アニメ映画「マイマイ新子と千年の魔法」あらすじ結末ネタバレ・解説・感想評価 | 映画鑑賞中。

アニメ映画「マイマイ新子と千年の魔法」あらすじ結末ネタバレ・解説・感想評価

青春

 

(出典:楽天市場

昭和30年の山口県防府市を舞台に、おでこにマイマイ(つむじ)
を持つお転婆で妄想遊びが得意な新子の日常を描く。
新子はおじいちゃんが教えてくれた”この町の千年前の風景”を想像しながら町を走り回る毎日を送っていた。

制作年:2009年
本編時間:93分
制作国:日本
監督:片渕須直
脚本:片渕須直
原作:小説/高樹のぶ子『マイマイ新子

マイマイ新子と千年の魔法|概要紹介

昭和30年の山口県防府市を舞台に、おでこにマイマイ(つむじ)を持つお転婆で妄想遊びが得意な新子(声:福田麻由子)の日常を描く。
新子はおじいちゃんが教えてくれた この町の千年前の風景を想像しながら町を走り回る毎日を送っていたが、ある日、新子の小学校に東京から喜伊子(声:水沢奈子)が転校してきた。
都会っ子の雰囲気に惹かれた新子は徐々に喜伊子と仲良くなり、やがて2人はいつも行動を共にするほど仲良しになった。

マイマイ新子と千年の魔法|声の出演・キャスト

青木新子(福田麻由子) 島津貴伊子/転校生(水沢奈子) 鈴木タツヨシ/5年生、寡黙(江上晶真) ひづる先生(脇田美代) シゲル/同級生(中嶋和也) ミツル/5年生、大柄(西原信裕) ヒトシ/同級生、小柄(川上聡生) 青木光子/新子の妹(松元環季) 青木小太郎/新子の祖父(野田圭一) 青木長子/新子の母(本上まなみ) 青木東介/新子の父(竹本英史) 青木初江/新子の祖母(世弥きくよ) タツヨシの父/警察官(瀬戸口郁) バー・カリフォルニアの女(喜多村静枝) やくざの親分(関貴昭) 考古学者(久賀健治) 一平/同級生、映画館の息子(冨澤風斗) ほか
・千年前の人々:
諾子・清少納言/少女(森迫永依) 千古/諾子の屋敷で働く下女(奥田風花) 多々良権周防介/地方豪族(小山剛志) 清原元輔/諾子の父(塚田正昭) ほか

 

マイマイ新子と千年の魔法|みんなの感想・評価(5点満点)

(出典:Filmarks

yukaの感想・評価|4.0
最初はなんか教育アニメみたいと思ったけど途中からすごさに気付いて後半グズグズに泣いてしまった

 

ごましおの感想・評価|2.5
昭和30年頃の田舎の風景描写の美しさと生き物たちの躍動感は、特筆すべきもの。
少女たちの想像力は千年の時を飛び越えてつながるとともに、目を覆いたくなるような現実にも立ち向かう。
ラストの別れの場面も、爽やかで鮮やか。

 

kndの感想・評価|3.2
状況というか背景を異常に詳細に描くことで登場人物の存在感、生きてるんだぞ感が強くなってて、この描写の仕方はこの世界の片隅にに繋がっていくのだなあと思った。
こんなにいい人ばかりでいいのだろうかとも思ってしまうところも多々あるのだけども、急に突き放したような出来事を淡々と描いていくようなところもあり、そのバランス感が好きでした。

 

くらみちまことの感想・評価|3.6
子供の頃って結構色々考えたり思ったりしてたなぁって、少し懐かしくなる映画だった。

 

!これからこの映画を見る方へ!

この作品にはエンドロール後にも映像があります。見逃さないようにご覧ください。

以降はあらすじ詳細でネタバレ含みます。

あらすじ詳細①起

昭和30年の山口県防府市。両親の東介、長子、祖父母の小太郎、初江、妹の光子と共に暮らす、おでこにマイマイ(つむじ)をもつ小学3年生の青木新子はいたずらっ子で空想好きの少女だった。

光子をよく泣かせてはおやつを盗んで家からこっそり逃げ出して、家の周りの広い麦畑の中や、元教師の祖父 小太郎が作ってくれたツタのハンモックの上で過ごしながら、小太郎が教えてくれた、千年前の街 平安時代当時の風景や人々の暮らしを思い描きながら毎日を過ごしていた。

ある日、新子の通う中学校に東京から島津貴伊子が転校してきた。喜伊子はまだ制服も出来ておらず私服のワンピース姿で香水をつけて登校し、クラスメイト達は喜伊子を「香水がくさい」などと警戒して誰も話しかけようとしなかった。
喜伊子は母親を亡くし、父親の転勤を機に新子の住む街に引っ越してきた生徒だった。

 

その日は担任の先生の奥さんに子どもが産まれるということで1限目が自習になった。

クラスには日本地図の色塗りが課題として出され、それぞれが課題をこなしたりお喋りしたりする中、あるクラスメイトが喜伊子の使っている色鉛筆の色の種類がたくさんあることに気が 付き、喜伊子のまわりに生徒達が集まって28色もある色鉛筆をうらやましがった。
その様子を見ていた、ペットのカメをひもにくくり付けて学校に連れて来ている男子のシゲルが、喜伊子に水色の色鉛筆を貸してほしいとねだった。
喜伊子から見るとシゲルはとても汚くて貸すのは嫌だったが、断われずに貸してしまった。

シゲルは案の定、力強く色鉛筆を塗りつけて芯を何度も折っては自前のナイフで鉛筆を削ることを繰り返し、鉛筆が無くなってしまうと危険を感じた喜伊子は色鉛筆を返してもらおうとしたが、シゲルは暴れていやがった。
そこに担任の先生が登場し、シゲルだけが廊下に立たされた。

放課後になり、喜伊子が気になった新子は1人でとぼとぼと帰っている喜伊子の後を つけ、踏切で立ち止まった喜伊子に「なんでシゲルだけが立たされたんじゃ?」と聞いた。

だが喜伊子の返事は電車の音にかき消されてしまい聞き取れなかった。
新子は喜伊子の後をついていき、喜伊子の住む社宅にたどり着いた。

社宅と言っても庭付きの一戸建てで、庭には木や花が多く植えられているおしゃれな家だった。
喜伊子は新子を家に入れてくれ、新子は家の階段を見て「私の住むあたりじゃどこにもない!」と珍しがりながら登り、洋風の家具やフランス人形のある喜伊子の部屋に入った。

会話がなく数分が過ぎ、15時の時計が鳴ると喜伊子が「牛乳を飲もう」と新子を1階に案内した。
台所にはガス式の冷蔵庫が置かれており、新子は感動した。

新子や周りの家の冷蔵庫は、まだ氷屋から氷を買って冷やすタイプのものだった。

牛乳をコップに注ぐ喜伊子に新子が「お父さん、偉い人なんか?」と控えめに聞くと、喜伊子は「ううん、お医者さん」と答えた。
喜伊子は「香水なんかつけて行くんじゃなかった」と呟きながら戸棚に香水を戻した。

戸棚には亡くなった母親の写真が飾られていて、香水は母親のものだったらしい。

新子は慰めたかったが、香水をつけたことで余計にクラスで浮いていたのは事実だった。
喜伊子が居間に置いてあったオルゴールを開くと、音楽と共にピンクや青の綺麗な色が天井にうつり、新子は幻想的な光景に見とれた。

[adchord]

今度は新子が喜伊子を自宅に招待した。

新子は喜伊子に、畑に居るのがおじいちゃんとおばあちゃんだと説明してから、庭の地面に隠し ていたグリコのおまけなどを集めた透明な宝箱を喜伊子に見せてから自宅に入った。
玄関には光子がおり、1人で人形遊びをしていた。

光子は喜伊子の持っていたお土産を見て新子と喜伊子について来た。

喜伊子がお土産だと紙袋から出したのは、お父さんの机の上に置いてあったというウィスキーボンボンだった。
3人はウィスキーボンボンを食べて酔っ払い、光子が「喜伊子ちゃんのお母さんは?」と聞くと、喜伊子は「私のお母さん、肺に水が溜まって死んじゃった!」と笑い出した。

新子と光子も笑っていたところに新子の母親 長子が帰宅して、3人の様子を見て大慌てで祖父母を呼んだ。だがなす術はなく、祖父母と長子は酔っぱらった3人の子を眺めながら残っていたウィスキーボンボンをかじった。※当時、ウィスキーボンボンはあまり見ない高級品だった。

新子と喜伊子は酔い覚ましにハンモックで風に吹かれ、やがて酔いが覚めた新子は喜伊子に、おじいちゃんから教えてもらった千年前と変わっていない道や川を紹介した。

新子は「千年前の風景を思い浮かべるときは、必ずマイマイがざわざわするんだ」と、空想交じりに道の牛車をよけて歩く新子を不思議がりながら、喜伊子も新子の話に興味を持ち、新子に連れられて一緒に麦畑の中を通って周防国衙跡に行ったりして空想遊びを楽しんだ。

新子は川が直角に曲がっている場所を見付け、喜伊子にこういう場所は昔、建物があった証だとおじいちゃんから教わったことを教え、2人でどんな建物があったのか想像を膨らませた。
その空き地では歴史学者たちが遺跡の発掘をしており、新子は空き地の外から大きな声で、人形が出てくるかどうか聞いた。

歴史学者は「それは土に残らんから出てこんけど、おったかもしれんね~、君たちと同じ年頃の子が!」と返し、新子と喜伊子は喜んだ。

その日の夜、喜伊子は千年前の少女がどんな子だったか想像しようとしたが思い浮かばず、マイマイが欲しくなった。
[adchord]

あらすじ詳細②承

千年前の平安時代に暮らす姫様、諾子(なぎこ)は歌人である父親の清原元輔と一緒に周防に移住してきた。

同じ年頃の女の子がいると聞いていたので、一緒に遊ぶ人形を作ったりして女の子が訪ねてくるのを待っていたが、その女の子はいつまでたっても訪ねてこなかった。

諾子は退屈しのぎに人形を作って余った折り紙の端切れを川に流した。

ある日、地方豪族の多々良権周防介がずっとひとり遊びしている諾子を心配して声をかけると、諾子は自分と同じ年頃の女の子がいると聞いていたと話した。
多々良は諾子にその女の子が亡くなってしまったことを説明すると、諾子は悲しんだ。
多々良の一族は鉄を作ることを生業としており、最も良い鉄が流れ星からとれるため、流れ星を追いかけてここ周防にたどり着き、それ以来何百年もここで鉄を作り続けている。

喜伊子の制服が出来上がってクラスにもだいぶなじみ、新子と喜伊子は毎日のように一緒に遊ぶようになった。
ある日、新子と喜伊子が2人で遊んでいたとき、新子の友人のクラスメイト シゲルと、同級生で体の小さいヒトシ、5年生で何かと新子たちの親分になりたがるミツル、寡黙でいつも木刀を持っている親分肌の5年生タツヨシと出会い、新子に連れられて喜伊子も男の子たちと一緒に小さな川でダムを作って遊んだ。

やがて子どもが作ったにしては立派なダムが出来上がった。

満足しながら水が溜まるのを待ち、流そうとしたところに赤い折り紙のような金魚がどこからか流れてきて、新子たちは不思議に思った。

家に帰って金魚のことをおじいちゃんに話すと、おじいちゃんは新子たちがダムづくりをした川も、千年前は大きな川で、昔は舟も通っていたはずだと新子に教えた。

[adchord]

翌日、学校で千年前の少女のことを保健室の優しくて美人なひづる先生に話すと、先生は”清少納言”の文献を見て少女に関することを教えてくれた。
少女の名前は諾子(なぎこ)と言い、父親が和歌を詠む人で、周防守になって京都からやってきたと記されていたという。

放課後、新子と喜伊子は給食のパンを持って、ひづる先生の机の上に手紙が置いてあったのを思い出して「恋人宛てかな?」と盛り上がりながら、ダムに金魚がちゃんと生きているかどうか見に行った。
金魚は元気にダムで泳いでおり、ダムにはダムづくりをした全員がパンを持って集まっていた。

金魚は5年生のミツルの提案で”ひづる”という名前になった。

金魚を見終わってから6人は映画館の息子の一平にこっそり映画館に入れてもらい、恋愛映画を見た。
観終わった後、新子は「私も思春期になったらあんなことに興味を持つようになるのかな?」と顔を赤くし、喜伊子は「ひづる先生には幸せになってもらいたいな。私のお母さんに似てる気がする」と空を見上げた。
男子たちはキスシーンのマネをしてふざけ合っていた。

同じ日の放課後。ひづる先生は机に置いていた未完成の便箋を破り捨てると、引き出しから同じ宛名の大量の手紙を取り出して焼却炉に捨てて火をつけた。

やがてダムには6人だけでなく、他のクラスメイトたちや、新子の妹 光子やその友達などが集まるようになり、喜伊子にも友達がたくさん出来た。

喜伊子は金魚を見ながら新子にクラスに馴染むことができたことを感謝した。

新子は「あともう1人友達になりたい子がおる。私、諾子と友達になりたい」と言い、喜伊子もうなずいた。
[adchord]

あらすじ詳細③転

諾子は相変わらずひとり遊びしながら毎日を過ごしていた。

ある日、諾子は地方豪族の男の子たちを連れて山へ行き、きれいな白い花の低木の枝を男の子たちに切らせて牛車の屋根いっぱいに飾り付けて町中を通り、花びらの舞う牛車の姿は美しく、町民たちの目を引いた。
諾子は町中で、諾子の屋敷で働いている少女の千古を見かけた。

千古は普段は全く喋らず、ただ黙々と毎日仕事をこなしている少女だった。

小さな声で千古に向かって「遊ぼうよ」とささやいた。

諾子は屋敷に帰ってきてから、男の子の1人に上げ土門の屋根の上の土に植物の種を植えさせ、千古は男の子が種を植える様子を不思議そうにながめていた。


新子たちは、誰が言い出したのか『山洞窟の中に山賊がいる』という噂を確かめるため、洞窟に山賊退治に向かった。

木刀を持っているタツヨシを先頭に洞窟に乗り込むと、穴の中に光る目が見えて新子、喜伊子、ミツル、シゲル、ヒトシは悲鳴を上げて逃げ出した。

タツヨシは驚かなかったが、皆が逃げていったので後をゆっくりと追いかけていった。
ついて来ていた光子は光る目の正体が猫だったことに気が付いており、猫を捕まえて「怖くないじゃん」とぼやいた。

新子たちは麦畑の近くにたどり着き「怖かったね~!」と笑っていると、新子の母親 長子が新子に「光子はお昼寝の時間だから家に帰してね~」と頼んだ。

新子が返事をして周りを見てから、光子を山に置いてきてしまったことに気が付いた。

 

新子たちは必死で来た道を戻って探したが見つからず、新子は途中で偶然会ったひづる先生に妹のことを聞いたが、先生も光子を見ていなかった。
全員がいったん新子の自宅前に戻ってきたとき、玄関に警官であるタツヨシの父親がいた。

恐るおそる玄関をのぞいてみると、光子は猫をつれて自宅に戻ってきていた。

山からゴルフ場に入り込んでゴルフボールを拾おうとしていたところを、タツヨシの父親が保護してくれたとのことだった。一同は安心してタツヨシの父親にお礼を言った。
タツヨシの父親は子どもたちの前でタツヨシの持っていた木刀をかっこよく一振りした後、タツヨシに「持ち出すのはえぇけど、ちゃんと戻しとけよ」と言い自転車で去っていった。
こどもたちも、新子のおじいちゃんもタツヨシの父親を褒め、タツヨシは照れた。

玄関で光子が無事に帰ってきたことを喜んで撫でまわしていたところに、「見つかってよかった」と、安心した表情のひづる先生が現れた。先生も光子を探してくれていたのだ。

新子と光子は途中までひづる先生を送っていたとき、先生が左手の薬指に指輪をしていることに気がついた。
先生は新子だけに、結婚することになったから、来週の月曜日で学校を辞めることを打ち明けた。

新子は驚いてお祝いを言い、相手がどんな人なのか聞いた。
先生の結婚相手は大学時代の同級生で、東京に住むラグビー選手だと言う。結婚したら東京に行くことになっていると新子に話した。

後日、新子がこっそり喜伊子だけにひづる先生の結婚の話をすると、喜伊子はとても喜んで新子を連れて走り出し、原っぱに花をたくさん摘みに行った。

その時、喜伊子には諾子の「遊ぼうよ」と言うささやき声が聞こえ、喜伊子は力強くうなずいた。

喜伊子は新子と一緒に花をたくさん摘んで、お祝いにダムの中にある金魚のひづる専用の囲いに花をいっぱい飾り付けた。

シゲルとヒトシもビー玉を持ってきて、ひづる金魚の囲いの中に入れると、赤や青のビー玉でとても綺麗になった。

その日の夜、新子は押入れの中から碁石を見つけ出し、「これも金魚のひづるの所に飾ろう」と光子と話しながら眠りについた。

[adchord]

翌朝。新子は、諾子が教育係の女性たちに「もう遊んではいけない」と怒られる理由が理解できず苦しんでいる夢を見て、涙を流して目が覚めたが、新子は夢を覚えていなかった。
新子と光子が碁石を持ってダムに行くと、男の子たちはダムの前で立ちすくみ、喜伊子がひづる金魚の囲いの上に立ってうつむいていた。

新子と光子が様子を見てみると、ひづる金魚は死んでしまっていた。
喜伊子は囲いの中に母親の香水を瓶ごと入れて飾っていたのだが、いつの間にか瓶のふたが開いてしまっていたのだ。

新子たちは周防国衙跡の裏にひづる金魚のお墓を作ってやり、皆で葬式をした。

シゲルが「ちゃんとお祈りすれば天国に行って、8月15日に返って来るでのう」と光子に説明していると、聞いていた喜伊子は「帰ってくるわけない。私のお母さんは帰ってきたことがない」とつぶやいて1人で帰ってしまった。
新子は帰っていく喜伊子の後姿を見つめた。

新子は家に帰ってからおじいちゃんに金魚のことを説明して「千年の魔法の土地やて言うとった国衙跡に埋めたから、金魚生き返るよね?生き返って、次は千年生きるよね?」とおじいちゃんに聞いたが、おじいちゃんは困ったように黙ってしまった。

翌日、新子の所にシゲルが走ってきて、シゲルの家の近くの川で、ひづるにそっくりの金魚を見つけたと教えた。

ひづるが生き返ったんだと確信した新子はすぐに喜伊子にそのことを言い、放課後6人で集まって金魚探しをしたが、喜伊子は皆の後に黙ってうつむきながらついてくるだけだった。

その日、結局金魚は見つからなかった。土手で休憩している時、ミツルがひづる先生の噂を話し始めた。
ひづる先生は既婚男性と付き合っていたが、恋人が奥さんと別れてくれずにやけくそになり、別の男性と結婚したという噂話だった。

ミツルは「それを聞いちゃったら、金魚に付けた”ひづる”って名前も汚い名前のような気がする」とつぶやいた。
皆が黙っていると、タツヨシが「金魚は明日必ず見つかる。この木刀がそう言うんじゃ。だから明日また集まって、皆で笑おう!喜伊子も笑え!」と木刀を天にかざした。タツヨシの言葉で皆が元気になった。

 

解散して数時間後、新子の家に突然タツヨシが訪ねて来た。

新子が玄関に出ると、タツヨシは「残念なことになった。明日になったらわかると思う。俺だって悔しいんや」それだけ言って悔しそうに道草を投げながら帰っていった。
新子は「なんのこと?わからんよ!」と言ったが、タツヨシは行ってしまった。

そのすぐ後、おばあちゃんがご近所さんから聞いた情報を台所で長子に話していた。

タツヨシの父親が警察署で首をくくって自殺していたのが見つかったのだ。
なんでもタツヨシの父親は”バーカリフォルニア”という店の女性に入れあげていて、同じバーの2階にたむろしていた港町のやくざから何十万もの借金をしてしまっていたらしい。

その責任を取ると遺書も残されていたという。
※昭和30年頃の会社員の平均月収は約3万円
母 長子はとても驚いてため息をつき、居間で隠れて聞いていた新子もショックで座り込んだ。
『バラバラになりかけていた私たちが同じ明日に希望を持てたのは、タツヨシのお父さんの木刀のおかげじゃったのに・・・。無実の罪じゃ!そうに決まっとる。助けておじいちゃん』

そこに、お風呂から上がったおじいちゃんが、母とおばあちゃんの話を止めに入った。
小太郎「いい加減にせんか!鈴木巡査の息子さんが新子の友達だと知らんのか!新子に聞こえたらどうする!」
母とおばあちゃんは一瞬黙ったが、母が口を開いた。
母「死ぬのって苦しいんじゃろうか?」
初江「あんたはまたそんな女学生みたいなこと言いよって!」
母「だって・・・」
小太郎「まぁ、いろいろ誘惑もあったんじゃろう。女よりもまず、博打につかまったんじゃろのう。よくある話じゃ」

聞いていた新子は、おじいちゃんがタツヨシの父親の噂話を鵜吞みにしたことが許せなかった。

新子は大人たちに「喜伊子に約束したおもちゃを届けてくる」と言い、蔵から米を持ち出してタツヨシの家に走った。
玄関を叩いてもだれも出てこず、新子は縁側から部屋に入ってタツヨシを呼んだ。

タツヨシは部屋の隅に座っていて「明日になれば、大人たちからもう俺と遊ぶなと言われるぞ。明日の約束も、もう無しじゃ」とぶっきらぼうに言った。
新子「だから今日、ひづるを探そう!私、家出してきた。大体、何でもうタツヨシと遊んだらいけんのよ?悪いのはバーなんとかの女なんでしょ?」

新子はタツヨシの母親が今日帰ってこないことを知り、父親の敵討ちに連れていくことにした。
[adchord]

あらすじ詳細④結

『拝啓 喜伊子さま うちはこれから遠くへ行ってお金持ちに拾われるかもしれんし、悪いギャングに捕まってしまうかもしれません。
うちは、千年の魔法なんかはもうやめて、私の想像で喜伊子を引っ張りまわすのはやめます。今までごめんなさい。』
新子は喜伊子に手紙を書いて玄関に入れ、タツヨシとバーカリフォルニアに向かった。
すぐに手紙に気が付いた喜伊子は玄関を開けて辺りを見たが新子はもうおらず、喜伊子は部屋に戻って新子のことを考えた。
『よくわかんないよ。でも、わからなくなる位、離ればなれになっちゃってたのかな。
どうしてかな、私がもうお母さんのことなんて考えないって決めちゃったから?
でもね新子ちゃん、それじゃあ新子ちゃんしか知らない千年前の女の子がかわいそうだよ。
新子ちゃんが居なくて私ひとりだと、もう絶対あそこには行けないなあ』

喜伊子は新子と麦畑で遊んだ日々を思い出して、ひとりベッドでうずくまった。

そのまま喜伊子がふと目を開けると、喜伊子は見知らぬ屋敷の中に居た。鏡を見てみると喜伊子は千年前の姫君、諾子の姿になっていた。
慌てているうちに地方豪族の男の子たちが喜伊子(諾子)を呼びに来て外に出ると、上げ土門にはピンクの綺麗な花がたくさん咲いていて、喜伊子はその様子に見とれ、前に見たことがある気持ちにもなった。

あたりを見回すと、喜伊子が新子たちと盗賊退治に行った山が見え、喜伊子はここが千年前のこの街なんだと気が付いた。
そのままこっそり男の子たちと町に繰り出すと、職人たちが鉄を打つ音がいたるところから聞こえ、町人たちは生き生きとしていた。
『すごいよ、ここは千年前の町だ!やっぱり諦めちゃだめだよ!新子ちゃん!』

やがて喜伊子(諾子)は男の子たちに連れられてボロボロの家に来た。中では千古とその家族たちがおり、千古以外は寝込んでいるようだった。

喜伊子(諾子)が中に入ると、母親が起き上って出てきて、お腹を壊して仕事に出られなかったことを土下座して謝り始めた。
喜伊子(諾子)は千古にもお腹が痛いのか聞くと、千古は首を横に振った。喜伊子(諾子)は笑って欲しいと思い、千古に屋敷の門で摘んだピンクの花を差し出した。
その後、喜伊子(諾子)は千古の幼い兄妹たち2人に人形劇をして見せて、千古にも手伝わせると子どもたちはすぐに笑顔になった。

子どもたちは人形を抱えて眠り、喜伊子(諾子)は千古に「明日も遊ぼうよ」とささやき、千古は微笑んでうなずいた。

港町の夜の店が並ぶ路地にたどり着いた新子とタツヨシは互いに活を入れ合いながら、タツヨシの記憶を頼りにバーカリフォルニアを探した。
路地裏の人けのない通りにその店はあった。

新子とタツヨシが恐るおそる階段を上がっていくと、部屋の中から男と女の声が聞こえ、やがてドアから金髪の女性と、丸いサングラスをかけた柄の悪そうな男性が現れた。
新子は勇気を振り絞って「おばさんがバーカリフォルニアの女ですか?おじさんが、博打ば打ちよるやくざですか?」と叫ぶと、金髪の女は「そうよ。お姉さんがバーカリフォルニアの女」と答え、やくざらしき男性は「こんな小便くさいガキは、親の代わりにワシらがしつけしてやろう」と、気が付くと新子とタツヨシの後ろにもう1人やくざがおり、2人にじりじりと近づいてきた。

タツヨシは新子を背に守って木刀をやくざに向けてにらみつけたが、新子はなおも金髪の女性に「タツヨシがお父さんの敵討ちに来ました!タツヨシのお父さんはまじめなお巡りさんで、金髪の女の人に引っかかって自殺したから!うちらの明日の約束を返して!」と涙声で叫び、金髪の女性は驚いた顔をした。

事情が分かった金髪の女性は新子とタツヨシをバーに入れた。

女性はタツヨシの前で座ってうつむき、タツヨシが女性にゆっくり近づいて軽くゲンコツすると、女性は「まさかこないなことになるなんて・・・」と泣きじゃくり始めた。

やくざは新子とタツヨシにラムネを出してくれて新子だけが受け取った。やくざが「鈴木巡査はベーゴマのことになると、急に子どもみてえになったなあ」とタツヨシの父親の思い出話をしたとき、どこからともなくピンク色の花びらが落ちてきて新子のラムネのコップに入った。
タツヨシは父親にベーゴマの削り方を教えてやると言われた時に嫌がって父親に殴られ、その時とても酒臭かったと話し、やがてタガが外れたように泣き出した。

新子はタツヨシの様子をマイマイをざわつかせながら見守った。

しばらくして新子が「もう行こう!」と言うと、タツヨシは叫びながら店を飛び出し、新子もタツヨシに続いた。2人は叫びながら走り続けて来た道を戻っていった。

やがて2人は見慣れた川や麦畑の道まで戻ってきて足を止めた。

タツヨシはそこで新子に、明日から母親の実家の大阪に行くことを明かし「将来自分に子どもが出来たら、ベーゴマの削り方や凧のあしのつけ方、ちゃんと教える!」と力強く言った。
新子に木刀を渡して帰ろうとしたタツヨシに、新子は「いっぱい遊ぼうや!子どもたちに色んな遊び教えれるように、いっぱい遊ぼうや!」と叫ぶと、
タツヨシはふり向いて初めて「へへッ」と笑顔を見せて走り去っていった。

 

タツヨシが帰った後、新子はしばらくその場でタツヨシの笑顔を思い出していた。帰ろうとしたとき、そばにあった川で金魚を見付けた新子は急いで喜伊子の家に走った。
喜伊子に金魚のことを伝えると、喜伊子は見たい!と新子よりも早いスピードで走り出した。
美しい天の川の夜空の下で、新子と喜伊子は金魚を見付けることができた。やがて懐中電灯の電池が切れてしまったが、新子と喜伊子はしばらく蛍の飛ぶ川のそばで天の川を眺めていた。

しばらくすると、新子の父親 東介が「おじいちゃんたちが心配しとるぞ!」と自転車で新子を連れ戻しにやって来た。新子は父親似なんだろう。東介は豪快な男だった。

新子と喜伊子は手をつなぎながら歩き「明日も遊ぼうね!」と約束した。

月曜日になり、ひづる先生は退職していき、シゲル、ヒトシ、ミツルも結局は泣きながらひづる先生を見送った。

 

その後、秋になり2人は変わらず毎日のように一緒に遊び、おじいちゃんに色々なことを教えてもらった。
冬の終わりにおじいちゃんが亡くなり、春になって、今度は新子が父親の働く大学の近くの町に引っ越すことになった。

新子の引っ越しの日、いつも一緒に遊んでいた6人全員で新子を見送った。

シゲルはペットのカメを、喜伊子は美味しいと評判のお店のたい焼きを新子にプレゼントした。
新子と喜伊子は草笛を吹きながらお別れし、千年前の少女、諾子と千古もどこかで草笛を一緒に吹いていた。

主題歌:コトリンゴ『こどものせかい』

『マイマイ新子と千年の魔法』関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました