映画「桐島、部活やめるってよ」あらすじ結末ネタバレ・意味解説も

桐島、部活やめるってよパッケージ

第22回小説すばる新人賞を受賞した同タイトルの小説が映画化された作品。
松籟第一高校2年生の男子バレー部キャプテン・桐島が突然部活を退部した。タイトルにある桐島は本編には一切登場せず、このことにより生じた桐島と関わりのある生徒たちの日常の変化を繊細に描く。

 

制作年:2012年
本編時間:103分
制作国:日本
監督:吉田大八
脚本:吉田大八、喜安浩平
原作:朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ|出演者・キャスト&キャラクター紹介

・桐島
バレー部キャプテン。勉強もできてイケメンなので、校内でも有名で一目置かれる存在。
誰にも相談せずに突然部活を辞めてしまい、部員と会いたくないためか学校にも来なくなる。
本編には一瞬登場するが、顔は出ない。

・前田涼也神木隆之介
映画部部長であり作品作りの際は監督を務めている。
地味なタイプで、武文といつも行動を共にしており、派手なグループからは全く相手にされていない。
桐島が学校に来なくなって騒いでいる周囲を傍観している。
クラスメイトのかすみに恋心を抱いている。

・武文前野朋哉
映画部副部長。撮影する映画の脚本は武文がメインで書いている。
クラスでの立ち位置は前田と同様 地味で目立たないタイプ。

・菊池宏樹東出昌大
野球部の幽霊部員。桐島の親友。
勉強、スポーツ万能で見た目も良くモテるが、熱中できることがなくいつもどこか冷めている。
竜汰、友弘と行動を共にしている。
放課後はいつも親友の桐島が部活が終わるのを待つ間、竜汰、友弘と中庭でバスケをしている。

・寺島竜汰落合モトキ
帰宅部。男女問わず人気者の宏樹や桐島をうらやましく思っている。

・友弘浅香航大
帰宅部。放課後に宏樹、竜汰とバスケをしたりくだらない話をしたりするのを楽しみにしていたが、桐島が学校に来なくなったことで放課後バスケがあっさりなくなったことに寂しさを感じている。

・東原かすみ橋本愛
バドミントン部。美人で服装は普通。
実果、梨紗、紗奈と一緒にいることが多く、特に実果と仲が良い。
竜汰と付き合っており、竜汰は交際をクラスメイトたちに宣言したいと思っているが、かすみは人間関係のいざこざを気にして竜汰にストップをかけている。

・宮部実果清水くるみ
バドミントン部。容姿も服装も普通。
かすみたちとは他のクラスで、バレー部の小泉と同じクラス。
梨紗と紗奈とよくつるむが、2人のことはあまり好きではない。

・飯田梨紗山本美月
帰宅部で桐島の彼女。校内一の美人と言われていて容姿は派手。
かすみ、紗奈、実果とよく一緒にいて、特に紗奈と仲が良い。
桐島が自分に何の相談もなく部活を辞め、学校に来なくなったことを怒っている。

・野崎沙奈松岡茉優
帰宅部で宏樹の彼女。校内でトップに入る美人と言われていて容姿は派手。
陰口が多く、よく地味な生徒をからかって笑っている。
友人にも優劣をつけて、梨紗は自分と同等、実果とかすみは自分よりも下だと思っている。

・久保孝介鈴木伸之
バレー部副キャプテン。試合が近い時期に桐島が突然部活を辞め、学校に来なくなったことに怒りと焦りを感じている。
沙奈からは陰でゴリラと呼ばれている。

・小泉風助太賀
バレー部部員。桐島がやめたことで桐島のポジションを急遽任されることになり、重荷に感じている。

・沢島亜矢大後寿々花
吹奏楽部部長。ひそかに宏樹に思いを寄せており、部活の時は宏樹が見える場所で楽器の練習するフリをして宏樹を見ている。
宏樹と沙奈の関係を知りつつも、気持ちを止められずにいる。

野球部キャプテン…高橋周平 / 日野(バレー部)…榎本功 / 詩織(吹奏楽部)…藤井武美 / 亜矢の後輩…植村純奈 ほか

 

・クラスわけ
※クラス名は作中に出てこないので、A、Bで表して分けます。クラスA <前田、武文、桐島、宏樹、竜汰、友弘、かすみ、梨紗、沙奈、久保、亜矢>クラスB <実果、小泉>

 

以降はあらすじ詳細でネタバレ含みます。

Advertisement

「桐島、部活やめるってよ」あらすじ詳細①起

松籟第一高校に通う2年生の、秋のある金曜日の放課後。
バレー部キャプテンの桐島が部を辞めたことを顧問が部員たちに告げ、試合を明日に控えていた部員たちは呆然とした。
監督は、今まで桐島が担当していたリベロを明日の試合から小泉に任せた。

梨沙沙奈かすみ実果はいつも通り4人でおしゃべりしていた。
沙奈は、彼氏の宏樹が毎日桐島が部活を待っているのを待つのが面倒だと愚痴ったあと、たまたまクラスに居合わせた映画部の前田武文のものまねをして笑った。
人の悪口が苦手なかすみと実果は「部活があるから」と教室から出ていった。
解散になったので、沙奈は宏樹のところへ行き、梨紗は体育館前のベンチで桐島を待った。

宏樹竜汰友弘は毎日放課後、中庭のバスケットゴールでバスケをしたりだべったりしながら桐島の部活が終わるのを待っていた。
そこで桐島の話題になり、友弘が「桐島が部活を辞めたらしい」と宏樹と竜汰に明かした。
宏樹は桐島の親友だったが全くそのことを知らなったため、相談もなかったことにショックを受けた。
3人の元に沙奈がやって来て桐島の件を知り、急いで桐島を待っている梨紗へ知らせに行った。

知らせを聞いて梨紗は驚き、急いで携帯で桐島に連絡するが、反応はなかった。

映画部の前田と武文は体育で2チームに分かれてサッカーをするためのチーム決めの際、最後までどちらのチームからも選ばれないほど影の薄い存在だった。
放課後、前田と武文は職員室にいる顧問に次回作の予定にしている、自分たちで考えたゾンビ映画の脚本『生徒会オブ・ザ・デッド』を見せに行った。
だが顧問は、自身が脚本をつとめた前作『君よ拭け、僕の熱い涙を』略して『キミフケが映画甲子園で一次予選を通過したことを挙げて、「キミフケの続きを俺が書くからそれでいこう」と話を勝手に進めていた。
前田と武文は自分たち脚本でやりたいと抗議したが、許してもらえなかった。
剣道部の部室の隅のカーテンで仕切ってある映画部のスペースに入ると、前田と武文同様、地味な部員たちが漫画や雑誌であふれる狭いスペースに座っていた。
前田は「先生を無視して自分たちの映画を作りたい。協力してくれないか」と部員たちに相談し、OKをもらえたため、さっそく撮影のために屋上へ向かった。

吹奏楽部部長の亜矢は、いつも宏樹が放課後バスケをしていることを知っていた。
宏樹が見える校舎の屋上でサックスを練習するフリをしながら、宏樹を見ていた。
そこへ前田率いる映画部たちがやってきて、「撮影したいから場所をずれてほしい」と願い出た。
だが亜矢は「音が変わってしまうから」など理由をつけて動かない。
前田も「さっきは練習していなかったし、君だけの屋上じゃない」と食い下がったが、言い合いをしているうちに宏樹がバスケットゴールから居なくなり、さらに吹奏楽部の後輩が亜矢を呼びに来たため、屋上から去った。
前田はそれを亜矢が交渉に応じ、どいてくれたと勘違いした。

土曜日。バレー部は試合に負けた。
桐島の代わりの小泉は尽力したが、桐島との実力の差は歴然としていた。

日曜日。
前田はひとり、映画館にゾンビ映画を観に行って鑑賞後、劇場内でかすみと偶然出会った。
だが実際はかすみは好きで観に来たわけでなく、竜汰とデート中に喧嘩になり、分かれてそのまま勢いで入っただけだった。
2人で劇場から出てすぐのベンチで話をするが盛り上がらず、かすみはすぐに行ってしまった。
前田はそんなことお構いなしに、かすみと偶然会えたことを喜んでいた。

Advertisement

「桐島、部活やめるってよ」あらすじ詳細②承

月曜日の朝。
桐島は学校を休んだ。いらだつバレー部の久保と小泉は、梨紗が教室についた途端に桐島の件を問い詰めた。
だが梨紗も桐島と連絡がつかずイラついていたため「試合に出れただけよかったじゃない」と言い返し、関係をさらに悪くした。

昼休み。
沙奈が実果にバレー部男子の愚痴を言うと、実果は「彼らにも事情がある」と愚痴に乗ってこなかった。
沙奈は「は?」と実果を見下したように怒りをあらわにした。
さらに遅れて現れた梨紗が、桐島と連絡がつかず落ち込んでいる様子を横目に実果は微笑んでいた。
キレ出す梨紗と紗奈から逃げるように購買に行く実果に、かすみは戸惑いながらも実果について行った。

実果とかすみが食堂に行くと、購買には前田と武文が血のりを片手に並んでいた。
買い物を終えた後、かすみは前田に「映画、出来たら観に行くから教えてね」と言い実果と教室へ戻っていった。

宏樹、竜汰、友弘は外でお昼を食べながら桐島がなぜ部活を辞めたのか色々推測したが、理由はわからないままだった。

放課後。
女子更衣室でかすみが、梨紗と沙奈への態度がいつもと違う実果を心配すると、実果は「小泉はあんなに頑張ってたのに、でも結局負けちゃうんだよね」とうつむいた。
実果は同じバドミントン部だった姉を亡くしていた。
”バドミントンが強かった姉の妹”として実果は周りから期待されていたが、姉のように強くなれず、周囲の期待に応えられない自分と小泉を重ねていた。
さらに実果は「紗奈たちは自分のことしか考えていない」とこぼすが、かすみはどうすればいいかわからず黙ってしまった。
実果はかすみが困っているのを見て「かすみにもわからないよね。」と言うと部活を休んで帰っていった。

男子バレー部は桐島の穴を埋めるため、必死になって練習していた。
久保は試合が迫っているためただただ焦り、小泉に特に厳しい練習を課した。

宏樹、竜汰、友弘はまたバスケをしていたが、宏樹と竜汰が「桐島が居ないなら残っている理由がない」と、すぐ解散になった。
友弘は3人でバスケをする時間を楽しみにしていたが、他2人にとっては本当に”ただの暇つぶし”であったことがわかり悲しくなった。

宏樹はその後、塾が終わって帰りのバスに乗ると、後から追いかけて梨紗がバスに乗車した。
梨紗は桐島と全く連絡が取れないと話し、宏樹に「親友なら何か知ってんでしょ」と問い詰めたが、宏樹は「何も知らない」としか返事が出来なかった。

宏樹がバスから降りて歩いて帰宅していると、公園でバットの素振りをする野球部のキャプテンを見かけた。
野球部に所属はしているものの幽霊部員同然の宏樹は、時々ふらっと現れるこのキャプテンから練習や試合に参加してくれないかとやんわり誘われ続けていたが、そのたびにやんわりと断っていた。
宏樹がとっさに隠れると、キャプテンは宏樹に気付くことなくランニングしながら公園から出て行った。

Advertisement

「桐島、部活やめるってよ」あらすじ詳細③転

火曜日。
梨紗の元に友弘が来て「桐島が今日学校にくるらしい」と伝えたが、キレていた梨紗は友弘を無視して行ってしまった。
沙奈は梨紗を追いかけて「桐島と話しする時、ついて行こうか?」と提案したが、梨紗は「なんで?」と冷たく答え、沙奈を置いて行ってしまった。
置いてけぼりにされた沙奈は宏樹に声をかけ、デートの約束をして放課後、科学棟の裏で待ち合わせをした。

放課後。
前田は映画部の顧問から呼び出されて「血が出る映画はだめだ」と指摘されたことを武文に報告していた。
顧問は前田たちが勝手に『生徒会オブ・ザ・デッド』の撮影を始めたのが気に入らなかったらしい。
前田「どうしよっか?」
武文「続けようよ。てか、お前が言い始めたことだろ!」
欲しかった答えがもらえて喜んだ前田は、教室に忘れた脚本を取りに行った。

教室に入ると、かすみが竜汰の腕にミサンガを結んでいた。
前田は平然としたそぶりで急いで脚本をとって教室から出ていった。
竜汰「もういい加減、付き合っていることバラさね?」
かすみ「だめ。女子は色々と面倒なの。前田君なら見られても大丈夫」

映画部部員たちは科学棟の近くで撮影準備をしていた。
かすみと竜汰を目撃してしまいショックを受けている前田の近くで、またサックスの音が聞こえた。
今日はセリフの撮影もあり楽器の音が邪魔なため、監督である前田が交渉しに行くと、そこに居たのはまた亜矢だった。
前田「なんで今日はここなの?こだわりの屋上があるじゃないか!」
亜矢「・・・今日で最後にするから、ごめんなさい」
亜矢の態度に何か事情があることを感じた前田は亜矢に科学棟を譲り、屋上で別のシーンの撮影をすることにした。

沙奈は宏樹との待ち合わせ場所の科学棟に来て、亜矢が近くでサックスを吹いているのを見つけた。
亜矢の気持ちに気付いていた沙奈は、宏樹が来るとすぐにキスを迫った。
沙奈は亜矢がキスを見て走り去ったのを確認してから学校の外に歩き始めた。

亜矢は音楽室に戻り、全員での合わせ演奏が始まった。
演奏しながら、宏樹のことを完全に吹っ切りって部活に集中しようと固く決意した。
その時の演奏は、今までの中でも素晴らしい仕上がりだった。

Advertisement

「桐島、部活やめるってよ」あらすじ詳細④結

1人でバスケットゴールに居た友弘は、屋上に桐島らしき人物を見付け、急いで屋上に走った。

まだ校内にいた宏樹に友弘から連絡があり、宏樹は沙奈のことを忘れて屋上に走り出した。
それは小泉の集中特訓中だったバレー部にも伝わり、部員全員が屋上に走りだした。
少し遅れて行こうとする小泉に実果は「行かなくていいよ!」と止めたが、小泉は無視して走っていき、実果は小泉を追いかけた。

前田は、屋上に向かう途中の階段で桐島とすれ違っていた。
屋上について映画部が撮影を始めたのとほぼ同時に、宏樹、竜汰、友弘、バレー部部員たち、実果、沙奈、梨紗、かすみの、桐島に振り回された者たち全員が屋上に上がってきた。

だが屋上に桐島はおらず、映画部員たちがいるだけだった。
久保が怒りに任せて映画部の小道具を思いきり蹴ると、前田が怒り、久保に謝るよう迫った。
久保は「うるせぇ!」と前田の胸ぐらをつかみ、今にも殴りそうになっていた。

その様子を見て沙奈は「いいぞ、やれ!」とにやにやしながら小声で言った。
だが久保は部員から「試合に出れなくなる」と止められて、しぶしぶ前田を離した。
沙奈は「なんだよつまんない」とつぶやいた。
怒り続ける前田に、次は竜汰が前田につかみかかると、沙奈は態度をコロッと変えて「やめなよ!」と言いかけたとき、沙奈は突然ビンタされた。
沙奈をビンタしたのはかすみだった。

「こいつら全員、食い殺せ!ドキュメント風でいこう!」という前田の一声で乱闘が始まった。
前田はゾンビたちが、竜汰のミサンガを付けた腕を食いちぎるシーンや、かすみの首が食いちぎられるシーンを想像しながら乱闘をカメラに収めていた。
撮影に夢中になった前田は誰かとぶつかってしまい、拍子でカメラが落ちて壊れてしまった。

やがて乱闘が収まり、映画部以外のメンバーたちは屋上からぞろぞろ出ていった。
宏樹は屋上から出る途中、落ちていた8mmカメラの部品を見付けて前田に渡した。

宏樹「そのビデオと普通のビデオって何が違うの?」
前田「これはフィルムで、普通のとは味が全然違うんだ。」
宏樹「ちょっと触ってもいい?」
カメラをしげしげと見る宏樹。
その後、宏樹からカメラを返してもらった前田は8mmカメラ越しに宏樹を見て言った。
前田「やっぱり、かっこいいね。サマになるよ」

宏樹は泣きそうになり、屋上から出た。
そのまま宏樹が学校から出たとき、携帯に桐島から着信があったことに気が付いた。
大声で練習している野球部を見つめながら、宏樹は桐島にリダイヤルをした。

主題歌:高橋優『陽はまた昇る

桐島、部活やめるってよ|感想

事前に何も知識を入れずに鑑賞したせいか、冒頭の沙奈が話している場面でつまづきました。早っ。誰と誰がどうなってるのかよくわかりませんでした。一時停止して、Wikipedia様にお世話になり、再び再生開始。ざっくり概要だけ読んでからの鑑賞をお勧めします。
ストーリーの進め方は「その土曜日、7時58分」みたいで面白かったですし、生徒たちの感情や人間関係の微妙な変化などの繊細な描写がとても秀逸で、面白かったのは面白かったんですが、終わり方が私の好きじゃないタイプのやつでした。そこだけが残念。

さぁ明日からどうなるの~ってとこで終わってしまいました。まぁ宏樹のこれからだけは想像つきましたが、女子たちがどうなったのか気になります。なので2待ってます(笑)
前田が桐島とすれ違ったのに、誰も前田に何も聞かないこと、前田からも何も言わないところが彼らの関係性の薄さを物語っていました。前田からしたら、そっちのゴタゴタなんて知るかよ!て感じですよね。。

「桐島、部活やめるってよ」関連商品(楽天)