒッチハイカーを拾ってきては殺していた場所だった。
アリーとブライアンが車から降り、アリーはキャリーに「逃げたらブライアンを殺す」と言い残して現場へ向かった。
見学しながら、ブライアンはアリーになぜ人を殺すのか聞いた。
アリーが答えようとしたとき、外の異変を察知して話すのをやめた。

ショックで放心状態のキャリーに元気を取り戻してもらおうと、アデールはヨーヨーの得意技を見せ続けた。
キャリーはアデールに、彼が異常な人殺しだと訴えて助けを求めたが、アデールは「アリーが殺してないって言ったんだから殺してない!」とキャリーの言葉に耳を貸さず、車から流していた音楽の音量を最大にした。
2人が口論していた時、通りかかったパトカーから警官が2人現れてキャリーたちの様子がおかしいことに気が付いたが、警官の存在に気付いていたアリーが警官を2人とも殺してしまった。
アデールはアリーのしたことを見て泣き叫び、ブライアンとキャリーは助けてもらう機会を失った。

車はアリーが運転し、アデールは助手席でずっと耳をふさいでいた。
しばらく走り続けていると、通りにお洒落な一軒家を見付け、アリーはビールを求めて無理やり家に押し入った。
玄関に出て来たのは1人の老婦人(シエラ・ペシャー)で、婦人は2階にいる夫の存在を気付かれまいと、アリーに「未亡人だ」と話した。
庭にはサボテンがたくさんあり、家具にもサボテンモチーフのものがたくさんあるのを見て、サボテン好きのアデールは喜んだ。
ブライアンも、アデールに事の深刻さをわかってもらおうと説得したが、アデールは耳をふさいだり話を逸らしたりするばかりだった。
ブライアンとキャリーはピアノの脚に手錠でつながれ、アデールは老婦人に、彼女自身もサボテンが好きなことを話した。
アリーは家の中を歩き回り、2階で望遠鏡をのぞいている老人がいることに気が付き、ゴルフクラブで殴って殺した。
婦人は異変に気が付いて急いで夫の元に駆けつけたが、夫はすでに亡くなっており、叫ぶ夫人を見てアリーは「これで未亡人になった」と笑った。
婦人は気絶し、アデールは目をふさいだ。

アリーがキャリーの写真集にダメ出しをしている間、アデールは意識を取り戻した老婦人をこっそり裏口から逃がした。
婦人を逃がしたことに気が付いたアリーは、婦人も殺してしまおうとして探したが、過ちを繰り返すアリーにアデールはうんざりして、庭にあったサボテンの鉢を持ち上げて思いきりアリーを殴った。
「愛してたのに、あんたは悪い人だった。もう一緒にいたくない!」
別れを告げられてショックを受けたアリーは、その場でアデールを殺してしまった。

アリーが居ない間、ブライアンとキャリーはピアノの脚を上げて脱出しようとしていた。
キャリーが自由になった時、顔にサボテンの針が刺さったままのアリーが動揺しながらリビングに戻ってきて「新しい女が要る」と、ブライアンに銃を向けた。
キャリーが必死で「殺さないで」と頼み込むと、アリーはブライアンを殴り気絶させ、キャリーを別の部屋に連れていって乱暴した。

翌朝。アリーはキャリーを車に乗せて出発した。
キャリーにアデールの服を着せ、ママと呼ぶようになった。
ピアノにつながれたままだったブライアンは、戻ってきた老婦人に助けてもらい、車を借りて2人を追いかけた。

夕方まで車を走らせ、アリーはネバダ州の端の核実験地区にある実験用の一軒家に侵入していた。
アリーは中に置いてあったマネキンにいたずらをしてしばらく遊んだが、遊びにも飽きて夜になると、アリーはキャリーのお尻を触った。
同時に、キャリーは隠し持っていたガラスでアリーを刺して逃げようとした。
だがアリーの傷は致命傷にはいたらず、キャリーは捕まって殴られ、ベッドに手錠でつながれてしまった。

翌日。ブライアンはアリーのいた家を見つけ出し、アリーが出てくるのを身を潜めて待っていた。
ドアから出て来たアリーに殴りかかり、銃を奪ってアリーを撃った。
倒れたアリーは「人を殺すのはなぜか、もう聞かないのか?楽しいからだよ」と言いながら、息絶えるまでブライアンの顔を強く掴んでいた。

あらすじ詳細④結

事件から数年が経ち、ブライアンとキャリーは一緒にカリフォルニアで暮らしていた。
ブライアンはあれからずっと、アリーがなぜ人殺しになったのか考え続け、決定的な理由はまだわからなかったが、見ていてわかったこともあった。
彼には罪を犯したあとの罪悪感、良心の呵責がなかったのだ。
ブライアンは旅で残した写真と録音したカセットテープを広げ、アリーの録音した言葉を聞きながら執筆活動に励んでいた。
やがてブライアンは新しい仕事が決まったキャリーとお祝いもかねて昼食に出かけた。
止めるのを忘れて流しっぱなしのテープから、アデールが録音した声が流れて来た。
「あたいとアーリーを旅に誘ってくれて本当にありがとう。とても楽しんでるわ。カリフォルニアに着いてもあたいたちを忘れないでね。だって、友達って大切だし、それに、他に友達っていないの。・・・バイ!」

主題歌:THE INDIANS『Look up to the sky』

「カリフォルニア」(1993)関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました