「インビクタス/負けざる者たち」あらすじネタバレ、キャスト紹介など

南アフリカ共和国で起きた実話を元にした感動のヒューマンドラマ。
監督はクリント・イーストウッド。
27年間の服役から解放されて大統領となったネルソン・マンデラと、ラグビーを通じて一致団結していく南ア国民たちの様子を描いた感動作。

原題:Invictus
制作年:2009年
本編時間:132分
制作国:アメリカ、南アフリカ
監督:クリント・イーストウッド
脚本:アンソニー・ペッカム

キャスト&キャラクター紹介

『インビクタス/負けざる者たち』 -(C) 2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

(引用:https://www.cinemacafe.net

ネルソン・マンデラモーガン・フリーマン
反体制派のリーダーとして27年間もの間 刑務所に収監されていた黒人。
生涯を通じて、黒人差別をはじめとする差別文化の意識改革やアパルトヘイトの撤廃に尽力した。
出所後はアフリカ民族会議(ANC)の代表を務め、南アフリカ共和国初の黒人大統領となった。
国民や側近たちからはマディバの愛称で呼ばれている。
多くの黒人からは愛されているが、妻と娘からは距離を置かれている。

 

Part of the scrum: How Matt Damon played the rugby captain in Invictus

(引用:http://www.ottawacitizen.com

フランソワ・ピナールマット・デイモン
南アフリカ出身のプロラグビー選手。
南アフリカのチーム『スプリングボクス』のキャプテンとして試合に出場する。

 

(引用:http://www.idee-film.com

ブレンダ・マジブコアッジョア・アンドー
マンデラの秘書。
いつもマンデラのそばに付き、時に衝動的な行動をする彼に冷静なアドバイスをするが、大抵はマンデラに説き伏せられてしまう。

 

ジェイソン・シャバララトニー・キゴロギ
ネルソン・マンデラ大統領付きの黒人ボディガードで、ボディガードチームのリーダー。
常にマンデラの身の安全を第一に考えて行動する。
マンデラの就任初日、因縁のある白人公安たちと一緒に仕事をさせられることになる。
(主要人物の1人ですが、当記事のあらすじにはほとんど登場しませんm(__)m)

・その他のキャスト
※読みがわからないキャストは英語のまま記載しています。

リンガ・ムーンサミ(黒人ボディガード)…パトリック・モフォケン
ヘンドリック・ボーイェンズ(白人の公安)…マット・スターン
エティエンヌ・フェイダー(白人の公安)…ジュリアン・ルイス・ジョーンズ
ネリーン(フランソワの妻)…マルグリット・ウィートレー
メアリー(マンデラの自宅の黒人家政婦)…レレティ・クマロ
Mr.ピナール(フランソワの父)…パトリック・リスター
Mrs.ピナール(フランソワの母)…ペニー・ダウニー
ユーニス(フランソワの家の黒人家政婦)…Sibongile Nojila
ジンジ(マンデラの娘)…ボニー・ヘナ
スポーツ大臣…shakes myeko
スプリングボクスコーチ…ルイス・ミナー
スポーツ担当大臣…ダニー・キーオ
ラグビー評論家…ロビン・スミス
飛行機のキャプテン…デイビット・デュカス
飛行機の副キャプテン…グラント・スワンビー
高校ラグビーのコーチ…ヘニー・ボスマン
ジェシー(大統領邸受付)…Refiloe Mpakanyane
スプリングボクスマネージャー…アルバート・マリッツ
ミセス・ブリッツ(大統領邸職員)…リダ・ボサ
看守…バート・フーシェ
テレビアナウンサー…アンドレ・ジェイコブス
ジョエル・ストランスキー(スプリングボクス選手)…スコット・イーストウッド
チェスター(黒人選手)…マクニール・ヘンドリックス
スプリングボクス選手…グラント・ロバーツ ほか

Advertisement

ネタバレあらすじ

※本作は『ラグビーだけ』を楽しむためなら問題ないですが、ストーリーをちゃんと理解するには、主人公のネルソン・マンデラ南アメリカ共和国のアパルトヘイト問題、白人と非白人の対立についての知識がないと、いきなり見てもよくわからないと思います(;’∀’)
基礎知識については別記事にまとめましたので、あまり良く知らない…という方はまずはこちらからご覧ください。

1990年2月11日。終身刑で27年間服役していた反体制派のリーダーネルソン・マンデラ(以下マディバ)が、多くの国民からの支持を得て釈放された。
マディバの釈放は南アをはじめ、世界中のトップニュースとなった。
黒人差別撤廃に尽力していたマディバの解放を、南アをはじめとする黒人たちは喜び、国のいたる所で歓喜の嵐が起こった。

一方で、マディバの釈放をきっかけにアフリカ民族会議(略称ANC、マディバの所属政党)と他政党との抗争が激化、政府が他政党に密かに武器を提供し、戦争を起こそうとしているという報告もあり、南アは内戦勃発の危機にあった。
それに対し、マディバはダーバンで10万人のANC支持者に和平を求める演説をし、支持者たちに武器を捨てるように促した。

その後、マディバはANCの議長に立ち、全人種が選挙権を得られるようにする活動を力を入れた。
そして1994年4月。南ア全人種による総選挙が行われ、マディバは見事当選して南アフリカ共和国初の黒人大統領となった。

就任初日。前政権の下で働いていた白人職員たちは、クビになることを見越して退職の準備を進めていた。
その様子を見たマディバは職員全員を集め「肌の色や言語を気にして退職する必要は全くない、是非とも私の力になって欲しい」と呼びかけた。
白人職員たちはマディバの言葉に感動し、新政権の下で働くことを決めた。

翌日。マディバは南アVSイングランドのラグビーの交流試合を観戦した。
ラグビーは当時、南アメリカにおいては『白人と富裕層がするスポーツ』『アパルトヘイトの象徴』という印象が強いスポーツだった。
翌年の1995年に開催されるラグビーワールドカップの開催地が南アになることもあり、国民やメディアの注目が集まっていたことから、マディバは南ア代表チームのスプリングボクス(通称ボクス)を優勝させて、4300万人の南ア国民を一致団結世させ、そして世界に南アが変わったのだとアピールしようと計画していた。
その一環として、マディバはスポーツ大臣に働きかけて、それまで全員白人選手だったボクスに黒人選手を投入した。

しかし、キャプテンのフランソワ・ピナール率いるボクスは明らかにチームワークに欠けており、メンバーのやる気もなく、その日の試合は大敗だった。
それは、大統領がマディバ(黒人)に変わりアパルトヘイトが撤廃され、それが不満だった白人選手が多かったことや、マディバの働きかけで黒人がチームに加わったことなどが原因だった。

invictus_06

(試合に負けて落ち込むフランソワ 引用:https://www.charliessalon.com

その日の夜のテレビ番組で、ボクスは元ラガーマンのラグビー評論家からダメ出しの連続を受け、中でもフランソワは特に厳しく批判された。
フランソワとその評論家の間には確執があり、どうやら評論家はフランソワをクビにしろと訴えかけているらしい。
フランソワと、自宅で同じ番組を見ていたマディバは落胆した。

翌日。エルステルスで行われた黒人と黒人議員によるスポーツ会議で、スプリングボクスのチームカラー、チーム名、エンブレムを変えようという声が高まっていた。
当時、スプリングボクスは強豪チームとして世界的に有名だったが、南アの黒人にとってボクス(ラグビー)は『アパルトヘイトの象徴』であり『白人のスポーツ』だったため、ボクスの不調に乗じてすべてを変えてしまおうという考えだった。
それは簡単に言うと、白人に対する復讐、嫌がらせだ。
このことを聞いたマディバは重要な会議をすっぽかし、秘書のブレンダの静止も聞かず、急いでエルステルスに向かった。
マディバは会場の黒人たちに「何も変えるべきではない」と意見して説得し、多数決を取ってかろうじて変更を阻止した。

後日、解雇がささやかれていたフランソワはクビを免れ、代わりにボクスのコーチとマネージャーが変更になったことを知ってマディバは安堵した。
マディバはフランソワの実力を買っていたからだ。
しかしボクスの不調は変わらず、選手たちのイライラはピークに達していた。
マディバは秘書を通じてフランソワに連絡を取り、直接会って話す約束を取り付けた。

二週間後。大統領邸でマディバとフランソワは初めて言葉を交わした。
マディバはフランソワに「我々には士気が必要だ」と説き、暗にワールドカップ優勝を望んでいることを伝えた。
フランソワは白人なので、元々マディバのこともあまり知らず、選挙でもマディバには投票していなかったが、会って話をしてみると、なぜマディバが黒人からあんなにも愛されているのか、そしてなぜ大統領に選ばれたのかがわかった。
マディバは人の肌の色は関係なく『人間』を愛していて、強い信念を持っていて、そして人に自分の考えや信念を伝えるのがとても上手だった。
フランソワはマディバを信じ、言う通りにしてみようと決意した。

(マディバの話を聞くフランソワ 引用:https://cinema-life.at.webry.info

マディバは国のトップに立つに相応しい、素晴らしく立派な人間というイメージがあるが、1人の人間として誰もが抱えるような悩みも沢山あった。
その中の一番大きな悩みは、家族との関係についてだった。
その後、マディバは久しぶりに娘ジンジと再会した。
だが、その場にマディバの妻はいない。
マディバは懸命にジンジと会話をしようとしたが、ジンジは心を開かなかった。

ある日、マディバはボクスの選手たちに「黒人地区で子どもたちにラグビーを教えろ」と命じた。
白人選手からはブーイングの嵐が起こったが、マディバと会って考え方が変わり始めていたフランソワは、選手たちを「俺たちも変わらなければいけない!」と叱り、黒人地区に行くことにした。
ボクスは黒人地区でのコーチを重ね、フランソワも他の選手たちも、肌の色がどうあれ、人間は皆『人間』なのだと気づかされた。

月日は流れてついにワールドカップが始まり、ボクスの初戦前日。
メディアでは、フランソワを批判していた評論家が「ボクスは良くても準々決勝まででしょう」とカメラに向かって話していた。
マディバはボクスの選手たちの所に訪れて、唯一の黒人選手チェスターが怪我でしばらく試合に出られないことを惜しみつつ、1人1人選手の名前を呼んで声をかけて彼らを激励した。
別れ際、マディバはフランソワに『インビクタス(INVICTUS)』というタイトルの詩をメモに書いて贈った。
それは、マディバが刑務所にいた頃に読んで励みにしていたものだった。

翌日。ボクスは前回のワールドカップで優勝した強豪チーム ワラビーズ(オーストラリア)との戦いに勝利し、南ア中が大盛り上がり。
その後もカナダ、ルーマニアに勝ち予選トップで準々決勝へと進んだ。

休戦日、フランソワは選手全員を連れてマディバが18年間刑期を過ごした※ロベン島を訪れた。

ロベン島
大部分が収容所となっている小島です。
海の中にポツンと立つ小島にある収容所は脱獄が困難だったため、通称「監獄島」と呼ばれ、政治的犯罪を犯した者が収容されていました。
現在はユネスコの世界遺産に登録されていて、島全体が博物館となっています。
マディバが収容されていた独房は本作にも登場していましたが、当時のまま保存されています。
詳しくはこちら→Wikipedia

フランソワはマディバからもらった詩を思い出しながら、当時のマディバの様子を想像した。

Advertisement

そんな中、ついにマディバは過労で倒れてしまい、医師に『一切仕事をせず完全な休暇を取ること』を命じられた。
マディバは大統領になってから一日も休まずに過密スケジュールをこなしており、そのツケが回ってきたのだ。
ブレンダは、マディバは言うことを聞かず仕事しようとするだろうと予測し「休まなければ隔離病棟に入院させる」と脅して休ませた。

一方、ボクスは休戦日中にチェスターが全快、無事に準々決勝の試合に出られることになった。
準々決勝のマヌ・サモア戦は、チェスターの活躍もあり見事に勝利、次の準決勝レ・ブル(フランス)戦も、接戦ながらも勝ち進んだ。

同じ頃、マディバの体調は順調に回復し、すでに仕事に復帰していた。
ボクスが決勝に進んだと報告を聞いたマディバは、決勝戦のチケットの手配と、決勝の対戦相手となるニュージーランドのチーム オールブラックスの資料をすぐに取り寄せることを秘書に命じた。
マディバが会場に試合を見に行くことは、マディバが大勢の観衆の前に姿を見せて、いつ命を狙われてもおかしくない状況になる。
ボディガードたちはより一層気を引き締め、万全の態勢でマディバを守る準備を始めた。

準決勝の数日後、フランソワは実家に戻り、黒人家政婦の分も含めた家族全員分の決勝戦のチケットを手渡した。

ついに訪れた決勝の日。会場には6万3000人が来場し、マディバもVIP席から決勝戦の行方を見守った。
ボクスとブラックスは一進一退の戦いを繰り広げ、9対9で試合は延長戦にもつれ込んだ。

(選手たちに喝を入れるフランソワ 引用:http://www.idee-film.com
延長戦の20分間、ボクスは観客の声援を聴きながら懸命に戦い、15対12でスプリングボクスは優勝した。
ボクスの優勝が決まると、会場はもちろん、テレビやラジオで試合を見守っていた4300万人の南ア国民は、白人も黒人も関係なく、互いに抱き合って喜びを分かち合った。
試合の直後、フランソワはインタビュアー(フランソワを批判していた評論家)に「優勝できたのは南ア国民4300万人の応援のおかげです」と答えると、壇上に上がってマディバの手から渡されたトロフィーを受け取った。
壇上で、マディバは「諸君の貢献に心から感謝する!」とお礼を言い、フランソワは「祖国を変えてくださった大統領のおかげです!」と答えて微笑みあった。
こうしてマディバの狙い通り、南ア国民はひとつになり新しく生まれ変わった。

エンドロール後は、楽しそうにラグビーをプレーする黒人の青年たちの様子が描かれる。

・主題歌
Overtone and Yollandi Nortjie『INVICTUS 9,000 Days』

Invictusサウンドトラック【中古】

価格:3,622円
(2019/9/17 03:26時点)
感想(0件)

 

映画『インビクタス/負けざる者たち』関連商品(楽天)

関連記事