映画「96時間 リベンジ」あらすじ結末ネタバレ・見どころ | 映画鑑賞中。

映画「96時間 リベンジ」あらすじ結末ネタバレ・見どころ

アクション

原題:TAKEN2
制作年:2012年
本編時間:91分
制作国:フランス
監督:オリヴィエ・メガトン
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
原作:

 

出演者・キャスト

リーアム・ニーソン(ブライアン)凄腕の元CIA諜報員。誘拐された娘を救うためマフィアたちを大勢殺した。
マギー・グレイス(キム)ブライアンとレノーアの娘。2人が別れてからは母親と一緒に生活しており、誘拐事件のトラウマから何とか立ち直ろうとしている。
ファムケ・ヤンセン(レノーア)ブライアンの元妻。現在は再婚して夫のスチュワートと一緒に住んでいる。
リーランド・オーサー(サム)ブライアンの諜報員時代の仕事仲間。
ラデ・シェルベッジア(ムラド)ブライアンに殺されたマルコの父親。アルバニア系マフィアのリーダー。
オリヴィエ・ラブルダン(ジャン=クロード)ブライアンの昔の仕事仲間で、現在はフランス内務省の治安部副部長。
ルーク・グライムス(ジェイミー・コンラッド)キムの彼氏。
ジョン・グリース(ケイシー) D・B・スウィーニー(バーニー) アラン・フィグラルツ(スコ) ほか

「96時間 リベンジ」概要紹介

「96時間」シリーズの第2作目。
ブライアン(リーアム・ニーソン)は娘のキム(マギー・グレイス)を誘拐から救い出してから数か月が経った。ブライアンがキムと元妻のレノーア(ファムケ・ヤンセン)とトルコへ観光に来ていたとき、ブライアンたちは突然マフィアたちに誘拐された。

ブライアン達をさらったのは、かつてブライアンが殺した男の父親だった。

 

「96時間 リベンジ」見どころ

・相変わらずのブライアンの有能さと神経質な父親ぶり

・想像を超えたカーアクション

・元妻レノーアとの関係

 

以降はあらすじ詳細でネタバレ含みます。

[adchord]

あらすじ詳細①起

アルバニアのトロポヤで葬式が開かれていた。参列していた初老の男性ムラド(ラデ・シェルベッジア)が皆に呼びかけた。
「我々は兄弟や息子を失った。私たちの家族を殺したやつをここに連れてきて復讐を!」
ムラドは、かつてブライアンが娘の居場所を聞き出すために拷問して殺したマフィアグループのリーダー・マルコの父親だった。

ロサンゼルス 土曜日。ブライアン(リーアム・ニーソン)は14時きっかりにキム(マギー・グレイス)を迎えに行った。ブライアンはもうすぐトルコのイスタンブールに出張する予定になっており、出張までにキムは車の免許を取ると約束していて、その練習のためだ。インターフォンを鳴らすと元妻レノーアが出て、「キムは音楽のレッスンに行ったわ」と言った。

ブライアンは即座にレノーアの嘘を見抜いた。レノーアは「キムは彼氏の所に行った」と白状した。ブライアンはショックで息をのんだ。その様子を見てレノーアは「お酒でも飲む?」とブライアンを中に招き入れた。
ブライアンはキムが彼氏のことを言わなかったことをショックがったが、レノーアは「身辺調査されるのが嫌なのよ」と笑った。
会話からレノーアに元気がないことに気が付いたブライアンは、レノーアが今の旦那のスチュワートと上手くいっていないことを明かされた。
ブライアンは「出来ることがあればいつでも連絡して」と声をかけ、家を出た。

キムは彼氏のジェイミー(ルーク・グライムス)と部屋にいた。母親から数回の着信があったが、キスに夢中で気が付かない。
突然インターフォンが鳴った。ジェイミーが出てみると、玄関にはキムの父親が立っていた。ブライアンは誘拐事件から過保護さが増し、キムの携帯にGPSを付けていたのだ。突然彼氏の家に現れた父親にキムは怒った。
運転の練習をしながらキムは父親に文句を言い続け、ブライアンは「あの事件以来、心配で」と言い謝ったが、キムは父親の気持ちも理解できたが、事件から早く立ち直りたい気持ちと混ざって複雑な心境だった。
練習を終え、キムは「彼の身辺調査をしないでね!」と言って家に帰った。ブライアンは「わかってるよ」と言ったが、キムと別れてすぐに仕事仲間で情報収集が得意のサム(リーランド・オーサー)に電話をした。
ブライアン「ジェイミー・コンラッドを調べてくれ。簡単でいいから」

以前、キムがパリで誘拐されたとき、ブライアンはフランス内務省の治安部副部長であるジャン=クロード(オリヴィエ・ラブルダン)の名刺を使ってマルコのアジトに潜入していた。
月と星の刺青をしているアルバニアマフィアたちは、その名刺を頼りにジャン=クロードを探しだし誘拐・拷問してブライアンの手がかりを聞き出した。

ブライアンは再びキムと運転の練習のためにレノーアの家に着くと、スチュワートが車で出ていったところだった。インターフォンを鳴らすと涙を流したレノーアが対応した。
ブライアンが理由を聞くと、仲直りするためにレノーアが計画した旅行をスチュワートは全て勝手にキャンセルしてしまったと言う。
彼女を元気づけたかったブライアンは、自分のイスタンブールの出張に”キムと一緒に来ないか”と提案した。「仕事は3日で終わるから、その後で合流して観光すればいいい」と。
レノーアはブライアンの誘いを感謝しつつ、少し考えさせてくれと答えた。
帰宅したブライアンは、昔の仲間たちのサムケイシー(ジョン・グリース)、バーニー(D・B・スウィーニー)と定期的に開くBBQ会でレノーアとのことを話して仲間たちから茶化された。

その頃、アルバニアマフィアたちはジャン=クロードからブライアンの写真を手に入れていた。ブライアンの雇い主を金で買収して、彼の出張先を聞き出した。

[adchord]

あらすじ詳細②承

ブライアンのイスタンブールでの仕事は要人警護だった。仕事を無事に終えたブライアンは、誘った後から一切連絡がなかったレノーアの携帯に帰国する旨の留守電を入れていた時、ブライアンの後ろにキムレノーアが現れた。
驚きとともに喜んだブライアンは、レノーアとキムをホテルの部屋へ案内し「30分後に出かけよう」と言い部屋を出た。
30分後、ブライアンがレノーアとキムを迎えに行くと、レノーアは「疲れたから部屋にいたい」と言ったのでブライアンとキムは2人で観光を楽しんだ。

キムと花火の見える船に乗っていた時、ブライアンはキムから彼氏のことを聞き出そうとして、逆にキムから「ママはパパとの出会いのこと、『魔法みたいだった』って言ってたわよ」と聞かされて恥ずかしい気持ちになった。

翌日。マフィアたちは既にホテルのロビーで待機していた。ブライアンたちはバザールへ行く予定にしていたが、キムは「時差ボケだから今日はプールで過ごしたい」と言い行ってしまったので、ブライアンとレノーアは2人でバザールへ行くことになった。
ムラド「3人とも捕らえろ」と部下に指示を出した。
バザールへ向かう車の中で、ブライアンは車に尾行されていることに気がついた。突然様子が変わったブライアンに混乱するレノーアを説得して、途中で車を降ろさせ、後でホテルで合流することを約束した。
ブライアンは男たちを倒そうと奮闘したが、レノーアを人質に取られてしまった。ブライアンはすぐキムに電話をかけ、これから2人が拉致されることと、すぐにホテルから逃げるように伝え携帯を破壊して、マフィアたちに捕まった。
キムは誘拐された過去を思い出し震えたが、自分を奮い立たせて立ち上がった。

ブライアンとレノーアは頭に麻袋をかぶせられ車に乗せられた。ブライアンは車が発車してからの移動時間と、周囲から聞こえる音を必死で記憶した。
車はいったん停車して、男が「作業場まで連れていけ」と指示した。そこに着くとレノーアが車から出される音が聞こえて、ブライアンは気絶させられた。
キムは部屋に戻ろうとしたが、自分たちの部屋に男たちが入っていくのが見えた。父親の部屋に逃げ込んだキムは奥にある寝室まで何とか入り込み、クローゼットに隠れた。
男2人はキムを探している途中、客の男性を1名と警備員を2名殺し、警報が鳴らされたため逃げていった。

ブライアンが気が付くと、倉庫のような場所で手を縛られていた。ブライアンは靴下の中から緊急時用の携帯を取り出して、最初にサムに発信したが留守電だった。続いてキムに電話をかけ、無事を確認した。
キムに米国大使館に行って保護してもらうよう指示したが、キムは「両親を助けたい!」と言うことを聞かなかった。キムの熱意に折れたブライアンは、キムに道具の入ったアルミのアタッシュケースの中から地図とペンを出させて、車に乗っていた時間や、ブライアンの居場所とキムのいるホテルとの大体の距離を測り、自分の居場所を割り出して地図に書かせた。そして「地図にある建物の屋上に着いた頃に連絡する」と言って電話を切った。
キムは更衣室に行くが自分の衣類はなくなっていたため、別のロッカーから服を盗んで、地図の建物へ向かうためタクシーに飛び乗った。

[adchord]

あらすじ詳細③転

ブライアンの前にムラドが現れ、「覚えてるか?」と言いながらブライアンに一枚ずつ男たちの写真を見せ、最後にマルコの写真を見せた。すべてブライアンが殺した男たちの写真だった。
ブライアンは「復讐か?最初に娘を誘拐したのはお前の息子だ」と反論したが、無視された。
ムラドは「お前をトロポヤに連れていき、残された家族たちの前でゆっくり殺す。その前にお楽しみがある」と言って、ブライアンの前にレノーアを連れて来た。
ムラドの部下はレノーアの首をナイフで少しだけ切り、頭に麻袋をかぶせて逆さまに吊り上げた。ムラドは「女が失血死するまでここで見てろ。娘は一番低俗な売春宿に売ってやる」と言い、娘をとらえるよう命令して作業場から出ていった。
レノーアはおよそ30分以内に助けなければ失血で死んでしまう。ブライアンは動き出した。レノーアの麻袋からはぽたぽたと血が垂れ続ける。

手の紐を近くにあった金属で何とか切り、レノーアを地面に降ろして麻袋を取ると、レノーアは顔は青かったがまだ生きていた。
ブライアンはキムに電話をかけると、キムは地図で示された建物の屋上についていた。ブライアンは自分の居る場所をキムに知らせて、煙突から銃を投げ入れさせた。屋上にはマフィアたちがキムをとらえようと追いかけてきて、キムは走った。


ブライアンはレノーアの安全確保のために、建物にいた全員を殺してからレノーアを作業場に残してキムを助けに向かった。
キムはとうとうマフィアから追い詰められていたところをブライアンに助けられ、親子はやっと合流できた。
親子はタクシーを調達してレノーアを助けに作業場に戻った。車内でキムに「5分経っても戻ってこなかったら、待ったりせずにまっすぐ米国大使館へ行け」と言ってキムの携帯のアラームをセットして作業場に入っていった。
レノーアは置いて来た場所にいなかった。ブライアンが探していると外で声が聞こえてすぐに追いかけたが、レノーアはマフィアたちに抱えられて車に乗せられてしまった。ブライアンは急いで銃を車に向けて撃ったが間に合わず、レノーアを乗せたまま車は行ってしまった。

[adchord]

あらすじ詳細④結

ブライアンはキムの居るタクシーに戻り、米国大使館まで追っ手を撒きながら車を走らせた。車のまま大使館の庭に突入し、館の前で車を停めた。無茶な入り方をしたために大使館は軍人であふれたが、ブライアンはサムに電話して保護してもらえるよう取り計らってもらい、大使館にキムを残してレノーアを助けにひとり向かうことにした。

再び縛られたレノーアにムラドは「お前に罪はないが、お前の亭主が俺の息子を殺した。お前はバラバラにしてアメリカに送り返してやる」と笑って部屋から出ていった。部下がハサミを取り出して、楽しむようにレノーアの服を切り刻んでいく。

ブライアンは、レノーアは車が一旦停車した場所にいるとにらみ、車に乗せられていた間の記憶を頼りに歩き、犬の鳴き声で建物を突き止めた。
見張りの男に音もなく近づいて1人ずつ静かに殺していく。部屋の中の見張りを殺してブライアンはライフルを手に入れた。異変に気付いたムラドは再びレノーアを連れて場所を変えようと動き出した。
ブライアンはマフィアたちを次々に倒していき、残るはムラドと部下1人だけになってしまった。ムラドは急いで人混みに紛れてアジト近くの店舗の内部へと入ったが、ブライアンは決して見逃さない。ムラドを追って店舗に入っていった。
ブライアンがの奥に入ると横たわっているレノーアが見え、ブライアンの前にムラドの最後の部下が立ちふさがった。最後の部下は武道に長けていて、ブライアンはやられそうになったが、何とか首の骨を折り倒すことが出来た。
レノーアの元へ行くと、彼女は生きていた。だがムラドの姿が見当たらなかった。ブライアンは最後に倒した手下の携帯を取り出し、ムラドに電話をかけた。着信音は建物の中から聞こえ、ムラドは別の部屋に隠れていた。
ブライアンは「もうこんなことはこりごりだ。俺のことを忘れるなら、このまま銃をすてて引き下がろう。お前は他の子どもたちと一緒に余生を過ごせ」と交渉を持ちかけた。ムラドはうなずいたので、ブライアンは銃を捨てて立ち去ろうとしたが、ムラドはゆっくりと銃を拾い上げ、ブライアンに向けて引き金を引いた。
だが銃に弾は入っていなかった。ブライアンは事前に弾を抜いていたのだ。交渉に背いたムラドはブライアンに殺されてしまった。
ブライアンはレノーアの元へ行った。レノーアはキムが安心だと知ると涙を流し、2人は抱き合った。

3週間後。キムは無事に運転免許の試験に合格した。合格直後のキムの運転でブライアンとキムはレノーアと待ち合わせたカフェへ向かった。
カフェでは飲み物が4つ出てきた。ブライアンはウェイターに「3つしか頼んでない」と言ったが、4つ目を頼んだのはキムだった。少し遅れてキムの彼氏のジェイミーが店に現れた。
ブライアンはレノーアに言われて渋々だがジェイミーの同席に許可を出し、楽しい時間が始まった。

主題歌:Alex Clare『Too Close』

前作:96時間(2009)  次作:96時間 レクイエム(2015)

96時間 リベンジ 関連商品(楽天)

コメント

  1. mofumuchi より:

    管理人感想
    父親のすごさは相変わらずでした!
    しかし、監督が変わったからなのか、私の動体視力が落ちたのかは不明ですが、カメラワークが激しすぎてぶっちゃけアクションシーンは何が何だか目で追えませんでした。。

タイトルとURLをコピーしました