「ONE PIECE FILM GOLD」ネタバレ解説|隠れキャラ、ギルドテゾーロの過去など | 映画鑑賞中。

「ONE PIECE FILM GOLD」ネタバレ解説|隠れキャラ、ギルドテゾーロの過去など

アドベンチャー

世界最大のエンターテイメントシティ『グラン・テゾーロ』にやって来た麦わらの一味の冒険を描いた作品。
監督は同アニメシリーズのディレクターを務めていた宮元宏彰、脚本は映画「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」(2009)などの黒岩勉。

制作年:2016年
本編時間:120分
制作国:日本
監督:宮元宏彰
脚本:黒岩勉
原作:少年漫画/尾田栄一郎『ONE PIECE

・受賞歴
第34回ゴールデングロス賞 優秀銀賞
第40回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞

声優&キャラクター紹介

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

モンキー・D・ルフィ田中真弓
麦わらの一味の船長。
ゴムゴムの実の能力者で、全身がゴムのように伸びる。
海賊王になるのが夢で、そのために仲間を集めて旅をしている。
食べるのが大好きで基本的にあまり何も考えていないおバカキャラだが、仲間を何よりも大切にする。
仲間を物扱いする冷酷なタイプの人間が大嫌い。
過去のことをあまり覚えておらず、相当強かった敵や友人になった以外の人物はほぼ忘れる。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

ロロノア・ゾロ中井和哉
麦わらの一味の戦闘員で、ルフィの最初の仲間。三刀流の剣術使い。
本人にそのつもりはないが、海軍やその他の海賊からは副船長(ナンバー2)とみなされている。
寝るのが好きで、何もない時は場所を選ばず大体寝ている。
世界一の剣豪になるのが夢。
元は海賊狩りで生計を立てていたが、ルフィと一緒に旅をしながら剣術の腕を磨きつつ剣豪として名を広めることを決めた。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

ナミ岡村明美
麦わらの一味の航海士で、ゾロに続く2人目の仲間。
元泥棒で金目の物が大好き。
海賊に家族を殺された過去があるため海賊が大嫌いだったが、ルフィとゾロと出会って考え方が変わり、自分の目で見た海を海図にするためにルフィの仲間になることを決めた。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

ウソップ山口勝平
麦わらの一味の戦闘員で狙撃の名人。
戦闘ではパチンコ鉄砲で戦うことが多い。
口が達者で基本的にツッコミ役。
臆病者だが頭の回転が速く、周囲が驚くような方法で敵を負かすことが多い。
発明が好きで、よくフランキーと一緒に道具や武器を発明する。

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

サンジ平田広明
麦わらの一味のコック。
戦闘の際は料理するのに大切な腕は使わず、脚だけで戦う。
大の女好きでヘビースモーカー。
どんなことがあっても女だけは蹴らないことを信条としている。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

トニートニー・チョッパー大谷育江
麦わらの一味の医師の人獣。
元は普通の鹿だったが、ヒトヒトの実を食べたことで人獣化した。
ツンデレの照れ屋さん。
普段は小さくて可愛らしい姿をしているが、戦う時は実の能力を使い、時と場合に応じて体形を変化させる。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

ニコ・ロビン山口由里子
麦わらの一味の考古学者。
元は犯罪組織の幹部だったが、歴史上の謎を解き明かすためにルフィの仲間に加わった。
ハナハナの実の能力者で、自分の体の一部を一定範囲内のあらゆる場所から生やすことができる。
知的でクールな黒髪美人。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

フランキー矢尾一樹
麦わらの一味の船大工。
自分の作った船が海の果てに着くのを見届けるのが夢。
改造人間で、腕や肩などに様々な武器や道具を仕込んでいる。
よくウソップと一緒に仕えそうな道具を発明している。
男らしく豪快で涙もろい性格。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

ブルックチョー
麦わらの一味の音楽家で一番の年長者(90歳)。
元は死人だったが、ヨミヨミの実の能力者で蘇ったガイコツ人間。
戦闘の際はステッキに仕込んだ刀や悪魔の実の能力を駆使する。
言葉遣いだけは紳士的だが言動は下品なことが多い。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

カリーナ満島ひかり
グラン・テゾーロの歌姫で、正体はテゾーロの財産を狙う泥棒。
ナミの泥棒時代の知り合いでもある。
ギルド・テゾーロに近づいて財産を盗むチャンスを狙っている。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

ギルド・テゾーロ山路和弘
青年期…櫻井孝宏

巨大黄金船『グラン・テゾーロ』のオーナーでカジノ王で、世界の通貨の20%を所有している大富豪。
「希望が絶望に変わる瞬間を見るのが何よりも楽しい」、「金で手に入らないものなど無く、金のない奴は何も手に入れられない」と考えている。
ゴルゴルの実の能力者で、触れた金は自在に操ることが出来るほか、天竜人も金に物を言わせて抱きこんでいる。
カジノで借金漬けになった者を従業員という名の奴隷にして働かせている。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

バカラ菜々緒
グラン・テゾーロの幹部でVIP専属のコンシェルジュ。
ラキラキの実の能力者で、直接触れた相手の運気を吸い取って自分の運気に変えることが出来る。
ルフィ一行も含め、グラン・テゾーを訪れたVIPたちの管理は全て彼女が任されている。
「ワンピースフィルムゴールド 田中」の画像検索結果

(引用:http://www.onepiece-film2016.com

タナカさん濱田岳
グラン・テゾーロの幹部で警備責任者。
ヌケヌケの実の能力者で無機物は何でもすり抜けることが出来る。
VIP会場に続く扉はなく、タナカさんに許可を得て一緒に壁を通り抜けることでしかたどり着けない。

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

ダイスケンドーコバヤシ
グラン・テゾーロの幹部で丁半賭博のサイコロを出す役目を担当している。
打たれ強すぎるドМで、体に打撃を受けるたびに恍惚の表情で「気持ちいい~!」と叫ぶ。

・その他のキャスト
ロング船長…高木渉
モーキン(ロングロング海賊団のサル)…ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)
ナルシー(ロングロング海賊団)…檜山修之
バーロン(ロングロング海賊団)…乃村健次
リッカ(グラン・テゾーロで働く少年)…坂本千夏
テンポ(リッカの妹)…渡辺菜生子
ビット(受付のバニーガール)…三吉彩花
レプレ(レーススタートのバニーガール)…武田玲奈
マッスル亀…オカリナ(おかずクラブ)
ケント・ビーフJr.(カーレース参加者)…古田新太
ポーク(ケント・ビーフJr.の相棒の牛)…古田新太
タイムズ(カーレース参加者)…斉藤次郎
ストレート軍曹(カーレース参加者)…間宮康弘
カーブ(ストレート軍曹の部下)…成田凌
ホワイトジャック(カーレース参加者)…竹中直人
キルコ(ホワイトジャックの部下)…佐藤ありさ
ジミー・マイヤーズ(カーレース参加者)…コロッケ
カーレース実況…三宅正治(フジテレビアナウンサー)
アルバ(キャディ)…西野七瀬
マッド・トレジャー…小栗旬
スパンダム(CP-0)…小野坂昌也
サカズキ(海軍本部元帥)…立木文彦
ロブルッチ(CP-0)…関智一
サボ(ルフィの義兄弟)…古谷徹
コアラ(女性兵士)…ゆきのさつき
ダブルダウン(ステーキハウスの店主)…竹中直人
赤目フクロウ…コロッケ
カマエル聖(天竜人)…三村マサカズ(さまぁ~ず)
レイズマックス(伝説のギャンブラー)…北大路欣也
ステラ(ギルドの過去の知人)…魏涼子
[adchord]

ネタバレあらすじ

黄金で作られた海の上の巨大エンターテイメントシティ『グラン・テゾーロ』にやってきたルフィたち。
グラン・テゾーロは、入るなりどこからか金粉が降り注ぐ超ゴージャスな所だった。

船着き場に船を停めると、VIP専用コンシェルジュのバカラがルフィたちを出迎え、ルフィたちはバカラに連れられてさっそくカジノ会場のあるホテルへと向かった。

ホテルに入る前、バカラは「カジノで勝って返してくれればいい」と言ってルフィたち全員分のスーツやドレスの代金を立て替え、さらにカジノで使う2千万ベリー分のポーカーチップを貸し出した。
フォーマルに着替えてチップも手にしたルフィたちは思い思いのギャンブルを楽しみ、何と運良く全員が賭けに勝って借りた分よりも多くのチップを手にすることができた。

大喜びするルフィたちに、バカラは続けてハイリスクハイリターンの丁半賭博が行われているVIP専用の場所を案内した。
そこでバカラはルフィたちに3億ベリー分のポーカーチップを貸し出した。
金額の大きさにナミがビビっている間に、ルフィが全額賭けてしまって一同を冷や冷やさせたが、ルフィはまた勝ち、借りた額の2倍の6億ベリーを手に入れた。
ナミをはじめ大喜びの一行の前に、グラン・テゾーロのオーナーギルド・テゾーロが現れて、あいさつ代わりに賭博での勝負をルフィに挑んだ。
ギルドに勝てば掛け金の10倍リターン、負けてもルフィたちは掛け金を失うだけという好条件だったこともあり、一行は迷わず勝負を受けた。
ルフィは持っていたチップを全額賭けてサイコロの目が出るのを待っている間、バカラがはめていた手袋を外してサイコロの目が出る直前にルフィの肩に触れた。
するとルフィは賭けに負け、直後に腹痛に襲われてバナナの皮で滑って壁に激突した。
唖然とする一行に、バカラは『ラキラキの実』の能力者で、触れた相手の運気を吸い取る能力があると明かした。

ルフィたちは今までに借りた総額3億2千万ベリーの借金を負わされてしまった。
一行は「インチキだ!」と訴えたが、ここグラン・テゾーロの掟は「騙した者勝ち」だと答えてギルドたちは笑った。
「絶対返さない!」と言うルフィ一行とギルドたちの戦闘になった。
それぞれが戦う中、動けないルフィに代わってギルドに勝負を挑んだゾロが、ギルドの『ゴルゴルの実』の餌食にかかって肩から下が金塊で覆われて動けなくしまった。
ギルドは触った黄金は自在に操ることができる能力を持っていた。
グラン・テゾーロに入港した際に舞っていた金粉はギルドが触った金であり、その金粉が体に触れた者はギルドの気分次第で簡単に息の根を止めることが出来てしまうという。

ゾロを人質に取られた一行は、明日の夜12時までに3億2千万ベリーを用意する約束をしてしまう。
もし約束が果たせなければ、ゾロはショーの見世物として公開処刑、残った一行は全員奴隷としてグラン・テゾーロで従業員として働かされてしまうことに。

カジノから出たルフィ一行は、ナミの泥棒時代の知り合いでグラン・テゾーロの人気歌手カリーナと出会った。
カリーナはここで歌手として潜入してギルドからの信頼を得つつ、裏で『テゾーロマネー』と呼ばれているギルドの財産5千億ベリーを盗み出そうと企んでいて、仲間を探していることをルフィ一行に明かした。

ナミとカリーナはかつて同業者で、ナミがイーストブルーで泥棒をしていた時代、狙うお宝がいつもカリーナとバッティングして そのたびに奪い合いの喧嘩をしていたライバルだった。
昔、ナミとカリーナはトレジャー海賊団の財宝を盗んで捕まってしまったことがあった。
その際、カリーナが「盗んだ宝を全部返すから、明日の日没まで待って欲しい」と交渉、船長のマッドトレジャーはナミを人質にしてカリーナを解放した。
だが約束の日没を過ぎてもカリーナは戻ってこなかった。
殺されかかったナミは「自分の宝をあげるから見逃してほしい」とマッドトレジャーに頼んで自分の宝の隠し場所にマッドトレジャーを案内した。
だがナミの宝もカリーナに盗まれていて、そこにはカリーナのメモが一枚残されていただけだった。
その後、ナミは自力でトレジャー海賊団から逃れることに成功、カリーナとはそれから会っていなかった。

「あの時はあぁするしかなかった」と言い訳するカリーナに、ナミは「また裏切ったら許さない」と言い聞かせてからカリーナに協力することを決めた。
[adchord]
カリーナの調べによると5千億ベリーが保管されている金庫があるは、エリア内のホテル頂上付近にある”ハイパースイートエリア”という所だった。
計画は、ルフィフランキーがホテルの壁をよじ登って上層にある巨大時計部分から中に侵入。
そこはコントロールルームに繋がっていて、そこでハイパースイートエリアに繋がる螺旋階段の※監視カメラの映像を一時停止する。
※監視カメラの役割を果たしているのは映像電伝虫というカタツムリルフィとフランキーが壁を登っている間に、従業員に変装したサンジロビンウソップブルックナミチョッパーカリーナが警備責任者タナカさんのチェックを受けてハイパースイートエリアに侵入、監視カメラの映像が止まってから螺旋階段を突破する。
※ハイパースイートエリアへはタナカさんの能力を使わないと入れない。その後は、カリーナがすでに手に入れている金庫のカギで金庫を開けて、持参したランドリーカートに5千億ベリーを詰め込んで、来た道を戻って正面玄関から出ていく…というものだった。

翌日。ルフィたちはさっそく計画を実行に移した。
壁を登ってコントロールルームまでは上手くたどり着いたルフィとフランキーだったが、映像を停止している最中に警備員に見つかってしまった。
駆け付けたギルドによってフランキーは胸を撃たれ、ルフィは腕を黄金で固定され、タナカさんによって地下にある黄金の牢獄に落とされた。

牢獄に落ちたルフィとフランキーは、金銀財宝だけでできている異様なこの場に目を見張った。
やがて続々と囚人たちが現れて、ルフィとフランキーに食べ物や水を求める。
ルフィとフランキーはここの囚人である、かつては『伝説のギャンブラー』と言われていた男レイズマックスから、ここは金を求めてグラン・テゾーロに来たギャンブラーたちが様々な経緯でギャンブルに負けてここに落とされ、皮肉にも金銀財宝に囲まれて餓死していく場所だと教えられた。

もう約束の日没まで時間がない。
ルフィとフランキーは囚人たちから、海水を浴びればギルドの能力を洗い流せること、牢獄の空気ダクトの先にある※淡水化ポンプにたどり着けば海水を浴びることができると知った。
※海水を真水に変える装置「空気ダクトは罠がいくつか仕掛けられていて、ポンプまでたどり着いた者はいない」とも聞かされたが、ルフィは迷わず空気ダクトの中を進んだ。
ルフィの絶対に諦めない姿勢に感化されたレイズマックスと囚人たちは、みんなで協力してポンプまでたどり着き、海水を浴びることに成功した。

一方、ルフィとフランキーが地下牢に落ちたことを知ったナミたちは、それでも諦めずに混乱に乗じて螺旋階段を登り切り、その先にある扉を開けた。
そこは天竜人たちが泊まるハイパースイートルームが並ぶ廊下だった。
ナミたちは天竜人に変装してついに金庫の扉の前にたどり着き、カリーナの持っていたカギで扉を開けた。
ところが扉の向こうは5千億ベリーではなく、ギルド、バカラ、タナカさん、ダイスがステージに立ち、周囲は観客が歓声をあげている劇場だった。
ナミたちはカリーナに騙されていた。
グラン・テゾーロでは有名な海賊が来ると、いつも似たような手口で海賊にギルドの財産を盗むよう誘い、海賊がギルドの財産にどれだけ近づけるかを密かに監視しながら、騙された海賊たちをちょうど良い所でギルドたちが倒すというショーが行われているらしく、カリーナも仕掛人の1人だったのだ。
カリーナはギルドの隣に立ち「騙された方が負けなのよ」と冷たく笑った。

巨大なスクリーンにはポンプ室のルフィたちが映されており、ギルドが指を鳴らすと、ポンプ室は密閉状態にされて中は海水で満たされた。
劇場全体には金粉が舞い、ギルドがゾロの首をはねようとしたとき、会場の電気が消えてすべてが一時中断した。
会場がざわめく中、やがて金粉が噴き出ていた噴水から異音がし、金粉ではなく大量の海水が噴き出した。
海水はグラン・テゾーロ内全ての噴水から噴出し、ゾロも含め、その他の奴隷(従業員)全員がギルドの呪いから解放された。
呆然とするギルドに、ルフィたちの本当の狙いは5千億ベリーではなく、グラン・テゾーロに海水を撒くこと(ギルドに囚われている人たちを解放すること)だったとナミが明かし、カリーナはナミを裏切ったのではなく、ギルドと周囲を騙すためにナミを裏切っている演技をしていたのだとギルドに告げた。

金を「そんなもの」と言われて怒ったギルドは、まだ自分が操れる金をありったけ集めて巨大な黄金ロボ(ギルドが中で操縦する)を作り、バカラ、タナカさん、ダイスには特注のゴールドアーマーを装備させた。

ルフィは一時はギルドの力に圧倒されるも、自分を『神』と称して仲間を物扱いするギルドにキレてギア4(ギアフォース)を解放。
ギア4ルフィの攻撃を受けたギルドのロボットのボディはボロボロと崩れ落ち、ルフィの必殺技”ゴムゴムの猿王銃(コングガン)”を受けて倒れた。

ロビンサンジと戦うことになったタナカさんは、ヌケヌケの実の能力を使ってロビンを人質に取ったが、『無機物しか通り抜けられない』タナカさんは逆にロビンが出した無数の手(生き物の身体は有機物)に捕まることとなった。
そしてロビンを人質に取られてキレたサンジに”悪魔風脚 一級挽き肉(ディアブルジャンプ プルミエール・アッシ)”を食らって倒れた。

ウソップチョッパーブルックと戦ったバカラは、自分の部下の運気を片っ端から吸い取って『超ラッキー状態』になりウソップたちを圧倒した。(バカラの能力は吸った運気を自分の運気に変えられる)
ウソップは戦いから逃げたと見せかけて、カジノ内のスロットを拝借、バカラが持っていたコインをスロットに入れさせて運気を一気に消耗させた。
バカラに運がなくなると、ウソップの”緑星 ドクロ爆発草”が直撃、ノックアウトした。

ゾロと戦ったダイスは、ゾロの攻撃も「気持ちイイ」と効いている様子がなかったが、ゾロが必殺技の”死・獅子歌歌(し・ししそんそん)”を繰り出すと鎧が割れ、ダイスはあまりの気持ちよさに気を失った。

グラン・テゾーロの幹部が全滅し、残った部下たちは一斉に逃げ始めた。
倒れたもののまだ意識があったギルドは「俺の所有物は逃がさない」とつぶやくと、黄金ロボを溶かして地面を這わせてグラン・テゾーロ内にいた全員を金で拘束した。
空中を飛んで黄金に捕まるのを免れたルフィは、必殺技”獅子王バズーカ(レオレックスバズーカ”を繰り出した。
ギルドは吹き飛ばされ、海軍の船に落ちてそのまま海軍に捕まった。

一件落着かと思われた直後、巨大スクリーンが突然100秒のカウントダウンを開始、全員がざわついた。
カリーナの「この船を爆発させる気よ!」という掛け声で皆が一斉に逃げ出した。
ナミもカリーナと逃げようとしたが、カリーナは「私はこの船を少しでも遠ざけるから」と言い残し、ナミをフランキーに預けてひとりグラン・テゾーロに残った。
それぞれが船に乗ってある程度離れた頃にカウントダウンは終了、しかし、グラン・テゾーロは爆発せず、いくつもの花火が打ち上がった。
グラン・テゾーロをよく見ると、ホテル頂上で「怪盗カリーナ参上!!」と描かれた旗を揚げるカリーナの姿があった。

このカウントダウンは元々、劇場の催しで予定されていた打ち上げ花火が打ち上げ時間を迎えて自動で発動したものだった。
カリーナはこのカウントダウンを利用して周囲に『爆発する』と思い込ませて人を遠ざけ、ルフィ一行を出し抜いてグラン・テゾーロを船ごと独り占めしたのだった。

ナミのポケットにはカリーナに出し抜かれたことを示すメモが残されており、一同は笑いながら海軍から逃げるために船の舵を切った。
カリーナのメモを持つナミの指には、ギルドが着けていたゴールドの指輪がちゃっかりはめられていた。

映画『ONE PIECE FILM GOLD』関連商品(楽天)

・主題歌(エンディング曲)
GLIM SPANKY『怒りをくれよ』

・挿入曲
小島麻由美『GOLD & JIVE~SILVER OCEAN』
小島麻由美『作戦会議』

ONE PIECE FILM GOLD オリジナル・サウンドトラック [ 林ゆうき ]

価格:2,833円
(2019/8/5 04:35時点)

[adchord]

解説、考察や感想など

ギルド・テゾーロの過去

映画ではギルドの過去に関する描写が走馬灯のようにササっと登場していましたね。
あまりにも簡潔過ぎて、映画を見ただけではギルドの過去は良くわからなかったと思います。
ギルドの過去については、映画館の入場特典である777巻で詳しく描かれています。
以下ギルドの過去の要約です。

ギルドは幼い頃は華やかなショーの世界に入って歌手になること夢見ていました。
ですがギルドの父親はギルドがまだ幼い頃にギャンブルで借金にまみれた挙句に病死し、母親と共に極貧生活を強いられます。
ギルドは酒浸りになった母親から夢を否定されながら育ちました。

12歳で家出してから悪い仲間とつるみ始めてすさんだ生活を送り、16歳の時に裏カジノで負けて人身売買の店『HUMAN SHOP』に売られそうになるも、何とか逃げ切ります。
逃げ切った後、そのヒューマンショップに売られていた少女ステラと知り合ったギルドは、歌を褒められてステラに恋をします。
ギルドは「ステラを店から買って助けてやる」と約束し、犯罪から足を洗って真面目に働き始めます。

寝る間も惜しんで働きながら、暇があればステラに会いに行く生活を続けて3年が経ち、あと少しでステラの売値に届くところまでギルドはお金を貯めますが、突然現れた天竜人にステラは買われてしまいます。
ステラを守ろうとしたギルドも一緒に連れていかれて奴隷にされ、ステラを買った天竜人に酷く虐げられながら過ごします。
ステラを助けるチャンスを伺い続けて2年が経ち、ギルドはステラが死んだことを知ります。
この時、ギルドは「金さえあればステラを救えた」と強く思い、金に対する強い執着心が生まれます。

その後、ギルドは天竜人のもとから逃げることに成功し、犯罪者に逆戻りして富豪や貴族を恨みながら生活します。
ある日、オークションに出品されていたゴルゴルの実に目を付け、オークション会場に放火するなどして実を手に入れることに成功、能力者になりました。

その後は海賊となりぐんぐんと知名度を上げ、タナカさんなどを仲間に加えてやがて強大な勢力となりました。
最終的に七武海の1人ドフラミンゴと手を組んで世界政府との繋がりを手に入れ、世界政府公認の独立国家『グラン・テゾーロ』を作り上げるに至りました。

天竜人を心底憎み、支配を企む一方で、奴隷時代に天竜人からされたことと同じことを自分の部下にしたり(「俺より先に笑うな」のくだり)、カネと権力を手にしたことで自身がその力に飲み込まれ、ギルド自身が一番嫌っているはずの天竜人と同じ人種になり果ててしまいました。

敵キャラの背景も知るとさらに面白さが増しますね。

 

隠れキャラについて

本作にはどこかに7人の隠れキャラも登場します。
登場するのはパッパグ、ヘラクレスン、桃うさぎ、茶トン、ワンゼ、アブロサム、ゲダツです。
どこに登場するのか探しながら見てみてください。
わからなかった方のために、以下登場シーンを紹介します。

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

パッパグ 16分頃に登場。
リュウグウ王国で暮らす人魚族の人魚ケイミーの師匠でありペットでもある、クリミナルブランドのデザイナー兼オーナーをしている人間ヒトデです。
わかりづらいですが、画像左上のスクリーンの中にいます。

 

関連画像

(引用:https://twitter.com

ヘラクレスン 22分頃に登場。
ウソップが2年間修行をしたボーイン列島に住んでいたキャラクターです。
お客さんとしてグラン・テゾーロ内を歩き回っている姿が描かれています。

 

関連画像

(引用:https://twitter.com

茶とん 26分頃に登場。
茶とんは単行本の人気コーナー、読者の質問に尾田栄一郎が答えるSBS(S=質問 B=募集 S=するのだ)で生まれたキャラクターです。
映画館入場特典の777巻に登場する海軍中将です。
ルフィ、ウソップ、チョッパーがカーレースでコースアウトした先のゴルフ場で、たくさんの美女に囲まれながらゴルフをしている姿が描かれています。

 

(引用:https://ameblo.jp

ワンゼ 27分頃に登場。
世界政府配下の諜報機関『サイファーポール』の一つであるCP-7所属のお料理格闘家で、過去にサンジと戦闘しています。
ルフィ、ウソップ、チョッパーのカーレース中、観覧車の中でプロポーズしている場面が描かれています。

 

「ワンピースフィルムゴールド 桃うさぎ」の画像検索結果

(引用:https://twitter.com

桃ウサギ 29分頃に登場。
桃ウサギも茶とん同様、単行本の人気コーナー、読者の質問に尾田栄一郎が答えるSBSで生まれたキャラクターです。
彼女も原作漫画のストーリーでは777巻にのみ登場する海軍中将です。
ルフィ一行がVIP会場に入った際、ルフィ一行の近くを歩く海軍の1人として登場します。

 

「ワンピースフィルムゴールド アブサロム」の画像検索結果

(引用:https://twitter.com

アブロサム 57分頃に登場。
顔は登場せず髪型と服装だけすが、このロングヘアと帽子で間違いないと思います。
スリラーバーク海賊団の幹部四怪人の一人で、透明になれるスケスケの実の能力者です。
ナミに一目ぼれして誘拐しましたが、ナミを奪われてキレたサンジと戦闘、敗北しています。
髪型と服装だけ見るとメーテルの偽物のように見えます(笑)

 

© 尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会

ゲダツ 1時間09分頃に登場。
こちらは画面に映るルフィや画面を見る子どもたちに目が行きがちなので、難易度が高いかもしれません。
ゲダツは空島の唯一神エネルの部下で四神官の1人です。
空島で、まだ臆病者だったチョッパーが少しだけ成長できた時の対決相手です。

その他感想など

主に声の出演をした俳優さん、女優さんについて感想を書きます。(すみませんが敬称は略します)
本作は人気の俳優、女優を多く特別ゲストに迎えていました。
カリーナ役の満島ひかりはオープニングの歌の声が全然出てなくてかなり残念でしたが、それ以外はあまり違和感もなく良かったです。
小栗旬、古田新太、竹中直人、コロッケあたりはすごく上手くて、確認しないとわからなかった位です。
北大路欣也も問題なく上手かったんですが、声がソフトバンクのお父さんと一緒だったのですぐにわかりました(笑)

個人的に一番違和感があったのは満島ひかりの歌でしたが、セリフで違和感を感じたのは成田凌でした
慣れてない感じというか緊張してる感じが伝わってきてしまいました。

 

映画『ONE PIECE FILM GOLD』関連商品(楽天)

コメント

タイトルとURLをコピーしました