映画「エイプリルフールズ」あらすじ結末ネタバレ・解説・リーガルハイとの関連は?

エイプリルフールズ

 

連続テレビドラマ『リーガルハイ』シリーズの脚本、演出を務めた古沢良太と石川淳一が再びタッグを組んだ話題作で、石川淳一の初監督作品。
嘘をついても良い日とされる4月1日のエイプリルフールを舞台に繰り広げられる7つの事件と、その交錯を描いた群像劇。

制作年:2015年
本編時間:118分
制作国:日本
監督:石川淳一
脚本:古沢良太

エイプリルフールズ|出演者・キャスト&キャラクター紹介

キャラクターとあわせてあらすじ前半も紹介しています。
新田あゆみ戸田恵梨香
病院の清掃員。対人恐怖症で、本人もそのことを気にしている。
病院で牧野に対人恐怖症のことを「個性だ」と励まされてから恋心を抱いていた。
同僚の女性に応援されて告白を決意、そして牧野に告白して一夜を共に過ごした。
それからしばらく後、たまたま見た情報番組に勇気をもらったあゆみは
牧野に電話して妊娠したことを伝えたが、エイプリルフールだったため本気にしてもらえなかった。
怒ったあゆみは牧野が別の女と食事していたイタリアンレストランに押し入り、
荷物の中になぜか入っていたトカレフ銃を取り出して他の客も巻き込んで立てこもる。

牧野 亘松坂桃李
虚言症でセックス依存症の、医者になり損ねた自称天才ドクター。
毎日白衣姿で病院をうろつき、美女にかたっぱしから声をかけている。
親が医者で、裏口入学で医学部に入ったものの授業について行けずに退学していた。
ナンパのために医学書には毎日目を通している。
あゆみの妊娠話に耳を貸さず、病院でナンパした麗子と食事をしていたところにあゆみが乗り込んできた。
医者であるのがウソだとあゆみにバラされ、客たちに捕まって謝罪した。

接客係ユースケ・サンタマリア
牧野御用達の高級イタリアンレストランで働くウェイター。
あゆみがレストランに立てこもった際は、さわぐ客たちをなだめて取りまとめた。

オーナーシェフ小澤征悦
牧野御用達のイタリアンレストランのオーナーシェフ。
トカレフ銃の曖昧な知識を牧野に披露した。

麗子菜々緒
キャビンアテンダント。牧野と食事していたところにあゆみが突然現れ、実は牧野がクズ男だと知る。
あゆみと牧野の事情を知ってからはあゆみに同乗して肩入れする。

ある夫戸次重幸
あゆみの立てこもりに巻き込まれた客。
夫婦で用事があるため急いでいたが、店から出ることを許されなかった。

ある妻宍戸美和公
夫の妻。行かなければならないことを何度も伝えたがウェイターや他の客から許されず、
仕方なく立てこもりに事件に付き合っていた。

謎の紳士・日下大和田伸也
レストランの客の紳士。あゆみを説得して銃を奪おうとしたが、足を撃たれる。
隙を見て銃を拾ってあゆみに発砲したあと店から出ていくが、気にする者は誰もいなかった。

宇田川 勇司寺島進
理香を突然誘拐した暴力団員の若頭。
実は理香の実の父親だが、そのことを隠して理香を遊園地などに連れまわす。
詳細は語られないが、このあと組のケジメをつけるために警察に捕まる予定になっている。

舎弟高橋努
宇田川の舎弟。宇田川を慕っているがドジのため、失敗するたびに宇田川に殴られていていつも傷だらけ。
宇田川が理香の父親であることを知っている。

江藤 理香浜辺美波
宇田川に誘拐された小学生。学校の成績も手癖も悪いが、
親が全く怒らないので嫌われていると思っていることを宇田川に明かす。
宇田川が実の父親であることを、宇田川と舎弟の会話から知る。

江藤 絵里子山口紗弥加
理香の母親。理香が誘拐されたと聞き大慌てで警察を呼んだが、
誘拐犯が元夫の宇田川と知って警察に帰ってもらった。

暴力団幹部千葉真一
強面暴力団幹部。手下である組の構成員たちの付き添いのもと、ゴルフ練習場でショットの練習をする。

運転手・江藤滝藤賢一
絵里子の再婚相手で、櫻小路夫妻が乗ったタクシーの運転手。
「お忍びで遊んでいる」と言う自称”高貴な身分”の櫻小路夫妻に平身低頭な態度で街を案内し、
夫婦に「本当は普通の夫婦だ」と明かされても信じない。
櫻小路夫妻を港まで送り届けた後、理香が誘拐されたことを知り急いで自宅に戻る。

櫻小路 佑麻呂(すけまろ)…里見浩太朗
エイプリルフールだからとタクシー運転手に自称”高貴な紳士”とかたり、色々な場所に案内させた。
ハンバーガー店で飲み物をこぼされて土下座されてから
耐えかねて本当の事情を話し「自分たちは庶民だ」と明かして周囲を安心させたが、運転手は信じなかった。

櫻小路 文子富司純子
佑麻呂の妻で品のある優しい女性。
ガンで入院していたが、「新薬治療でガン細胞が消滅した」と夫に聞かされて、
病院から外出許可も出たので久しぶりに夫婦で外出した。

ハンバーガー店のマスター古田新太
タクシー運転手が櫻小路夫妻に案内したハンバーガー店の店長。
初めての高貴な方の来店に大慌てするが、夫妻が庶民と知って胸をなでおろす。

アルバイト女子木南晴夏
ハンバーガー店でバイトしている女。
櫻小路夫妻に商品を運ぶとき、飲み物をこぼしてしまい泣いて謝る。

小野刑事高嶋政伸
占い師の老婆を詐欺容疑で取り調べたアル中の刑事。
レストランのオーナーシェフとは友人だが、彼の毎年のエイプリルフールのウソを煩わしく思っており、
シェフから電話で立てこもり事件の救助を求められてもウソだと思い込んで電話を切った。

老婆りりィ
盲目の占い師。両手の平に目のシールをつけている。
小野刑事に詐欺容疑で警察署に連れていかれて取り調べを受けたが、厳重注意のみにとどまった。

救急隊員の男岡田将生
救急車を運転している救急隊員。
占い師の老婆に「今日、交通事故にあう」と言われてお祓いをしてもらおうとしたが、
刑事が訪ねてくると老婆がうさんくさく感じてお祓いするのをやめた。
その後、救急車で出動した際に本当に交通事故にあってしまい、老婆を信じ込む。

野沢 遥人浦上晟周
ネットの書き込みから自分がスペースノイドという宇宙人だと思い込んでしまう登校拒否の中学生。
寝ぐせなのか、頭頂部の髪の毛がゲゲゲの鬼太郎のように立っている。
宇宙に帰る決意をした悠人は、書き込みにある『宇宙に帰る方法』の中に
『やり残したことはやっておく』とあったため、学校に行って自分をイジメていた同級生に仕返しして、
好きな女生徒にキスをしてからマンションの屋上に上がってUFOを呼ぼうとする。
自殺と勘違いされて学校の先生や生徒たちから説得を受けるが「集中できない」と全く聞いていない。
その後何時間も呼び続けたが、UFOは現れなかった。

松田窪田正孝
大学生。親友の梅田と飲食店に入るが、立て続けに店から出ることを余儀なくされ、諦めて梅田の自宅に入り浸った。
部屋で突然梅田から愛の告白されると「自分も同じ気持ちだった」と、
自分もゲイだったことを明かして両想いだったことに興奮し、梅田を押し倒した。

梅田矢野聖人
松田の親友の大学生。エイプリルフールに冗談で松田に告白したら本気にされてしまい、松田に襲われた。

大島 達宏生瀬勝久
幼少時代から行方不明の男だが、数十年ぶりにインドネシアで発見されて無事に日本に帰国した。
このことは日本のテレビ番組で放送され、あゆみが目にして勇気をもらった。

安田 好恵千葉雅子
大島達宏の幼馴染の女。大島が行方不明になってからずっと探し続けており、その甲斐あって大島が発見された。

タイヤがパンクした女小池栄子
あゆみが折ったモップの先端が車のタイヤに挟まって取れなくなってしまい焦る。

・その他のキャスト
牧野と一夜を過ごした女…浅見れいな
絵里子の息子(理香の弟)…中野遥斗
医者(櫻小路文子の担当医師)…宇納佑
野沢悠人をいじめていた生徒…江口祐貴
よしだ(野沢が好きな女生徒)…小野花梨
おめざめテレビ司会者…三宅正治(フジテレビアナウンサー)、生野陽子(フジテレビアナウンサー)、加藤綾子(フジテレビアナウンサー)
患者の女(足捻挫)…今野杏南、(中耳炎)…おのののか、(子連れ)…手島優
レストランの客…氏家恵
高級服飾店オーナー…小川あつし
刑事…河野洋一郎
文子の担当医師…宇納佑
豪華客船スタッフ…浜近高徳
歌手…兎本有紀寺田真実
学校の先生…諫山幸治
暴力団の男…ガンビーノ小林國本鍾建
ほか

Advertisement

以降はあらすじ詳細でネタバレ含みます。

エイプリルフールズ|結末

イタリアンレストランに居合わせた謎の紳士(大和田伸也)に銃で狙われたあゆみ(戸田恵梨香)を、
牧野(松坂桃李)は気が付くととっさにかばっていた。
2人は無傷だったが、あゆみは倒れた拍子に破水して赤ちゃんが産まれそうになった。
大急ぎで救急車を呼んだが、救急車を運転していた隊員(岡田将生)は、
レストランを出て車を運転していた謎の紳士と自動車事故を起こしてしまっていた。

救急車がなかなかやってこないため、しびれを切らした客たちは牧野を説得してこの場で赤ちゃんを取り出すことにした。
怖気づく牧野に、麗子(菜々緒)は自身の職業がCAではなく助産師、
ある夫(戸次重幸)は看護師、ある妻(宍戸美和公)は35人の子どもを産んだ出産経験者であるとウソをつき、
ついでに接客係(ユースケ・サンタマリア)は本当は接客係ではなく、厨房で鮭の腹からイクラを取り出す係で、
オーナーシェフ(小澤征悦)は、このレストランは以前は産婦人科病院だったとウソをついた。
皆のウソに勇気づけられた牧野はあゆみの子どもを取り出す決意を固めた。
途中、へその緒が赤ちゃんの首に絡まっているトラブルに見舞われるが、
牧野が医師の知識を生かして何とか乗り越え、あゆみは皆に見守られながら元気な子どもを出産した。

その日の夜。テレビでは、朝の番組の三宅正治アナウンサーが
「大島達宏の情報はエイプリルフール用に番組で用意したウソでした」と明かし、謝罪した。
アナウンサーに続き、大島達宏(生瀬勝久)と安田好恵(千葉雅子)も、
自身が劇団に所属している役者であることを明かして頭を下げた。

本当はキャバクラ嬢だった麗子は帰宅した後、
同棲している恋人の大島達宏に「私、助産師になろうかな」とつぶやいた。

シェフと接客係はあゆみと牧野を病院に連れて来ていた。
病院のロビーで待機していると、2人の前に小野刑事(高嶋政伸)が現れて、
シェフが小野刑事に助けを求めたことを、エイプリルフールだからと信じなかったことを謝った。
シェフは「被害届は出さないし、子どものためにもあゆみの罪を出来るだけ軽くしてほしい。
男の脚を撃ったのも正当防衛だ」と願い出たが、小野は「正当防衛にはできない」と却下した。
直後、謎の男がいる病室に行った小野は、男が病院から抜け出そうとしているのを発見。
胸ポケットにいつも入れていた指名手配犯のポスターを取り出して「正当防衛だな」と不敵な笑みを浮かべた。
謎の男の正体は指名手配犯で、小野刑事が長年追っていた男だった。

牧野は病院のベッドにいる自分の子どもを見ながら、
隣にいるあゆみに今までのことを謝罪して「皆が言った通り、あゆみのことが本当に好きなのかもしれない」と告白した。
あゆみは「それもウソでしょ」と言いつつ、牧野にキスをして「これもエイプリルフールのウソです」とうつむいた。
牧野は腕時計を見て、日付が4月2日に変わったのをあゆみに見せて
「今のはウソだと認められない。僕は正直に生きたいんだ」とあゆみに近づき、ウソではない本物のキスをした。

理香(浜辺美波)は誘拐されてラーメン屋や遊園地に連れていかれた後、無事に自宅に帰された。
理香を誘拐した実父の宇田川(寺島進)は、元妻で理香の母親の絵里子(山口紗弥加)に
「悪いことしたらちゃんと叱り、抱きしめてやれ」と言い残して帰ろうとしていた。
このとき、理香はとっさに宇田川の腕をつかみ
「ケジメなんてつけることない。もうちょっと連れまわしてもいいよ、お父さん!」と引き留めようとした。
そのとき、自宅に絵里子の現夫の、タクシー運転手 江藤(滝藤賢一)が大慌てで自宅に帰ってきて、宇田川に殴りかかった。
江藤はすぐに突き飛ばされてしまったが、宇田川は土下座して江藤に謝罪したあと、理香たちの前からいなくなった。
理香は家族から見放されていると感じていたが、
江藤がわき目もふらずに宇田川に殴りかかったのを見て
自分の勘違いだったとわかり、実の父親に感謝して涙を流した。
家に戻った理香は両親に万引きしたことを告白して江藤に叱られ、両親に二度と万引きしないことを誓った。
その後、理香は江藤と一緒に万引きした店に謝りに行った。

江藤家から去った後、ケジメをつけるために組のボス(千葉真一)に会いに行った宇田川は、
銃の代わりに芋けんぴを渡したことでケジメをつけずに済んでいた。
銃を入れていたはずのリュックの中に銃がなく、芋けんぴが入っていたからだ。
ボスはケジメのことは忘れたように芋けんぴを受け取り、ゴルフを続けた。
ボスと別れた後、舎弟から受け取ったリュックの中身を確認して宇田川は笑った。
リュックの中身はトカレフ銃だったはずなのに、芋けんぴと育児の本にすり替わっていた。
これは宇田川が理香と舎弟を連れてラーメン屋に入ったとき、
たまたまラーメン屋に居たあゆみと舎弟のリュックが同じだと気が付いた理香が、
嫌がらせにこっそりリュックを交換していたのだ。

タクシー運転手と港で別れた櫻小路夫妻は豪華客船に乗り、歌手4人組によるコーラスを鑑賞しようとしていた。
一方 舞台裏では、歌手の2人の男女が船に到着しておらず、すでに到着していた2人は気をもんでいた。
来ていない2人とは、レストランで事件に巻き込まれた夫婦だった。
公演開始時間になっても夫婦は現れず、待っていた2人は諦めて舞台に立ち、観客にボランティアを求めることにした。
そこで佑麻呂はすぐに手をあげ、恥ずかしがる文子を引っ張って観客の前に立ち、
夫婦でアメイジング・グレイスのデュエットを披露した。
このとき佑麻呂は文子に明かしていない真実を思い、楽しそうに歌う文子を感慨深げに見つめた。
佑麻呂が文子に「治療の成果でガン細胞が消えた」と告げたのはウソだった。
本当は医者からは「もう手の施しようがない、治療よりも残された時間の過ごし方を考えた方が良い」と診断を受けていた。
佑麻呂は文子に嘘をつき、最後まで幸せな時を過ごしてもらおうと考えたのだ。

公演が終わった後、文子は佑麻呂に「素敵なエイプリルフールをありがとう」と感謝した。
文子は佑麻呂がウソをついていたことを知っていたのだ。
「もう何も思い残すことはありません。本当に幸せでした」と思いを告げると、佑麻呂は涙を流して2人は抱き合った。

エイプリルフールにゲイだと嘘をついた結果、本物のゲイだった松田(窪田正孝)に襲われた梅田(矢野聖人)は、
ことが終わったあと恋心が芽生え、2人は本当にカップルになった。

中学生の野沢悠人(浦上晟周)が見た『スペースノイド』の書き込みをしていたのは、占い師の老婆(リリィ)だった。
夜、本当は目が見える老婆がネットに最後の書き込みをしていると、
事故を起こした救急隊員(岡田将生)が老婆の元に駆け込んできてお祓いを頼んだ。
老婆はスーパーなどに売っている芋けんぴ(あゆみが食べていたのと同じもの)を急いで袋に入れ替えて、
救急隊員に”福を呼ぶ聖なる食みもの”として渡し、お祓い代の10万円を請求した。

宇宙船が来ず困った野沢悠人は、スペースノイドのサイトの書き込みを確認してショックを受けた。
『もちろんエイプリルフールでした。宇宙船を呼んでいたそこの馬鹿、現実に立ち向かえ』
屋上から下を見ると、大勢集まっていた生徒たちはほとんどいなくなっており、
まだ悠人を待っていたのは、悠人をいじめていた生徒(江口祐貴)と、
悠人が想いを寄せている女子生徒のよしだ(小野花梨)だけになっていた。
心を入れ替えた悠人は「現実に立ち向かってみるか!」と笑顔でつぶやくと、屋上から出ようとした。
そのとき、急に屋上が明るくなったので悠人が振り返ってみると、宇宙船が屋上の真上に到着していた。

主題曲:オリジナルサウンド
エンドロール曲:オリジナルサウンド(スターウォーズ主題曲のアレンジ版)

Advertisement

エイプリルフールズ|解説

 

・ドラマ『リーガルハイ』とのコラボ作品

本作は連続テレビドラマ『リーガルハイ』シリーズの演出を務めた石川淳一と、脚本を務めた古沢良太がタッグを組み、監督を石川淳一、脚本を古沢良太が手掛けた作品です。
そのため、リーガルハイに出演していたキャストが数多く出演しています。

 

ドラマ『リーガルハイ』にも出演していたキャスト
宇納佑、大和田伸也、岡田将生、小川あつし、木南晴夏、窪田正孝、小池栄子、河野洋一郎、里見浩太朗、宍戸美和公、生瀬勝久、矢野聖人
※漏れがあったらすみません!
・『リーガルハイ』とクロスオーバーしているシーン

本作の中で小池栄子が出てくるシーンが、ドラマ『リーガルハイ』とストーリーが交差しているという、
見る人が見ればわかるシーンになっています。
女(小池栄子)が運転していた車のタイヤに、あゆみがレストランに乗り込む直前に折ったモップの先端が挟まって動けなくなり、
焦った女が『早く行かないと先生に叱られちゃう!』と言います。
確かリーガルハイで小池栄子は、生瀬勝久演じる弁護士の秘書役だったので、
”先生”というのは生瀬勝久演じる弁護士(役名は忘れましたすみません!)のことでしょう。
私自身リーガルハイを見たのがかなり前なので、これ以外のクロスオーバーのシーンはわかりませんでした。
もし他にも該当シーンが分かった方がいたら教えていただけると嬉しいです!

映画「エイプリルフールズ」関連商品(楽天)