映画「心みだれて」あらすじネタバレ|スピード婚カップルの始まりと終わり | 映画鑑賞中。

映画「心みだれて」あらすじネタバレ|スピード婚カップルの始まりと終わり

恋愛
心みだれて

お互いにバツイチのレイチェル(メリル・ストリープ)とマーク(ジャック・ニコルソン)は出会ったその日から意気投合して恋に落ちた。
スピード結婚して2人の子どもにも恵まれたレイチェルは、今までの人生で最高に幸せな日々を送っていた。
ある日、美容院に言ったレイチェルは美容師が彼氏の浮気の話をしきりにしているのを聞き、
自身の夫マークも近頃やたらと外出していたことに気が付き、マークの行動に疑問を持ち始めた。

原題:HEARTBURN
制作年:1986年
本編時間:108分
制作国:アメリカ
監督:マイク・ニコルズ
脚本:ノーラ・エフロン
原作:小説/ノーラ・エフロン『Heartburn』

[adchord]

心みだれて|出演者・キャスト&キャラクター紹介

レイチェルメリル・ストリープ
ニューヨークで活動する有能な料理研究家でバツイチのキャリアウーマン。
知人の結婚式で出会ったマークと恋に落ち、スピード結婚する。

マークジャック・ニコルソン
バツイチの有名なコラムニストの男性。
離婚してからは女性との噂が絶えないプレイボーイと言われている。
レイチェルと初めて会った日の夜にベッドインし、
彼女の作った夜食を食べて感動し、プロポーズした。

リチャード(レイチェルの友人)…ジェフ・ダニエルズ
レイチェルの職場の同僚で、良き友人。
密かにレイチェルに想いを寄せている。

ジュリーストッカード・チャニング
元々マークの知人で、結婚してからはレイチェルとも仲良くなった友人。
旦那のアーサーも含めて友人たちとしょっちゅう食事会を開いている。

ベティキャサリン・オハラ
レイチェルとマークの友人で、ジュリーの開く食事会のいつものメンバー。
噂話が大好きで、いつも誰かのスキャンダル話をしている。
彼氏はいるが、まだ独身。

・その他のキャスト

ヴェラ(老婦人)…モーリン・ステイプルトン、アーサー(ジュリーの夫)…リチャード・メイサー、ハリー(レイチェルの父親)…スティーブン・ヒル、ドミトリー(ベティの彼氏)…ミロス・フォアマン、アン(レイチェルの娘)…メイミー・ガマー、セルマ(マークの浮気相手)…カレン・エイカーズ、ホアニータ(アンのベビーシッター)…アイダ・リナレス、デラ(家政婦)…アンナ・マリア・ホースフォード、強盗…ケヴィン・スペイシー、イヴ(グループセラピーの女性)…マーセデス・ルール ほか

[adchord]

心みだれて|あらすじ前半

ニューヨークで料理研究家として活動している30代のレイチェル
友人の結婚式で、有名なコラムニストのマークから熱い視線を送られていることに気が付いた。
退屈だった披露宴の後のパーティ会場で、さっそくマークは「2人で抜け出さないか」とレイチェルを誘うと、
乗りきになったレイチェルは2人で飲みに出かけて、お互いにバツイチだと言うことを知った。
そのまま意気投合した2人はそのままベッドイン。
その後、レイチェルが深夜4時に作ったスパゲティを食べて、マークは気持ちが盛り上がり「結婚したい」と言い出した。
口では「結婚はもう懲りたわ」と返したレイチェルだったが、その後、2人は結婚することにした。

レイチェルはマリッジブルーに襲われながらも無事に結婚式を終え、
過去にボヤ騒ぎが起こり、格安で売られていた中古の一軒家(暖炉付き)を購入し、2人の結婚生活が始まった。
改装工事中も2人はこの家で寝泊まりし、工事が終わる前にレイチェルの妊娠が発覚した。
マークはとても喜び、巨大なピザをほおばりながら
即興で作った””息子の歌””を熱唱し、2人は大爆笑した。

約10か月後、家の改装の終わりとほぼ同時に、
レイチェルは元気な女の子の赤ちゃんアンを出産した。
それからしばらく、レイチェルは今までの人生で最高とも言える幸せな日々を送った。
[adchord]

以降はあらすじ詳細でネタバレ含みます。

心みだれて|あらすじ後半(ネタバレあり)

やがてレイチェルは2人目を妊娠。
バージニアにジュリー&アーサー夫妻とバカンスに行ったりと、相変わらず幸せな生活を送っていた。

ある日、レイチェル、マークとベティ、ベティの彼氏のディミトリとのレストランでの会食中、
背の高い美人のモデルセルマと、彼女よりも背の低い旦那に偶然会った。
挨拶だけ交わしてセルマが去ったあと、
ゴシップ好きのベティが”セルマの不倫の噂”を話し始めた。
不倫相手は誰かわかっていないが、彼女の行動は怪しいと言う。
相手がだれかを予測して盛り上がった。

その後のある日、美容室に入ったレイチェルは、
美容師がしきりに彼氏の浮気を話していて
「今思えば、あれこれと怪しげな理由をつけて外出していたのに、
全然気が付かなかった自分の愚かさを呪いたい」と話しているのを聞き、
マークにも思い当たる節があることに気が付いた。
マークは最近「靴下が片方なくなった」と言っては
やたらと靴下を買いに出かけていた。

考えれば考えるほど浮気の疑惑は深まるばかりで
レイチェルは居ても立っても居られなくなり、
ヘアセットの途中で店から出ると、急いで自宅へ車を走らせた。
家に着いたレイチェルはすぐにマークの書斎で浮気の手がかりを探し回った。
そして、鍵のかかっていた引き出しに、ホテルやら、
もらった記憶の無い高級な花束の領収書が入っているのを見付け
さらに、浮気相手は先日話題になったモデルのセルマだということを知った。
怒り狂ったレイチェルは、マークが帰って来るとすごい勢いで責め立てた。
ところがマークは慌てることもなく「今はその話はやめてくれ」と言い、パーティに出かけてしまった。
レイチェルは幸せから一気に絶望のどん底に突き落とされた気持ちになり
泣きがら散らかした書類を片付けた。
レイチェルはマークが帰ってくる前に荷づくりをして
娘のアンを連れて家を出た。

翌日の早朝、レイチェルの実家に着くと、家に父親は居なかった。母親はすでに他界している。
レイチェルは夫の浮気のことを涙ながらに家政婦のデラに話したあと、
デラにアンを預け、友人のリチャードがいるかつての職場へと向かった。

リチャードはレイチェルを温かく迎え入れてくれ、
レイチェルの離婚の決意を聞くと「実は、”いつでも戻ってこい”とずっと言いたかったんだ」と歓迎の意思を示した。
別れ際、リチャードはレイチェルを夕食に誘ったが、
レイチェルは「マークから連絡が来るだろうから空けておかないと。」と断り、実家へと戻った。

レイチェルは実家でマークからの連絡を待った。
だが待てど暮らせど連絡は来ず、深夜になり、テレビを見ながら寝落ちした。

[adchord]
朝、目が覚めるとレイチェルの父親 ハリーが家に戻っていた。
ハリーはレイチェルに女遊びとギャンブルで大損してきたことを恥ずかしげもなく話すと
ようやくレイチェルの様子がおかしいことに気が付いた。
レイチェルがマークの浮気のことを話すと、
ハリーは「マークに子ども2人を渡して(押し付けて)新しい人生を始めろ」と
全然参考にならない突飛なアドバイスをし、レイチェルは全力で否定した。
「これから私はどうすればいいの?」と聞くレイチェルに
ハリーは「一夫一婦制を望むなら、白鳥と結婚しろ」と言い残し、昨夜出会った女性に会いに行ってしまった。

気持ちのより所がなく、どうすればいいかわからなくなったレイチェルは
分析医主催のグループセミナーに参加するため地下鉄に乗った。
車内は満席だったため立っていると、座っていた怪しい雰囲気の若い男性(ケヴィン・スペイシー)がレイチェルに席を譲ってくれた。
レイチェルは感謝しながらも、レイチェルをまじまじと見つめ、
目が合うとウィンクしてくるその男にドン引きし
目的の駅に到着すると逃げるように電車から降りた。

レイチェルがセミナーで浮気のことを話していた時、
レイチェルをつけて来た男(ケヴィン・スペイシー)が突然銃を持って現れ
「金目の物を全て渡せ」と脅した。男は強盗だったのだ。
その場にいたものは全員、紙袋にアクセサリーや時計を入れ、
レイチェルは結婚指輪を男に渡した。
このとき、レイチェルはなぜかスカッとした気分になっていた。

セミナーを終え帰り道を歩いていると、
近所の公園でマークがレイチェルの帰りを待っていた。
マークは「戻ってきてくれ。愛してる」と懇願した。
「女と二度と会わない」とマークに約束させると、
レイチェルはマークを許すことに決め、すぐにアンを連れて3人一緒に自宅へ戻った。
自宅に戻ってからレイチェルはマークとキスを交わしたが
レイチェルの心から””モヤモヤ””は消えなかった。
[adchord]

後日。レイチェルは友人のジュリーに電話して、浮気が忘れられず苦しんでいることを打ち明けた。
あれからマークは態度が一変し、毎晩レイチェルの作る料理をほめたたえていた。
だがレイチェルは帰ってきてからも、マークの財布を盗み見たり
服を注意深く見たり””浮気の手がかり””を探すのがやめられなくなっていた。
ジュリーも夫のアーサーが浮気した時のことを話し、一緒に苦しみを分かち合った。

ある日、レイチェルとマークは知人の主催するパーティに出席した。
人前では仲の良い夫婦を演じるものの、2人きりになるとレイチェルは始終無言だった。
自宅に戻るとレイチェルは、自分の冷たくてよそよそしい態度のことを
「まだしばらくは許して欲しい」とマークに泣いて謝った。
マークは「時間が解決してくれるのを待つよ」と抱きしめた。

まだ煮え切らない思いでいたレイチェルは、偶然会った噂好きの友人ベティ
「セシルは飲食店で重い性病をもらって、旦那に内緒で治したくてこそこそ出かけていただけで
不倫していたわけではなかったらしい」とウソをついた。
ベティはそれを鵜吞みにし、レイチェルのウソは瞬く間に広まった。

レイチェルはリチャードのところで仕事を少しずつ再開し、ときたまニューヨークに戻るようになった。
リチャードはレイチェルに明らかに元気がなく、顔色も悪いことを心配した。
レイチェルは妊娠のせいにしてごまかしたが、リチャードはごまかされず、親身になって励ました。

レイチェルがニューヨークから自宅に戻ると、マークが不機嫌そうな顔で現れて
「セシルが来て『性病だと言われた』と激怒してた。そう言ったのか?」と聞いた。
レイチェルが認めるとマークは攻めてきたので
レイチェルが怒りで声を荒げると、マークは何も言わず2階に上がってしまった。
その直後、レイチェルは破水し、マークに連れられて病院へ行った。
分娩室にはマークも付き添い、レイチェルは2人目の元気な赤ちゃんを産んだ。

無事に退院して元の生活に戻ったころ、レイチェルに誕生日が訪れたが
マークからプレゼントは何もなかった。
レイチェルは指輪を修理に出しにアクセサリー店に入った時、店の主人の何気ない会話から
マークがレイチェルの入院中にネックレスを購入していたことを知ってしまった。
もちろんレイチェルはもらっていない。
深く考えずとも、そのネックレスはセシルに贈られたのだと確信した。

家に戻るとレイチェルは黙々とパイを作り、ベティ主催の会食にマークと参加した。
ベティがまた誰かの不倫の噂話を始めたころ、レイチェルは持参した生クリームたっぷりのパイを準備してマークの隣に立った。
そして、パイを思いきりマークの顔面に押し付けると
「もう帰るわ」とつぶやき、マークを置いて車に乗り、1人で帰った。
皆が沈黙する中、マークも立ち上がり、ゆっくりと歩きその場を後にした。

レイチェルは2人の子どもを連れて飛行機に乗った。
娘のアンと”Itsy Bitsy Spider”(『静かな湖畔の森の陰から』)を歌いながら
飛行機はニューヨークへと飛び立った。

主題歌:『Itsy Bitsy Spider』のカバー曲

映画『心みだれて 』関連商品(楽天)

[adchord]

心みだれて|解説、考察や感想など

ジャック・ニコルソンとメリル・ストリープという、個人的には意外なカップルのラブコメでした。
ジャックの顔芸(?)が大好きなので、本作では顔芸がたくさん見れて笑えました。
ピザを食べながら即興で作った歌を披露するシーンは特に必見です。
あと若かりし(みんな若いけど)ケヴィン・スペイシーも必見です(笑)

スピード結婚したカップルの出会いからお別れまでというストーリーを描いた本作は
「人はそう簡単には変われない」
「一度壊れた信頼は取り戻すことが難しい(恋愛絡みだとなおさら)」ということを言いたいのでしょうか。
結構現実的だなーと思っていたら、このお話は原作を書かれたノーラ・エフロンの身に起きた実話なんだそうです。
浮気をされたことのある人はメリルに共感できる場面が多いかもしれません。
内容は結構切ないですが、コメディ要素が大きいのでだいぶ軽くなり
そしてこの時代特有の、中間のグダグダ感?間延び感?が感じられる作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました